北の慕情

この曲の表示回数 7,430
歌手:

瀬口侑希


作詞:

たかたかし


作曲:

幸耕平


北のさびれた 港宿
遠く漁火 ゆれてる
お酒並べて 泣いてます
二度ともどらぬ 時間に
あなたのやさしい 胸に抱かれ愛された
熱い女のよろこびは
夏の日の 恋の蜃気楼

ひとり海鳴り きいている
岬近くの 荒磯(ありそ)で
寒いこころが 呼んでます
あなたさがして 来たけど
とどかぬ夢なら この身投げて死にたいわ
あなたひとりに駆けた恋
さよならは とても言えないわ

今日も誰かが 冬の海
つらい涙を 捨てに来る
だけどわたしに 神様が
いたらあなたに 逢わせて
あなたのやさしい 胸に抱かれ愛された
寄せては返す想い出を
抱きしめる 愛しています 愛しています
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:北の慕情 歌手:瀬口侑希

瀬口侑希の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-05-20
商品番号:CRCN-1875
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP