金婚祝い唄

この曲の表示回数 7,319
歌手:

大泉逸郎


作詞:

荒木良治


作曲:

大泉逸郎


言うのはたやすい 五十年
金婚迎えた うれしさよ
めでたさ寿(ことほ)ぐ 高砂の
爺(じ)と婆(ば)の掛け軸 床の間に
一族そろって 祝う酒
こころに染みるな 婆さんや

足りない戦後の 苦しみも
分け合い励まし 耐えてきた
色々あったな 過ぎたこと
それさえいまでは 語り草
盃重ねりゃ 若い日の
二人の姿が 目に浮かぶ

米寿をめざして こぐ舟の
舵とり頼むよ これからも
紫ぶとんに どっしりと
笑顔で座る日 夢に見て
めでたい酒くむ 金婚の
座敷に舞い込め 鶴と亀
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:金婚祝い唄 歌手:大泉逸郎

大泉逸郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-05-20
商品番号:TECA-13605
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP