母親ごころ

この曲の表示回数 11,405
歌手:

大泉逸郎


作詞:

荒木良治


作曲:

大泉逸郎


一つ咲かせた 手もとの花の
可愛むすめを 嫁がせる
母親(おや)のこころを 思っただけで
じんと来ました わたしのほうが
すまぬ気持ちに 熨斗(のし)そえて
きっとこの娘(こ)を 大事にします

なにもかにもが 満点なんて
人はどこにも いないのよ
足らぬところは たがいにかばう
そんな母娘(おやこ)に なりたいものね
ものの分かりが いい姑(はは)と
いつかあなたに 言われてみたい

家族(みんな)仲良く よろしくどうか
母とむすめよ 今日からは
受けた花束 両手に抱いて
胸でよろこび 感じています
早く初孫 抱けるよに
祈りましょうよ 母親ふたり
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:母親ごころ 歌手:大泉逸郎

大泉逸郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001/02/21
商品番号:TEDA-10496
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP