オーロラの空から見つめている

この曲の表示回数 9,985
歌手:

元ちとせ


作詞:

HUSSY_R


作曲:

山崎将義


北から風が生まれる
番(つがい)の鳥 水辺に遊ぶ
あなたはうつむいたまま
髪に指に囁く予言(ことば)
気づかないの?
オーロラの布(きぬ)が広がる空で
こうして見つめてる
紫と青が重なるところ
わたしは氷の粒 星の破片(かけら)

それでも時は来るから
はばたきかた忘れてしまう
その前に
オーロラの裾(すそ)で道を示すよ
いつでも想ってる
あなたが扉を探せるならば
わたしは炎になる 光に変わる

―あたたかな冬毛(ふゆげ)
身体を預けて眠ってた
あの日あの時を
そっと閉じ込めていたいけど
氷の中に―

オーロラの布(きぬ)が広がる空で
こうして見つめてる
オーロラの裾(すそ)で道を示すよ
いつでも想ってる
あなたが扉を探せるならば
わたしは炎になる 光に変わる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:オーロラの空から見つめている 歌手:元ちとせ

元ちとせの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-08-04
商品番号:ESCL-2691
エピックレコードジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP