この曲の表示回数 31,652

背中にあった翼は君と共に無くした
飛べた頃の記憶は擦り傷の様には消えてくれない

月が丘を行く 夜光虫を引き連れて
手付かずの一日が何も言わずに終わっていく

私が居なくても地球は回り続ける
君が居ないなら僕の朝はもうやってこない

草むらで転げまわって森の奥で眠った
何度か争いもしたけどそれは全て永遠のため
未来の向こうへ行くため

背中にあった翼は君と共に無くした
飛べた頃の記憶は擦り傷の様には消えてくれない

君を取り戻す そればかり考えていた
時の濁流に押し流されてしまわぬよう

思い出は何も語らない 縋り付くあても無い
残った涙はあと少し きっと君には届かない
最後の雫が、落ちていく

突然夜が弾けた 光が空に飛び散った
堪らず閉じた瞼を開けるとそこに君がいた

背中にあった翼は今やもう必要無い
洗い立ての太陽が二人を優しく照らしている

これからは大地を踏みしめて
君を抱いて歩いていこう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雫 歌手:元ちとせ

元ちとせの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-08-04
商品番号:ESCL-3471
ERJ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP