望郷ひえつき節

この曲の表示回数 17,294
歌手:

水沢明美


作詞:

志賀大介


作曲:

原譲二


親にもらった 躰を泣かす
そんな不幸な 便りは出せぬ
旅の情けに 濡れるたび
遠いふるさと 思い出す
庭の山椒(さんしゅ)の木
鳴る鈴かけてよヨォーホイー
かけて 望郷ひえつき節よ

雨に打たれて 山椒(さんしゅ)が匂う
風に吹かれて かぼすが匂う
何を見たって ふるさとへ
憶いつながる ものばかり 

とうに終わった あの日の恋が
なんで今さら 心に疼く
みつき先には あの人が
嫁をもらうと 言う噂
せめて一節
祝い唄 唄おうよヨォーホイ
唄う 望郷ひえつき節よ

昼夜十日の 窯焚き終えて
眠気覚ましの 冷酒(ひや)を飲む
生まれ育った 伊部(いんべ)の里で
腕を磨いた 轆轤技(ろくろわざ)
陶芸人生 あゝ 俺の道

土の良し悪しゃ 舐めたら判る
それで駄目なら 咬んでみろ
藁を絡めた 緋襷(ひだすき)模様
肌を刺すよな 紅の色
陶芸人生 あゝ 俺の道
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:望郷ひえつき節 歌手:水沢明美

水沢明美の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-04-23
商品番号:CRDN-885
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP