窓灯り

この曲の表示回数 6,373
歌手:

南沙織


作詞:

中里綴


作曲:

田山雅充


行ったり来たり ため息ついて
行ったり来たり 立ち止まったり

灯りも消えている 彼の部屋の窓
なのに待つなんて 悲しいですね
悪い癖と 知っていながら
無理を言って 拗ねてみたり
あの優しい彼を おこらせた私
行き過ぎる 人の視線
痛いほどに 感じながら
もう少し もう少し 少しだけど
もう少し もう少し 少しだけど
表通りを ひとまわり
人影途絶えたら 細い暗い道
怖さ我慢して 待ってる私
ごめんなさい つぶやきながら
空を見れば 雲が流れ
星も滲むほどの 大粒の涙
今日ほどに 窓灯りに
愛しさを おぼえるなんて
もう少し もう少し 少しだけど
もう少し もう少し 少しだけど
表通りを ひとまわり
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:窓灯り 歌手:南沙織

南沙織の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994/05/21
商品番号:SRCL-2893
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP