試聴する

ふりむいた朝

この曲の表示回数 8,694
歌手:

南沙織


作詞:

中里綴


作曲:

田山雅充


気まぐれなあいつの気ままな言葉
それさえも愛だと信じていたの
ものの見事に裏切られ 今は
哀しみの朝迎えてる
思い出す事さえしたくないのに
何につけあいつの笑顔がうかぶ
二つに割ったオレンジ
さし出す相手もいない
さみしく口に含めば
涙ほほにひとつ

しゃくだけど私のからだの中の
半分はあいつの物になってる
なまいきな事をならべてばかり
素直になれない私ね
廻り道してきた気もするけれど
出会いからもう一度始めてみたい
窓辺に置いた電話も
今はただの飾り物
ちいさく名前を呼べば
涙ほほにひとつ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ふりむいた朝 歌手:南沙織

南沙織の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010/09/08
商品番号:MHCL-1789
ソニー・ミュージックダイレクト

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP