ひとかけらの純情

南沙織

ひとかけらの純情

作詞:有馬三恵子
作曲:筒美京平
発売日:1986/05/21
この曲の表示回数:46,172回

ひとかけらの純情
いつも雨降りなの
二人して待ち合わす時
顔を見合わせたわ
しみじみと楽しくて
あの恋のはじめの日を
誰かここへ連れてきてほしいの
あの燃える目をしていた熱い人に
もう一度逢いたい

いつもレクイエムを
あの部室で聞かされたのね
ぎこちない手つきの
お茶にさえときめいて
なぜ思いがけない時さめてゆくの
あんなにも愛して
まだ信じられないのよ
あなたからのつらそうなさよなら

何も実らずにいつも終るのね
若い涙ひとつふたつ今はいいけど

あの恋のはじめの日を
誰かここへ連れてきてほしいの
あの胸のうずくような
恋をしてる人にならわかるわ
恋のはじめの日を
誰かここへ連れてきてほしいの……

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません