試聴する

ひとかけらの純情

この曲の表示回数 28,559
歌手:

南沙織


作詞:

有馬三恵子


作曲:

筒美京平


いつも雨降りなの
二人して待ち合わす時
顔を見合わせたわ
しみじみと楽しくて
あの恋のはじめの日を
誰かここへ連れてきてほしいの
あの燃える目をしていた熱い人に
もう一度逢いたい

いつもレクイエムを
あの部室で聞かされたのね
ぎこちない手つきの
お茶にさえときめいて
なぜ思いがけない時さめてゆくの
あんなにも愛して
まだ信じられないのよ
あなたからのつらそうなさよなら

何も実らずにいつも終るのね
若い涙ひとつふたつ今はいいけど

あの恋のはじめの日を
誰かここへ連れてきてほしいの
あの胸のうずくような
恋をしてる人にならわかるわ
恋のはじめの日を
誰かここへ連れてきてほしいの……
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ひとかけらの純情 歌手:南沙織

南沙織の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1986-05-21
商品番号:30DH-428
ソニー・ミュージックレコーズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP