試聴する

僕の骨

この曲の表示回数 1,807
歌手:

早川義夫


作詞:

早川義夫


作曲:

早川義夫


僕が死んだら 葬式はせず
骨も灰にして 捨てて欲しい
僕の魂は 死と共に燃えつき
生まれる前の 0になるんだ

もし、僕のことを 偲んでくれる人がいたら
その人の心の中に 空の彼方から
心配ないよと 微笑むだけ

生きて行くのが ぶきっちょなのは
生きようとしていた 証拠なんだ
僕の骨は 白くて硬い
一番熱い火で 焼いて欲しい

もし、僕のことを 思ってくれる人がいたら
その人の心の中に 空の彼方から
わかっているよと 微笑むから
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:僕の骨 歌手:早川義夫

早川義夫の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-01-21
商品番号:AICT-1172
ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP