北物語

この曲の表示回数 22,279
歌手:

五木ひろし


作詞:

阿久悠


作曲:

船村徹


愛の切符を捨ててしまって
女ひとりが迷います
やさしさに負けそうな 頼りなさ
両の手に 荷物では
重過ぎる 重過ぎる

どうして 北へ来たのでしょう
心が冷えて
泣きながら

風が運ぶ 遠い汽笛に
はるか昔を 想います
しあわせにつつまれて いた頃を
こんな夜 ひとりでは
凍えそう 凍えそう

どうして北へ来たのでしょう
日ぐれが早く
つらいのに

窓が鏡に すぐに変わって
寒い泣き顔 うつします
巡礼をするようにたずねても
あのひとに 二度ともう
逢えないわ 逢えないわ

どうして北へ来たのでしょう
やさしいひとが
声かける
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:北物語 歌手:五木ひろし

五木ひろしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-01-22
商品番号:FKDX-3
ファイブズエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP