おはし

この曲の表示回数 17,365

夏だっていうのに こんなにも肌寒い朝で
あきれる程にさえない奴は 今ここに立ちつくしています
優しい友達 笑って話しかけてくれるのに
適当にあいづち打って またやり過ごしている

大好きだった季節はもう始まっているんだけれど
やっぱり君がいなければ どうにもこうにもいきません

少し遠くの海に行こうよ
度重なるいらだちを忘れてしまおう
どこまでも青いこの海は
ここんとこしょっちゅう流れてる 涙と同じ味がするから

そう あからさまに つくり笑いなどしてみせる
そんな自分が悲しくて 空しくて仕方がありません
心の底から 本気で笑いころげた事など
もういつの事だったのか 覚えていないくらいで

夕方ぐらいからずっと降り続く 季節はずれの雨
天気予報を裏切って 明日はやんでくれないかな

君の大好きな海に行こうよ
踏みつぶしてた大事なものを拾いにゆくため
この広い海に比べれば
今の私の心など 本当にちっぽけなのだから

だからどうこうってことじゃないけど
やっぱり君だけが親友なんでしょう
これからも今までどおり 支えになってくれるなら
私は怖いものなんてないから

時には傷つけ合ったりしても
ずっと支え合ってゆこうよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:おはし 歌手:0930(オクサマ)

0930(オクサマ)の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001-06-01
商品番号:COCA-50626
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP