星座の屋根の下で

この曲の表示回数 6,608
歌手:

米屋純


作詞:

凛々子


作曲:

内田勉


いつかどこかで見たことのある
不思議な懐かしさ感じる空

時間を越えて めぐり逢いたい
星空見上げたら 心は寄り添うよ

星空を屋根にして眠ろう
束の間悲しみ忘れて
希望はいつも胸の中に
息づいてると君に告げよう

星空の下 はかない僕等
遠い未来よりも 今を輝きたい

星空を屋根にして眠ろう
夜空に心を映して
抱えきれない愛はこぼれて
明日を照らす星に変わるよ

切ないほど輝きは増して
永遠の星になろう

星座を屋根にして眠ろう
闇は悲しみを隠すよ
こらえきれない涙こぼして
夜空照らす星に変えよう

星空を屋根にして眠ろう
夜空に体をあずけて
毎日空と向かいあって
眠っていたことに気づいた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:星座の屋根の下で 歌手:米屋純

米屋純の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-03-20
商品番号:COCA-13134
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP