水色時代

この曲の表示回数 3,493
歌手:

米屋純


作詞:

尾崎亜美


作曲:

尾崎亜美


風の吐息
髪を秘そかに揺らしているの
時代(とき)の贈り物
大切な何かを伝えてる
きっと…

何故か言葉がすれ違う日もある
世界にたったひとり
そんな淋しさに負けないように
駆け出してちぎれ雲を追いかけて行こう

どんな色の夢
わたしは描いていくんだろう
どんな色の歌
心をせつなく染めるんだろう
今は水色 未来を見つめてる

何も訊かずに笑いかけてくれる
痛みは空に飛ばそう
そんな人がいる 負けないよね
わたしたち とびっきりの時代にいるんだ

別々のリズム
だから奇蹟が起こるのかしら
別々のメロディー
だからこんなに大好きなんだ
耳を澄まして 未来を感じてる

どんな色の夢
わたしは描いていくんだろう
どんな色の歌
心をせつなく染めるんだろう
今は水色 未来を見つめてる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:水色時代 歌手:米屋純

米屋純の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-10-19
商品番号:COCC-13828
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP