かわせみ

この曲の表示回数 15,890
歌手:

大月みやこ


作詞:

杉紀彦


作曲:

弦哲也


(台詞)
きれいな川鳥でした
透(す)きとおった空色の背中と 脚がサンゴの色してて
それに羽根がヒスイの色してましたわ
何であのとき そんなこまかいとこまで見てたんやろ
(あれは かわせみや)
そう教えてくれたあの人とは そのとき
何(なん)や別れるような気がしたんです
まぼろしの鳥かわせみやなんて
二度と見られへんかもわかれへん鳥を
あのとき あの橋で見たやなんて……
なんと皮肉なことですやろか

春というのに えりまき巻いて
あんた見送る 未練橋
手をふるだけの 別れとちがう
二人の背中に 残した爪あと
離れちゃだめと いたみが走る
私 なりたい 夜明けのかわせみ

(台詞)
まぼろしの鳥をみたさかい
私とあの人の事(こと)もまぼろしになってしもうたんやろか……
かわせみのメスのくちばしは赤い言いますけど
あれは きっと死ぬ想いで恋をしているからやと……そい思います

おんな一人を 残して夜明け
急に寒さが しめつける
約束ひとつ してへんけれど
心に身体に あんたが溢れて
この先つらい 月日が来ます
恋を追いたい 夜明けのかわせみ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:かわせみ 歌手:大月みやこ

大月みやこの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-06-27
商品番号:KICX-697
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP