LIVE REPORT

FLOW ライヴレポート ライブレポート

FLOW ライヴレポート

【FLOW ライヴレポート】 『15th Anniversary Final 「FLOW LIVE BEST 2019 in日本武道館~神祭り~」』 2019年1月30日 at 日本武道館

2019年01月30日@日本武道館

撮影:柴田理恵/取材:フジジュン

2019.02.06

1月30日、FLOWが日本武道館ワンマン『15th Anniversary Final「FLOW LIVE BEST 2019 in日本武道館~神祭り~」』を開催。デビュー15周年記念ツアーのファイナルであり、10年振りの日本武道館公演となったこの日。音楽ジャンル、国境、世代や性別とあらゆるボーダーラインを越えるために戦い続けてきたFLOWの歴史と音楽的振り幅の広さ、そして徹底してこだわり続けてきた“みんなとライヴを作り続けること”の意味と意義がしっかり伝わる一夜となった。

ペンライトの赤い光と大きな期待が会場を埋める中、「Break it down」で幕を開けた。10年振りとなる日本武道館のステージで、覚悟と決意を表明する力強く堂々とした歌と演奏を聴かせると、会場の熱量を上げるアッパーな曲が続いた前半戦。「赤いサイレン」は赤、「ブレイブルー」は青、「COLORS」はさまざまな色の光が会場をカラフルに彩る。ペンライトの光だけでなく、さまざまなアプローチで聴かせる楽曲のカラフルさはFLOWの音楽的振り幅の広さを改めて感じさせたし、インディーズ時代の「メロス」と最新曲「音色」、10年前の「Answer」が混在するセットはFLOWの歴史の深みも感じさせた。

MCではタイトルの“神祭り”について、“我々が神じゃない。みなさんが神なんです”と説明。“10年前は、「自分たちはどんなバンドなんだろう?」と悩んで必死につながろうとしてたけど、今は「みんなでライヴを作り続けているバンドです」とはっきり言える”と、バンドの在り方を語ったKEIGO(Vo)。“みんなとその日しかできないライヴを作り続けていきたい”と披露したのは、日本武道館のために作った新曲「ONENESS」。会場中が声を重ねる美しい風景を生み、その日しかできないライヴを具現化する。

盟友であるGRANRODEOを迎え、FLOW×GRANRODEOとしてリリースした「Howling」「7 -seven-」を経て、「愛愛愛に撃たれてバイバイバイ」で賑やかに始まった終盤戦は、「Sign」「風ノ唄」「GO!!!」と代表曲を畳み掛ける。拳を上げて大合唱する観客と一丸になってライヴを作り上げると、“目の前にいるみんながバンドをやってる理由だ”と自信と確信に満ちた「ANTHEM」を披露。本編ラストは、未来への希望に満ちた「Garden」をたっぷり気持ちを込めて奏で、アンコールではこの日発表された4月10日リリース予定のアルバム『TRIBALYTHM』より、新曲「PENDULUM」を披露。すぐそこに迫った新しい時代に向けてさらに加速するFLOWへの期待を煽る、希望に満ちたエンディングだった。

撮影:柴田理恵/取材:フジジュン

FLOW

フロウ:1998年に結成。03年1月に発表した海援隊の「贈る言葉」のカバーで注目を集め、シングル「ブラスター」でメジャーデビュー。疾走感あふれるエネルギッシュなバンドサウンドと思わず身体が弾み出すようなメロディーを武器に、全国でイベント出演やライヴを繰り広げる。『NARUTO -ナルト-』『交響詩篇エウレカセブン』をはじめ、多くのアニメにも楽曲を提供し、最近では世界各国で行なわれるアニメフェスなど、日本ばかりではなく諸外国へと活動の広がりを見せている。18年4月からは全21公演の全国ツアー『FLOW 15th Anniversary TOUR 2018「アニメ縛り」』を開催し、そのファイナル公演で10年振りの日本武道館単独公演となる『15th Anniversary Final「FLOW LIVE BEST 2019 in 日本武道館 ~神祭り~」』の開催を発表した。

関連ライブレポート