×

AIKO作曲の歌詞一覧リスト  255曲中 1-200曲を表示

全2ページ中 1ページを表示
255曲中 1-200曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
果てしない二人 先行aiko 先行aikoAIKOAIKOあなたにプレゼントがあるの 大したものじゃないけれど 心の底から想って買ったよ とても楽しい時間だったよ  あの日が巻き戻ったとしても あの場所で出逢っていなくても あたしはあなたを好きだと言うよ なんてしたり顔して  月もとっくに眠っていて 愛おしいあなたの声と涙が落ちる音だけ聞こえた 何もかも守ったげる ベイビー 今すぐに飛んでいくよ 繋いでいて 困らせて 果てない二人の始まり  知らずにすれ違ってたね 自由に媚びずに遊んで 夢かと錯覚しそうなキスを足りないものだらけの部屋でしよう  馬鹿だと笑って片付けて ダメねってその襟を直して 死ぬまでその先もやれたらさ 次もまた逢おうね  2月も雨で濡れた心 夏の夜煙くゆらせて マフラーで包む前に温めてよ 掌で踊りたいの ベイビー 疲れて寝過ぎてダルくって喧嘩したきっかけは忘れた 全部叶えばいい  綺麗に何もなくなって 昨日の事は冗談と 明日もまた面倒くさい 悲しみを喰らって求めあおう  月もとっくに眠っていて 愛おしいあなたの声と涙が落ちる音だけ聞こえた 何もかも守ったげる ベイビー 今すぐに飛んでいくよ 繋いでいて 困らせて 果てない二人の始まり
夏恋のライフ 新曲aiko 新曲aikoAIKOAIKOさよなら さよなら 早くそっぽを向いてよ さよなら さよなら 悔しいから泣かないように  初めて人を愛したと思うくらい 初めて愛されてると実感したくらい 人目気にせず本気で喧嘩したくらい これが本当の恋だと感心したくらい  嫌いになるわけないよ 言ってくれたあの時は嘘ついてなかったよね  夏が終わりを告げる 涼しい風が吹き始める 半袖長袖迷う日には 昔ならあなたが決めてくれた 自分らしくない毎日を無理やり忙しく過ごしてる 頑張って新しい恋をしなきゃね あなたより素敵な人を  朝の光に起こされて 今日も寝不足ね 寝ぼけ眼に涙が 沢山沢山 流れる流れる 愛してたんだ  夏が終わりを告げる 涼しい風が吹き始める 半袖長袖迷う日には 昔ならあなたが決めてくれた 自分らしくない毎日を無理やり忙しく過ごしてる 頑張って新しい恋をしなきゃね あなたより  さよなら さよなら もう逢わない
友達になりたいaikoaikoAIKOAIKOもうあなたのその悩んでる様な 悲しんでる様な顔見るのも最後なので 怒ってみたり ただ不安だったと言えば良かったのか届かないものもある  他人なのね 風邪は感染ってもあなたの心はあたしに感染らない  ありがとう さようなら 別の時代に生まれたら良かった どうしても どうしても 特別になりたいと願った  あなたの生活をハンカチに見つけた 感じたことのない悲しみにうろたえる そんな日の終わりは落書きも眠りも中途半端なまま 椅子に座り時間が経つ  部屋は鏡 薄暗い心の明かりは一度のため息で消えそう  暑いとか眠いとか知って欲しい なんでも話せば良かった だからなに?って笑っているあなたの目はいつも優しかった  どう切り替えようか 今日は何食べよう どっちつかずの野暮ったい夜 朝が来たら悲しくなる  ありがとう さようなら 別の時代に生まれたら良かった どうしても どうしても 特別になりたいと願った 友達になりたいと願った
ゆあそんaikoaikoAIKOAIKO誰もいない世界で二人だけよりも 人ごみの中からあたしを見つけて欲しい これ以上ない浮ついた言葉で あなたが溺れてしまえば良い  単純に理解できそう簡単なラインの上 歩いてるつもりでもいつも難しくて あなたに想いが届いても食べて飲み込んだかは あたしにはわからないずっと  後悔するよラブソング こんなに熱くなるまであたためて 音の漏れたヘッドフォンの隙間にさえ 嫉妬してしまうほどに恋しい  誰しも言えないものを心に持ってる 寂しさもそれなり乗り替えたりしてるの 優しくて意地悪なあなたに馳せる 可愛くて禍々しいものを  一瞬で消えてしまいそうな想いほど強くて のめり込んでしまった 辛くても幸せ 内緒は二人で作ったら宝物なのに 一人だと悲しくて怖い  痕をつたって掴んだまま 離さないで 引き込んで 喜楽孤独にあなたが染み込み 出来上がるあたしの肌  寝たくないのラブソング 何色も塗らない裸の爪先で あなたの目の中 I sing Your song 邪魔するな続けてずっと二人で
ねがう夜aikoaikoAIKOAIKO長い間一緒にいたから そりゃあ夢にも君はいるよね だけどそろそろいなくなってかまわないんだよ 君と逢って別れて何年経った? 毎日数えている訳じゃないから多分くらいで言える時間は 経ってる気がするんだよ だからもう夢に出なくていいんだよ  またねとか軽い挨拶はゴミ箱に捨てようね 記憶は風が吹いてもどこにもいかないから  いつも上の空のようで きっとあたしもそうだったよね あぁ君はもうひとりじゃないから 元気でいてね たまに夢でと願う夜  引き返すつもりはないのに 心が薄くスライスする 何もないって記憶の嘘 涙でバレる 半信半疑の期待はいつも外れてかき氷の雨 癖すら愛しいと思えたのは君に取り憑いていたのだろう  食べ飲み干したって変わらないただれた心の中 勘違いの苺味 あぁ君は知ってた 記憶は風が吹いてもどこにもいかないまま  切った髪が刺さり痛い 嫌な時に浮かんでこないで 壊れた胸のネジは誰にも聞けないけど 君がつけてったものでしょ
列車aikoaikoAIKOAIKOどうしても忘れたくないけど きっと僕は忘れてしまう 初めてキスしたあの時に体を走った何かの正体も  暗闇は手を繋いで 寂しさは抱きしめあった 頭に埋めた記憶も全部無駄になって欲しい  二人にしか見えない列車があったのに 君は途中で降りるって言い出したね 二人にしか見えない雪があったのに もう寒いから家に帰るって君は言った  季節が変わってしまったら 多分僕も変わってしまう 絞った心のぬけがらや二人で決めた暗証番号も  後ろを向いて遡る時間だけ地に足がつく 日々の彩り 癖や期待 舌の味も消えて  二人にしか見えない列車があったのに 君は途中で降りるって言い出したね 二人にしか見えない夢があったのに 約束切ったら家に帰るって泣いた きっと僕は忘れてしまうから 君もどうか忘れてね
食べた愛aikoaikoAIKOAIKOあながち間違ってないよ むしろそれで合ってるよ だけど言ったら終わってしまいそう 少し間のある電話 なんとなく始まった会話 意味はなくても秘密の答えはある  あなたを想う日しか体に何も残らない 折り返す夜もう少し起きてて  向こうで何飲んでるの?どんな服着てるの? あたしと今喋って大丈夫? でも聞けそうで聞けない 言えそうで言えない  明日は何を着ようか 雨が午後から降るらしい どうでもいいや 今何してるかな  丁度良い程の心はいらない何も残らない あなたはたった一人しかいないの  優しくしてくれるから 冷たくされても 忘れられるとは到底思えないから 切れ切れで続くよ 呆れて食べた愛  折り返す夜もう少し起きてて 些細な事で強く日々は続く  向こうで何飲んでるの?どんな服着てるの? あたしと今喋って大丈夫? でも聞けそうで聞けない 言えそうで言えない
ばいばーーいaikoaikoAIKOAIKOねえ 合鍵も返さないで何してるの? いつもみたいに電話してきてメールしてきて 傷付かないように気でも遣ってくれてたの  だったらお願い今すぐ全部返せよ あなたの世界はあなたの世界で あたしのベッドもあたしのベッドだ 両方上手に神様にバレない様に頼んでたの?  戻れないのって小さな声は電話を通し壊れそうで 戻れないよって答えたあたしが泣いてた あの時はあなたの痛み感じ 巻き戻せない時間を恨んだ でも今はなんにも感じない 優しいフリしてあなたは彼女と手を繋いだ  ばいばーい  気持ちに振り回されて失った あたしのひとつの出口 道は別れて離れてく事もある 人それぞれだからこそ上手に抱き合っていたかったな  虚しい気持ちはいつか死ぬ 恨みは人を変えてしまう 楽しいことでコンクリートの切れ間には花が なんでもない日は特別だって思える様にあたしはもう あなたと反対の道を歩きたい  こんなに悲しく苦しい気持ち 書き留めずにいられなかった あたしはこれから色々捨てます 大切な想い出も最初のキスも  ばいばーい  知らない同士にいつかなる 突然あたしの好きな味も変わる ある日来る 他人になる感じ さようならなんて優しい言葉だ …あ、最後に言ったのなんだっけな それも忘れた  ねえ時間が過ぎるって凄いことなの この歌を作り終えた頃あたしは少し前を向いてる
メロンソーダaikoaikoAIKOAIKOあっという間に想像してたより ずっと早く春は過ぎる きっとまたすぐに暑くなって 次は肩をすぼめてマフラーを巻くんだ  最初はそう とっつきにくくってさ 卒業してから仲良くなった メロンソーダがビールになってハンバーガーはハンバーガーのまま あぁこういうの何て言うんだっけ  ねぇ今日も少し不安だよ だったら見える糸 君に巻いてあげる 電話の向こうでラジオが「ベイベーダーリン」 繰り返す日々にもらったプレゼントは君だ ある日突然心に灯る想い  洋服についたシミで思い出した 情けない嘘の話 戻れないあの唇は恥ずかしいし 胸の裏側少しくすぐるんだ  大きく手を振った後もまたすぐに逢いたくなるから 他愛もない事はいつかのとてつもない幸せの積み重ね 一人で泣いたりしないでね  朝起きて割れた前髪どこへ行くんだよ 戻っておいでと ひねった蛇口が鳴いたよ「ベイベーダーリン」 繰り返し始まる続きをこの手で作るの つまずいて転んでも桜は綺麗だよ  特別な春の日差し さようならも愛しているのよ 今頃君は目を覚ましているかな おやすみとおはようが重なる  ねぇ今日も少し不安だよ だったら見える糸 君に巻いてあげる 電話の向こうでラジオが「ベイベーダーリン」 繰り返す日々にもらったプレゼントは君だ ある日突然心に灯る想い
シャワーとコンセントaikoaikoAIKOAIKO咳をしたら過去が煙る 消えてはまた求めてる 切り替え可能のコンセントが欲しい 毎回繰り返していたら そんな感情は腐っていくと 想い立ち込めた頃にやっと気づいた  熱があるから言えるかもしれない 物分かり良いふりできるかも 鞄の中 からまった曇り空 忘れられたいつかのガム溶かしてまた君を笑わせたい  息を止めて離れたって何度も溢れてシャツが汚れる 君の気持ちが分からないのは僕のせいだし君のせいだよ シャワーを浴びる音が聞こえる もうじき君は仕事に出かける そのまま帰って来なくなる事も何となく分かってるよ  窓開けたら冷たい空気 紛らわしい曖昧な空気 混ざっても混ざり合わないこの部屋  仕方ないじゃなくて情けないよ こんな言い訳はしたくないんだ いつもを忘れ程遠い空を使う 聞こえないふりとかしないで目を見てまた君を怒らせたい  「今更なにを言ってるの」って知らない顔で笑ってる君に 最後なんだな 複雑だよな ふと遠くで見てる僕が思う 「満月に願い事するって本気であたしに向かって聞くの?」 美しく手の届かぬものにもう戻れない願い事をするな  何も知らなかった 少し解ってたよ  大好きだってきっとうんともっと言えば良かった  息を止めて離れたって何度も溢れてシャツが汚れる 君の気持ちが分からないのは僕のせいだし君のせいだよ シャワーを浴びる音が聞こえる もうじき君は仕事に出かける そのまま帰って来なくなる事も何となく分かってる そのまま帰って来なくなる事も何となく分かってるよ
愛で僕はaikoaikoAIKOAIKO夢を見たよ だけどそれがどんな夢だったのかすぐ忘れた 目が覚めた瞬間から僕は君のこと考える 隣にもしいてくれたら一生抱きしめるのに 君はいつも突然いなくなる そんな気がする  久しぶりに外したボタンの間から全て溢れてしまいそう  よくある幸せなんてどこにもない 君は僕の全てだ 特別だ 天気が良かったら手を繋いで出かけよう 雨が降ったなら部屋で抱き合っていよう  抜け出せたのはあの日から 始まりもあの日から 思いがけず冗談みたいに運命は行く  知らぬうちに外した心の見えないところまで埋まってしまいそう  よくある幸せなんてどこにもない 君は僕の全てだ 特別だ 寝息の継ぎ目に体がほどけて 優しく擦れる 一瞬注ぐ想い  破綻した愛でゆるんだ心に 足跡をつけてよ  よくある幸せなんてどこにもない 君は僕の全てだ 特別だ 天気が良かったら手を繋いで出かけよう 雨が降ったなら部屋で抱き合っていよう 雨が降ったなら部屋で抱き合っていよう
磁石aikoaikoAIKOAIKO言えなかった訳じゃないの 言わなかっただけのこと 同じ部屋で何度も別れてくっついた 魔法なんて無くて本当に有るのはここにいることだけ あなたがいることだけ  感情に飲み込まれ どうしていいのかわからず 耳いっぱいに詰め込んだ輝いたミュージック 自己嫌悪机のシミに嫌気が差した なんかそんな日は突然やって来てね  あなたを大好きなあたしがいるのは あなたにずっと憧れていたから  匂いの散らばるジャケット 帰って来たらいつもバツが悪そうに椅子に丸まって 膨れたポケットろくなもんじゃない 多分「それなに?」と聞くあたしもいない  繋ぎ止めていた理由に嘘が生まれ 書き直した心に浮き出したダミー 目に付く思い出 薔薇色 桃色 枯れてもあの日を責めたりはできないよ  あなたを大好きなあたしがいるのは あなたにずっと憧れていたから 瞬間ときっかけがこっちを見ている 諦めと嫌いはもう抱きしめ合ってる  悩んでひとりぼっちになった そしたら朝が眩しかった 知らなかったよ こんな世界も 走りきったよ あたしの想いも  あなたを大好きなあたしがいるのは あなたにずっと憧れていたから 反発しあってもうくっつかない磁石 触ると色が変わる細い血管
しらふの夢aikoaikoAIKOAIKO昔に戻ったみたいなのか 今さら恥ずかしくなったのか どっちつかずで落ち着かない あなたの仕草が愛おしいな  何も知らない右足で踏み込んではくれないか それはそれでどうしたんだ?って笑われた  思い出にしても忘れてしまったら全部嫌だな ずっとこのままあなたを想っていられる はちきれそうな気持ちを馬鹿になってぶつけられる しらふの夢の中のような今がいいな  書き切れない思いが胸をつまらせ 出てくる言葉が軽くて安っぽくて恥ずかしい  鮮明に覚えてる今日はあなたに言われた事を 勝手に喜んで勝手に落ち込んで 目をそらしてしまった今はしらふの夢じゃないな 今晩はあなたのところに朝までいたい  思い出にしても忘れてしまったら全部嫌だな ずっとこのままあなたを想っていられる はちきれそうな気持ちを馬鹿になってぶつけられる しらふの夢の中のような今がいいな しらふの夢の中のような今がいいな
片想いaikoaikoAIKOAIKO出逢った日のことなんてもう忘れた だけどあなたのにおいは覚えてる 逢えない時には何度も疑って そばにいる日は素直になれなくて  叩いては言い聞かせた胸のあたり 鏡を見て吐くため息も我慢した  いつも片想いみたいな気持ちだったよ いつも片想いみたいな気持ちだったよ  間違いと過ちは何が違う 有る心浮く心どう違う どちらにせよあなたが傷つけたの 仕草をつなげてはロードショー  楽しいまま春休みが終わったなら 夏休みの絡まる愛も知らなかった  それも片想いがくれた気持ちだったよ だから片想いこれから伝えに行く いつも片想いみたいな気持ちだったよ いつも片想いみたいな気持ちだったよ
No.7aikoaikoAIKOAIKO見つからない様に隠れていたら目の前の虹が消えていった いつも息を潜めて生きてきたのにあなたに逢って溶けていった  どうやって追いかけたらいいの いいの いいの とても楽しい  いいものも悪いものもあたしに無いもの持ってるから やるせなくて許せなくて届かない あぁ 明日あなたが家を出る時あたしは寝たふりをしながら 早く帰ってきてとすぐ願う 隣にいたあなたの毛布の中に足を入れて  あたしにはあなたが あなたにあたしがいるって誇りに思いたい  知らないままでも良いけど 新しい世界はとても楽しい  ありがとう あとごめんね ひねくれた顔しかできないけれど 言えるからちゃんと聞いていてね あぁ 明日終わりが来たらなんて考えるのはもうやめよう それよりお菓子とお酒控えよう 少しブレた心も好きでいい あなたがいる限り  どうやって追いかけたらいいの いいの いいの とても楽しい  いいものも悪いものもあたしに無いもの持ってるから やるせなくて許せなくて届かない あぁ 明日あなたが家を出る時あたしは寝たふりをしながら 早く帰ってきてとすぐ願う 隣にいたあなたの毛布の中に足を入れて 何喋ろう何作ろうかと考えてる夜明け
一人暮らしaikoaikoAIKOAIKO眠たくないから起きてます そしてそのままクマ重ねて 思い出並べて畳んでも どうしようもないもんね  こんな小さな靴下なのに必ず見つかる洗濯カゴ 面倒臭い日々の続きを干すのが今日で最後になるなんて嫌だな  こんがらがった あなたのロンTあたしの体と固結び 解くのも強く結ぶのも許せない夜  いつの間に寝たんだろう 束の間の夢 遠く儚い夢  部屋の角いつもの景色に 息を吐いたり怖くなったり 優しいままいなくなるなんて最低だよ 明日はマシな素面でいたい  約束なんてしなくてもかまわない どこかで狂った片結び あたしが勝手にひとりでくらった朝  煙草臭いな 早く洗わないとな 消してとりあえず終わろう つっかえたまま流せど落ちぬ 胸がいっぱいだわ  あなたのロンTあたしの体と固結び 解くのも強く結ぶのも許せない夜
LastaikoaikoAIKOAIKO声を上げるのは 聞いて欲しいの 今笑うのは忘れたくないから 後ろ向いたのはあなたの優しさに 甘えたあたしが恥ずかしかったから  ずっと約束して欲しい ずっとここにいて欲しい あなたの息が届く距離のせいで心が震える  新しい朝日が昇ってもまた変わらず迷わず 消えず絶えず 涙が出るのは嬉しいから 一緒にいられると思ってなかった  誰かの言葉なら風に消えるのに 夜には馬鹿馬鹿しいなんて言えるのに  あなたの誘う目に映った なびく軽い暖かさを 信じる事が怖い距離でふっと心を閉じてた  新しい朝日が昇ったらまた悩んで想って 触れて抱いて ひとつになるのは容易いよと言ってくれたから あたしは生きてた  ずっと約束して欲しい ずっとここにいて欲しい あなたの息が届く距離のせいで心が震える  新しい朝日が昇ってもまた変わらず迷わず 消えず絶えず 涙が出るのは嬉しいから 一緒にいられると思ってなかった
いつもいるaikoaikoAIKOAIKOおはよう 今日も花が咲いている最高の時を 目が覚めたなら始まりと共に さようならを数える  歌おう 誰に教えられた訳でもない 悲しい時も嬉しい時も 初めてはみんな声をあげるよ  あなたの涙も 子犬のしぶきも すべてが命ある今夜も愛なのね もしダメな日があっても1分1秒涙が蝋燭のように溶けるだけ 日々は続くよ  涼しく吹いた風は少ししょっぱくて 甘い夕暮れが地面に刺さった影照らして勇気をくれたよ  ひっつめた髪に細かく描いた 色と時代に宝物があるの 空に舞い目が眩んでも かかとの減った靴といっぱいに笑う時間はある 築くストーリー  運命の糸が青で黄色でもひねくれた二人が向き合う部屋が世界 息苦しくても生きていこうね 思い出をあといくつ作れるか 愛してるって何度も言ってね  夏の暑い日に狂った低気圧 雨に濡れてもいい くたくたでデートしよう 辛い時にはあたしを見てね あなたの隣で笑ってる それが生活 ずっと一緒にいるということ
58cmaikoaikoAIKOAIKO視界に入る髪がふやけてとても好きだよ いつも困って笑う顔も 君の愛がもっと欲しい 手に負えないのが気持ちいい 絡まる足に青いキャンディー  お気に入りの指の先 上向く唇の端 毎晩あたしは狂おしいの  帰りたくないならこのままもうちょっといてよ もつれた話をまとめて 忘れず傷つけてよ  踏み込んだりは出来なくってあぁ上手に積み上げたいよ 黄緑色に光る世界  声が混ざる息遣い 片付かない心の中 目の奥まで愛おしいの  今夜が終わってもねぇちょっと離れないでよ 頭の中でもキスをした 切り取って二人だけでいこう  湿ったシャツに張り付く肌と髪の毛が痛い 何度好きになっても痛い  帰りたくないならこのまま朝になろうよ 近くで話を聞いたら もはや君だけのもの 眉間の歪んだ一昨日心に決めた この気持ち誰が止められようか 夢は醒めないままがいいの 傷つけてよ
心焼けaikoaikoAIKOAIKOメールや手紙は捨ててしまえばなくなるけど アタマの中に焼き付いたものはいつになったら消える日が来るの  あなたがあたしに言った愛おしい言葉と 悲しい言葉がもとの場所を彷徨う靴の紐がいざなう  髪の先から足の先から細胞分裂 口紅も香水もかたことかたこと壊して 全部全部  何度流しても涙は出るし 突然襲って来た悲しみは このトンネル抜けても雨のまま このままでも逢いたいが 雨が上がったらその時は あなたを忘れられた証拠なのかな  からかったくせにひねくれるあなたは何者? まっすぐぶつかればそれはそれで刺さった言葉であたしが傷つく  おかしいけどずっと前から妄想も分裂 傷口が痛いから息してると確かめてる 合わない一度の恋  振り回されてた時の呼吸は 何周かしてたら 身体中の温もり思い出させてくれたけど あなたの声は急速に身体を冷やしてく痛み止め いいような そじゃないよな 悪魔のような  何度流しても涙は出るし 突然襲って来た悲しみは このトンネル抜けても雨のまま このままでも逢いたいが 雨が上がったらその時は あなたを忘れられた証拠なのかな
ハニーメモリーaikoaikoAIKOAIKO思いっきり泣いて泣いても未練は流れ落ちない 君がいないと味がしないんだ  いつも悪いなって思ってたよ 夜明け前に帰ると洗面所だけ電気が付いてた ごめんねでも 素直になれなかった  繰り返してきた春に僕はいつの日からか 隣にいる君じゃなく違う花食べた  思いっきり泣いて泣いても未練は流れ落ちず 今年の桜は誰と見たの 最近はおとなしく家に帰ってるよ 君がいないと味がしないんだ  「心臓は5個あったらいいな 入れ替えたらあなたの前でずっと笑ってられるわ」 ほんとに…僕は粉々になった  涙が出そうになって指で塞ぐ仕草は 僕への想い透明にする準備だった  なんとなく続いてく問題も時が経ち 朝陽が溶かすよと軽く見てた ガラスは割れたまま 愛しの君は君のまま 綺麗で笑ってて 戻れないんだ  思いっきり泣いて泣いても未練は流れ落ちない 今年の桜は誰と見たの 最近はおとなしく家に帰ってるよ 君がいないと味がしないんだ  いつも悪いなって思ってたよ 夜明け前に帰ると洗面所だけ電気が付いてた ごめんね でも素直になれなかった
青空GOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKO触れてはいけない手を 重ねてはいけない唇を あぁ知ってしまった あぁ知ってしまったんだ  あなたにもう逢えないと思うと 体を 脱いでしまいたいほど苦しくて悲しい あなたに出逢う前の何でもなかった 自分に戻れるわけが…  間違いを引き返せない目の奥まで苦い だけど無しに出来ないよ ずっと背けてた  ちょっと唇に力入れて 何にでも頷いてって今思い返すと馬鹿みたいだな ボーッとした目の先に歪んだ青い空  振り返るのは あっけなくて怖い あてもなく信じた心が愛おしい ふとした時に剥がれた思い出 抱きしめる日が来るわけが…  想ったり嫌になったり自由で不自由だった それはあなたがいてくれたからできたんだ  そっと薬指を縛る約束を外してもほどいて無くしても まだ気をつけて服を脱ぐこの癖はなかなか抜けないな  なんだよあんなに好きだったのに 一緒にいる時髪の毛とか凄い気にしていたのに恋が終わった 破裂した音が鳴っている 今あたしの薄ら汚れた空に吸われていくの 恋が終わった  ちょっと唇に力入れて 何にでも頷いてって今思い返すと馬鹿みたいだな ボーッとした目の先に歪んで見えてる 本当は涙で見えないただの空
こいびとどうしにaikoaikoAIKOAIKO僕とあなたは恋人同士 僕とあなたは恋人同士 いつまでも手を繋いでいるの 僕とあなたは恋人同士  今日は静かに目合図して 二人の世界に隠れていよう 唇の端に残った昨日の愚痴は飲み込もう  悩んでしまって心が震えて 少しずつ形変わっても 必ず見つけ出せるの 僕はあなたが好き  知らない人ばかりだからと僕の事も知らないんだと 思ったりしないで良いよ 僕とあなたは恋人同士  明日明後日もくだらない事にほころび笑い泣くだろう 小さな事を重ねて過去は光り眠る  不安で耐えられない時はひとりぼっちで苦しいのと 絶対に思わないでよ 不安定な雲の上でも あの日出逢えた事を僕はこれからも忘れないだろう 振り返るときは一緒さ 消えて無くなっても一緒さ だから手を繋いでいるの 僕とあなたは恋人同士
愛した日aikoaikoAIKOAIKOたまにあなたがとても恋しくなるよ 随分逢ってないせいかな それは仕方ないし 自然とそうなったし あなたもあたしも止めなかったし  緩やかに弧を描く耳を優しく触って  あなたの姿が見えない日も 触ってあげられない日も心の底から大好きだった 平気と晴れた空にあたしは今日も上を向く 昔あなたがしてたから  途中で黙ったあの日の帰りみたい 書き足せなかった余白みたい  約束はただの約束 あの場所もただのあの場所  些細なしぐさと混じる雲に さようならも言えないまま ふたり手を離してしまったのね 重なる笑い甘えた言葉は あなたの心のどこかに今日もありますか  今のあたしの目と今のあなたの目が 合ったら合ったら泣いてしまうのかな  あなたの姿が見えない日も 触ってあげられない日も心の底から大好きだった 平気と晴れた空にあたしは今日も上を向く 昔あなたがしてたから
格好いいなaikoaikoAIKOAIKO氷の世界 少し前までは暖かった あたしの気持ちだけ鏡はバラバラに映した それってもうなくなるってことかな 拾い集めたらどこにもハマらなかった 体にある余計な水分が邪魔で不快だ やめてあぁダメだってことかな  もうそこまで来ている小さく息して待っている 8%残った気持ちが白紙に変わる 出会えた事で使い切ったんだよ あなたの笑顔は可愛いかったよ あたしの泣いた顔はブス それを見る困った顔も格好いいな  逢えない日の部屋はいつも時間が狂ってて 心の中には知らない人がいるみたいだ 出てって あぁ まだ生きてるから  後悔を溶かす程あなたが好きだと分かってる 同じくらいさよならが 怖いからと黙ってる 弱気な海 最後の片思い 明日は愛に変わりますように 願って眠ろうとした頃 いつもそう あなたの声がするんだから  夢に出てきたんだよってどうして あたしの胸にインクを落としていくの  もうそこまで来ている小さく息して待っている 8%残った気持ち白紙になる前に 出会えた事で使い切ったからあなたはずっとこっちを見ててよ あたしの泣いた顔はブス それを見る笑った顔も格好いいな
ハナガサイタaikoaikoAIKOAIKO君がスニーカー履くと必ず雨が降るね 濡れるのが嫌だといつもより長居した部屋 今日も2つ3つ 知らない君教えてよ 僕は見えない気持ちを言葉で繰り返すよ  外の空気が変わった 冷たい息を体に詰め込んで  いつも考えてること もう少し君が僕に近づいてグッときたら 僕は君を抱きしめ離さない 君の鼻歌の中に僕の溶け出す様子が どうかメロディーに乗ってやってきてくれますように 何度聞いてもまた明日君の声が欲しくなる  重いとか軽いとか僕にはもうわからない ちょっと溢れそうでスカして過ごしたこの部屋 重いキス軽いキスそれはどちらも愛おしい 硬い唇柔らかくなるまで繰り返すよ  いつかの花が咲いた 香るのは君からか花びらか  空が起き上がる前に この曲が終わる前に 鍵をポケットに入れて 帰らないとって何回目だよ ドアを開けたら香りがどこか飛んでってしまう だからいつまでたっても僕は君の手を離せないまま 眩しい光りに透けてる君をずっと見ていたい  いつも考えてること もう少し君が僕に近づいてグッときたら 僕は君を抱きしめ離さない 君の鼻歌の中に僕の溶け出す様子が どうかメロディーに乗ってやってきてくれますように 何度聞いてもまた明日君の声が欲しくなる
あなたはaikoaikoAIKOAIKO遠く空が続いていようが 逢えなければ想像するしかない 元気でいることを 笑っていることを 隣に誰かいることを  雨の匂いに包まれて 泣いたらとてもみじめに見えそう 時間が経ったね 二人の間に 良いことも悪いことも  あなたはとても大切で あなたはとても丁寧に 愛の欠けてるあたしを包んだ  小さくなった二人の愛 どこに行ったの?隠してるの? あなたを想う あたしの声は こんなに掠れてたのか  少し離れた場所であたしを見ていてくれた だからきっと立っていられた 本当の心なんて思い出せない  あなたはとても大切で 優しいその手は永遠と 信じ合って笑い合えてたのに  遠く空が続いていようが 逢えなければ想像するしかない 元気でいることを 笑っていることを 隣に誰かいることを
ドライブモードaikoaikoAIKOAIKO適当で変な事言って連れ出してよ 理由は後でいい 夜にあの子のハンドル抜いて引っ掻いたら 間から甘い想い  電車なくなったからどうする?どうしたい?  晴れそうで雨降りそうな 深い愛と濁った恋 笑ってるの怒ってる? あぁ楽しいあぁ少し好き  一時停止で点滅したあの車と どっちが先か 道路塞いで勘違いするほど話したら まさか子供になった  気持ちいい嘘と声もう一回聞きたい  2人緊張するのは 昨日明日じゃない今だから 引き寄せられてるうちに 的に放て 唇にぶちまけ  晴れそうで雨降りそうな 深い愛と濁った恋 笑ってるの怒ってる? あぁ楽しい あぁ少し好き
愛は勝手aikoaikoAIKOAIKO何も受け入れない方が 悲しくないし良いと思っていた だから信じられなくても どうせいつもの事だと吐き捨てた  無理してささくれ探し ついつい前歯で噛んでしまってた だけどあなたに出逢えました 心が気を失ったよ  今日も愛してるの 今日もしっくりいかないの 他に言葉はないんだろうか 毎日あたしの体があなたで形成されていきます 羽根いっぱいのプールで泳いでるような めちゃくちゃな嬉しい日々 これじゃ救えない 誰か知りませんか 愛の言葉を  繰り返すのは呼吸だけ 明日は知らないと口答えして 短い爪に繰り返し 綺麗でいてねと赤を塗り続けた  愛の深さは勝手 まだ大したことはないんじゃない だけどこれから気づくのかな 辛くなったら抱きしめてよ  盗んだ心をどう扱っているの? 毎日何回触ってくれているの? こんなあたしとずっと一緒にいたいの? あなたに出逢えて最高だ どうしよう 楽しい日々 あたたかく包まれる感じに慣れないよりも 失う方が怖くなったじゃないか  今日も愛してるの 今日もしっくりいかないの 他に言葉はないんだろうか 毎日あたしの体があなたで形成されていきます 羽根いっぱいのプールで泳いでるような めちゃくちゃな嬉しい日々 これじゃ救えない 誰か知りませんか 愛の言葉を
夜空綺麗aikoaikoAIKOAIKO冷たい風が耳をつまんだらそっとぎゅっと抱きしめてよ 深爪した指先強く押しつけたコート あぁ果てしのない夜空きれい  虚しく終わる日はそばにいるよ知らないことは囁いてよ 持ってないものはきっとあたしが持ってるんだよ もう充分だと言われてもあげる  振り返ったら悲しみが座って待ってた あまりにも泣いているから手を差し伸べた  あの時あの日のあなたに愛してると 言いかけてつまずいた それすら 愛おしく儚い日々を今目の前の あなたとあなたとあなたと過ごしている  嵐の終わり手のひらに乗せた雨粒は瑞々しくて 涙に見えたのはあなたが笑っていたから 恐怖も幸福もはじめての角度  忘れないから消えないでと抱きしめた 不確かで粉々だね二人の塊  乾いた綺麗な夜空も白い朝も 出逢えて見上げて塗りつぶせた 錆びてゆく不安を大人のふりをして 蒼空知ってるふりして過ごしてた  あの時あの日のあなたに愛してると 言いかけてつまずいた それすら 愛おしく儚い日々を今目の前の あなたとあなたとあなたと過ごしている  冷たい風が耳をつまんだらそっとぎゅっと抱きしめてよ 気が付いた少しとれた口紅はあなたのとこ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
あたしのせいaikoaikoAIKOAIKO4番目のピアスが床に落ちていた 後ろのキャッチがなくなった 探してももう見つからないからいいやと諦めた  偶然だとか言いたくなかった 本当の自分もどうでも良かった だけどあなたの全ては知りたかったの そんな声初めて聞いたよ  あの時あたし多分だけど同じように諦めてしまったの 大事なあなたの事を探しても見つからないよと  久し振りに後ろ向いたら 知らない景色に笑ってしまった こんな綺麗に変わってしまうなんて 怖くて振り返れない  降った雨と一緒に流れた心の少しのわだかまり あとは自分でやりなさいと雲の間に眩しい光  無くして今気付いてしまった 居なくなった後止まらなかった あのピアスはきっとあなたの片割れ 後悔は あたしのせい
うん。aikoaikoAIKOAIKOある日突然遠くに行った そんな気がして寂しくなった あなたにいつもあたしは追い付けない これはきっとあたしのずっと大事に温めた想いが もうだめだと零れ落ちてしまったから  あなたに好きだという事は 世界が眠りについた空の星屑を集めても 足りない 勇気がないな  あなたが笑うとただ嬉しいこんな単純に夜は輝く 部屋に響く淡い音 心の音 誘われたかのよう頬にぽとり 呼んでもないのに深呼吸 朝が来たら何にもなかった事に  まさかね 冗談みたい 胸の奥に小さく灯る恋はあたしの全て燃やし焦がす それでもいいわ  あなたに好きだと言う事は 世界が眠りについた空の星屑を集めても 足りない 勇気がないな  うなずく事は簡単なのに あなたをうなずかせる事は出来るのかな あたしに ねえ
宇宙で息をしてaikoaikoAIKOAIKO最後まで繋いでいたのよ 離れるなんて知らなくて  今日あなたを見かけたよ 前みたいに苦しくなかった 髪型とかゆるいシャツだからとかじゃなくて なんか…経ったんだな  あの時はもう前を向いて 一生歩けないって思ってたけど  思い出の中くっついてた シールが剥がれたよ 最後まで繋いでいたのよ 離れるなんて知らなくて  逢えないのも仕方ない またどこかでなんて言わない だけど平気に普通に話せたらそれもね なんか悲しいよな  酷い時もずっと一緒だった どこかがくっついてると信じていたの  あなたはもう知らない人で 1人で歩いてる あたしも前を向き笑っている 今夜宇宙で息をして  思い出の中くっついてた シールが剥がれたよ 最後まで繋いでいたのよ 離れるなんて知らなくて
だからaikoaikoAIKOAIKO古いビルの壁に染み込んだ雨のように もう心の色も元に戻らないよ 何度も塗った空に ひとつだけ雲が落ちた それはあなたが泣いて作った空  全部吐き出して涙も鼻水も 少し眠ればいい 起きていてもいいよ あたしはあなたになれない だからずっと楽しいんだよ 苦しくてもどんなに悲しくても  一緒にいれば何が見えてくるの あなただけに話すから  痛みを分けあえるメーターがあったら 目を見る事を忘れ目盛り見て それはそれでうまくいかないさ だからあなたの肌を触らせてよ わからないから触らせてよ  まんまるな日に心細くいびつな紐 わざと巻いてしまう ふざけた二人の指 簡単な事で捻れて氷は溶け時が過ぎて 上と下濃さの違うジュース  いつでも思い出せる過去があるの あなたも持っている記憶  二人も一人も同じなんだと 思える日もあれば 孤独な日もあって わがままにこれからも生きていこう だらしないねと笑っていたいの わからないからそばにいたいの  いつかまた 声を上げて泣く日が来たら きっとあたしもあなたの目の奥を見て これ以上ない声で泣くの  痛みを分けあえるメーターがあったら 目を見る事を忘れ目盛り見て それはそれでうまくいかないさ だからあなたの肌を触らせてよ わからないから触らせてよ
ストローGOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKO君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる 君にいいことがあるように あるように あるように 君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる 君にいいことがあるように あるように あるように  初めて手が触れたこの部屋で 何でもないいつもの朝食を 喉を通らなかったこの部屋で パジャマのままでお味噌汁を  寝癖ひどいね 行ってらっしゃい 小さくさようならと手を振る 明日も君の笑顔を見られますようにと手を振る  君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる 君にいいことがあるように あるように あるように 君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる 君にいいことがあるように あるように あるように  朝には無くなってしまっても 匂いが消えてなくなっても 指先だけに残る花火 雪の降るベランダでは子供に  瞳閉じて書いた日記 薄くて強い覚え書き ずいぶん色が変わったなって 見えない心が愛おしい  お皿に残る白い夢を 君の口にいれてごちそうさま 大きな小さい半分に慣れた頃思うこと  延長戦を繰り返してやっと見えた本当の痛みは 出会った頃より悲しくて寂しくて大切で 君にいいことがあるように 今日は赤いストローさしてあげる 君にいいことがあるように あるように あるように
雨フラシaikoaikoAIKOAIKOあたしの心雨ふらし 気付かず今 本当の涙こぼした あなたにもう逢いたくないし なんて言えたら それもいいかな  繰り返し思い出すからいちいち 人混みに紛れて目を合わした夜 握ってる手が風船の紐のよう こんなあなたを好きになったあたし  彼女も彼しか見えないように ふたりも確かに恋してた  あたしの心雨ふらし 気付かず今 本当の涙こぼした あなたにもう逢いたくないし なんて言えたら それもいいかな  最初だけはあくびをしてごまかした あなたの唇逆さに向いてる  ちぎれそう結んで指に巻きつけた 痛いのが安心できる証  あなたの移り気なフォルダ 恥ずかしそうに立つあたしがいたあの日は 知らない空にまだ真っ直ぐ ヤキモチ妬いていた頃だったな  絡まる不細工な三つ編み気付かなくて あなたは笑ってくれたね もう離そうか風船の糸 どうか誰にも捕まらないでね
夜の風邪aikoaikoAIKOAIKO後悔するくらいなら 苦しくなっても好きでいたいよ なんて言えるのは少し酔っているからかな ただ誰よりもずっと あなたのことわかりたいだけで 胸は熱い よろける足  浮ついているんじゃなくて いつもより近くで笑うあなたに浮かれてるだけ  走る心に濡れた歩道はまた匂いを変える いつも揺れているの あなたを見てそっと 今日は帰りたくないな このまま一緒にいようよ もたれてもいいよ あたしだけのもの  風邪引いたみたいに 花びらと熱が肩に積もる 明日の朝 何て思うかな  喉にささる炭酸も気だるさもなんか良い 星も月も優しい匂いも  全てがあなたに捧げる言葉に色を変える 夢を見続けるの 首に巻きつくあなたの腕に 今だからいいやと ポケットに手を入れて あなただけのもの  走る心に濡れた歩道はまた匂いを変える いつも揺れているの あなたを見てそっと 今日は帰りたくないな このまま一緒にいようよ もたれてもいいよ あたしだけのもの
予告aikoaikoAIKOAIKO目が覚めれば世界は変わる 昨日の孤独と今日の自由 スイッチを少しだけひねれ 明日への希望 未来のあたし  夢などいくらでも見れば良い何度も初めての顔で逢おう 後ろ前逆に着たシャツを笑ってね 次回のおはなしは 愉快な話さ  予告 あたしだけの道をあたしは知っている 変幻自在振り返れば綺麗 選べないよ ずっと だけどそれでいい きっとあたしのあたしが知っている  何度も胸撃ち抜かれた 季節と踊り狂ってた クーラー切って窓を開けた 夕焼けのオレンジを盗め  結んだ約束はそう叶うまい ただ自転車こぐきっかけさ 回転数あげて追い越したのはその先に死ぬほど逢いたい人がいるから  笑う あたしだけの道をあたしは知っている 真っ最中の真ん中は愛おしい 終わらないよずっとだけどそれがいい きっとあなたとあたしが知っている  ある日の続き 上を向く前を向く 突然思い出して息を吸い声を吐く もうじき頬も晴れやかだ 泣いたのは出口を探した証さ  予告 あたしだけの道をあたしは知っている 変幻自在振り返れば綺麗 選べないよ ずっと だけどそれでいい きっとあたしのあたしが知っている
間違い探しaikoaikoAIKOAIKOきっとあなたの心に気付いてなかったんだろうね そんな顔してまっすぐ見つめて何考えてるの? もう慣れっこ同士過ごす毎日おままごとのような 繰り返すキスとハグはないね リビングの時間  どこかで最後までって繋がっていられないような気がしてた だからってどうとか無かったんだけど あぁ今知った 痛い  少し雑にだけど綺麗に並べられた歯ブラシにあたしはなれなかった 朝起きてドアを開けて夜が来てドアを閉めて あなたがいてあなただけでそれでいいと… はぐらかして愛に触れて怖くなってあなたの目のその奥を 知りたくない知りたくない 気付きたくないわかりたくない あたしが思うってことはあなたも思ってる あなたも思ってるあなたも思ってる  この空白にはどう触れれば正解なんだろう このシーンには一体何色が正しいんだろう あなたのパーカーの下から滑り込んだ指先 背中で強く絡まりあったむせ返る時間  当たり前にあったから無くなった事に気付いてなくて 無くなって傷ついて溺れた涙にはあなたの愛  まとまってない心の中 忘れ去られた 愛おしい嘘と間違い探し 横顔のいつもと違う耳にかかる細い髪 鏡みたい あなたを見るあたしの顔 二人の糸で髪を結んでいたの だからあなたが切ってね 泣いてるの?抱きしめてよ もう消えない 消せやしない あたしも思ってるからあなたもそうでいて 少し愛してる またね 愛してる
月が溶けるaikoaikoAIKOAIKOありがとう ありがとう ありがとうって 電話切る時に何度も言うから もう最後なのかって どうなのって 大丈夫なのって おもわず思って不安になるよ  あなたのこと 心の音 目を見て全部口にしたいよ 想いが心を蝕んでしまう 真夜中の毛布  さようならあなたに言われたらって 涙で静かに月が溶けた 言葉は夜空の道に迷う ねぇ どこにいても 離れないでいてよ  時を止めてあなたと愛し合って わざとな我が儘 わかり易くて耳元が疼く  中途半端に開いた窓が 冷たい空気を部屋に入れる 感覚のない痺れた唇を 上手くごまかした  またねと言ったのに逢えなくなって ごめんと言うのにあなたが泣いて 言葉は夜空の道に迷う ねぇ 消えない痣になるの わかってるよ  さようならあなたに言われたらって 涙で静かに月が溶けた 言葉は夜空の道に迷う ねぇ どこにいても 離れないでいてよ
恋をしたのはPLATINA LYLICaikoPLATINA LYLICaikoAIKOAIKO今降るこの雨 遠くは晴れている だからすぐに逢えるね 止めば乾いてそして星が降るから お願い  一枚一枚増える色の違う写真めくる様に  伝えたかった事は今も昔もずっと同じままだよ Darling 迷わぬよう歩いていけるたったひとつの道標  ねぇ前向いて あたしはここにいるでしょ? だからもう泣かないで 心が割れた時も特別な日々をくれた  些細に掛け違えた赤色 あの日の廊下の白色  初めても最後も今も舞う花びらに刻み送るよ Darling 落ちる雨に映る二人 世界は誰も知らない  恋をしたのはいつからか泣いたのは何度目か 数えると夜が明けるわ 困るな...  伝えたかった事は今も昔もずっと同じままだよ Darling 迷わぬよう歩いていけるたったひとつの道標
夏バテaikoaikoAIKOAIKO耳の奥に残ったまま 出てこないプールの水 あなたの声や瞬きが あたしからずっと離れない  どうして台所に来たのか ぼーっとしてて覚えてない 効きの悪いクーラーと 湿っぽいあたしが揺れている  思い出すの 綺麗に割れたあのグラス もう一度重ね合わせたら 何も無かったかのように 戻れたらそれはそれでいいのに  優しくゆっくりしめつけた 心がやっと気づいて泣いた あなたも同じように今 少しで良いから思い出して欲しい  たまに赤く光る画面に 目をやれどあなたじゃない あの日見つめて引き止めた あたしが悪いのかあなたのせいか  椅子にかけたシャツにできた浅いシワを そのまま持って帰ったね 膝の横に置いた手の距離 数センチ 長くて愛おしかった  冷たい床にくちづけて 季節は秋桜 雪のマフラー 飲み込み吐き出したままのあなたの思い出 どうしたらいい  この部屋にある全ても あたしが水をあげなくなったら 静かにさよなら 枯れて行くのでしょう  優しくゆっくりしめつけた 心がやっと気づいて泣いた あなたも同じように今 少しで良いから思い出して欲しい
微熱aikoaikoAIKOAIKO今夜も必ず連絡するね 昼も夜も抱きしめて あなたは夏の幻 あたしは羽の折れた鳥 だから少しだけ休ませてね どうかその胸の中で あぁ大好きで泣けてくる もたつく甘酸っぱいふたり  1分1秒刻み あなたを知り あたしをあげる  微熱があるくらいがいい 濡れたTシャツの襟を触って あなたのそばにいるんだな 眠れないな もったいないな おやすみと目をつぶったあなたの その目の中にあたしはいるんだな  後ずさりしてスカートについた砂埃と過去 めくれた中の色と この後ろ姿を閉じ込めて  心に育った不安を食べてよ 優しく愛す  完全じゃないくらいがいい あなたと手をつなぐ時はいつも汗の星屑と心がぶつかる 一生消えない傷でいいな 絆創膏の様にいつも包んでよ あなたのそばでわがまま言いたいな  1分1秒刻みあなたを知り あたしをあげる
何時何分GOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKOあめちゃんあったら嬉しいな がさごそ探るカバンの中 掴んでみたらゴミ屑と 偶然見つけたあの指輪 あぁ こんなとこにあったのか お前こんな所にいたのか 一緒にいなくなったんだと ずっと思ってたんだよ  嫌な事だけ見えない目と 悲しい事は聞こえない耳 そんなものあるはずないし そんなものなんて欲しくもない あなたの匂いを大好きな あなたの体を大好きな あたしの鼻とこの唇 それで十分だったの  なんとなく会わなくなって 夜の交信も途絶えて 思った事を言い合えたあの頃が 堪らなく愛おしい 言いたい事があったなら どうして言ってくれなかったの 言いたい事があったのに どうして言えなくなってしまったの  さようなら さようなら また今度さようなら 今度ってつけたらさ 少し涙が落ち着くから 愛してる愛してる だからね 好きだよ 何時何分何曜日 空はとても晴れている  一瞬の眠気に襲われ 数秒つぶった間にさ 何か世界が変わってたり あなたから連絡が来てたり そんな事あったらいいな そんなはずあるわけないな だからこの時間はきらい 重たい静けさに食べられる  今すぐ洗面所に行って 排水溝に吐き出して そのあと冷蔵庫にいって あの子がくれたジュースを飲もう こんな時も絡みついてる ハサミで切る気もないけれど 想うって事はこんなにも あなたで埋もれるって事なのね  新しく新しく知らぬ間に伸びた影 髪の毛の間の目を 呼び捨てにしたあなたの名を 見つめても見つめても届かない好きだよ 何時何分何曜日 今日は少し泣いている  さようなら さようなら また今度さようなら 今度ってつけたらさ 少し涙が落ち着くから 愛してる 愛してる だからね 好きだよ 何時何分何曜日 空はとても晴れている 何時何分何曜日 空はとても晴れている
冷凍便GOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKO自分の汚いものを見て 自分の愛おしい色を見て 自分の過去のページを消して 毎日最終駅に着いて うっかり眠った雑音の中 うわずった声が思わず出て それが凄く恥ずかしくって 知らないふりして走って逃げた  あなたが宅急便で送った凍ったままの甘いハートは 今ゆっくり解凍して抱きしめているところ 傷つけるみたいにキスをしてまたねって言って別れたから なんか続きがまたありそうで明日目が覚めたらって思っちゃうの  早く家に帰ったらなんかどうしていいかわからなくなる あたしの楽しみにしてるラジオもっと遅くにやるの 床に落ちた長い髪の毛を見るたび軽くため息吐いた もうこんな髪もいらないから切ってしまおうよ  うまく言えないよ自分の事 優しくなれない自分の顔 後ろ向きなこの性格も 仕方ないなもう生まれつきって だけどこんなあたしだってね あなたが凄く愛おしくって 世界一宇宙一の想い 今夜も持て余しているの  この間人は孤独なんだと あっと言う間に目が染まった 一緒に帰ろうと約束していた友達が あの子と並んで帰って行く 姿を見て寂しくなって そう言う瞬間に陥って負けた1.2.3.4  どうしても乗り越えられない様な 酷く苦しくて悲しい夜に ふと浮かぶあなたの横顔にあたしは救われてた 偶然なんかじゃないでしょう きっと神様が仕掛けてくれたのだろう 明日もちゃんとやってくるから あたためあおうよ  あたしの心は真っ青でもう何も出てこないんだ だけどあなたの事は好き それだけは本当  早く家に帰ったらなんか どうしていいかわからなくなる あたしの楽しみにしてるラジオもっと遅くにやるの 床に落ちた長い髪の毛を見るたび軽くため息吐いた もうこんな髪もいらないから切ってしまおうよ 切ってしまおうよ
信号GOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKO明日も雪が降るかな こんなに降るなんて久しぶりだよね 今日は本当に寒いね 窮屈なポケットに君の手を入れた 頭の中なんて空っぽで嘘で紙くず 一生懸命 言葉を並べて話してただけさ 見透かされたくない 白い息が揺れる  愛なんて知らない君の本当もわからない あたしがいつも付けてるキーホルダーは君じゃない 笑った顔が見たいあたしといつもの道の角を曲がって 二つ目の赤で手を繋いで  涼しい風が香って 陽射しで少し灼けた髪を結んだ ベランダで夏が踊る なにげない一瞬をただ想ってた 心の中なんて誰にも見えない 毎日すりむいてばかり 君の様にあたしもなりたいんだ だけど言いたくない こっち側に触れて  泣き叫んでみたり初めてにぶつかったり 君の指に巻き付く糸の色になっていたい 逢いたいじゃ足りない あたしといつもの時を刻む針の音に この心臓重ねて  愛なんて知らない君の本当もわからない あたしがいつも付けてるキーホルダーは君じゃない 笑った顔が見たいあたしといつもの道の角を曲がって 二つ目の赤で手を繋いで
愛だけはaikoaikoAIKOAIKO風が冷たい耳が痛い まだ家までちょっとあるな 想いがほころび穴が開いてこぼした愛はそのままで  じゃあねといつも別れる時に何度振り返ったかな 今日は歩いて帰ろう泣かないように歩いて帰ろう  好きな気持ちの形変わっても 一生変わらないでしょう 例えばそれがボロボロでもみんなが笑っても 変わらないこの愛だけは  前を向いて一歩一歩 進んでいるつもりでも それは何だか ただあなたから離れていくように感じて  思った以上に 胸が痛いな 誤魔化せなくて辛い あたしの隣にあなたがいないとやっぱりちょっと無理だな  温かくて汗をかいてた 一生忘れられない道 小さな想いがひとつずつ薄れ行く日が来ても 変わらないこの愛だけは  好きな気持ちの形変わっても 一生変わらないでしょう 例えばそれがボロボロでもみんなが笑っても 変わらないこの愛だけは
好き嫌いaikoaikoAIKOAIKOテレビを見ていた 隣で指輪をクセでまわしながら 「お腹いっぱいだよ」 だらしなく笑うあなたを睨んで  ああ ああ ああ  こっちを見ていた いたずらは視線の先のあたしに 他愛ない相槌 あなたとの月日示すシグナル  ああ ああ ああ  きらい すき きらい すき やっぱきらい  ああ ああ ああ  きらい すき きらい すき やっぱきらい  テレビを見ていた テレビを見ていた あなたを見ていた
かけらの心aikoaikoAIKOAIKO一人暮らしを始めた十代の終わり 「ああ晴れ晴れする」と友達に言った だけど本当はとても勇気がいることで毎日夜が怖くなった 帰ると部屋が寒かった時 疲れてそのまま眠った時 慣れない冷蔵庫に入ったままの水も卵も夢も全部  ああいつまでもあたしにまとわりついて 妄想も不安もここで生まれて 飲み込まれてしまいそうな夜中3時に いつも帰るの始めの線へ  ピアノの前に座って目をつぶって あなたもきっと今頃前見てるから 今日の星が10年輝いてますよに そして必ず一緒に見つけられますように  朝焼けが1日の終わりを知らせ まだ少ない車の音聞きながら 部屋の窓から少し背伸びをしては 気をつけてねと小さく声が漏れた だらしなく気だるい煮詰まった部屋の生活にもなんだか憧れてたよな だけどどこかで誰にも言えない宝物の大きな夢から目を背けていた  小さな悩みで1日ダメにするのは今も昔も変わらないままだな そんな風に思い返して笑える日が来ることこの時はまだ知らない  大きく息吸って目をつぶって あなたの前であたしも笑ってるかな? この歌のここはあなたに届けと夢中になって紡いだかけらのこころ  ピアノの前に座って目をつぶって あなたもきっと今頃前見てるから 今日の星が10年輝いてますよに そして必ず一緒に見つけられますように
大切な今aikoaikoAIKOAIKOわかりやすい態度でみせて今日は一緒にいこう 二人の世界は夢の中でもずっとやはり二人きり 家の隅に生えてきたクローバー あなたのへたくそな絵 少し変わった時間を過ごそう  明日の事は誰も知らない 何かが空から降ってきても キスをした事があたしを包む 強く堅く ねえ今よ 大切な今よ  力の抜けた右手が好きそれで頬を触って 忘れかけていた様ないらないふりをしていた様な あなたといると胸の奥で涙がこぼれるよ これ以上ない時間を過ごそう  あたしの想いは誰にも負けない 気まぐれな風がさらっていっても 声を上げたら羽が生えるわ 煙をあげて さぁ行こう 大切な今よ  あなたに出逢えて見つけたあたしの目に 映った顔はこれ以上ない笑顔だった  明日の事は誰も知らない 何かが空から降ってきても キスをした事があたしを包む 強く堅く ねえ今よ 大切な今よ
蒼い日aikoaikoAIKOAIKO改札口抜け週末の人混み離れたあと並んで歩いた だけどここからは別々であたしはいつものとこで一度だけ振り返る  電車が陸橋を渡るその時願い事をする 幸せな瞬間も悲しみの蒼い日も  また思い出すな 聞こえない 見えない 知らない ふりをただしていたね 一番星はずっと前に気付いてた そしてあたしたちだけを見ていた いつかあたしに教えてほしい あの日何を願ったのか  低い低い空の雲に風が吹き濃紺と重なり絵を描く あなたのその目の輝きも あたしの夢も それぞれある道のりも  遠回りつきあたり迷い下を向き涙こぼれても 必ずいつかまた逢える必ずいつか重なる  少し離れるね 元気でいようね 抱きしめてくれた熱い首に流れる優しいしるし 本当の言葉を2人だけの秘密を楽しい時を いつかあたしもあなたに話すね あの日何を言いたかったか  また思い出すな 聞こえない 見えない 知らない ふりをただしていたね 一番星はずっと前に気付いてた そしてあたしたちだけを見ていた いつかあたしに教えてほしい あの日何を願ったのか あの日何を
問題集aikoaikoAIKOAIKOなんとなく同じ時間いつも同じページを あたしはどうして見つめているの あの日に書き残した言葉をただ見つめてたの 気付いて乾いた胸が裂けた  ここにある日常の景色に何色を塗れば変わるの  神様あの日を想うあたしのこの目をどうか 一瞬だけでいい 奪って下さい 遠くで鳴っているような幻を見てるような 握りしめた手のひら あたしは息が出来ない  めくれないページが音を立ててあたしに言う 「ねぇ絶対破ったりしないでね」 そんなことしないからもう話しかけて来ないで 今からまた前を向くんだから  夢の中に立ってるあたしにあたしは今何を叫ぶ  斜めに倒した世界 見えてくる調子の良い 鮮やかな空に嘘吐きながら どうにか立っているなら全部壊してしまえよ だからね ちょっとさよなら もう一度夢を見るまで  駆け抜けるよこの道を今なら一番早く走れそう あたしの人生はいつもはじまり 変わりたいなら変わればいい  心に汗かく様な苦々しい思い出は少しずつ忘れてしまいなさい この体に刻んだ喜び悲しみたちよ 明日はきっと今日よりいい日でありますように
半袖aikoaikoAIKOAIKOきっとこの先まで行くとあたし腐ってしまうから この間をゆったり揺られて過ごして行きたい あなたの知らない姿に突然出くわして 涙が出たとき 好きだと確かめる  手が触れたら自然に引き寄せられる顎が上がるキスをする二人は半袖 あなたとすれ違いあたしは振り返る大切な言葉でもう一度確かめて  今日は声をまだ聴いていないな あなたも同じ様な事を 思っていたらいいな 繋がっていたらいいな  そんなに急いでないけど早足で踏み込んでしまう 見えない気持ちを氷で閉じてしまいたい 本当に切なくてあなたに触れたくて 昨日決めた事が今夜は月の裏  気がついたら想ってる鏡を見て想像するあなたを見るあたしは半袖 体の奥まで息を吸って気がつく 今迎える夜明けはとても苦しいと  あたしこれからあなたの事を どれくらい好きになるんだろう 計り知れない程 ずっと好きになるんだろうな  今日は声をまだ聴いていないな あなたも同じ様な事を 思っていたらいいな 繋がっていたらいいな
もっとMILLION LYLICaikoMILLION LYLICaikoAIKOAIKOもっと もっと もっと もっと ねぇもっと そばにいたかったんだ  嫌いになればいい僕の事なんて忘れて 嫌いになる言葉ばかり並べてた 何も見えなくて全然良かったんだ 君の笑った顔だけでいいと思ってた  枯れて行く季節に花があって ずっと鮮やかで立っているから 摘んで僕だけのものにしたくって ちぎった所から黒くなって  僕の前から消えた君の心が消えた 「あたしはねあなたの事が好きなんだよ」 信じてられた瞬間は ほんとに瞬間で もっと もっと もっと もっと ねぇもっと そばにいたかったんだ  いつの間に伸びた癖のある後ろ髪 緩やかに跳ねてどこに飛んで行った? 振り返るのは僕 前を向くのは君 重なった道で何度も確かめたのに  見違える程奇麗にならないで 陽射しの強い日のまつげの影 少しかすれた声を触った 全てを包み込んだ僕の腕  僕の前から消えた君の心が消えた 「あたしはねあなたをずっと見てたんだよ」 反らした視線の先で 愛の最後溶けた もっと もっと もっと もっと ねぇもっと 一緒にいたかったんだ  誰も知らなくても 明日が曇りでも 約束はなくてもそれでいい 少しだけ冷えた 君の手のひらを 温められたら 良かったはずなのに  僕の前から消えた君の心が消えた 「あたしはねあなたの事が好きなんだよ」 信じてられた瞬間は ほんとに瞬間で もっと もっと もっと もっと ねぇもっと そばにいたかったんだ もっと もっと もっと もっと ねぇもっと そばにいたかったんだ
プラマイPLATINA LYLICaikoPLATINA LYLICaikoAIKOAIKOあいつより好きだったとか言わないで 今更の言葉に惑わされて情けない 今日逢いたいって言ってくれたら すぐ支度して飛んで行くから  離れられずに 離れたくても 目を閉じても閉じなくてもあなただらけ あなただらけ あなただらけ  性懲りもなく繰りかえす 度の合ってないコンタクトの向こうに ゲームの世界かこの世の果てか リセット押して生き返るの ぬくもりがまだ残ってるうちに 腕を回して  なんとなく寄り道してキスをして コップに張り付く水滴が時計で 知らない間にこんなことになる すぐ気持ちなんて変わるんだから  意味があっても無意味になって 強がってもどうやってもあなただらけ あなただらけ あなただらけ  後悔じゃない吐きだした さび付いた言葉と涙がささる 一種の病か心の果てか そろった時に墜ちていくの 引き留めて払って掴んでもう離さないで  性懲りもなく繰りかえす 度の合ってないコンタクトの向こうに ゲームの世界かこの世の果てか リセット押して生き返るの  後悔じゃない吐きだした さび付いた言葉と涙がささる 一種の病か心の果てか そろった時に墜ちていくの 引き留めて払って掴んでもう離さないで
合図GOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKOねぇ もっと好きって言ってよ 眠れなくなるくらい困らせてよ 愛の形を壊してしまってよ あなただけのものに作り上げて  あたしをずっと見ててよ そしてこのまま連れてってよ 隣にいても夢を見るの そして胸に焼き付けるの  何度も上げてもらってぶつかってゆだねて 一緒にいられるなら どんな関係でもかまわないよ  上手く言葉にならない あなたの秘密になりたい 誰にも気付かれないように あたしを抱きしめて 必ず合図して あなたしか見てないから  ねぇ たったひとつだけのこのかたまりを どうかあなたの ポケットの奥にしまい込んで そのまま指でふさいでしまってよ  涙が頬を通る 悲しいって事すら愛おしい 少しだけある距離がもどかしいよ 明日はどうなってるの  想いの熱でふらついて体温に触れて 同じ気持ちになれたら どうしようもない日でもしあわせだよ  優しい声しか知らない あなたの全てが知りたい 薄いシャツで透き通りバレた心を抱きしめて 帰りに合図して あなただけ見ているから  上手く言葉にならない あなたの秘密になりたいよ 誰にも気付かれないように あたしを抱きしめて 必ず合図して あなたしか見てないから
4秒aikoaikoAIKOAIKO今日はこんな時間まで 電話してごめんなさい 空が明るくなっていて驚いて慌てた あなたは優しく笑って 大丈夫だよって 話す声がとても愛おしかった  ただただ 必死になって並べる言葉は あまりにも軽くて自分が滑稽に見えるよ 受話器の向こうのあなたを本当に好きだと伝えられる 言葉がこの夜にない程  夢中で過ぎて行った 幸せな時の中に 繰り返し伝えたかった想いは 閉じ込められず 今のあたしには重過ぎて苦しくて あなたの言葉に頷く度 笑うしか出来ない  何でもない事が気になる それ以外は見えない 知らない事が怖くて あなたに知って欲しくて ピアスの裏側に隠した熱がこぼれ落ちて 指をつたい戻れないと泣いてる  突然終わった会話の少し後 生まれた沈黙にあなたとあたしが重なった 先に話してとあなたの声にまたあたしが重なる 大切で苦しい4秒  いつかは消えてしまう くだらなく情けない日に 決めた想いと小さな心がここにある じゃあまた明日と青白くなった空と一緒に ボタン押して息を吐く あぁもう声が聞きたい
未来を拾いにaikoaikoAIKOAIKOあなたに逢ったのはたしか 冬の真ん中あたり 季節外れの汗が首もとを隠れて流れた 全部全部が知りたいと無我夢中で話した 好きなもの嫌いなもの 心の端っこまで  その目の中がむこう向いた時 あたしはこっそりあなたを見る 10年先もそのまた先も一緒にいられたらいいのに  何事もなく楽しく過ぎて行く日々を つまらないと吐いたあの頃のあたしに 逢えたなら必ず言いたい 楽しい事 なんてこの世には死ぬほど沢山あるのよ だから笑うのもっと笑って逢いに行こう  新しい袖を通す秋の夜中の下で 優しく指が入るだらしなくはねたその髪  いつも通りにこのドアを開けたら聞き慣れた閉まる音で始まる 先に行くから追いついてよねあそこの通りで待ってる  こうして手を繋いでいる事もいつか はしゃぐ時の中で忘れてしまうのかな 手の中にあるこれからのあなたへあたしへ そんな日が来たら仕方ないなって抱きしめてね 少し不安で愛おしいよ これからもずっと  何事もなく楽しく過ぎて行く日々を つまらないと吐いたあの頃のあたしに 逢えたなら必ず言いたい 楽しい事 なんてこの世には死ぬほど沢山あるのよ だから笑うのもっと笑って逢いに行こう だから笑うのもっと笑って逢いに行こう
さよなランドaikoaikoAIKOAIKO笑って泣いて さよなら 疲れたでしょ じゃあまたね 笑って泣いて さよなら 気をつけて じゃあまたね  始まりの時の様な恋の胸の音が あなたに届いていたら成功だ あたしたちは人と人を繋ぐために 今日も歌い踊る  ラシド ラシド 皆で重ねよう ラシドラシドシド 永遠に  笑って泣いて さよなら 思い出して じゃあまたね 笑って泣いて さよなら いつの日か じゃあまたね  遠く向こうのあなたにまた出逢えるなら 噛みしめる涙ぐらい最高だ 跡形もなくなる終わりの日のために 今日も声を鳴らす  ラシド ラシド 皆で手を振ろう ラシドラシドシド 永遠を  ラシド ラシド 皆で重ねよう ラシドラシドシド 永遠に
夢見る隙間GOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKOこれが最後かもしれないと あなたにあたしはキスをする もう逢えないかもしれないと あなたをあたしは抱きしめる これが最後かもしれないと あなたの肩に顎をのせる これでもう逢えないかもしれない 帰るあなたに手を振ろう  いつもそんな気持ちでいるから いつもこんな気持ちでいるから あなたの愛だけで生きていたい 高くまで消えない青い空のように永遠だったら  たまにやって来る春が たまにやって来る夏が 明日も明後日も来年もやってきてくれるのかな わからない  何度直しても狂ってく 少し壊れてる腕時計 あなたの姿見てるだけで 笑ってこぼれる片想い これが最初かもしれないね あたし何も知りませんでした もう逢いたいよって言うための言葉をいつでも探してる  目を開けたらあなただけがいる 目を閉じるだけで浮かんでくる 長く噛んだガムの味のように いつまでも終わらない忘れないようなキスがしたい  知らず過ぎていく日々が頬をさらってく風が 全てあの人にあげればと後ろ髪をなでるから 止まらない  心があなたの事で全部埋まってしまった 夢見る隙間も残ってない あぁでも言わない  たまにやって来る春が たまにやって来る夏が 明日も明後日も来年もやってきてくれるのかな 逢いたい
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
あたしの向こうPLATINA LYLICaikoPLATINA LYLICaikoAIKOAIKOあたしが忘れてしまったら あたしがいなくなってしまった これは ついさっきの話 いいえ ずっと昔の事  逢って話がしたいんだと あなたがあたしに話すから 怖くなって少しだけ 指先が冷たくなった  ドラマみたいに遡って本当のこと 話せたらいいけどそんなの無理だよね  さよならなのはわかっていたけれど 知らないままであがいてみたんだ あなたはあたしの向こうに あたしはあなたの向こうに 何を見る  インクのなくなりそうなペンで話しながらぐるぐる書いた 何か解らない模様も あたしの今の模様だ  下を向いてた帰り道に思ったよ 明日は晴れるから星はいくつ見えるかな  あと一度変われたならこの道をあたしはどうやって歩いただろう 振り返ったら後悔が巻き付いてきそうだから もう見ない  少し向こうに行った気持ちを呼んだけど どうにもならないね もうキスは出来ないね  さよならなのはわかっていたけれど わからないフリをしていたんだ あなたと一緒に考えた悩みも涙も 今はひとりでやれるよ  これからの朝これからの夜たまには思い出してもいい? あなたの心に変わった形のままでもいいから いられたなら
ドライヤーaikoaikoAIKOAIKOテーブルに置かれた丸まったバスタオル あんなに邪魔だったのに今は愛おしいな 少しバカになったドライヤーで今日も髪の毛を乾かすよ あなたが居なくなったら寂しくてきっと 生きていけなくなるって言うと必ず そんな事ないよって笑ってあなたは言ったけど  もう消えてしまいそうです いいえもう消えてしまったようなものなのか  いつも何かを忘れていって あれやこれを見る度に思い出すんだよ あなたのくれた本の包み紙も 何故かずっと捨てられなかった  目が回る体の奥が闇に隠れる あんなに楽しかったのに今は悲しいな 約束もしるしもいらないよってあなたに言ったけど  そう前になくしたような いいえゆっくり言えなくなっていったのか  いつかのあなたの右手が凍える夜中から連れ出してくれたんだよ 嘘の混じった優しい言葉に嘘の混じったあたしの笑顔 そんな事も全部全部 全てだったよってこの部屋に集めて 少しバカになったドライヤーで ねぇもう一度乾かそうよ  涙が出る程愛してる 指を這わせ抱き寄せて頬を刺して いつも何かを忘れていって あれやこれを見る度に思い出すんだよ あなたのくれた本の包み紙も 何故かずっと捨てられなかった 側に居ても寂しかったのに 側に居ても寂しかったのに
ハレーションaikoaikoAIKOAIKOあぁ 心は狭くて辛く温かく暗い そんなあたしの目の中にあなたが何故かいる  どうしてなのって尋ねても 笑っているんだもんな  いつかどこかであなたと想いが重なったら 今日の甘い苦い胸の中どんな風になっているだろう 声を聴いてるのが好きなの このまま  あぁ 斜めの角度で光と目が合った鏡 跳ね返ったら何処に行く あたしはここにいる  心の中もハレたならあなたに送れるだろうか  知らない顔でこっちを向いても意識しないで 何でもない顔してあなたを見つめ返す魔法が欲しいよ  声を聴いてるのが好きなの  いつかどこかであなたと想いが重なったら 今日の甘い苦い胸の中どんな風になっているだろう 声を聴いてるのが好きなの このまま
明日の歌PLATINA LYLICaikoPLATINA LYLICaikoAIKOAIKO暑いって言うかこの部屋には想い出が多すぎる あなたに貰ったものをどうしてこんなに大事に置いていたんだろう あの時撮った写真も古くなって このTシャツの襟も柔らかくなって 何もかもが楽しくて切ない昔話みたいになって 今日も「話そうよ」って言ってくる  あなたの唇触ってみたいけど笑ってそしらぬ顔して見ていた 言いたいことが言えなくてもあなたの言葉に頷くだけで嬉しかったの その唇は今夜もあの子に触れる  明日が来ないなんて 思った事が無かった いつでも初めては痛くて苦しくなるんだね これはあなたの歌 嫌なあなたの歌 誰かが鼻歌であの雲の向こうまで 笑い飛ばしてくれますように  汗とか何だか解らない辛いものを 暑いって理由で全部流してしまおう 濡れた髪の毛を握った もうあなたに触ってもらえないんだな  この電池切れてもずっと点滅したままきっと止まってはくれないし 薄暗い冷たい廊下を歩くと冷たい床が足下から悲しくする また同じ事ばかりを考えては  風が吹いた春が胸をついた夏が 行ったり来たりして痛くて苦しくなるんだよ これはあなたの歌 嫌なあなたの歌 いつか遠い遠いあたしも知らないあたしを もう一度包んでくれますように  あなたの唇触ってみたいけど笑ってそしらぬ顔して見ていた 言いたいことが言えなくてもあなたの言葉に頷くだけで嬉しかったの その唇は今夜もあの子に触れる  明日が来ないなんて 思った事が無かった いつでも初めては痛くて苦しくなるんだね これはあなたの歌 好きなあなたの歌 誰かが鼻歌であの雲の向こうまで 笑い飛ばしてくれますように 笑い飛ばしてくれますように
染まる夢GOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKOあからさまにこんな態度で あたしはこれからどうするんだろう あなたを好きになったのは明確で あれもこれもそれもしたい このままずっと一緒にいたい こぼれる想いと罪悪感がすれ違う  あの太陽はきっと見る事が出来ない  眠りが浅く何度も見る夢の支離滅裂が 境目を気付かず侵してく やめたってどうせ同じだよ 何度も見せてあげるよ 優しく来ないで あなたの足音  赤いテーブルに同じ椅子 向かいにあなたは座ってこっちを見てる 2時間前と今じゃ違う景色 心の奥にしまったら知らない間に大きくなって 腫れものは見ないふり わざと相手にしなかった  あの太陽をもう見なくても構わない  嫌なこと悲しいことを見える目聞こえる耳 あなたの匂い愛しく吸い込む口 指先は愛の塊あたしだけのすべり台 優しく本気でいいから連れてって  ずっとずっと好きだった事言わなかった訳じゃない あなたにも大切があったじゃない  眠りが浅く何度も見る夢の支離滅裂が 境目を気付かず侵してく やめたってどうせ同じだね 何度も見せてごらんよ 優しく今夜も あなたの夢  あなたのことがいいの あたしが知っているの
あなたを連れてGOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKOねえ 夢から また 持ってきた 想い出の中で息をしているの? ああ それでも また何度でも あたしはあなたを連れて行くよ  どこかで心が繋がっていると勘違いしてるあたしと 最後は一人なんだと 冷めた笑顔の得意なやさしいあなたと  間違っていても ため息をついても 毎日を繰り返して また見たことない顔を見せてよ 幾つも  どこかで心が繋がっていると 勘違いしてるあたしを このままにしておいてね あなたの笑顔がやっぱり好きなの  あしたもその手が愛していると強く強く抱きしめるなら あたしも抱きしめ返すよ ずっと痛くて離れない熱い心で  ねえ 少しずつ ああ 傷つけて 少しずつでいい あたしも連れてって
距離GOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKO夜の電話声を聞いて切なくなる苦しくなる ぐっと目を閉じてしまう程胸が痛くなる こんなに好きなんだとその時気付いてまた苦しくなる 返事をするのが少し遅れてしまうよ  同じ場所この部屋であなたの声を聞くのが好きなの 親指の爪でくちびる弾いた  きっと何処かで想ってるの あなたとは今がちょうど良いんだって これ以上距離を縮めたら全部変わってしまうかもって  今日もずっと考えたまま夜になって不安になって 気付かない様な場所にワザと電話を置いた  知らない事を知らないままで見ないあたしにあなたが 優しく返事を聞き返すから…  あなたの声を忘れられないのは ずっと昔から知っているから 色んな話をして夜を越えた 大切な長い友達  きっと何処かで想ってるの あなたとは今がちょうど良いんだって これ以上距離を縮めたら全部変わってしまうかもって  あなたの笑った顔が好きだよ あなたの笑った顔が好きだよ 本当は何も変わってないんだよ 初めて会った時がそうなんだよ
サイダーGOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKOもうあなたにどう触れて良いのか解らない 心の小さな所も痩せた首筋も そもそも恋人って あぁ 何だっけ? どこからがあなたでどこからがあたしなの?  逆さにした少し気の抜けたサイダー 知らない顔知らない服  目と目が合った日も何度でも声を聞いた日も 体が痺れる程に満たされたんだ 愛してるって思う事 こんな感覚なのかなって  本当の事なんてさ あぁ 隠れてて 誰にも届かない もうずっと帰ってこない  二人は何も言い出せずに ただ時だけが経って行きました  あなたのそぶりを忘れたくても一生覚えてる あたしは今夜もぐるぐる闇に墜ちて思う さよならって思えたらもう少し楽なのかなって  逆さにした少し気の抜けたサイダー 知らない顔知らない服  崩れる音聞いてあなたがやって来てくれるのなら 大きな音立てて心を一度無しにしてもいい  目と目が合った日も何度でも声を聞いた日も 体が痺れる程に満たされたんだ 愛してるって思う事 こんな感覚なのかなって
遊園地GOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKOあなたとあたしは似てるから そうやってね 何でもかんでも飲み込んで カラスの様に歌い散らかすのでしょう 辛い花も甘い花も飲み込んでは 青い歯で食べて唇からさ 笑い話にするんでしょうね  抱きしめてくれた時 左肩を噛むと「痛いなぁ」と 目を合わせてくれるから またやった  大切な人は合図もなしに あたしの前から居なくなりました 柔らかな想い出はもう 部屋の隅のホコリと 窓から一緒に捨ててやりました 握りつぶして捨ててやりました  今頃喉元過ぎた所右に曲がって広場のベンチでさ 休んでアイスでも舐めてるんだね  ありきたりなんだって当たり前を決める実もないくせに 何でも決めた気でいたな  毎日考えて少し泣いて 夜更かしが一段と酷くなって 巡り巡ってまた帰って来ないかと 今でもついたまに玄関先で あぁダメだ立ち止まってしまうよ  思いっきり穴があく今日がもうすぐ終わる 時間よ止まれ時間よ止まれ 二度と行けないあの場所 何回目をつぶれば 消えて行くのだろう あなたのいる遊園地  大切な人は合図もなしに あたしの前から居なくなりました 柔らかな想い出はもう 部屋の隅のホコリと 窓から一緒に捨ててやりました 握りつぶして捨ててやりました
透明ドロップGOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKOいつでも戻れるよあの頃の自分に だって振り向いてくれた事が奇跡なんだもん 思うだけの生活に今ならきっと そんなに苦しまないで戻れるよ  こんなに見えなくなったから あなただけが頭の中に心の中に舌の後ろに  世界はこんな色をしてたのか さよならとやっぱり言われたのか 久しぶりにベランダに出て空を見たよ 吐いた息がこぼれ落ちて足下を転がる 世界はこんな色をしてたのかあやうく忘れてしまいそうだった 久しぶりにあなたの優しいその目を 思い出して涙がこぼれて足下に落ちる  わざと通らない様にしてた道だって いつも買って帰ってたガムだって  もうすぐ着くから待っててね あなたの顔が頭の中で心の中で僕に笑いかける  誰の足音が聞こえてたのか振り返ってもどこにもいないんだ 確かめる様にあなたの気持ちを何度も 突き放したり強く抱きしめたりもう出来ないな そばであくびしてそばで眠ってそばで温かい手に触れさせて 好きだよってあなたの作った全てが 悲しくってこぼれた足下があぁぼやける  世界はこんな色をしてたのか さよならとやっぱり言われたのか 久しぶりにベランダに出て空を見たよ 吐いた息がこぼれ落ちて足下を転がる 世界はこんな色をしてたのかあやうく忘れてしまいそうだった 久しぶりにあなたの優しいその目を 思い出して涙がこぼれて足下に落ちる
大切な人GOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKOイヤフォンから 聞こえて来たのは 昔あなたが教えてくれた曲 ひとつひとつ重ねる知らない事の答え合わせ 曇った空も雨の始まりも 何だって良かったのよ あたし あなたの後ろ姿を見ながら歩くのが好きだった  久しぶりに電話くれたから 思い出したの色んな事を そうやって笑う鼻にかかる声も どうして変わってないの  あなたを想うと苦しくなるよ あたしだけがずっと立ち止まったままの様な気がして  少しパーマの残った くせのある髪の先のように あなたの事が心の中で大きく 小さくいつまでも気になっている  言葉にすらもう出来なくて思う夜は胸が壊れて こんなままじゃどこへも行けないよと闇が鼻で笑った  ぎこちない笑顔見えなくて良かった 月日だけが経って思いがけない声に 負けそう  あなたを想うと苦しくなるよ あたしだけがずっと立ち止まったままの様な気がして どこに行こうと忘れられない たったひとりの大切な人
キスの息aikoaikoAIKOAIKO下唇痛いほど 噛んで覚えておこう あなたに触れた時は心の擦り傷のよう 炭酸水が喉にしみるけど心地良い 少し離れた距離にある好きなその目  あぁ今日は夢じゃなかった  あと2時間でまた朝が来る カーテン閉めれば闇が来る じゃあ巻き付けて二人の夜を作ろう 上手にキスが出来やしないや だけど怖いくらい繰り返した 闇の中で闇を消して不安は止まり離れられないキスの息  赤焼けた走馬燈が目を閉じると踊ってる 泡の様に嘘だったと消えたりしないでね  あぁこの世界に墜ちた  あと2時間でまた朝が来る 両手で塞げば闇が来る 耳の奥でこぼれる砂時計の音 手帳に書いた名前を上から黒く塗りつぶしたけれど 指でなぞる度にあたしの心の中にあなたが入ってく  あぁ今日は夢じゃなかった  あと2時間でまた朝が来る カーテン閉めれば闇が来る じゃあ巻き付けて二人の夜を作ろう 上手にキスが出来やしないや だけど怖いくらい繰り返した 闇の中で闇を消して不安は止まり離れられないキスの息
卒業式aikoaikoAIKOAIKO胸の音が聞こえる 背筋伸ばし歩きたいね あなたの今の姿を見られるのは今日までだから  変わらず笑い合えた日  あなたの涙は春の終わりも連れてきたのです 二度と逢えなくなる様で あたしも涙が止まらない  少し振り向いても 思い切って探せない 過ぎて行く時間を素直に受け止められない  優しく風が吹いた日  かすれた景色に今日の涙が溶けて行くのです あなたに逢えたこの場所を あたしは絶対忘れない  目覚ましの音 手紙のごめんね 心の信号 日曜日の夕方 ほつれたボタンに絡まる想い出 あなたとあたしは今日もさようなら  あなたの涙は春の終わりも連れてきたのです 二度と逢えなくなる様で あたしも涙が止まらない  二度と逢えなくなる様で あたしも涙が止まらない
君の隣GOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKO真っ暗真っ暗たまらぬ雨と 眠れぬここに何度も刺す雷悲しい 君が遠くで泣いていないか 今夜は胸が締め付けられる程苦しい  枯れずに咲いて 自惚れ愛して泣き濡れ刻もう 螺旋描いて 渦に潜って二人になれたら  いつだって君が好きだと小さく呟けば 傷跡も消えて行くの もう痛くない 雨が止み光射すあの瞬間に ねぇ 隣で歌わせて  明日の朝 目が覚めたときに すべてが嘘になってしまわない様に 焼ける喉に張り付いた欠片 君の言葉を大切に抱きしめるよ  始まりの音が 心掻き乱し戸惑い 終わりの音よ 聞こえないでと耳を塞いだ  両膝にこの手をついて下を向いてしまったら もう君を見つけられない様な気がして 空駈ける帚星を見上げ願う ねぇこのままそばにいて  枯れずに咲いて自惚れ愛して泣き濡れ刻もう 螺旋描いて渦に潜って二人になれたら  いつだって君が好きだと小さく呟けば 傷跡も消えて行くの もう痛くない 雨が止み光射すあの瞬間に ねぇ 隣で歌わせて
舌打ちaikoaikoAIKOAIKO今夜も月夜が照らす ひとつだけしかないあたしの全て 今まで泣いたら深呼吸 それでもあなたには届かない 儚いよって言われても続くんだよ 明日も全て あなたを嫌いになるなんて一生出来やしない  聞こえません見えません 今あたしの手を握ったのは誰 繰り返す 虫が鳴く あなたにも聞こえてますか 子供の頃から大きな病気は二度三度ありました だけどこんなにも心が巣くうなんて初めてだったんです  本当にしたい事をあなたに言ったらきっともっと困らせるんじゃないかと 言えない事は増えて行く それ位それ位  怖い怖い好きなあなたの全部知りたいよ 見つめても目の奥がどうしても見えないよ 回りくどい言い方しか出来ないダメなの 弱い弱い今のあたしは何にも言えない  出てきませんすいません 肩を上げて大きく吸い込んでも吐き出した時に 何にも出てきてくれやしないの 深呼吸に細く強い強い根っこが生えているの だって忘れたくないんやもん どうしてもちぎれないんだもん  降った雨と一緒に流れたあなたの味とにおいは あたしの気持ちだけ置いていってさ 手を入れて掴んで持って帰ってよ  無くした後に気付いてしまったバカ 無くして今また気付いて頭が割れそう 誰のせいでもないわ あぁいつもあたしのせい ねぇ愛してよとかもう絶対絶対言えない  怖い怖い好きなあなたの全部知りたいよ 見つめても目の奥がどうしても見えないよ 回りくどい言い方しか出来ないダメなの 弱い弱い今のあたしは何にも言えない  無くした後に気付いてしまったバカ 無くして今また気付いて頭が割れそう 誰のせいでもないわ あぁいつもあたしのせい ねぇ愛してよとかもう絶対絶対言えない
朝寝ぼうaikoaikoAIKOAIKO今朝は向かいの家に映る 影の色がとても濃くて きっと今日は天気だろうと 嬉しくなったの こんな事でとあなたは言うけど 毎日何度も生きていると とても凄い事だと思ったりするのよ  充分過ぎる程月日が経ったのよ それでもあなたの横に居られたらなんて  大声で泣いて生まれたの 我慢して恋をひとつ知ったの 新しい日々を繰り返し何度も何度も足は止まるけど 今は泣くよりも笑う方がいいの  スカートの中に隠した嘘をやっぱり話してしまおうか 本当の底を剥がした赤い場所の  あなたの暗闇はどれくらいなのか 解らないあたしもずっと暗闇にいたよ  この声でずっと呼んでたよ あなただけずっと呼んでたの 振り向いた時はどんな顔すればいいかと戸惑うけど 今は二人必ず笑える気がするの  大声で泣いて生まれたの 我慢して恋をひとつ知ったの 新しい日々を繰り返し何度も何度も足は止まるけど 今は泣くよりも笑う方がいいの
そんな話GOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKOあなたはあの時どう思っていたのか 少し気になっていたけれど 言える訳もなく時間が過ぎて あなたにまた逢って 出逢ったあの頃のまま あぁそのまま  随分昔の話 あなたがあたしに笑って言った 「お前は何でも話せる友達だよ」って ねぇ今もやっぱり変わらないの?ねぇそうなの?  色々思い出した 紐がするりと解けていく様に 恥ずかしい事も嬉しい事も全部思い出してきた  少しは大人になった分 顔に出さなくなったけれど 大切な事の端っこをちぎって渡すくらいしか 勇気がなくて今は あぁ出来ぬまま  長い片想いも そろそろやめてしまいたいんだ 次に逢える様にと CD貸すのもやめるね  あなたはあの時どう思っていたのか 少し気になっていたけれど 言える訳もなく時間が過ぎて 少し後ろにいた 出逢った時の心が泣いてた 出逢ったあの頃のまま あぁそのまま
何処へでも行くaikoaikoAIKOAIKO少し離れた場所にいても 優しく目が合えば 喉の奥が熱くなって 指先が痺れる  言葉に出来ない程に あなたはあたしの全てなの もっとあたしを知って 今からでもいい 何処へでも行く あなたについてく  終わり貰った日々だから 一緒に居たいの 数えた夕陽の沈む時 想いは溢れ出す  毎日同じ所で立ち止まって考えるの あなたにあたしの気持ち知って貰うには 何話せばいい? 何伝えればいい?  言葉に出来ない程に あなたはあたしの全てなの もっとあたしを知って 今からでもいい 何処へでも行く あなたについてく
LoveletterPLATINA LYLICaikoPLATINA LYLICaikoAIKOAIKO書き出しは唐突で二枚目から読んでしまったのかと 少しだけ焦ったよ だけど合ってた 話しかけてくれる様に始まった文章は あたしの耳の辺りを熱くさせたよ  嬉しくて右手で口を塞いだ 恥ずかしくて何度も笑ってしまった 感情はあたしの意志を超えて揺れる  何度も何度も何度も読み返そうか だけどそんなに読んだらあなたは嫌かな 何度も体に入ってくる言葉が苦しい  ねぇ一体どれくらい心の中を知れたのだろう あなたがこの手紙を書いたのはもう過去  文字を間違わぬ様に丁寧に書こうと 思うと忘れそう 冷たい指先 大切にちゃんと言いたいのにうまく出てこない  何度も何度も何度も読み返したら 止まらない夜のループ あなたが浮かんで何度も 止まる時の中あたしは眠れない  何度も何度も何度も読み返そうか だけどそんなに読んだらあなたは嫌かな 何度も体に入ってきてしまうの…  一日一日時間が過ぎていってもこの文章彩る 愛しい言葉をどうかあなたが今も思ってくれていますように ではさようなら
4月の雨PLATINA LYLICaikoPLATINA LYLICaikoAIKOAIKO遠くまで届いているだろうか 時々不安になるけれど あの日めくったページの先には あふれる程書き殴った想い  こぼれそうな涙の奥の潜む意味に気が付けなかった 何年も何年も前の遠い昔が 今でも昨日の事のよう  4月の雨 ゆっくり肌を濡らす知らせ あなたもどこかで同じ時を生きている  二人だけで決めた約束に永遠の秘密を交わした あの日から繰り返し必ず 窓の外はもう朝が来ている  空の色に負けぬようにとあなたが描く夢が好きだった ため息は音になり耳に心に刺さる 今でも昨日のことのよう  瞳は雨 上がれば笑顔に会える知らせ 風が袖を抜けあたしを明日へ導く  きっとあなたはきっとあなたは あなたを超える日が来る そんなあなたをそんなあなたを 今でも想っています  4月の雨 ゆっくり肌を濡らす知らせ あなたもどこかで同じ時を生きている 季節は巡るひと粒 赤い実を落として あなたを待ってる 変わらずにこれからも 季節はまた来る あなたにもあたしにも
AkaPLATINA LYLICaikoPLATINA LYLICaikoAIKOAIKOあなたがあたしの事をどう思っているのか それはそれは毎日不安です あたしが今日を楽しく生きて行くさじ加減もあなたが握っている 遠くて逢えない日があっても 全てうまく行きますように どんな噂があったとしても遠くに離れて行かないで欲しい  素直に言えない 自分も消せない 小さな事で落ち込んだまま上がって来れないあたしだけど  目の前に広がる今だけの世界 ここはあなたとあたしの幸せの中だろう ぼやけた向こうに見える顔 泣いてしまうなんて勿体ない 泣いてしまうなんて勿体ない  今夜は眠れないかもしれない ずっと離れたくないからね 夢でも闇でも一緒にいたいんだけど だめだったらどうすればいいの  見透かされてる心の果ては どんな匂いがするのだろう? 知らない場所も解ってるのでしょう  目の前に広がる今だけの世界 あなたのその瞳がまさに生きている証だろう 優しく触った頬に赤 泣いてしまうなんて勿体ない 泣いてしまうなんて勿体ない  音の混ざった人混みの中 二人離れず手を繋いだ 愛してるよりも強い指で  目の前に広がる今だけの世界 ここはあなたとあたしの幸せの中だろう ぼやけた向こうに見える顔 泣いてしまうなんて勿体ない 泣いてしまうなんて勿体ない
くちびるPLATINA LYLICaikoPLATINA LYLICaikoAIKOAIKOあなたのいない世界にはあたしもいない  いつも声聞くと胸が粉々になる あたしはずっとあなたに縛られてる 震えた唇であなたを塞いだ それがきっと運命だったから  閉じこもったままで待ってばかりだった そんな気持ちもういらない あなたがあたしを連れ出した  たった今すぐ逢いたいってあなたが思っていて欲しい 何もかも置いてここに来て欲しい 唇に息がかかるたび倒れてしまいそうで あなたのいない世界にはあたしもいない  誰にも理解してもらえなくてもいい あなたが笑えば何故かそれでいい  明日何が起こっても今目の前であった事が本当なら 明日も笑って迎えられる  鼓動の奥へ連れてってそして確かめて欲しい そばにいる事を触って解って欲しい 焼き付けた後に目尻で優しく話しかけて あなたのいない世界にはあたしもいない  たった今すぐ逢いたいってあなたが思っていて欲しい 何もかも置いてここに来て欲しい 唇に息がかかるたび倒れてしまいそうで あなたのいない世界にはあたしもいない
白い道GOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKOあなたを抱きしめ目を閉じた まぶたの裏で雪が降る 長い時間だったのか あっという間だったかな 今日も一人歩いた道で ぼんやりあなたの事想う 沢山思い返したら今はまだ苦しいからね  何も知らなかったあの日からあなたを覚えた終わりまで  頷く仕草が好きだったいつもいつも見ていたかった この世の終わりは一緒に居ると 君と僕は似ていると 言われただけで飛び立てたの 寒い日はもう越せない  星が照らす白い道 あなたに逢いに行った道 特別胸が痛くって 冷たい風に汗をかく 遠く長く感じていてもあなたの姿が見えてしまえば きっと終わってしまうって体の奥が気付いてる  今どうしても我慢できないな 息を止めてないと泣きそう  声もぎこちないキスも運命と感じた時も 壊れぬようにと抱いたあなたの誰も知らない心を いつまでも守りたかった あたしだけが動けない  何も知らなかったあの日からあなたを覚えた終わりまで  頷く仕草が好きだったいつもいつも見ていたかった この世の終わりは一緒に居ると 君と僕は似ていると 言われただけで飛び立てたの 寒い日はもう越せない
冷たい嘘PLATINA LYLICaikoPLATINA LYLICaikoAIKOAIKOしかし連絡がないな ずっと待ってるのも堅苦しくなってきた いらぬ想像は宇宙をも超えるな あなたの隣に誰も居ません様に ただ恋しいだけなのに あなたの背中だけ笑って 見つめついて行きたい それだけなのに  昨日ついた嘘はもう過去になる 残るは後悔とうまくいかない今 あなたを愛した事もさぁ いつかは嘘になるんだ  なんだか心が痛いと全部をダメにした様だ 悲しい不安な気持ちに 茜空が涙を誘う 切れた電球は耳元で振れば 小さな音でさようなら  どこか理解している だったなら面倒臭い事 毎日ため息つくだけに息を吸うなんて  ずっと大切だと思っていたけど 僅かな隙間から生まれた気持ちがゆっくり揺れはじめたら なんだか解らなくなるんだ  最後のキスはきっと二人を引き留めようとお互いがした冷たいキスだと 目をつぶって潜る夏の水に流してしまおうか 深く深く見えなくなるまで  なんだか心が痛いと全部をダメにした様だ 悲しい不安な気持ちに あぁなんて嫌な夢だと笑ってしまえればこんな狂おしい想いも知らずに 茜空が涙を誘う 切れた電球は耳元で振れば 小さな音でさようなら
運命GOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKOベランダのコンクリートに黒い水玉模様 少し雨が降り始めた 頭が痛い だけど空気を入れ換えたい 窓は開けていようか 同じくあたしの心も入れ替えられないかな  こんな日はこんな日は 間違ってしまう  あなたを愛していた もうそんな事も忘れた 冗談まじりに運命を信じていた 今は元気にしてるの? ねぇ本当にあの時抱きしめてくれたのはあなただったの?  ガラス窓ぶつかった光が増えて作る夢道 同じくあたしの心も連れてってくれないかな  こんな日はこんな日は 傷付けてしまう  受け止められない程 身も心もこの愛も 遠くに離れていってしまったのね いつしか熟して腐ってく良いことや悪いことを 泣いて抱きしめる力が欲しいんだよ  こんな日はこんな日は 間違ってしまう 思い切り生きた もう生きた  あなたを愛していた もうそんな事も忘れた 冗談まじりに運命を信じていた 向こうの空が少し水色を放った この空をくれたのはあなただったの
クラスメイトGOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKOこうして逢うのは 何回目だろう 気付かない間にあたしも変わってゆくんだな  別れたあの日をあなたは今も覚えてる?  知らない体抱くような 取り残された気持ちは 色んな想いに包まれ 息をする 優しく笑う その目にあたしの瞳 あぁ 昔もそうだったな  さよならするのはもう少し後でいい あなたは想い出のホコリを撫でて払った  教えて心の中では何を考えてる?  だけどもう帰れないような だから何度もキスした 昨日も遠い過去の様 抱きしめて付いた爪の跡も明日には消える あぁ こんなにも辛いのか…  朝は青い 少しだけ眠い あなたの胸の音聴いたら 大切に秘密にあたしの胸の奥しまっておくよ  知らない体抱くような 取り残された気持ちは 色んな想いに包まれ 今からこの部屋を出る あなたが知ることのない新しい日が始まる
雨は止むaikoaikoAIKOAIKO歩く地面の所々 色が変わっているのはなぜ 今日は知らない道を行こう 迷いながら 楽しみながら 誰かが腕を引っ張った そんな気がして振り返る 誰もいない 誰もいないの 鏡に映るあたしが言った  もうすぐ雨は止む 息を大きく吸い込んで きっと今なら空も動く もうすぐ雨は止む  濡れた指先 跳ねるかかと 雨が舞う後ろ足を 少し強く振り上げれば きっと今日を乗り越えられる 繰り返し擦り剥いた膝も 力を貸してくれるよ 素直に笑うあなたの様に あたしも始めに戻りたい  もうすぐ雨は止む 心の裏を隠しても 雲の上には星が光る もうすぐ雨は止む  心細い新しい道で 思い出すよあなたの光を  もうすぐ雨は止む 息を大きく吸い込んで きっと今なら空も動く もうすぐ雨は止む
ドレミaikoaikoAIKOAIKOすき きらい すき きらい れんげの花 終わらない すき きらい すき きらい きみはどこへ帰るの?  あぁ今日も後ろだけ 君の後ろだけ ながめて帰る 宝の道 黄色の石  初めて飲んだサイダーが喉を刺したその向こうに きみの笑う顔が見えた またあした さようなら  すき きらい すき きらい 壁にこすったカバンが すき きらい すき きらい 裏を向いて泣いている  どうしても少しだけ 話してみたかった 何を言えばきみはぼくを見て笑うの?  公園の砂と すべり台 イチジクの実は 汗のまつげ わずかな時の中にいつも 想い出がありました  初めて飲んだサイダーが喉を刺したその向こうに きみの笑う顔が見えた またあした さようなら  すき きらい すき きらい きみはどこへ帰るの?
自転車GOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKOさっき小さな音が聞こえた 外はまだきっと寒い 朝の白い空を見上げて ゆっくりあなたを想う  気持ちは昨日今日毎日変わって行く 明日あなたはあたしの事をどう思っていてくれるだろう  とても冷たい風の中も 暑い暑い日射しの下も あなたを温め あたしを冷ます 右手と左手はここにあった  思い出したよ理由もなくただ 好きになっただけのあの日を  巻き忘れて止まったままの腕時計 そこには少し昔の二人がまだいる様な気がして  心の中にポツンとあった 優しい気持ちに背中を向けて あなたの右手 振り解いた こんな自分をいつ許せるだろう  明日あなたはあたしの事をどう思っていてくれるだろう 両手を挙げて笑って返す 空がとても眩しい  あなたが決めたさようならは 当分あたしを苦しめるかも 知らない明日がやって来る事 こんなにも辛いなんて 長い坂を自転車こいでまたあなたがやって来そうで こんなに好きな人に逢えた事は とても大きな出来事
ずっとPLATINA LYLICaikoPLATINA LYLICaikoAIKOAIKOずっとそばにいるから どんな事があっても あたしに見える世界は あなたも必ず見ている 優しく笑う向こうに 絶望があったとしたら 全部あたしにください それでも平気だから  ここには誰も知らないあたしがいる  あなたに出逢えた事があたしの終わり ゆっくり息をする 胸の上耳を置いて 生きてる限り何度も触れて知るの あなたのあたたかい味 永遠に  ずっとそばにいるから どんな事があっても 明るく見える世界の裏も一緒に行こう 絶対言えないことも 小さな冷たい嘘も あなたのかかとに躓き 笑い合えれば消えるわ  一つだけでいいの 変わらないもの  時に逆らい離れたあの日の様に 二人に吹く風が違う道誘っても 必ずあなたの声だけは聞こえるの どんな明日が待っていようとも  あなたに出逢えた事があたしの終わり ゆっくり息をする 胸の上耳を置いて 生きてる限り何度も触れて知るの あなたのあたたかい味 永遠に
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
瞬きGOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKOこんなにもこんなにも 苦しくて眠れないのは あなたを愛する証だと 言い聞かせてるの どれ程のものなのか 計り知れないでしょう あなたはあなたの良く出来た世界にいるから  日々は過ぎて色を変えてあたしは大人になって  繰り返す時の中で 何度もすれ違った 心と体 重ね合わせて 痛い背中覚えてたい 絶対に忘れたくない 両手の隙間から見えたあたしを見てるあなたも  儚く終わる一瞬の今日 あなたと目が合っただけで あたしは心の果てまでも幸せだったの  悲しくって嫌いになって あの日に別れたのに  ただ過ぎる時の中で また出逢ってしまった 不思議な箱に入った二人 もう出れなくなっても ひとつひとつ触って 暗闇の中慣れたら 一度あたしの目を見て  今 瞬きが 始まりに変わる あなたの心が少しだけ見える 日々は過ぎて色を変えてあたしは大人になって  繰り返す時の中で 何度もすれ違った 心と体 重ね合わせて 痛い背中覚えてたい 絶対に忘れたくない 両手の隙間から見えたあたしを見てるあなたも 両手の隙間から見えたあたしが見てるあなたを
ぬけがらGOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKOぬけがらみたいな夏の日 まるであたしいないみたい あれは憧れだったのか 好きだったのか 白い雲が流れてゆく 赤い夕日が暮れてゆく 空はそれでもいいもんね 少し距離を置こう  遠くから聞こえてきそうだ 笑い声も泣き声も  Oh あたしは元気になって 思わせぶりなフラフラした階段も人混みも楽しく歩くの Oh 運命の様な約束はもうしたくないな 例えばまた出逢えたら甘ったるく笑った顔見せて  季節の変わる匂いする 寒い朝に思い出す 繰り返し重ねたキスも遙か遠い所  鏡に映る手をつないだ二人はもう雪になる  Oh あれから随分経ったのに胸の片隅に しがみついたあなたへの想いがまだうっとおしいな 今更どうして離れてしまったんだろうとあたしを何度も振り返らせる もう同じ時は来ないのにね  遠くから聞こえてきそうだ 笑い声も泣き声も  Oh あたしは元気になって 思わせぶりなフラフラした階段も人混みも楽しく歩くの Oh 運命の様な約束はもうしたくないな 例えばまた出逢えたら甘ったるく笑った顔見せて
いつもあたしはGOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKO夜が誘う 駆け抜ける世界で あなたの事ばかり考えたら 今日も夢に出てきてくれるかな? いい人 悪い人であろうと いいの  心襲う不安な事 想像したら 一瞬時が止まる 温かい今を愛おしく思う事もあたしには出来ない  例えばあなたがいなくなったら あたしは死んでしまうのと あなたをいつも引き留めてしまう いつもあたしは  出逢えた日を何度も思い出す 忘れる事なんて出来ないから あの時あなたはどう思っていたの? 別れ際に振り向いたでしょ…  まだ知らない事ばかり そっと胸に閉じ込める気持ちは あなたが困った顔するかもと 告白出来ずにいるあたしの塊  言葉に言い表せない程の想いの方がきっと多いよ 優しく笑うあなたが全て いつもあたしの傍に  過ぎてく日々にひとつひとつ 重ねる何気ないあなたとの時 これ以上のものはいらない いつもあたしは いつもあたしは
恋のスーパーボールPLATINA LYLICaikoPLATINA LYLICaikoAIKOAIKO眠る眠る眠る眠って忘れたいの 昨日のこと 明日のこと 全部全部 だけど全然眠れなくて気になってるの あの時あなたに言ったこと失敗だった  日焼け止めを綺麗に洗いきれずに 夜中に腕が 夏の匂い  少しこもった熱が更にあたしの気持ち ぐるぐるひっかき回してはかき乱す 瞼も爪も髪も舌も離れなくて困った 幸せは怖いものだ  何度も寝返って迎えた寝不足な朝 何ひとつ忘れられない大切な朝 あなたを一番近くで見つめた瞬間 唇はカメラの様にまばたきをした  はじかれまい 日射しにもあなたにも 桃色の汗は夏の匂い  うわずった声の波乗り 笑顔を見せて 心の中で唱えるのは魔法の呪文 素直になるのがこんなにも難しくなるなんて 幸せは解けぬ謎だ  出口は塞いでしまおう 2人で迷いたいの 今夜をあげる  あなたの指先が初めて耳をかすめた あたしの体の真ん中 自分じゃないみたい 少しこもった熱が更にあたしの気持ち ぐるぐるひっかき回してはかき乱す 瞼も爪も髪も舌も離れなくて困った 幸せはすぐ隣だ
ホームGOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKOじゃあ またねと見えなくなるまで 手を振って帰った部屋 ほどいた髪の毛にあなたの匂いがついてたから  大きく吸い込んだ空気が冷たくて咳をした 一緒に優しさのカケラも落とさぬ様に まだそれがなんなのかちゃんと解っていないけど  赤い星を初めて2人で見た日の事も 待っててくれたホームの黄色の切れ端も 大切なものにあたし達は何度か出逢う 明日話そうね もう忘れない様に  毎日新しい人の波 繰り返し息をする 桜も夏もひつじ雲も雪の朝も あなたと何度もこの窓から見た景色の色  とりとめのない言葉で伝える想いは あなたの元に届くまでに 不安を飲み込んで喜びを見つけ出してきっと必ず飛び込める あいしてる 強く抱きしめてたい  胸の中の音がひとつあなたと重なり合えば始まりの音 もしも全てに迷ったらまたここで待ち合わせしよう 変わらないよ  赤い星を初めて2人で見た日の事も 待っててくれたホームの黄色の切れ端も 大切なものにあたし達は何度か出逢う 明日話そうね もう離れないように
れんげ畑GOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKO急に逢いたくなったのは 大きな山に流れる電線 窓の外にれんげ畑 むらさき むらさき あなたも通って見てるかな? 長いあぜ道暮れない空 窓の外のれんげ畑 むらさき むらさき  二日に一度のお姫様は 蜜を吸って冠結った  Love is the greatest thing Love is the sweetest thing I hope that he turn out to be someone to watch over me  歩数数えたランドセル 色を変えてく大きなビル 猫を拾ったれんげ畑 むらさき むらさき あなたもここを通るかな? 願いを込めた夕陽の向こう 遠く手を振るれんげ畑 むらさき むらさき  ただあなたとお月様の下 ときめいた愛おしい日々を  Love is the greatest thing Love is the sweetest thing I hope that he turn out to be someone to watch over me  Love is the greatest thing Love is the sweetest thing I hope that he turn out to be someone to watch over me
mix juiceGOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKO不思議な 不思議な 不思議な mix juice 甘くて辛いわ なんでだろ? 魔法の juice そこの角曲がったら気を付けて ヘイ!ウイスキー  一口飲んだらおしまい mix juice 心と体が 鼻につく匂いに 少し目をまわす そこの店の扉開けちゃだめ ヘイ!ブランデー  巷じゃ ちょっと噂だよ mix juice そこいらに並ぶ キラめくビンも泡のよう あたしをおとす my cherry mix juice  3つ数えりゃ 夢の中だし ついでに唇もすべらせて 言えなかった言葉さえさえも 弾けるよ 赤いポップコーン  小さな秘密 バラシテシマエ!  3つ数えりゃ 夢の中だし ついでに唇もすべらせて 言えなかった言葉さえさえも 弾けるよ 赤い赤い赤い赤い  不思議な 不思議な 不思議な mix juice 甘くて辛いわ なんでだろ? 魔法の juice そこの角曲がったら気を付けて ヘイ!ウイスキー  一口飲んだらおしまい mix juice 心と体が 鼻につく匂いに 少し目をまわす そこの店の扉開けちゃだめ ヘイ!ブランデー
向かいあわせPLATINA LYLICaikoPLATINA LYLICaikoAIKOAIKOいつも胸は苦しい 昨日とても嫌な夢も見た 誰にも言えないから飲み込んでしまうしかないよ ちゃんと明日があるのなら 今日は終わらせないといけない 忘れていけない事を抱いて今夜眠ろう  あなたは傷付き心が少し欠けた あたしはあたしでとても不安なの  暑い坂を上ったとこ ためらわないで キスをしてね 悩まないで 向かいあわせ あぁ やだ...涙が出る  いつも手を繋ごう 流れてく時間にただ揺れよう 誰にも入れない部屋 二人で開けてみよう  出逢えたそれだけ あなたのその背中に 何度も見てるの 未来の奇跡を  灼けた指輪の跡が印す 想い出の色に あなたを想うだけの強さをあたしは貰った あぁ やだ...涙が出る  そばにいてね 年を重ね 空を見た時 きっと凄く幸せなの あなたとあたし あぁ また...涙が出る  暑い坂を上ったとこ ためらわないで キスをしてね 悩まないで 向かいあわせ あぁ やだ...涙が出る
カケラを残すaikoaikoAIKOAIKOいつもみたいに頬に触れる様に 心に触れていつもみたいに きつく握った手のひらの中に爪の跡が付く程覚えていたいの  あなたの教えてくれた事が 今のあたしを作ったよ  虚しい夜はいつか終わる 悲しい傷も必ず癒える 強いだけの力はいらない 愛には誰も勝てない 傷付いても傷付ける必要はない 仕方ないでしょ あなたの傍にいたいんだもん  迷い戸惑う不安な時も あなたの声が心にカケラを残す  初めて目に映る世界でも 不器用に信じていきたいよ  頭の中で繰り返すのは あたしについてあなたについて ひんやりとした日陰に隠れて 想うだけで乗り越えられる 嬉しい日々はある程良い あなたにだけはいつも笑っていて欲しいの  同じ映画を観てる様な青い空もこの雨もずっと一緒に焼き付けたい  虚しい夜はいつか終わる 悲しい傷も必ず癒える 強いだけの力はいらない 愛には誰も勝てない 傷付いても傷付ける必要はない 仕方ないでしょ あなたの傍にいたいんだもん
甘い絨毯aikoaikoAIKOAIKOあなたがいる夢の所は今何時? あなたの指で紡ぐ文字くちびるを滑る言葉 優しい人に触れた時と同じ匂い 香る隣でいつまでも目を閉じて座ってたい  何処にも飛んで行かない様に 壊れてなくならない様に  切ない溜息 大きな深呼吸 繰り返しながら 近づいてもいい?甘い絨毯 瞬きをして 見られなかった 夕方の風の中 あなたの素顔を  嘆き心揺れる世界に出会っても 奥深くに芽生えたものしっかりと信じてたい  いつも追いかけてばかりのあたしを見て優しく笑う  あなたの名前を初めて知った日みたいに胸が今も苦しい 淡い瞬間 忘れずにいる 嬉しい事も幸せな時も ひたむきな日々も  あたしの自由 あたしの心 あたしの頭の中には あなたが..あなたが..  切ない溜息 大きな深呼吸 繰り返しながら 近づいてもいい?甘い絨毯 瞬きをして 見られなかった 夕方の風の中 あなたの素顔を
beatGOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKO明日の時間を誤魔化して書いた手帳 毎日通った道 噛みしめる様に歩いた  いつだってあなたがあたしを見てた それだけで乗り越えられて来たの せつなくて嬉しい  あなたが泣いている事 今は解らないふりして ずっと話そう 水平線が見えた 優しい世界の始まり 誰も今のあなたを責めたり出来ない  コマ落ちした記憶の空白の場所は 忘れたいと目をつぶってしまった場所  そんな時あなたと作った星見つけたら こんなあたしでも良いんだと思えたりするから  心はいつだってあなたを当たり前の様に射してる 笑うあなたがたまらなく愛おしいよ 優しい世界の始まり 誰もあたしの想いを笑ったり出来ない  あなたが泣いている事 今は解らないふりして ずっと話そう 水平線が見えた 優しい世界の始まり 誰も今のあなたを責めたり出来ない
aikoaikoAIKOAIKOOKキミをガン見さ 今日は仕方がないだろ キミが家を出て行くから BABY愛しているぜ キミは俺の鏡さ ドアを開けて出て行くまで  見栄を張って買った凄く高いライダース 咳が止まらない夜も必死になって働いた  キミをこの目に焼き付ける  OKキミをガン見さ 今日は仕方がないだろ キミが家を出て行くから BABY愛しているぜ キミは俺の鏡さ ドアを開けて出て行くまで  とびきりの唇に毎晩俺は夢を見ていた  明日この部屋は息をしなくなる  OKキミのひとつの質問に返事は沢山 知ってくれよ 色んな事 BABY愛しているぜ 全部捨てても平気さ こんな俺はどうかしてる  キミをこの目に焼き付ける  OKキミをガン見さ 白い横顔綺麗さ 胸が今にも壊れそうだ BABY愛しているぜ だけどもうキリがないな ドアを開けて出て行くまで
夏が帰るGOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKOいつだって君に逢いたいよ どんな日であろうとも どうしても君に逢って もう一度聞きたいんだ  ずっと 聞いてたはずなのに こんなにも染みるのはなぜ  君に逢った日はいつも最後の様で 毎日幸せで寂しいんだ きっと誰よりも大切なんだろう 雨よ止んでお願い  どうしても 帰りたくないよ 一緒にいたいんだ  「じゃあね」と手を振らないで 胸の端 えぐれて落ちる  後悔する位なら苦しくても 永遠に君を好きでいたいの 二人で見た 海の向こう 光のつぶ 濡れて混ざりあった  いつだって君に逢いたいよ 静かに雨と夏が帰っても  君に逢った日はいつも最後の様で 毎日幸せで寂しいんだ きっと誰よりも大切なんだろう 雨よ 止んで 止んで お願い
リズムaikoaikoAIKOAIKO舌の先 恋の傷 痛い時 赤い時 動く胸早く遅く どうして?なんで?と考える日々  だけどあなたに逢えたからそれでいいと 思えたりする最近  あなたのまぶたの裏にも 焼き付いているでしょう 二人を繋いだあの光 過ぎてく昨日が遠くへ行ったとしても 目の奥で一緒に遊ぼう  退屈なこの場所で あなたの事考えて 少しずつ温まった 耳の端の熱さがもどかしい  過去を振り返る様にあなた想う 幸せな時を愛す  あたしをゆっくり変えてく弾けたリズム 今年のあの夏の境目 絶対に忘れたりしない 初めて袖を通したTシャツ 頬の色  あたしだけが知っているあなたの特別なとこ 心の隅において時々開けるの  あなたのまぶたの裏にも 焼き付いているでしょう 二人を繋いだあの光 過ぎてく昨日が遠くへ行ったとしても 目の奥で一緒に遊ぼう あたしをゆっくり変えてく弾けたリズム 今年のあの夏の境目 絶対に忘れたりしない 初めて袖を通したTシャツ 頬の色
より道(album version)aikoaikoAIKOAIKO知ってる道に差し掛かる度 もう君との甘い旅も終わってしまう そんな気がして 知らぬ景色の緑の中に輝きを求めてた  君の事を分かれるのなら もう何も痛くはない  心に秘めたもの 破裂する日が来る だからもう一度言うね 君だけを愛してる  少し気になれば 夢に出てきた 同じ飴を探して転がしてみたり 深呼吸なのか溜息なのか 吐いた後は「逢いたい」と涙が出た  解ってた事 とっくの昔に 君を好きになっていた  君を失う悲しみに比べれば 想う苦しみなど 幸せなより道  君の事を分かれるのなら もう何も痛くはない  心に秘めたもの 破裂する日が来る だからもう一度言うね 君だけを愛してる
指先aikoaikoAIKOAIKO時が過ぎる音を忘れるまで 寄り添って過ごした日々 あなたといる事が特別でなくなっても 誰にも触れさせたくなかった  ガラスの箱の中 今あたしが叫んでる 声をなくして 息が止まりそう  どうして最後の日もあたしにキスをするの? これ以上ここに何をあなたは置いてくと言うの  繰り返す事で知る あなたの好きな所 同じ様にあたしにもあった?  あなたはこんなにも胸が痛くなる位 また新しく誰かを想うの?  どうして悲しみだけがあたしを包んでいるの? 誰よりもただ苦しいと 思ってしまうあたしが嫌いよ  靴紐が見えない ちゃんと見えない だけど結んで ちゃんと結んで ガラスの箱の中 今あたしが叫んでる 一度目を閉じて階段を蹴って  明日は風が吹いて少しは涼しくなるだろう 優しく冷えた指先 間違いなんて何処にもなかった
YellowaikoaikoAIKOAIKOあなたと言葉を交わす 端々で愛してるか確認する 不器用じゃない ただ臆病なだけ 真っ直ぐに言えないのは お互い様だから少し安心する あなたも同じ気持ちでいるの?  もう別れたのに  妄想飛ぶ夢の先まで 届くまで届くまで 飛ばして そこでもあなたが笑っていたら 少し優しくあたしも笑おう  あなたの後ろを歩く つかず離れずの距離が今は良い あなたも同じ気持ちでいるの?  もう忘れられない  すぐにでも帰れそうだから 好きだから怖いから迷うの 耳の奥で願い呟いた 明日の空が曇らぬ様に  別れたのに  気付いてない訳じゃない 昔の声で話す二人に 胸の奥が熱く焼けそうな あの時を思い出してしまう あの時を思い出してしまう
あの子の夢GOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKO今日は何をしてましたか?あたしは少し胸が痛いです 今朝は何を食べましたか?あたしは大きな欠伸だけでした  毎日考えて過ごす あなたを想い過ごす  頭の奥で響いた声に強く息を止めた 優しく頭を撫でたから あたしはいつも苦しい だからだから 冷たい風で頬を冷やした  些細な言葉が刺さったの 次の日に少し引きずった 何度も水で顔洗って 新しい自分になったふりをした  毎日いつだって願う 夢は夢を駆ける  約束交わした日の朝が必ずやって来る 走る心に濡れた歩道 また匂いは変わる いつもいつも 二度とは来ない今を生きてく  物音に怯えて耳を塞いだら さよならなんて簡単だけど 素直に向き合いたいな いらないものだけ捨てようかな  頭の奥で響いた声に強く息を止めた 優しく頭を撫でたから あたしはいつも苦しい 季節の変わり目に立ったまま うまく馴染めないでいるけど 時が過ぎて変わったとしても あたしの事 見つけてね  あたしの事 見つけてね
ヒカリaikoaikoAIKOAIKO何も浮かばない日は それでも良いのだって たった今の小さなあたしの 空を見て思った  確か昨日あなたの一言で心の引き出しが溢れてしまった  明日の朝この部屋を出るとき また迷ったら あたしは無意識に 目指すのでしょう 愛してるのでしょう あなたの言葉が聞こえる  乾いた空気を湿らせ 温かい話をして あなたの久しぶりの声 あたしの全て包んだ  真夜中に響いた秒針 あなたにすり傷を見られてしまった  いつだってそう 澄み切ったその目に ただ負けそうで 目をそらしてしまう 前を歩いてて これからもずっと あなたの光がこぼれる  明日の朝この部屋を出るとき また迷っても 泣きそうになっても 明日の朝この部屋を出るとき また迷ったら あたしは無意識に 目指すのでしょう 愛してるのでしょう あなたの言葉が聞こえる
トンネルaikoaikoAIKOAIKOあと7kmで出口です 心の方もこんな感じだったら 派手なキー 黒い髪 忘れずに大事にして抱きしめた もう剥がれない 底のサビ 後ろ髪  真っ直ぐ続くトンネルでひとり後退りをした 足並み合わすのを忘れてコントロールを失ったんだ 口ずさんだ歌と一緒に想いがこぼれてしまった  逢いたくて苦しくて気が付いた もう戻らない そう決めて 閉めたドア  真っ直ぐ続くトンネルであたしは心を落とした 拾い集めた全ては かけがえないと初めて思った あなたがいた かけらを見つけて 涙は止まらなかった  ふと交わす言葉にも 映る色あなたの影模様 風となり星となる 長い間に  真っ直ぐ続くこの道であなたはあたしを待ってた 何度も繋いだこの手が今日は特別温かく感じる 褪せたポラロイドから溢れる優しい想い出 あなたの事だけを一生 ただ愛してゆきたいだけ はぐれたあの日も二人は 同じ道を歩いた
戻れない明日GOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKO想い出は人を切なくさせる それはあなただけじゃない 心に生まれた影が多い時程 涙は出るものなの  細い手首に巻いた大切な赤いひも 願いが叶って切れる日を あたし気が付くといつも祈ってた  あたしはあなたじゃないから 全てを同じように感じられないからこそ 隣で笑っていたいの 悲しくなった時は沢山泣いてもいいけど ずっとそこにいないで うずくまったりしないで  毎日悩んでしまう事はそんなに悪い事じゃない  すっと上向いて何を思っているの? あなたのその目が好きだった 誰にも奪えない大切な物  心の向かった場所が本当か間違ってるかなんて解らないから あなたに降る星 あたしに吹く風 見守っていて 包んで 離れないでいて  どんなに考えても答えはないよ ふたつとしてないものだから  あたしはあなたじゃないから 全てを同じように感じられないからこそ 隣で笑っていたいの 悲しくなった時は沢山泣いてもいいけど ずっとそこにいないで うずくまったりしないで 一緒に見たいの 戻れない明日を
Do you think about me?GOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKOねぇ 知ってる? あたしはあなたの大事なコなのに あなたの事何も知らない 明日はどうしてるとか 最近のつまんないハナシも これじゃ電話も楽しくないよ  ねぇ 知ってる? 近頃あたしがよく黙り込むのは あなたのせいなのよ 昔みたいな優しい気持ちがちっとも見えなくて 落ち込んでるのよ  あなたの匂いを思い出さなくなるような つまんない女の子にはなりたくない 考えれば考えるほど どんどん駄目になってく わかっているけど やりきれないよ  いつも いつも 傍にいてとは言わないじゃない 毎日 愛してるって言って欲しい訳じゃない ただ ただ 二人恋に堕ちたはじめの時 その気持ち忘れて欲しくないだけ  ねぇ 知ってる? あたしの知らない何処かの場所で いいこチャンと仲良くしてるコト とっくの昔に知ってる だけど 知らないフリ演じてる もう疲れたよ  少し昔に あなたに三つの嘘をついた 今になって大きな罰におそわれた だけど だけど 何も知らないあなたを見てると 余計に胸が 苦しいほど痛むよ  100通りあるゴメンナサイの言葉を今 伝えられる力は あたしにはないから 肩に乗った重い荷物 軽くするには 何も言わず許してあげることだけ  あたしに嘘をついてまで笑ってるあなたは 無くしたくないものが ここにあるんでしょう ねぇ 何故しっかりつかまえとかないの いつも いつも 傍にいてとは言わないじゃない 毎日 愛してるって言って欲しい訳じゃない ただ ただ 二人恋に堕ちたはじめの時 その気持ち忘れて欲しくないだけ  あなたが全て あなたが...
キスが巡るaikoaikoAIKOAIKOチカチカ12色の光があなたとあたしを照らし続ける  ずっと夢の中の様で あなたが昨日家にやって来た事も分からない 恋するとこんなもんか 少し恥ずかしいな ずっと夢の中だったのか テーブルに置いてあった手紙 いつの間に書いたのだろう 毎日過ごす日々の中 こんな日があってもいい  チカチカ12色の光が部屋の中を回る 足のつま先が冷たい今もあたしはあたしと覚えてたい  知らない感情の端に指が触れてしまったみたい 新しい涙が出る あなたの側にいる時のあたしを誰も知らない  何度も飲み込んだキスが体の中回る 離れないでってあたしはあなたの唇に傷を付ける  あぁ つめ込んだ思い出が溢れ零れてしまっても あなたの仕草に明日も胸を詰まらせたい  チカチカ12色の光が部屋の中を回る 足のつま先が冷たい今もあたしはあたしと覚えてたい
milkMILLION LYLICaikoMILLION LYLICaikoAIKOAIKO今日も鏡で笑顔の練習 上手く笑わないと 落ち込むのは自分自身 寝たら夢の中あれもこれも見て 目が覚めたら 恋に堕ちてる事もある  ねぇ 目を見て ねぇ 口見て 雪もミルクも霞む静かでスロウな 真っ白い光に一緒になりたい  この間はすれ違ったんだ だけど声は掛けられなかった 曖昧なお辞儀は逆に嫌 この気持ち冷めてしまう前に  暗闇でいじる電話のライトがただキラキラに 照らす何度も見た名前  ねぇ 目を見て ねぇ 口見て 瞬きの隙間で未来は変わるよ 明日と今日は一緒になれない  奇跡は一度だけ起こった あの日に出逢えた事が全て あなたもあたしも絶対 ひとりじゃ生きてゆけないから  ねぇ 目を見て ねぇ 口見て 雪もミルクも霞む静かでスロウな 真っ白い光に一緒になりたい  この間はすれ違ったんだ だけど声は掛けられなかった 曖昧なお辞儀は逆に嫌 この気持ち冷めてしまう前に もっと心躍る世界が すぐ隣にあったとしても 乱れたあなたの髪に触れられるこの世界がいい
嘆きのキスGOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKO君の肩に顔を埋めて 大きく息を吸い込んだ 忘れないだろう 消えないだろう 君と僕の最後の日  小さな始まりが 今はつたを絡めて 紡いだ大切な言葉や日々すらも縛って  繰り返し 涙が落ちる音を 静かに聞いていたあの日 誰よりも想い続ける事が 僕の今を支える大きな糧  今は君の空が晴れなのか曇りなのか 解らないよ  切なくなる程に 逢いたいと胸が泣く 僕が想う君への気持ちここにあるのに  僕を呼ぶ そして笑いかける 君は夢の星の様に 大切な僕の宝物だよ 今も昔も変わらぬ大きな糧  嘆きのキスに気付いてただろう 知っていても認めたくない優しい目の奥  繰り返し 涙が落ちる音を 静かに聞いていたあの日 誰よりも想い続ける事が 僕の今を支える大きな糧  ここに残る 嘆きのキスを胸に 僕は生きる
なんて一日aikoaikoAIKOAIKO今の気持ちをわざと曲げてみたり 背中にあるスイッチに手を伸ばしたり 今日はいつも歩く道を変えてみた 眠いのを我慢して夜が明けるのを待った  体に流れる血の色が赤じゃなかったらどうしよう  なんて一日なんだろう大きく息を吸えば 大人げないキスをすれば なんて一日なんだろう少しだけまた明日は違うのさ 唇に水を声は空に構え  「君にとっては小さな出来事さ だけど僕は苦しい程すりむいた」  気付かなかったよ 本当にごめん 声を聞かせて  空は続いてあなたのいる所も青く射しているのなら伝えて欲しい あたしが書いた上手くない手紙の文字の隙間にもあなたはいるのさ いつもより多く胸を高鳴らせて  過ぎてゆく時に泣いて振り向くより 両手上げて笑って手を振ってみたい なんて一日なんだろう少しずつまた明日は違うのさ 唇に水を声は空に構え
線香花火GOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKOあぁ あの日が最後だと知っていたなら もっとあたしあなたを抱きしめたのかな?それともきつく当たったのか? 膨れた頬は線香花火 橙色も弾けた  隣で重ねた約束 いくつもあっていくつもあって 砂浜の恋はあたしに沢山の夢をくれた  あなたの指を追いかけた最後の夏さようなら いつまでも素敵な想い出です 痛い喧嘩も今は愛しい  あぁ あの日が最後だと知っていたなら もっとあたしあなたを抱きしめたのかな?それともきつく当たったのか? 膨れた頬は線香花火 橙色も弾けた  二人で過ごした青い日 いくつもあって消えなくて  朝焼け迎えた帰り道は近くなった距離と 熱い首が恥ずかしかった 話し込んだせいで冷えた膝も 夜明け前の切ないキスも  ゆっくりと忍び寄る風が示す季節の変わり目 あたしの体にある余熱が溶けてゆく やっぱりあなたの事好きだったよ 涙は空に弾けた
水とシャンパンaikoaikoAIKOAIKO悩みの種だ あなたの事が 小さな事気にしてるつもりはないけど その声を聞くと心が痛いよ 悩みの種だ あなたの事が あたしだっていつも笑っていたいけど 電話の声は夜を暗くする  病んだこの小さな胸はさようならと言われないかと 我慢してるこの瞳は涙流さずにいられなくて  どんなにあたしがあなたを好きか 何も知らないでしょう?何も解らないでしょう? すれ違い始めた二人の時間 だからもっと一緒にいたかったのに  悩みの種は大きな花を咲かせてとうとう枯れてしまったの 危なっかしい心変わり連れて  繰り返し寄り添うとびきり甘い肩 今のうち ふとした瞬間に生まれた恥じらいも 心置きなく  見てるもの全てが違った世界でも 胸は焦がれ愛してた 何度も好きだった ぎこちない返事は 終わりの足音 だからもっと一緒にいたかったのに  どんなにあたしがあなたを好きか 何も知らないでしょう?何も解らないでしょう? すれ違い始めた二人の時間 だからもっと一緒にいたかったのに
KissHugPLATINA LYLICaikoPLATINA LYLICaikoAIKOAIKO友達だなんて一度も思った事はなかった あなたに出逢ったその日から 変わってしまったものもあるけど 変わらない事の方が あなたもあたしも多いよ  暑い帰り道に見えなくなるまで 本当に小さくなるまで見ていた あなたが好きだったの 今も今も...  夏髪が頬を切る また年を重ねてきっと思い出す あなたの影 あたしの言葉 You Love You Love...  3つめ4つめと数えた星の涙に願う あなたの傍にずっと居たい  まだ知らない事だらけの背中と背中を合わせて聞こえてきた音 壊れても仕方ない程に熱い  光に手をかざして隙間から見えた通り雨カゲロウ あなたの影 あたしは想う You Love You Love...  暑い帰り道に見えなくなるまで 本当に小さくなるまで見ていた あなたが好きだったの 今も今も...  夏髪が頬を切る また年を重ねてきっと思い出す あなたの影 あたしの言葉 泣き顔怒った顔突然唇に触れた唇も 傍にいると誓った証 You Love You Love... You Love You Love... I Love...
約束GOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKOいつかまた逢える日が来るでしょう その日まで必ず元気でいてね  夏の雲が作るグランドに引いた白線の様な石灰舞う瞬間 あなたの斜め後ろにいた時いつも想い描いた強く淡い明日  今も夢に見るよ あなたの消えない影  いつかまた逢える日が来るでしょう その日まで必ず元気でいてね  冬の雲は作る 細く切ない生糸で編んだ薄いストールの波  今日はさようなら今日でさようなら  涙の冷たさ手の温もり あなたの熱 目眩 触れたあの日  声は散る空に あたしを残して 桜色の花火 朱色のコート  どんな事があっても忘れたりしない 幸せも痛みも永遠の約束 いつかまた逢える日が来るでしょう その日まで必ず元気でいてね 元気でいてね
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ウミウサギGOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKO汗が首を歩いたゆっくりと 君の言葉にとても驚いて 「ずっと一緒にいようか?」だなんて 君が緊張しながら言うから  海に出掛けて今は夜の始まり 繰り返す呼吸と 心臓の音  爪の間に隠れていた 夕方 オレンジ 星の砂 君はあたし あたしは君 いつも...いつも...  遙か彼方を泳いできた波 今あたしの足をすくった  いつか自然に心が気が付いたとき 辿り着けばいい この海の果てに  暗くても怖くなんかない 遠くの光 無数に星 息も触れて あなたがいる いつも...いつも...  オレンジ 星の砂 君はあたし あたしは君 いつも...いつも...
恋道GOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKOまた1から始めましょう 少しあなたとはぎこちない間柄 逢えなかった月日こそが 二人を試した大切なものだったのかも  ああ‥離れて ああ‥離れて 心細い 余裕がないそんな日もあるけれど  ニ人には言葉もある 声も写真も文字も 遠距離を埋める様に 呼吸で聞かせて愛の程 電気消して話そう  出逢った頃は挨拶が出来ただけで幸せだった間柄 あなたが抱きしめてくれた時 これは夢だと思う程 嬉しかった  ああ‥愛して ああ‥愛して 言い出せない 根拠のない不安が育ってく  上手く伝えられない 胸の素直に背き 満月は欠けてゆく 次はちゃんと好きって言おう 繰り返す恋道  ああ‥離れて ああ‥離れて 心細いんだってば 余裕がないそんな日もあるけれど  ニ人には言葉もある 声も写真も文字も 遠距離を埋める様に 呼吸で聞かせて愛の程 電気消して話そう
星電話GOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKO今繋いだ星電話 窓の外の光が写真になる あなたを想い出すと どうしても優しい顔ばかり  流れる景色は痛くもなく心地良くもなく 小指に出来たさかむけの方がずっと気になる  夢中で追いかけたあの頃止まってしまった時間に 「元気?」問い掛けるあたしは嘘の笑顔さ  繋いだ星電話 窓の外の光が写真になる あなたを想い出すと どうしても優しい顔ばかり  「君を幸せに出来なかった」と言われた 強いあなたしか知らなかった様な気がした  充分に時が過ぎてあたしは平気だと思っていたのに あなたの斜めになった肩がすぐ浮かんだ  本当は戸惑って見失ったものを探している あたしに巻き付く灰色のものさし くだらない  意地悪な言葉も知ってる 嘘付いた事も解ってる 射す様な夕陽に下を向いてしまった事もある  今繋いだ星電話 窓の外の光が写真になる あなたを想い出すと どうしても優しい顔ばかり あなたを想い出すと どうしても優しい顔ばかり
ハルとアキaikoaikoAIKOAIKO例えばよく行くお店の壁紙が替わってたり 例えば仲の良い友達のメガネが新しくなってたり  繰り返しある日々の中で少しずつ変化してくもの あたしとあなたにもそれはやって来た まっすぐに...  最後の最後の日が終わっても 道行く人にとっては知らない小さな出来事 大きく大きく手を振って腕の付け根が痛くなってもいい 覚えていられるなら  選んだ星違う色をしてたから 二人で決めた事  儚くて愛しくて1秒過去にも もう戻れなくて 振り返った道に咲いていた花は まっすぐで...  細い廊下も何度も書いた言葉も いつも胸に響いてるあなたの足音も 大きく大きくあたしを包んだ全てが 遠くあなたの事も包んでいたらいいのに  愛してた とにかく愛してた 朝も昼も夜も苦しい程愛してた 春の緑も夏の日射しの中も秋は心冬は白 駆け抜けた風は あなたの香りだけを残して いなくなった
秘密GOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKOあなたはいつも僕を忘れない様にと 帰りに強く抱きしめる 大きな忘れ物よ 苦しい忘れ物よ 残った匂いがあたしを包む  これ以上想いが募ったら なんだか好きだけじゃ済まなくなりそうで  声を聞かせて 親指握って 柔らかいキスをして 何処にいても思い出して 我が儘な体と泣いてる心 そっけないふりでごまかす あいしてる  季節がくれたいくつものあなたの横顔はあたしが隣にいられた証  何気ない仕草に苦しくなる度 心に約束を交わす  誰にも言ってない あたしの秘密を 耳元で小さな声であなたにだけ伝えたい 必ず過ぎてく 優しく切ない 2人だけの瞬間 忘れない  声を聞かせて 親指握って 柔らかいキスをして 何処にいても思い出して こうして出逢えた事もきっと決まっていた事 こぼれた愛すくうあなたの手 いとおしい
キョウモハレGOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKO想い出に背伸びして 迎えた朝は 少しだけ心と体がだるい 君があの人を想う強さに比べれば 僕の想いなんて到底かなわない  昔の様に手をつないで 歩けたらと もう何回想っただろう 情けないけど  いつも自分に言い聞かせる 君の目にはもう僕はいないと 夜も朝も射す光はいつも同じで 確実に過ぎていった毎日 未来を夢見たあの日の僕  今日も今日も今日も 空は晴れ  憧れた輝いてた幸せに生きてた 君が悲しく笑ってるのにも気付かずに  昔の様な友達には戻れないよ 当たり前の毎日でも 特別だったし  聞こえないはずの声がする 体中が痺れてく裂けてく 「さよなら」と心だんだん離れていっても 君の仕草は忘れたくないんだ 明日の朝にはもういないんだね  今日も今日も今日も 空は晴れ  いつも自分に言い聞かせる 君の目にはもう僕はいないと 夜も朝も射す光はいつも同じで 確実に過ぎていった毎日 未来を夢見たあの日の僕  今日も今日も今日も 空は晴れ
学校aikoaikoAIKOAIKO朝9時 雲が前へ進む あたしも家を出る 朝10時 トンネル抜けたら雲が太陽に変わってた  心も体も消えてしまう時はボロボロになっていたい そうやって生きて想いたいの  今日はちゃんと学校に行って 靴箱まで走るんだ 友達の事 これからの事 大好きなあなたの事 考える時間はそんなに無いから  強めに縛った靴紐解いて 魔法を掛けてみる 久しぶり 両手で抱えたカバン 底にある傷の跡  「自転車を貸して」教室飛び込んであなたに言ったの 言葉は心を動かした  腐りかけそうになってしまう程 本当はただ好きなんだ 赤白青紫黄緑 声を枯らし灼けた頬 忘れない あなたが輝いてるから  少し遅れてしまったけど 少し日射しが強くなった 少しだけあたしも晴れた気がした 生まれて初めて こんなに逢いたい  今日はちゃんと学校に行って 靴箱まで走るんだ 友達の事 これからの事 大好きなあなたの事 考える時間はそんなに無いから
You&Me bothaikoaikoAIKOAIKO気付いて欲しい訳は何だろう 知って欲しいあなたにいつだって 答えて欲しいくせにあなただって 繋いで「大切」  続きのスカートひるがえし 夢の中で始めよう 愛しているのはあたしの方 あなたの方  あなたにしたキスがもう乾いた フライパンの流星群 蒸発する水は綺麗 空っぽの頭に響いた あなたを想う程に弾ける 小さなマイナスは破裂する  愛してるよ この時間も あなたも...
寒いね...aikoaikoAIKOAIKO今から毎日泣いてばかりよ 元気でいるの?  この世で初めて見つけた宝物だった あなたに逢えなくなるなんて 鳴りやまない空の静けさに 耳が痛い ぶつかった星は消えてしまった  寒い冬にはマフラーよりも 「寒いね」と言い合えるあなたがいれば良かった  この写真が色褪せ 思い出せない日が来たらと 今から毎日泣いてばかりよ 元気でいるの?  時計が止まってしまったみたいだったけど 少しずつ動き出したよ 輝いたあなたを一番近くで見てたから あたしも変わろうと思った  大切にするよ 今いる季節も あの時に歩いた川沿いも一人で歩ける  こめかみ揺れた黒髪 振り返れば笑ってくれた あなたに今度はちゃんと言いたい 元気でいるよ...
ひまわりになったらGOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKOあたしの気持ち掘り返してみたら あの子の事ばかり 涙が出る 逢わないうちに少し痩せたみたい そのブルーの半袖いい感じね あの子とあたしの愛の巣に帰ってきたら いろんな事想って涙が出る 靴下もズボンも何もかもなくなってて ベッドに微かなあの子の匂い残ってる  さみしいとか悲しいとかやっぱり言えなくて今日も だけど夜を越えて逢いに来て欲しいけど 二人でしっかり決めた事だもの  あの子とあたしはLove な friend 離れてしまっても偶然出会っても 「久しぶり」って笑って言わなきゃ あの子とあたしはLove な friend さみしい時はもちろん朝まで付き合うよ あたしはいつまでもあの子のひまわり  恋愛感情なんてこれっぽっちもなくて 今の二人が嘘みたいね ただの友達だったあの頃に 少しだけハナマルつけてあげよう 買い物に行ったら知らないうちに あの子に似合うシャツ探してる ふとした時に気付く虚しさとため息 誰か早く止めてよ  あの子の前で死ぬ程泣いた それが恥ずかしくなかった だからそうよあの子はあたしにとって なくてはならないものね  あの子とあたしはLove な friend 離れてしまっても偶然出会っても 「コンニチハ」って笑って言わなきゃ あの子とあたしはLove な friend 辛い時はもちろん朝まで付き合ってね あの子もいつまでもあたしのひまわり 恋人同士になった二人色んな事を知ったの そしてサヨナラのタイミングさえ しっかり覚えてしまったり  あの子とあたしはLove な fiend 離れてしまっても偶然出会っても 久しぶりって笑って言わなきゃ あの子とあたしはLove な friend さみしい時はもちろん朝まで付き合うよ あたしはいつまでもあの子のひまわり ずっとずっといつまでも あの子のひまわり
二人PLATINA LYLICaikoPLATINA LYLICaikoAIKOAIKO夢中になる前に 解って良かった もう一度だけ手が触れた後だったら きっとダメだっただろう 怖くなってただろう 止まらぬ想いに 止まらぬ想いに  隣に座って声を聞いた 何が好きなの?何が嫌いなの? 今 こっちを向いて笑ったの? あたしに向かって笑ったの?  見つめられれば恥ずかしいけど 目を反らしたら気付かれそうだから 同じ様にあなたを見た 吸い込まれそうな瞬間  夢中になる前に解って良かった あと5分そんな素振りをされたなら きっと気付いただろう 怖くなってただろう 後に戻れない 刺さった想いに  あたしの背中越しに見てた その目の行き先を 香るあの子の 甘い瞳を見ていたの? 甘い仕草を見ていたの?  これは夢か痛い今なのか 心震えてく嘘も伝って あなたはあたしの時を止めた 帰りの道が見えない  一緒に撮った写真の中に夢見る二人は写っていたのね 後ろに立ってる観覧車に本当は乗りたかった...  見つめられれば 恥ずかしいけど 目を反らしたら気付かれそうだから 同じ様にあなたを見た 吸い込まれそうな瞬間 吸い込まれそうな瞬間
恋愛GOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKO「明日は晴れでいて欲しい」 あなたの言葉ひとつひとつで 今のあたしが出来てると知った時 「ダメならいっそ雨で流して欲しい」 毎日胸の中は形も色も音すらも変える  くるくる廻る雨雲に乗って あなたの可愛い睫毛に止まる  ねぇもっともっとあなたが不安になる位 あたしが言葉や態度を操れる様になればいいのに 「辛い」の一言で纏めてしまえば簡単さ こんなに逢いたい  知らない表情に出逢えた時のざわついた感覚は 新しい物が怖いのと似ている  喉の痛い朝 頬杖の街 こんな日はすぐあなたに触りたい  ねぇきっときっと都合良く忘れたりしたら こんなに泣いたり幸せになったり出来ないだろう ぬるく熟した恋愛を食べる瞬間は あなたと迎えたい  くるくる廻る雨雲に乗って あなたの可愛い睫毛に止まる 暑い日も終わってしまうよ…  ねぇもっともっとあなたが不安になる位 あたしが言葉や態度を操れる様になればいいのに 「辛い」の一言で纏めてしまえば簡単さ こんなに逢いたい
横顔PLATINA LYLICaikoPLATINA LYLICaikoAIKOAIKO眠っていた心の中に 些細な些細な小さな傷 いつの間に その隙間から溢れて来るのは あなたの名 優しく強い目 指 髪全てに気付かされる  出逢えたこと 話をしたこと 次は触れたいといつからか願ってた  起こされた想いは止まらないから躓いても 胸は風を切って 横顔に恋をした あたしはとても切ない あなたをとても愛しい  あの日偶然 助手席に乗った 特別に感じたシートの熱 右肩がくすぐったくて  待ちくたびれる 長い毎日 きっとあなたに逢っていないせいだな  辛い時があっても輝く術も知ってるはず 電話が鳴る度に横顔が浮かぶのは やっぱり少し切ない あなたをいつも愛しい  雨上がりに二人歩いた道 足音がいつもと違ってなんだか嬉しい  起こされた想いは止まらないから躓いても 胸は風を切って 横顔に恋をした あたしはとても切ない あなたをとても愛しい
星のない世界GOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKOあたしの髪が伸びて驚く程久しぶりになってしまわぬ様に 昨日より少しだけ多めにあたしの事を考えてほしい  初めて逢った日にもう一度逢いに行って そしてまた同じ様に ぎこちなく合った目の奥にいるあたしを愛してほしい  星がない世界なら 目を閉じて証明するのに...  とても大事な宝物をあたしはやっと手に入れたんだ 胸が病みそうで不安に溺れそうになったら 真っ直ぐにあなたを思い出すよ  あなたの両手は毛布 許してくれるなら 強く壊れぬ様に 思い出の帰る温かい匂いと共に抱きしめてほしい  夏が来る手前の 冷めた風が首をさらった  知らない間にあなたにもらった 何度も手を洗うクセ空見上げる事 想いが動いてゆく音を駆け抜ける時の中で聞いた  過去も未来も心の底はいつも一人だと思ってたから 全部我慢してやっと溢れ出した涙に 本当の恋を初めて知った  とても大事な宝物をあたしはやっと手に入れたんだ 胸が病みそうで不安に溺れそうになったら 真っ直ぐにあなたを思い出すよ
朝の鳥aikoaikoAIKOAIKOおはよう 早起きね 本日もお元気で あたしはこれから眠るところです おはよう 早起きで まだあだ名しか知らない それ位の方が想像も涌くのです  逆転した生活の中 唯一逢えるの朝の鳥 人々寝静まるこの時に暖かくなる  この街に二人きりの時間がやって来た 勝手に吹く肌寒い風があたしばかり煽るから あなたの姿が愛しいのです  思い詰めた涙の道 乾かし唄う朝の鳥 死ぬのはやめようと 少し前のあたしに告げる  繰り返す闇と光にささやかに夢を見る 明日も同じ時間に ただ待っています どうかその時まで おやすみなさい
リップaikoaikoAIKOAIKO乾いてリップ 塗り直す時にも 少し力が入る午後の廊下 あたしを半分捧げます 振り絞って誓った言葉は重い  もし出逢うのがもう少し遅かったら こんな辛い程あなたの事想わなくて済んだかな? あたしもそれなり恋して泣いてたらもっとあなたを 真っ直ぐ見つめられてたかな?  熱いチクリと胸を刺す あなたの横顔今日は4回見れた 赤い日射しは水着の奥ハート溶かしあなたをもっと染み込みます  紫のノート新しく 1ページ目に書いたあたしの願い  大好きな気持ちを雑に扱う不安な夜は 偶然にあなたが電話をくれるから 受話器を持った左手 右手はペンが走り出す 恋と想いと胸交わる  熱いふとももに落書き 二人離れぬ様に名前書いた 細い薄い線だけどたやすく消えたりしないわ 心に染み込んで  熱いチクリと胸を刺す あなたの横顔今日は4回見れた 赤い日射しは水着の奥ハート溶かしあなたをもっと染み込みます
シアワセPLATINA LYLICaikoPLATINA LYLICaikoAIKOAIKO隣で眠ってるあなたの口が開く そして笑った どんな夢見てるの?気になる... 出来ればあたしが出てきたらいいのに 隣で手を繋いだあなたの左手少し汗をかいてた だけど 同じくらいあたしの右手暖かかった  見上げたら喉が愛しかったので 甘いキャンディーの事も忘れて 小さいあたしの唯一の特権 思わずキスをしたの  二人周り流れるストーリー 生きていく為に泣くこともある それがあたしを強くするならば これも一番の幸せなんです 二人何処かで廻るストーリー 生涯離れてしまっても あなたの一歩になるならば 幸せに思える日が来るのです  いつから知ってたの?あたしの強い所 弱い所 黙って見ててくれたあなたと同じ青空に出よう  愛し愛されて過ぎる大切な時 そして香った あなたの呼吸の唄に走る小さな星に涙が出た あたしのこの言葉が唇をまたいでいった後 意味を持ったままあなたの胸に残ってます様に  この指で弾いた息と気持ちを重ね あなたに飛ばすの 響いて 新しい明日に繋がる想い「今日も大好きでした」  二人周り流れるストーリー あなたがここに居てくれるなら 後悔せずに前を向いたまま 立ち止まる事も怖くないのです 二人何処かで廻るストーリー 静かに終わりが来たとしても 最後にあなたが浮かんだら それが幸せに思える日なのです  隣で眠ってるあなたの口が開く そして笑った これが幸せ 今の幸せ ついて行くわ 眠ろう
PLATINA LYLICaikoPLATINA LYLICaikoAIKOAIKO今頃がんばってるのかそれとも新しい光が 青白い瞳に映ってるのか 間に合うように届けようと遠慮がちに歌います “Happy Birthday to You”  これから始まる毎日にきっと降り続けるのは 小さくて大きな生きる喜びでしょう  健やかに育ったあなたの真っ白なうなじに いつぞや誰かがキスをする 胸を体を引き裂くような別れの日も いつかは必ず訪れる そんな時にもきっとあたしがあなたのそばにいる  明日最後を遂げるもの明日始まり築くもの 時が過ぎて花を付けたあなたの小さな心の中に 一体何を残すだろう? “Happy Birthday to You”  しっかりと立って歩いてね よろめき掴んだ手こそが あなたを助けてあなたが愛する人  瞳に捉えた光が眩しい日は静かにそっと目を閉じて 昔を紐解いてみればいい確かなあの日 小さな手のひらに無限の愛を強く握って笑った あなたがいるから大丈夫  健やかに育ったあなたの真っ白なうなじに いつぞや誰かがキスをする そしていつかは必ず訪れる 胸を体を頭を心をもがれるような 別れの日も来る そんな時にもきっと愛する人がそばにいるでしょう
恋ひ明かすaikoaikoAIKOAIKOいっその事あたしの事 昼も夜も見張っていて 繋ぐのが情けないなら知らんぷりしてるから遠くで見てて  あなたとあたしの間に必要ないもの 疑う心信じる嘘  荒れた頬赤くなってもあなたはそれも好きと言ってくれる たとえそれが無責任に聞こえると言う人がいてもあたしには あなたの声しか聞こえない  たった今の気持ち丸ごと真空パックにしたとしても あすの朝がきたらもっと好きになってる事は明白さ  「切ない」を我慢したかたまりはもう これ以上飲み込めないから  あたしらしさ見失う程 あなたに冒される時増えてゆく 苦しい事恥ずかしい事 無しに出来る位心を縛ってほしいのは あたしの方だった  あなたとあたしの間に必要ないもの 疑う心信じる嘘  荒れた頬赤くなってもあなたはそれも好きと言ってくれる たとえそれが無責任に聞こえると言う人がいてもあたしには あなたの声しか聞こえない
あられaikoaikoAIKOAIKO時も忘れる程 こんなにあなたの事考えた 当たり前の様に胸は締め付けられて 涙落ちれば陽は昇り  溜息で充満した部屋 息苦しくて逃げ出したい 暗闇が怖いなんて気付かなかった こんなに辛いなら諦めようかな  そんな悲しい事言わないでと 昔のあたしなら言うだろう  集まった星くずの様な想いがチリとなって 消えゆくのならまだ気が楽だろう 心の中に影落としあたしの頭の中は いつまでもいつまでもあなたの笑った顔だけ  後ろ向いた後にやって来るものは解ってる 後悔の日々 ぼんやりとした空気 忘れられない胸の響き  目眩も憧れも全て受け入れてみせたい本当は 今でも  始まった 好きになるかもしれないと思ってた あなたに吸い込まれそうな瞬間 あたしの中に生まれたもの 目を反らしてはいけない 同じように同じように あなたに降り注げばいい  集まった星くずの様な想いがチリとなって 消えゆくのならまだ気が楽だろう 心の中に影落としあたしの頭の中は いつまでもいつまでもあなたの笑った顔だけ
ひとりよがりGOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKO細い細い窓の隙間から 白い光満ちあふれて あなたの声と重なって あたしには酷く眩しい 「夢が叶った」と話してくれる あなたはどこから見ても 前を向きひたすらに進む  だから止まらなかった涙なのか…  あなたの喜びそれは全てを丸くする輝きに似て あたしはただ驚いた足は根が張ったかの様動かない  わざと悲しいそぶりをしたり声を小さくしてみたり 気付いてほしいあたしのひとりよがり  愛おしみながらそっと刻む日  毎日ではない必ずでもないけどふとした瞬間思う あたしはただあなたがいるから今を生きてゆけるんだと  あなたの喜びそれは全てを丸くする輝きに似て あたしはただ驚いた足は根が張ったかの様動かない
その目に映してGOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKO遠くで見てますから声はかけませんが 以上も以下もなくただ想っています あなたを信じてる清々しい程に 今日もちゃんと頑張って下さいね  やっぱりあなたの笑顔は最高に素敵だから あからさまに反応してるあたし それもいい  時が経つのが日に日に早くなってる気がします だけどそれは毎日を誇りに幸せに生きた証拠 輝きを見つけた朝日  絵の具で作るには少し難しいから 今日もちゃんと上向いて下さいね  何度も出逢って別れて飽きずにまた出逢う あなたとあたしの全てを見てる綺麗な空  答えは既に見つかっているあなたの その目に映して欲しいだけさ 声を掛けよう触れてみよう 胸が鳴り始めた…愛に  時が経つのが日に日に早くなってる気がします だけどそれは毎日を誇りに幸せに生きた証拠 輝きを見つけた朝日
17の月GOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKO心変わりを許した訳じゃない もうあたしに力が残ってない 傷付いたまま癒す事もない お願い今日はこのまま寝かせて  あなたの丸い爪に射して跳ね返すオレンジの色  帰りたくなかった寄り道をして 迷ってしまえと本当は祈ってた 長い道路の白い線が消えるまで止まらないでと  逢えば逢う程恋は募るもの あたしおかしくなってしまったの 2度と言わないと決めた事なのに 我慢出来ないあたしを許して  言葉にすると軽くなりそうだけど何度も言うわ「好きよ」  いつも夢見ていたあなたの傍で 声出して髪を結び手を繋ぐ 同じルールの白い線の上向かい合ってキスを  あなたはあたしよりうんと背が高いから この道もきっと見晴らしがいいのだろう あなたの丸い爪に射して跳ね返すオレンジの色  帰りたくなかった寄り道をして 迷ってしまえと本当は祈ってた 長い道路の白い線が消えるまで止まらないでと 消えるまで止まらないでと…
深海冷蔵庫GOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKO卵を割ってかき混ぜる 渦が出来てボーっとする 腐ってしまう前に早く食べてしまわないと ガムの味がなくなって 甘さはあたしの体になる 口の中ざらざらになる前には捨ててしまおう  こんな簡単に決められない あなたの事は痛いまま  海の底を泳いで光を遮りたい 蒼いかも解らない程下のまた下で あなたの優しい所 温度と共に甦る 冷たい床と暖かい冷蔵庫にもたれて眠る  低い音で目を覚まし 大きく息を吸い込んでみる 未来の色を決めつけたりするのはもうやめよう  声にすると途切れてしまう 胸のかけら氷の世界  雨の音でやっと気付いた こんなに時間が経っていた 熱い両手のぼせた首が教えてくれた事 あたしの消えぬ想いは宝物の石に変わる 重くても輝いて今夜の夢を見せてくれる  こんな簡単に決められない あなたの事は痛いまま  海の底を泳いで光を遮りたい 蒼いかも解らない程下のまた下で 日曜日も☆のリングも22日も青い空も 長袖も家の鍵も笑った目も夢のダンスも あなたの優しい所 温度と共に甦る  冷たい床と暖かい冷蔵庫にもたれて眠る
キスする前にGOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKO毎日二人がもらえる 決まった時間 甘く使うのも泣いてみるのも自由  今すぐに逢いに行くよ 今すぐに逢いに来てね  最終電車が終わってしまっても どうにかなりそうだって走ってゆける  恥ずかしくないのが恋 そうあなたしか見えない  北風が耳を冷やし ピアスが痛くなっても あなたと目が合えば上がる 毛羽だったハート  秘密ランデブー白い息 暗い空でも見える坂を 目が慣れたら探して あたしの赤い頬から唇  スカートめくれても許して 駆け抜ける夜は星空のアンカー 手を離さないで  息が切れた体は もうあなたしか見えない  恐れる事は何もない 今は2人だけの世界 嘘をつく本当も話す 特別な仲よ  虹色ランデブー舞い降りた 左側に感じる熱 闇は食べてしまおう 残るは少し近づいた距離だけ  もう一度リップ塗るから あなたに移してあげるわ ちぎれそうな見えない糸 キスで導いて  秘密ランデブー白い息 暗い空でも見えるさ顔 目が慣れたら探して あたしの赤い頬から唇
気付かれないようにPLATINA LYLICaikoPLATINA LYLICaikoAIKOAIKO久しぶりに逢ったあなた 照れ隠しに髪を触った よみがえってくる思い出が 溢れぬ様に大人ぶって  隣で歩くあたしにあなたは前を向き話しかける さり気ない返事装い あたしもよそ見をして  声を聞いて泣きそうになるけど 何故だか解らない もう戻れない悲しみなのか出逢えた喜びなのか 気付かないように 気付かれないように  急ぐつもりはないのだけれど色んな事聞きたかった  きっと知らない事ばかりだとあなたの指輪に戸惑った このままだって充分じゃない 言い聞かせる手に爪の跡  勇気を出して笑って問いかけた 今の事 今の彼女 すごく好きだよと照れて髪を触る 昔のあなたを見た 気付かないように 気付かれないように  あの時胸に刺さる程味わった 消えない後悔 ちゃんと飲み込んで生きてきたはずよ 出逢って別れた分 あたしだって前を向いてゆける  気付かないように 気付かれないように…
シャッターPLATINA LYLICaikoPLATINA LYLICaikoAIKOAIKO見つめ合い出逢ったあの日 一緒に帰った黄色の道 時を止めたかった 夏が終わってしまう合図が… 涼しい風と共に全部連れて行った  あなたの前では擦り切れた靴のかかと気にしてばかりで いつの間にか素直になるのを忘れてしまった  切りすぎた前髪右手で押さえて少し背を向けた 嫌われたくないから うつむくあたしをからかったあなた 今はそれもあたしの夢の中だけ  寂しい時も逢いたい時も いつも言えずにいた自分にため息付く  あの日のさよなら言い出したあたしの腕を掴んだ時 あなたに向かってゆけたらと今更下唇噛んだ  恥ずかしい顔で格好悪いキスをした 平気なフリして震える足 心のシャッター押して忘れない様に 胸の端っこに刻んだの  逢えない訳じゃないけれど 今は逢いにゆけない もう少し自分を見つけたら電車に乗って橋を越えて…  切りすぎた前髪右手で押さえて少し背を向けた 嫌われたくないから うつむくあたしをからかったあなた 今も変わらずに元気でいますか?  あなたとあたしの目の奥に生きる二人が 同じ笑顔であります様に…
まつげaikoaikoAIKOAIKO濡れたまつげ 乾く間もない あなたがあたしを泣かす いじわるされた訳でも怒鳴られた訳でもない あなたがいるだけで  楽しみな明日も不幸せな時も いつもあなたと過ごせたら 今なめてるキャンディーのにおいがする距離で  なんで出逢ってしまったのだろう そんな事考えてしまう程 あなたはあたしの胸を貫くの 怖い位に  電話の声誰よりも愛しい あなたがあたしを泣かす 溢れてこめかみを抜け髪の毛が濡れる あなたがいるだけで  もし今夜愛してると言ってくれたら あたしの体一生分の 力一杯振り絞って言うわ 傍にいて...  なんで出逢ってしまったのだろう 心の奥底に傷を付けてでも あたしはあなたの事を想ってるから 永遠に  なんで出逢ってしまったのだろう そんな事考えてしまう程 あなたはあたしの胸を貫くの 怖い位に なんで出逢ってしまったのだろう あなたを想う夜は深い
シーソーの海aikoaikoAIKOAIKOあたしが投げるあなたが返す 今夜は海の波 言葉を飛ばす景色は回る さぁ酔いしれよう  本当は終わりたくない だけどそんな事言えない シーソーどちらが止める 夜が終わってしまうのは仕方がないさとあなたは 頷きあたしに返事をくれる  今日は眠るのならば 最後はあたしの言葉で お喋りな口をふさいで シーソーの海  暮らしてゆこう2人の世界 小さな未来の鍵  優しく切ない感情が 行ったり来たり繰り返す もっとあたしを見て あなたの鼻先に留まる真夏の汗に恋をする 星影の下肩寄せて誓う  風の匂いがふと変わる瞬間も かまわずにキスでふさいで シーソーの海  今日は眠るのならば 最後はあたしの言葉で お喋りな口をふさいで 愛しい強さを注いで 醒めない様に おやすみなさい シーソーの海
雲は白リンゴは赤PLATINA LYLICaikoPLATINA LYLICaikoAIKOAIKOあたしもあれから色々あったよ 訳が解からない日もあった 毎日を過ごすのがこんなにも辛いなんて 2人の間を隔てたものはあたしの心の黒いもの 絶対そうだと思い込んだ 寂しすぎるあたしの心  夏は何度もやって来る 暑くて空も高くて あなたといた道が今もちゃんとゆらゆらしてる  笑顔の空あなたの様にあたしも大丈夫になりたい リンゴの赤 水風船が割れた こぼれ落ちた水にまぎれ泣いた  交わした言葉ぶつかった2人それでも知らない事ばかり 不安をうめる様に抱きしめ返した夜 まだ好きなの?と言われそうだから 誰にも言えないこの想い 細い糸を紡ぐ様よ 切れないであたしの心  逢いたい逢いたい逢いたいと強く願ってれば なんとなく届く様な気がしてならないのです  夢中で空仰いで目の中に星 沢山散らばる あなたとまた同じ夢を見たい 時止まらず暮れて影は伸びた  夏は何度もやって来る 暑くて空も高くて あなたといた道が今もちゃんとゆらゆらしてる  笑顔の空あなたの様にあたしも大丈夫になりたい リンゴの赤 水風船が割れた こぼれ落ちた水にまぎれ泣いた
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
こんぺいとうaikoaikoAIKOAIKO白いペンで書いたから あなたはきっと気付かない 光に反射させれば見つかったかもしれない 突然かけてくる電話 こんな時間にどうかした? いつもふりまわしてくれて どうもさようなら  切な過ぎるわ毎日毎日 あなたには見つけられない あたしの最後のメッセージ  一緒に溺れてしまえるのなら それでもいいと思ってたの 悲しみから逃れる為に噛んだ 腕に赤いこんぺいとう  傷が癒えぬ間にまた傷付いてプラスはマイナスに 今頃イビキでもかいて寝てるのかな  少しまた少し見えなくなって 歯磨きの時間映画の日 知ってた涙のスケジュール  二人の溢れる想いがあれば 何でも出来ると思ってたの あたしの我が儘 あなたの嘘 隠す甘いこんぺいとう  睫毛を通り堕ちるドロップ 唇に触れて味は苦い 忘れられない恋の味よ…  一緒に溺れてしまえるのなら それでもいいと思ってたの 悲しみから逃れる為に噛んだ 腕に赤い散らばったこんぺいとう
蝶の羽飾りaikoaikoAIKOAIKO胸の痛いうちはあなたの事を 想い返さない様いつもいつも 違う事を考えてる 平凡な日々はそんなあたしに沢山の罠を仕掛ける  まだ空が綺麗過ぎて 涙が出る位 あたしはまだあなたの事を好きで 好きで 好きで  海に浮かぶ蝶の羽 両目じゃ眩しい太陽が悲しい切ない 気付かず過ごした毎日に積み重なった大きな存在 決まった時間にいつも鳴ってた電話が今はもう鳴らない あなたが解いた胸の糸が逆に苦しいよ  可哀想と手をさしのべられたり ひとり迷子だと思われない様に 足も心も動かして平凡な日々の中でもとびきりでありたいと願うの  目を背けてはいけないと解ってるけど あたしはあたしに嘘を付く 嫌い 嫌い 嫌い  ぐるぐるに巻いたマフラーの隙間にまとわりついてくる海の風が 気付かず過ごした毎日を「今更だ」とあざ笑う 受け止めきれない今の自由 死んでしまったあたしの羽 あなたが解いた胸の糸を波がさらってく  細かく刻まれた愛し方や 渡せずホコリをかぶった手紙も あたしが作ったカケラ全部大切にすればいい 次にあなたを想い出すのは あたしのこの羽飾りが もう一度自らちゃんと生え変わった時
スターGOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKO気まぐれな日々や つまずく日々に 泣いてばかりだったけど 震える両手恥じらいながら そっと包んでくれた  「心から好き」とか 喜んだ顔とか そんなものばかりで 溢れます様に  あたしが射す光のもとへと 強く手を伸ばせるのならば このままどうか消えない様にと 願いを胸に 刻んで  あたしは今何をあげられるだろう? 小さな夢それとも… はにかみ吐息唇が動いた 「明日もちゃんと傍にいて」  真っ白な世界を歩いて行こう あなたはいつまでもあたしの光  赤く染まる指先や頬を 生まれ変わっても見ていたい 透き通る日も曇り濁った日も あなたに想いを 焦がして  あたしが射す光のもとへと 強く手を伸ばせるのならば このままどうか消えない様にと 願いを胸に 刻んで
より道aikoaikoAIKOAIKO知ってる道に差し掛かる度 もう君との甘い旅も終わってしまう そんな気がして 知らぬ景色の緑の中に輝きを求めてた  君の事を分かれるのなら もう何も痛くはない  心に秘めたもの 破裂する日が来る だからもう一度言うね 君だけを愛してる  少し気になれば 夢に出てきた 同じ飴を探して転がしてみたり 深呼吸なのか溜息なのか 吐いた後は「逢いたい」と涙が出た  解ってた事 とっくの昔に 君を好きになっていた  君を失う悲しみに比べれば 想う苦しみなど 幸せなより道
ある日のひまわりaikoaikoAIKOAIKOねぇ あのひまわり畑も下を向いてる 季節がゆくよ  何度も何度も書き直しては塗り潰して あたしは本当の事を何一つ言えなくて  明日にしよう次にまわそう ただ時間が無いと言い訳にも黒と白の嘘を重ねて  ねぇ あのひまわり畑も下を向いてる 目も合わせないあたしにあなたは笑わなくなったね  あなたにあたしの何もかも透けてしまったらと 思った途端恥ずかしくて怖くなったんだ  誇れるもの見失ったら 晴れたり曇ったりする事も 必要ないと言われた気がした  あなたはいつも笑顔が咲いた努力家 ひきかえ簡単な事が出来なくなった今のあたし  ねぇ あのひまわり畑も下を向いてる 目も合わせないあたしにあなたは笑わなくなったね もう決してあなたと同じ気持ちで泣けない事も知ってる だけどだけど 好きだったよ
キラキラPLATINA LYLICaikoPLATINA LYLICaikoAIKOAIKO待ってるねいつまでも 今日は遅くなるんでしょう? 一人寂しくない様に ヘッドフォンで音楽聴いてるね  遠い遠い見たことのない 知らない街に行ったとしても あたしはこうしてずっとここを離れずにいるよ  羽が生えたことも 深爪した事も シルバーリングが黒くなった事 帰ってきたら話すね その前にこの世がなくなっちゃってたら 風になってでもあなたを待ってる そうやって悲しい日を越えてきた  明日は来るのかな? きっとちゃんとやって来るよ 仲良しの友達 励ましくれた四つ葉の緑  想い悩み溢れる程 眠れぬ夜迎えてばかり あなたを好きという事だけで あたしは変わった  雨が邪魔しても 乾いた指先に残る あなたの唇の熱 流れた涙が冷やした 触れてしまったら 心臓止まるかもと 本気で考えた 暑い夏の日 ひたむきに光を探してた  遠い遠い見たことのない 知らない街に行ったとしても 離れ離れじゃないんだから あたしはこうして…  羽が生えたことも 深爪した事も シルバーリングが黒くなった事 帰ってきたら話すね その前にこの世がなくなっちゃってたら 風になってでもあなたを待ってる そうやって悲しい日を越えてきた
夏服aikoaikoAIKOAIKOもっと緩やかに季節が過ぎていってるのかと思ってた 思った以上に静かにこんなに早く夏がくる 思いやった嘘をつけるあなたに 心の底からあたし臆病になってしまってた  忘れてく思い出は 計り知れない 愛してた想いは あなたよりも深い  お願い あたしより先にその夏服を着ないで 冬の切なさ引きずったまま あたしはそっちに行けない あたしはここに立ったまま  忘れてく思い出は 計り知れない 愛してた想いは あなたよりも深い  お願い あたしより先にその夏服を着ないで 冬の切なさ引きずったまま あたしはそっちに行けない あたしはここに立ったまま
星物語GOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKO夜中家に帰って 真っ暗な道歩く くたくたになったあたしの目の中に映り込んでくる星座 あたしも失敗だってする 大声でもう泣かない もちろんこんなあたしになるまでに 少し時間はかかったけれど  初めて出逢ったあの信号で また今日もあたしは深呼吸する  いつまでもいつまでもあなたを忘れずにいようと決めた そしてあたしの事も忘れないでいてね 我が儘だろうとお願いだから  一人で思い出振り返り 浮かんできた二人の絵が 白黒に褪せてなくて良かった 鮮やかで本当に良かった…  吸い込むと体中を洗われたよな気がする 冷えた空気にどこかで あなたの吐息も白く揺れるだろう  いつまでもいつまでもあなたに向かって行こうと決めた もしあなたがこの部屋に来る事があったら 同じ様に星を見せたい 一度きりのあたしの物語 あなたがいないといけない
Smooch!GOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKO空の様に広くあっても 2人の今はこんなに近い だからチャンスよもっともっとあたしに近づいて 2日3日そっけないフリをしたら解るこの存在 寂しいでしょ?どっか穴が開いたよな気がして  改めてちゃんと目を合わせたら  心暖かくなるでしょ一瞬だけでも あなたとあたしは惹かれあってるから そこを逃すな! たまには信じてみて絶対壊さないよ あなたから繋いでくれた手  漂い揺れるシャボン玉をあなたは隣でふくらます 最後に割れると知ってても舞い上がれと飛ばす 同じ様に明日あさってもあたしが隣にいる事を 当たり前に思っちゃダメよシャボン玉の様に  ぶつかって切れて目を背けても  縺れたままで朝を迎えたりするのは あんまり好きじゃないから喧嘩したら すぐに話そう 大切に持ってるよ 心の中にいつも 特別笑ったあなたの顔  改めてちゃんと目を合わせたら  心暖かくなるでしょ一瞬だけでも あなたとあたしは惹かれあってるから そこを逃すな! たまには信じてみて絶対壊さないよ あなたから繋いでくれた手
ずっと近くにaikoaikoAIKOAIKO横顔にあたった宵の星 川辺を今日初めて手を繋いで歩いた 知りたいが故のあたしのいじわるに あなたは遅くまで付き合ってくれた  神に祈った事それは...早くあなたのお気に召される様に  信じてないね?まだ笑ってるの? あたしはあなたに嘘を付く勇気すらない 右の耳からかすかに聞こえた 「ずっと近くにいるよ」  まだ上の名前で呼んでた頃 あなたを朝日の待つ夢の中で見かけた 優しく微笑むあなたの横顔を あの頃からきっと 好きになっていた  ぬかるんだ道に足を取られ 引き寄せてくれた肩とても熱い  きちんと伸びた背筋にあたる少し寒い風 あたしには丁度いい 出逢わなければ 言えなかったね 「ずっと近くにいるよ」  信じてないね?まだ笑ってるの? あたしはあなたに嘘を付く勇気すらない 右の耳からかすかに聞こえた ずっと近くに... ずっとそばに... 「ずっと近くにいるよ」
愛のしぐさGOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKO「言葉とかもういらないよ…何があっても繋がってるよ」 あなたは あなたは 優しい目をして あたしにこう言う  ふと道で香ってた 同じ匂いにこのまま 倒れてしまいそうだった  一瞬離したあたしの手 ほどいてしまったあなたの手 傷付いていったのだろう 解ってたのに知ってたのに  嘘だとかでたらめだとか思ってはいないの 素直に話すね あの日の2人があまりにも幸せそうでつい後悔しただけ  さよならを言われると何処かで気付いていました それがダメだったのかな  すねたふりも悲しい返事も 伝わりずらい愛の仕草 目を開けてキスをした 解ってたのね何もかも  一瞬離したあたしの手 ほどいてしまったあなたの手 傷付いていったのだろう 解ってたのに知ってたのに
ビードロの夜GOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKOじゃあ 無言のままでもいい このまま途絶えないならいい たまに聞こえてくるのなら 息づかいや大きな溜息でもいい  そっちで鳴ってる救急車  打ち上げ花火の影 ビードロ色の涙は受話器じゃ気付かれなくていい ただ「あなたが元気で幸せでいればそれでいいの」と並べた言葉は嘘  逢えないのも触れないのもあたしがいないのも全部嫌 本当は結局はそんな場面想像するだけでも嫌  今この部屋にあるのは隙間なく埋め尽くされた「好き」 時計の針はそっと回って気が付けば知らず空は明るい  考えすぎたあなたの事  最高と最悪を一度に思い描きどうにかなってしまいそうよ 初めて逢った冬 香り放つ冷たい冬 忘れられない目の奥  逢いたいから溺れたいからあなたにふれて確かめたい あたしの胸の中が擦り切れる音が本当に聞こえるのか  いつもいつも決まって顔を上げる時は あなたがあたしを追い越した後 やっと真っ直ぐ見つめられるけど 唇噛んだ姿あなたは知らない  逢えないのも触れないのもあたしがいないのも全部嫌 本当は結局はそんな場面想像するだけでも嫌
恋の涙GOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKO悔しい位に我慢をした 涙がついにこぼれて くしゃくしゃになった髪の毛も 顔ももうかまわないから  あなたの隣の場所はあたしの眠れる丘 潜み構えるものから包みこんでくれる腕  最後に返した鍵の赤い糸は昔より きつく優しく馴染んでいたのに‥ もう顔も上げられない 落ちる涙 恋の涙 何度呼んでも足りないあなたの名前  強めにつぶった目の奥には 広がった星の海と 一度おじぎして笑ってくれたあなたの特別な顔  あくびばっかりの朝に 少しだけしびれた足 町を埋め尽くす桜の花に 夏を待つあたし  心に決めてた事をひとつづつ整理して 自分に言い聞かせても許せない 今すぐに逢いたくても もう動かない 時は涙 枯れる程流したら奇跡は起きる?  あなたの隣の場所はあたしの眠れる丘 潜み構えるものから包みこんでくれる腕  最後に返した鍵の赤い糸は昔より きつく優しく馴染んでいたのに‥ もう顔も上げられない 落ちる涙 恋の涙 何度呼んでも足りないあなたの名前
明日もいつも通りにGOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKO部屋の灯りも 匂いも何もかもいつも通り あたしの髪が伸びた位… 今日は天気が悪いけど明日は解らないけど ここに来てやっと解った事…  あたしの声はあなたには届かない 悪口叫んだとしても もう聞こえない  だけど一生想うだろう本当は大好きなの キスする感覚を忘れても 指の間絡ませて繋いでたこの手が 大人な握手に変わっても  謝らないで そんな事言うのならばいっそ 受話器のままでさようなら…  出の悪い水道直し方も解らない 今は些細な事すらも軽く拭えない  時が経って知ったでしょ?何気なく過ぎてゆく 毎日に生まれてた愛情が 「つまんない」と呟いた白く煙る日々でも 心の隅っこで生きてた事  だけど一生想うだろう本当は大好きなの キスする感覚を忘れても 指の間絡ませて繋いでたこの手が 大人な握手に変わっても  時が経って知ったでしょ?何気なく過ぎてゆく 毎日に生まれてた愛情が 「つまんない」と呟いた白く煙る日々でも 心の隅っこで生きてた事
エナジーaikoaikoAIKOAIKO2人は気付いてた 全て解ってた あなたを好きであたしを好きだと 同じ空気を吸い込む距離で いくつ心は声をあげてく?  寂しい時も必ずあるだろう 越えてみせて高い壁も そしてあたしの事突き止めて 軽々と抱き上げてね  目を離さないで 風が今日は強いから そんな言い訳でいいなら 死ぬまでついて あなたの側にいる  冷たい朝は頬を寄せ合い 暖かいキスを導いてくれる ねぇ ここにいて 我が儘を聞いて 交差点過ぎても終わらないで  もっと特別に伝わらないかと 泣いて探しても見つからず 足りない表現力の代わりに 痛い程からみつく  手を離さないで 雨がもうじき来るから そんな言い訳をウソと見抜いても あなたは隣にいてくれる  目を離さないで 風が今日は強いから そんな言い訳でいいなら 死ぬまでついて あなたの側にいる
恋人同士GOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKO少しだけあなたが優しくなった日 それはあたしに不安がのしかかる日 あなたの膝に手を乗せるのは 通じ合わない体温全てを感じたいから  思うだけで不都合だらけになる心 そんな恋人同士凄くおかしい  お願いあたしを他の子と一緒に束ねたりしないで 融通利かない女だと置いていったりしないで 可愛いもんよ好きだと言ってくれたなら それだけでそれだけでいいんだから  遠回しすぎるよあなたのお喋り 言葉で計れないのは解っててもほしい物  想えば想う程空回りする心 気付いてるなら早く抱いてキスして  お願いあたしの真っ直ぐなこの愛を見捨てたりしないで 「あと15分!」の口癖を今夜だけは大目に見て 愛しい人よ くるくると表情を変えながら あたしの手のひらの上にいてね  思うだけで不都合だらけになる心 そんな恋人同士凄くおかしい  お願いあたしを他の子と一緒に束ねたりしないで 融通利かない女だと置いていったりしないで 可愛いもんよ好きだと言ってくれたなら それだけでそれだけでいいんだから
青い光GOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKO突き抜ける程 晴れた日  何度も何度も確かめる様に好きだと言うね 僕の返事を待つ間止まらない言葉 君を包むこの両手の先に余った 場所に吹く風はしびれる程冷たかった  上手く表現出来ないけど  空を見たのは 別に初めてな訳じゃないのに 何故だかいつも以上に綺麗で儚くて それは 手を振る君の様で 突き抜ける程 晴れた日  心の行き先決めつける事 僕は出来ない だけど どうか明日もちゃんと笑っててほしい  それが最後であっても  長い月日を僕が強く生きてゆけたら 側でいくつもに色を変える君と出逢いたい 誰も知らない悲しみさえも 少し照れくさい優しさも  上手く表現できないけど 僕も同じ位 切ないはずだよ すきだよ すきだよ  空を見たのは 別に初めてな訳じゃないのに 何故だかいつも以上に綺麗で儚くて それは 手を振る君の様で 突き抜ける程 晴れた日
ハチミツaikoaikoAIKOAIKOあなたの言葉に 恋をした言葉で 優しく厳しくもあるその指は いつも愛を知る 愛よりも大事なものはありますか? 「ボクは何をすればいい?」 「あたしを好きでいてくれればそれでいい」  気づかれた 見つめてたコト あったかい部屋の中で あたし驚いたのは そんな素敵な顔をするから  おせっかいやくって嬉しいコトなのね 眠れないのなら歌ってあげる いつでも“愛のうた” そうやってつねって 今を確かめるなら あたしが服のスソつまんで 後ろ向いたら教えてあげる  想ってた真ん中痛い程 苦い苦いハチミツ忘れないように 二人の証残して  わかってた うんと近くにいたいコト 冷たい掌から この灯ともしたら ずっといつまでも消えないでいて  気づかれた 見つめてたコト あったかい部屋の中で あたし驚いたのは そんな素敵な顔をするから
小鳥公園aikoaikoAIKOAIKOコウモリが夕陽を連れて来てしまったら あなたはお家に帰ってく 石を投げ何処かへ行ってしまえよ もう少し遊んでいたいのに  コウモリが暗闇ステージ飛び回る あなたはお家で何をするの 砂を蹴り大きな網のゴミ箱 ぶつかって額に作った傷赤い  あとちょっとで手が繋げたのに 下の名前で呼べたのに きっと次の土曜日まで またあなたに逢えない  割れた爪の間入り込んでく砂 「一人は寂しくないのです」 初めてを知ろうが怖くなかった 大好きなあなたが遠く引っ越すまでは  本当よく解ってしまった 暮れる空にひとりぼっち 悲しくても明日もまた 木々は揺れる公園  あとちょっとで手が繋げたのに 下の名前で呼べたのに きっと次の土曜日まで 本当よく解ってしまった 暮れる空にひとりぼっち あたしがあなたを守るの 木々の揺れる公園
三国駅PLATINA LYLICaikoPLATINA LYLICaikoAIKOAIKOもしもあなたがいなくなったら あたしはどうなってしまうだろう? 持ち上がらない位に首をもたげて泣くのかなぁ  寒さに堪えきれずに 温もり求めた先に あなたの指と腕がある それでいい それだけでいい  毎日が昨日の様だったのに 何を焦っていたの?  変わらない街並み あそこのボーリング場 焦っていたのは自分で 煮詰まってみたり 怖がってみたり 繋いだ手を離したくない  「苦しい時は助けてあげる だから安心しなさい」 自由に舞う 声がする それでいい それだけでいい  息を吸おうとする意志 真っ直ぐに あなたを見つめる為  育ってく小さな心を見落とさないでね 少しならこぼしていいけど スカート揺れる光の中の あの日に決して恥じない様に  変わらない街並み あそこのボーリング場 焦っていたのは自分で 煮詰まってみたり 怖がってみたり 繋いだ手を離したくない 指折り数えた 芽吹いた日々と2人の 帰り道
ポニーテールaikoaikoAIKOAIKO今ここであなたの考える 変なこと無力なこと 全部あたしの耳たぶにこぼしてほしいな ひとつひとつあたしが分けて ダメな物しっかりと 握りつぶしてあげるのにな  暮れて人は優しさを残し いなくなるとあなたが言うなら…  頭がおかしくなったって心が空っぽになったって あなたの事だけは忘れないよ 笑顔はもういらないと顔背けたあたしを 諦めずにいてくれたから  今ここで歌ってあげるよ 人混みの渦の中 あなたにだけ聴こえる声で  肌に染みる暖かい汗 流れる度想いに潰れそう  結んだ髪の毛 はしゃいで出来た後れ毛も あなたに見て欲しいのこのポニーテール 戸惑うなら明日もあさっても結ぶわ だからいつもできるだけ近くにいてね  暮れて人は優しさを残し いなくなるとあなたが言うなら…  頭がおかしくなったって心が空っぽになったって あなたの事だけは忘れないよ 笑顔はもういらないと顔背けたあたしを 諦めずにいてくれたから
洗面所aikoaikoAIKOAIKO昨日洗面所に置いてある ガラスのコップが割れた 解ってるんだ 知ってる 形ある物は儚くいつかはなくなる事 解ってるんだ  だけどこうしてあなたとの 愛しき日々が記憶の奥のカケラになって 消えてゆくなんてね 太陽よこんなあたしを今すぐ隠して  ひとつずつ思い出が あなたとあたしのある日をふいに壊しても ひとつだけ変わらないよ あなたの傍にいたいと泣いたのはあたしだって事  どんな傷も癒えるよな あなたの言葉はもう 聞こえない  横顔に只 見とれたよ 愛しき日々は恥じらいながら大きくなって 静かに今だって 二人歩いた坂道に引き留められたり  いつか思い出を 微笑みながら話せる日が来たとしたら きっとその時は あなたの大きな両手をもう一度恋しく想うだろう  ひとつずつ思い出が あなたとあたしのある日をふいに壊しても ひとつだけ変わらないよ あなたの傍にいたいと泣いたのはあたしだって事
花風GOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKOあなたもこの空の下 同じ日差しを 眩しいと目を細め くすぐる花風かすめ  もう心もおだやか 空はうなずき マンションの2階の廊下でバイバイ あたしの髪も伸び昨日の涙は乾き 時が経ち気付いた揺るぎない心  生まれ変わってもあなたを見つける 雨が止んで晴れる様に  あなたもこの空の下 同じ日差しを 眩しいと目を細め くすぐる花風かすめ  見えなくても 声が聞けなくても 過ごした月日が二人を繋ぐの  手のひらに落ちた奇跡の様な恋を 離さないで 汚さないで  あなたがこの空の下くれた七色の 世界を守り通すよ 臆病なあたしの胸で  生まれ変わってもあなたを見つける 雨が止んで晴れる様に 光が射しててそれは綺麗で あなただけを照らしてるから  あなたもこの空の下 同じ日差しを 眩しいと目を細め くすぐる花風かすめ
aikoaikoAIKOAIKO雨が降れば猫は泣く 濡れた身体を誰かになめて欲しいから あたしだって思うわ あなたにこの舌をなめて欲しいって  心なしか近寄ったら もう後戻りは出来ないんだ 地球儀の鍵はあたしが握る 少し位なら抵抗してもいいよ  あなたを好きになった事 そのつど涙を流したのも もういいよ それなりに… あなたを好きになった事 あたしが1人じゃないって 大事な印になるって 知ってた?  あたしがつける香水のにおいも あなたと過ごす時のせいで かき消されて最後に気付く 袖に付いたあなたのにおい  突き抜けてしまえばいいわ 大人だからなど関係ない あなたの胸の上で眠る そんな事毎日考えては  あなたを好きになった事 そのつど涙を流したのも うんと深いあたしの愛のせい 電車がなくなる夜も 離れずこのまま傍にいて この爪の先にいるのは あなただけ  心なしか近寄ったら もう後戻りはできないんだ 地球儀の鍵はあたしが握る 少し位なら抵抗してもいいよ  あなたを好きになった事 そのつど涙を流したのも もういいよ それなりに… あなたを好きになった事 あたしが1人じゃないって 大事な印になるって 知ってた?
テレビゲームaikoaikoAIKOAIKOテレビゲームしに来ない?たまにはいいもんだよ 固くなった頭を優しく優しく解いてあげたい ベランダで涼まない?ばからしく思えるよ その尖ったバリアを無邪気に静かにゆるめてあげたい  風は何も聞いてこないさ 秋の空は虚しいだけじゃない 君がどうすればいいか 多少の試練なんだ 僕はそう思うよ  嫌な事があった時すぐ顔に出してしまう癖 僕も直そうと思うんだ もうそろそろ時間だしね それがいいのか悪いのか まだよく解らないけど  例えば僕を盾にして その大きな道を渡れるなら 裏切られても信じていられる君だからこそ いいよいいよ  涙落ちそうなとき上向いて我慢するなら いっそのこと後ろから押してあげるよ 君のスイッチ
かばんPLATINA LYLICaikoPLATINA LYLICaikoAIKOAIKOそのまんまのあなたの 立ってる姿とか 声とか仕草に 鼻の奥がツーンとなる  同じ所を何度も何度も回って歩いて落ち着かなくて この気持ちは 止まらない  大きな鞄にもこの胸にも収まらないんじゃない? 恥ずかしい程考えている あなたのこと あの日から ずっとあなたの事が好きだったんだよ 知らなくたっていいけれど 本当は知って欲しいけど  「もう放して 許して」闇の静けさに 潰れそうな狭間で 優しい両手が見えた  あたし あなたと知り合うまで 何をして生きて来たんだろうか? 忘れてしまいそうな位  大好きな場所も 涼しい匂いも 揺らめく星屑も 紐解く様に少しずつ 一緒に知りたい ひたすらにあなたの方を向いてる この目は永遠と 心の中で想ってる 口に出して言えないけど  大きな鞄にもこの胸にも収まらないんじゃない? 恥ずかしい程考えてる あなたのこと あの日から ずっとあなたの事が好きだったんだよ 今泣きながら笑いながら 話すから ねぇ 聞いてね
aikoaikoAIKOAIKOあなたを好きになって 胸がこそばゆい 上手く笑えないし さよならが嫌い だけど だけど あなたがいるとそれだけで あなたがいるとそれだけでうれしい あなたが好き あなたとキスしたい
天の川GOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKO首をすくめ恥らえばそれは好きの印 髪が伸びて優しくなびいた  電話してね 今夜も そして話していつもの様に 精一杯今日をどうにか生きて あなたの耳に手応えを届けるんだ この目閉じても必ずあなたが浮かぶよ  それがうれしい 指先に白い花 天の川を流れ 首をすくめ恥らえばそれは好きの印 髪が伸びて優しくなびいた  薄着だから肌寒い 外の景色忘れぬ様に 瞬きが出来ない あなたとの時 暗くなれば流した涙は この空散りばめる砂に只消えるよ  それがうれしい陽は昇り雨も降る ここには2人がいる ありふれた様に見えて特別だって事 誰よりもあなたは解ってる  浮かぶよ それがうれしい 指先に白い花 天の川を流れ 首をすくめ恥らえばそれは好きの印 髪が伸びて優しくなびいた
風招きaikoaikoAIKOAIKO転がせこの風を泣き叫ぶもいいさ だけどちゃんと泣き止んでね 小さな嘘をいくつもついたね だから涙が止まらないのね  テレビのなかの向き合う人達 羨ましいと思った 恥じらいを捨ててしまえば いとも簡単な事だろう あたしは息をしていきたいけど 風が口を塞いでく 体から抜け出す様に次々こぼれてゆく雫  独りぼっちが好きと吹いて回った 心細くて死にそうな夜をこえる為に  転がせこの風を泣き叫ぶもいいさ だけどちゃんと泣き止んでね 小さな嘘をいくつもついたね だから涙が止まらないのね  あなたの横に座った時思わず肘と肘が触れた 本当は時間が止まればいいと何度も祈った  封を閉じれないラブレターの様 言えないまま溢れてゆく言葉は闇に埋もれ  心とこの風を切り離せたならば楽に笑えた だけれど それは一生超える事のない 本当の喜び諦めた時だろう  独りぼっちが好きと吹いて回った 心細くて死にそうな夜をこえる為に 転がせこの風を泣き叫ぶもいいさ だけどちゃんと泣き止んでね 小さな嘘をいくつもついたね だから涙が止まらないのね
白い服黒い服aikoaikoAIKOAIKOこんな時間に掛けてくるのはあなたしかいない そしてこの時間つかまるのもあたししかいない 左の耳が熱くなってしまう前に 1つの山越えて笑えます様に  今年は雨が止まずにあなたを更に切なくさせた  一緒に過ごした心在る日々 白い服も黒い服も着たね 喜びも憂いもあなたと 消えるはずない素晴らしい光  黄色い月に真っ赤な星が寄り添う様に いつ何時もあたしあなたの力になりたい 心なしか元気ない時は匂いで解る 鼻の効く利口な犬にもなってあげる  あたしが抱きしめるからお返しにしっかり頷いて  届かない高い場所はあなたの指 低く狭い所あたしの指 こうして毎日過ごそう それはまさしく最高の光  今年は雨が止まずにあなたを更に切なくさせた あたしが抱きしめるからお返しにしっかり頷いて  一緒に過ごした心在る日々 白い服も黒い服も着たね 喜びも憂いもあなたと 消えるはずない素晴らしい光 消えるはずない素晴らしい光
すべての夜aikoaikoAIKOAIKOあなたが毎夜 震えてしまう程 夜はそんなに 辛く悲しいの? 飲み込まれて 愛ある故に 二度と出てこれない様な気になるの?  それじゃまるでついこないだまでのあたしみたい だからついておいで  静かに黙って息を止めて こんなに素晴らしく夜は輝くのよ あなたの両手で計る未来を  知らない事を恐れたりしないで 新しい奇跡に涙を流そう あなたの眉間の奥に流れる冷たい 水にあたしの熱をうまくまぜよう  後ろ向けば過去は手招くでしょう だけどあたしは今のあなたといたい  お願い気付いて暗闇から見つけて あなただけに解る 二人だけの世界を 二人だけの印を  静かに黙って息を止めて こんなに素晴らしく夜は輝くのよ あなたの両手で計る未来を
ラインaikoaikoAIKOAIKO全く以ってあなたの話す 全てが英語の様で解らない あたしに何かを伝える手段をはき違えてる 右も左も今はない はっきりしないゆるいライン 横着者だとあなたはあたしを掃いてしまうの?  丸め込まれる頭やまつ毛 だけどだけどうるさいだけ 耳を塞いだだけ  聞こえないふりをした今 目の前にいるのは確か あたしの愛した人 ここでいっそ目も閉じれば 息も止めれば愛した人はいなくなる  「愛してる」と言えば言う程 あなたの不安煽ぐなら もう言わないわ 2度と 一生 絶対言わないわ  受け止めようとして 心に決めたのに なぜ汗までかいた泣き顔  眠れなくなる位に 胸を締め付けられたのに 本当のあなたはどこ?ここでいっそ目も閉じれば 息も止めれば落とした涙 乾くはず  丸め込まれる頭やまつ毛 だけどだけどうるさいだけ 耳を塞いだだけ  聞こえないふりをした今 目の前にいるのは確か あたしの愛した人 ここでいっそ目も閉じれば 息も止めれば愛した人はいなくなる  全く以ってあなたの話す 全てが英語の様なのか? まさかあたしのせいなの あたしが変わってしまったの?
夢のダンスGOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKO今日は風がとても良いから 窓を開けて熱を逃す いつからかな?どうしてかな?解らない 上を向く事忘れたあたし  日々共に息を吸うのはあなたと決まっている気がしてた どの道何があっても諦める気もさらさらなかったし  そばにいたいのに 強く手を握ってたいのに あなたは近くて遠い人 悔しかった 初めて感じたこの気持ち 胸がつぶれそう  風邪を引いたりしてませんか? つまらぬ事で痛みを持ち 大きな溜め息をついていませんか? そんな事すら知らないあたし ―あなたはあたしの一番星よ― 不意に涙出る位 両手差し出しても溢れる程の幸せと夢をくれた  照らす宵の月 湿った心を乾かす あなたとダンスをもう一度 永久に歌った 陰る事のないこの気持ち胸はつぶれそう  そばにいたいのに 強く手を握ってたいのに あなたは近くて遠い人 悔しかった 初めて感じたこの気持ち 胸がつぶれそう
ふれていたいGOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKO右にあなたの顔があれば あたしは小さく微笑む 今日も変わらずに朝を迎えられた幸せ 前髪が少し伸びたの 気付かなくてもいい さりげなく手で払った額にキスが欲しい  おぼつかないこの指でピアノを弾くように  ふれていたい ただ揺れていたいな あなたに出逢う前の時間 ゆっくりゆっくり埋めてゆこう ふれていたい ただつないでたいな 大事な想い壊さぬ様に二人で今行こう  目に見えない物が優しくあたしを小さく動かす 不器用な程真っ直ぐなあなたの側にいたい  風に乗りきらめく永遠の下で  ふれていたい ただ揺れていたいな 心につもるよ愛の力 見つめてすくって歩いてこう ふれていたい ただつないでたいな 夢の片隅まで教えて二人の全てを  ふれていたい ただ揺れていたいな あなたに出逢う前の時間 ゆっくりゆっくり埋めてゆこう ふれていたい ただつないでたいな 大事な想い壊さぬ様に二人で今行こう
彼の落書きGOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKO今日もやっぱ連絡はない きっと忙しいんだと思ってみたり とうていクリア出来ないゲームを 願掛けするつもりでチャレンジしたり  明日こそは電話のベルが大きな声であたしの事呼び出します様に  落ちぬ取れぬ消えぬあなたへの想いは正に 体中の落書きみたい こすって赤く腫れてしまうから今すぐ その手でぎゅっと強く包み込んで  今日何かにすがりついてないと 動き出す空に負けてしまいそう  待ってるだけじゃ変わらないから きつく縛ったままの日記をもう一度開けて  あたしの心響き渡るあなたの足音 ずっとずっと酔いしれてたい 始まりしか知りたくない終わりなどいらない あなたの胸にあたしをしまい込んで  ねぇこのかたまり冷えた心を今すぐ燃え溶かしてよ 知らないふりしてあたしの前をさり気なく通るあなた  落ちぬ取れぬ消えぬあなたへの想いは正に 体中の落書きみたい こすって赤く腫れてしまうから今すぐ その手でぎゅっと強く包み込んで
ふたつの頬花aikoaikoAIKOAIKOねぇ そんなにつまんないなら あたしに逢いに来てよ きっと終わりのないゲームの様よ 花びら色に頬染まるまで 今日は何だってしよう だから今すぐ逢いにおいでよ  どんどん追い越して前が開けたら 次はこの手を引いて連れてって  夢中になるものとして 2人が向き合って コレだ!と指をさし合う様に あなたとあたしは大人にも子供にも宇宙にもなれるだろう  余裕とギリギリすぎる狭間で振り子の様に大きく揺れる さまざまな色を食べて 花びら色に染まった息はたちまち2人を繋ぎ 思いがけない力をくれた  たまに見失って 後悔してても 今日の過ち明日の糧 受け入れて  秒針の音みたいに少しずつ迫り来る 幸せにいつも耳を潜め あなたとあたしは大人にも子供にも宇宙にもなるのだろう  どんどん追い越して前が開けたら 次はこの手を引いて連れてって  夢中になるものとして 2人が向き合って コレだ!と指をさし合う様に あなたとあたしは大人にも子供にも宇宙にもなれるだろう
バスタブaikoaikoAIKOAIKOくるくるとペンを回して 間違った文字を消してくように 思わずあなたを傷つけた言葉を消せればいいのに これ以上ないピンチには 必ずこの体をかけて 挑むつもりと決めてたのに あなたを悲しませた  あまのじゃくで済まないわ 涙が水を濁すよ バスタブから上がったらすぐ電話して謝ろう  散々泣いていいのなら 沢山作るよ水たまり 思わずあなたを傷つけた自分自身に傷付いた もう少ししたら落ちるよ 夢と火曜日の境目で 眠たく体沈んだ時あなたの顔が浮かんだ  あまのじゃくで済まないわ 思いが螺旋を描くよ まつ毛と髪が乾いたらすぐ逢って謝ろう
えりあしPLATINA LYLICaikoPLATINA LYLICaikoAIKOAIKOぶったりしてごめんね 愛しくて仕方なかった ねぇ 泣き真似してごめんね 困った顔が見たくて  そして あなたの背中が遠ざかり 最後に気付く儚き愚か者  時は経ち目をつむっても歩ける程よ あたしの旅 季節に逆らい想い続けて 今もあなたを好きなままよ  真っすぐな優しさに 胸が痛いと言った 輝くあなたの希望に 息は苦しくなった  あのね こんなあたしでもこれからは 変わらない想いだけを抱きしめて  時は経ち目をつむっても歩ける程よ あたしの旅 遠くにいても離れていても 浮かんでくるよ あなただけが  5年後あなたを見つけたら 背筋を伸ばして声を掛けるね 一度たりとも忘れた事はない 少しのびた襟足を あなたのヘタな笑顔を
最後の夏休みaikoaikoAIKOAIKO噂で届いてしまったの あたしの内の秘めたる気持ち あの子が言ってしまったの 明日からはどんな顔すればいい?  耳が痛い位静かな廊下で息がふれた このまま二人で丸いかたまりになりたくて  軽く閉じた瞳の上で踊る小さな花  噂で届いてしまったのあたしの内の秘めたる気持ち あの子が言ってしまったの もうすぐ来る最後の夏休み  あなたを取り巻くもの何もかも素敵に見えた ひがむあたしに靴箱は口を開けて笑った  追いかけた手ちゃんと掴むまで ここを動けないよ  当たり前の朝の挨拶も 一日の終わりのさよならも それが唯一あなたと交わす大切な全てだったの  こんなに時間が過ぎたね あたしもあなたもいるね こみ上げる想い変わらない いいえ それ以上だと…  噂で届いてしまったのあたしの内の秘めたる気持ち あの子が言ってしまったの もうすぐ来る最後の夏休み
どろぼうGOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKOただあなたの後ろ姿を ただ見てるのが好きでした こっそりすれ違ったらいつも 目はそらすけど願っていました  不思議なものですね あたしは欲が出てきたみたい  つのれば深いため息にこぼれれば ハラハラと流れる あなたはどろぼうで 言えないやっぱり言いたい計り知れず好きですと あなたはどろぼう  草の匂い潤す空き地で 一番乗りのベンチに座って 靴紐結ぶふりしていつも あなたが来るのを待っていました  空っぽだった心 今はきつい位に埋まってゆく  あなたに気付かれない様チラチラと 目をやれば 切なく鳴き出す胸の音 触れたい こう思うあたしをどうか受け入れて あなたはどろぼう  不思議なものですね あたしは欲が出てきたみたい  つのれば深いため息にこぼれれば ハラハラと流れる あなたはどろぼうで 言えないやっぱり言いたい計り知れず好きですと あなたはどろぼう
アンドロメダPLATINA LYLICaikoPLATINA LYLICaikoAIKOAIKO何億光年向こうの星も 肩に付いた小さなホコリも すぐに見つけてあげるよ この目は少し自慢なんだ 時には心の奥さえも 見えてしまうもんだから 頬は熱くなって たまに悲しくもなった  そんなあたしの2つの光 最近うっすらボヤけてきたな  交差点で君が立っていても もう今は見つけられないかもしれない 君の優しい流れる茶色い髪にも 気付かない程涙にかすんでさらに 見えなくなる全て  あたしは何を落としてきたの? 思い出せない記憶のクリップ 挟んだ瞬間痛かったのは 言う間でもないこのハート  吐き出す声は溜め息混じり やっぱりぼやけてきたな  君の横顔越しにあるもの もう今は見つけられないかもしれない あたしの髪がゆれる距離の息づかいや きつく握り返してくれた手はさらに 消えなくなるのにね  空は暗くなってゆく 今日も終わってしまう この世の果て来た様に呟く「さよなら」  交差点で君が立っていても もう今は見つけられないかもしれない 君の優しい流れる茶色い髪にも 気付かない程涙にかすんでさらに 見えなくなる全て  この歌よ誰が聴いてくれる?
雨の日aikoaikoAIKOAIKO空模様が怪しい 小さな光の隙間も雲に隠された 窓ガラスに雨が映る どしゃぶりになりそう なんだか今のあたしみたい 遠くで雷が鳴ってる  1cm 程の距離さえも大事に思ってた ねぇ神様ため息止める方法教えてよ  さよならさよなら 今やっと雨がやみました それなのにそれなのに 涙は止まらない あなたに逢えなくて  あなたを見つめる事も 微笑む事も もうしてはいけない様に 愛を叫び顔上げても 全て遮ってしまう厚い雲消えない 近くで雷は鳴ってる  草も壁も濡れてこんなにも色を変えていった ねぇ大切な気持ちまで 軽々しく変えないで  さよならさよなら 言えない言葉だけ重く苦しいよ それなのにそれなのに もうじき雲間から 明かり射すだろう  1cm 程の距離さえも大事に思ってた ねぇ神様ため息止める方法教えてよ  さよならさよなら 今やっと雨がやみました それなのにそれなのに 涙は止まらない あなたに逢えなくて
帽子と水着と水平線GOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKOそれは偶然で あの日雨が降ったから 君に逢った あの日雨が降ったから  青の水平線に晴れた空が 落としていったもの 鮮やかな夕日を見て  もう始まっていた あっけなく好きになっていた 赤い帽子のツバが曲がって 隙間から覗く 大きな瞳に夜が来たとしても 風が吹いてもあたし目が離せない  耳の中には星の砂の忘れ物 足首には約束の黒いひも  早くこっちにおいで 離れちゃだめさ 危ないよ気を付けて この手を離すな  もう始まっていたあっけなく好きになっていた 赤い帽子を風が弾いて くるり宙返り 目指す空の下 色違いの指先 全部君にあげるよ さぁ目を閉じて  背中の水着の跡 もう一度焼き直そうか 小さな屋根の下で 寄り添ったままいようか  もう始まっていた あっけなく好きになっていた 赤い帽子のツバが曲がって 隙間から覗く 大きな瞳に夜が来たとしても 風が吹いてもあたし目が離せない
蝶々結びPLATINA LYLICaikoPLATINA LYLICaikoAIKOAIKO紋黄蝶飛ぶ昼間の時 ちょうど今目が合ったよね それはきっと恋があるからさ 麗し君 大空に振る舞う君 どんな花に留まるだろう 待ってみよう  夜がやって来る前に 闇が訪れる前に あやすつもりであたしを抱いて抱いて  過去にも2人は同じ様に 出逢ったならば恋をしたね この気持ち言い切れる程あたしは あなたの事を今日も夢見る  うっすら火照る頬に映える あなたのゆるい影に このままいっそ上手く溶けてしまえばいい  荒れた膝小僧さえも優しく包んでくれたから 足を前に踏み出して 咲いて 咲いて  あなたの全てがこぼれ落ちても あたしが必ずすくい上げるさ 変わらぬ悲しみ嘆く前に 忘れぬ喜びを今結ぼう  夜がやって来る前に 闇が訪れる前に あやすつもりであたしを抱いて抱いて  過去にも2人は同じ様に 出逢ったならば恋をしたね この気持ち言い切れる程あたしは あなたの事を今日も夢見る
心に乙女aikoaikoAIKOAIKO宇宙の隅に生きるあたしの大きな愛は 今日まで最大限に注がれて  それは消える事なく あたしの大きな愛が あなたを締め付けてゆく もっともっと注いで  ねぇ今もあなたに届けたい事がこんなにある事がうれしい 2人向かう未来は同じものが見えてます様に 心に乙女  (ロマンな夜にはあなたに逢えます様に...) 今夜もお願いする 「今日も愛してくれる?」  宇宙の隅に生きるあたしの大きな愛は 今日まで最大限に注がれて  いつまでも心に乙女
木星aikoaikoAIKOAIKOあなたに気持ちを伝える為に 全て伝わらない歯がゆさに あたしはあなたの前で 沢山泣いて沢山笑うわ  2人の時間は宇宙の中で言うチリの様なものかもしれない 時折見せるずるい仕草も ワンシーンの1秒かもしれない じゃあね木星に着いたらまた2人を始めよう  落ち葉が足元を埋めて 綺麗だけど邪魔で嫌いで 下を向いてしたたる汗は 忘れてはならない暑い思い溶かす  あなたは優しい人だからあたしは手も足も絆も委ねよう 始まりも終わりも朝も暗闇も必ず2人で迎えよう だから離して そしてくたびれてもう一度眠ろう  届けられるもの全てを両手に抱え あたし空から飛んできたのよ  2人の時間は宇宙の中で言うチリの様なものかもしれない 時折見せるずるい仕草も ワンシーンの1秒かもしれない じゃあね木星に着いたらまた2人を始めよう
それだけGOLD LYLICaikoGOLD LYLICaikoAIKOAIKOただ あなただけ ひとつだけこの気持ちはここにしかない  昨日も今日も夢に出てきた あなたはしっかり笑顔でいた 少しだけ手を繋いでみたら 当たり前の様に握り返した  このまま一生離したくない 尊い今をあなたといたい  ただあなただけ ひとつだけこの気持ちはここにしかない ただ あなたが好き 苦しみも重ねて ただそれだけ  まっさらな上 乗り上げてきた あなたはしっかりかき乱した 風も止まってしまった部屋で あたしは確かにむせかえる  深くて見えない闇の中でも 探してそしてこの目を見て  ただ 抱きしめて 丁寧にゆっくりと腕をまわして ただ 唇で転がす様に ねぇ つきとめてね  このまま一生離したくない 尊い今をあなたといたい 遥か彼方の赤い光よ 2人を照らし続けていて  ただ あなただけ ひとつだけこの気持ちはここにしかない ただ あなたが好き 苦しみも重ねて ただそれだけ  ただ あなただけ ひとつだけこの気持ちはここにしかない ただ あなたが好き 苦しみも重ねて ただそれだけ
クローゼットaikoaikoAIKOAIKO奥の奥から引っ張り出してきたノート 無造作に書かれたあなたの事 少しずつ忘れてたけどきっと そん時は好きで好きでもう大変だった事  ごちそう並んだテーブルの上 何も欲しくないなぁ 心痛い  気が付けば時は経ち 朝を何度も迎え いつも変わらない空に苛立った日もある そんな過ぎてく日々を背負って 泣くことも知って大きくなる  奥の奥から引っ張り出してきたノート 無造作に書かれた「忘れないで」  ページ開いたらあの頃の街 時間 横顔 全て蘇った かじかんでしまった夢の続きを 今もう一度あたため直します  あなたの願いが叶います様に あたしの願いが届きます様に  嫌い嫌い嫌いと言い聞かせるかのよに 書き殴ると心が小さく欠けていった そんな過ぎてく日々はさようなら 明日をおりこうに待ってみよう  奥の奥から引っ張り出してきたノート 無造作に書かれた「忘れないで」
鳩になりたいaikoaikoAIKOAIKO誰にも怒られなくて 眠りたい時に時間を忘れて 周りに気を使う事なく 大空を羽ばたく あたしはそんな鳩になりたい  明日の服 明日の靴 明日の鞄 明日の髪型 何も考えなくていくなる様な あたしはそんな虎になりたい  愛する人は今日も元気でやってるかな? くすんだ空 輝いた空 同じ空気を 吸ってるかな? そんな事考えなくてよくなる様に  「この子は我が儘なんだから甘やかしちゃだめよ」 分かり合う前に 決めつけられるなんて だったら僕は今すぐにでもなまずになりたい  愛する人は今日も元気でやってるかな? くすんだ空 輝いた空 同じ空気を 吸ってるかな? そんな事考えなくてよくなる様に  あたしだけ遅いのかな 歩くペースは 一緒じゃおかしいよ  愛する人は今日も元気でやってるかな? くすんだ空 輝いた空 同じ空気を 吸ってるかな? そんな事考えなくてよくなる様に
海の終わりaikoaikoAIKOAIKO一度積み上げた宝石が崩れるなんて考えてなくて 君とは仲良くしてきたつもりだった 晴れた日に遊びに行けないあたしにやってきたのは むせかえる様な空気 海の終わり  そんな昨日の事のよな だけど昔から続いてるよな  仲直りしようよ 2人付いた傷を塞ごう 仲直りしようよ いつかは離れてしまうんだ 大切にするから  君の近くであたしはつい居眠りをしてたのかなぁ だから気づかなかった 海の終わり  宝物の袋は 一つ二つ穴があいていて  嵐過ぎ去った後にやっと胸が泣いた 仲直りしようよ 言いたいことだけ残った 大切にするから  仲直りしようよ 2人付いた傷を塞ごう 仲直りしようよ いつかは離れてしまうんだ 大切にするから
全2ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Tot Musica
  2. ウタカタララバイ
  3. 新時代
  4. 祝福
  5. 紫苑

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. SuperCali
  2. ELEVEN -Japanese ver.-
  3. あなたに捧ぐ33のこと
  4. Wish
  5. 445

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照