ドライヤー

この曲の表示回数 53,776
歌手:

aiko


作詞:

AIKO


作曲:

AIKO


テーブルに置かれた丸まったバスタオル
あんなに邪魔だったのに今は愛おしいな
少しバカになったドライヤーで今日も髪の毛を乾かすよ
あなたが居なくなったら寂しくてきっと
生きていけなくなるって言うと必ず
そんな事ないよって笑ってあなたは言ったけど

もう消えてしまいそうです いいえもう消えてしまったようなものなのか

いつも何かを忘れていって あれやこれを見る度に思い出すんだよ
あなたのくれた本の包み紙も 何故かずっと捨てられなかった

目が回る体の奥が闇に隠れる あんなに楽しかったのに今は悲しいな
約束もしるしもいらないよってあなたに言ったけど

そう前になくしたような いいえゆっくり言えなくなっていったのか

いつかのあなたの右手が凍える夜中から連れ出してくれたんだよ
嘘の混じった優しい言葉に嘘の混じったあたしの笑顔
そんな事も全部全部 全てだったよってこの部屋に集めて
少しバカになったドライヤーで ねぇもう一度乾かそうよ

涙が出る程愛してる
指を這わせ抱き寄せて頬を刺して
いつも何かを忘れていって あれやこれを見る度に思い出すんだよ
あなたのくれた本の包み紙も 何故かずっと捨てられなかった
側に居ても寂しかったのに
側に居ても寂しかったのに
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ドライヤー 歌手:aiko

aikoの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-11-12
商品番号:PCCA-15017
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP