夏バテ

この曲の表示回数 33,209
歌手:


作詞:

AIKO


作曲:

AIKO


耳の奥に残ったまま 出てこないプールの水
あなたの声や瞬きが あたしからずっと離れない

どうして台所に来たのか ぼーっとしてて覚えてない
効きの悪いクーラーと 湿っぽいあたしが揺れている

思い出すの 綺麗に割れたあのグラス
もう一度重ね合わせたら
何も無かったかのように 戻れたらそれはそれでいいのに

優しくゆっくりしめつけた 心がやっと気づいて泣いた
あなたも同じように今 少しで良いから思い出して欲しい

たまに赤く光る画面に 目をやれどあなたじゃない
あの日見つめて引き止めた あたしが悪いのかあなたのせいか

椅子にかけたシャツにできた浅いシワを
そのまま持って帰ったね
膝の横に置いた手の距離 数センチ 長くて愛おしかった

冷たい床にくちづけて
季節は秋桜 雪のマフラー
飲み込み吐き出したままのあなたの思い出 どうしたらいい

この部屋にある全ても あたしが水をあげなくなったら
静かにさよなら 枯れて行くのでしょう

優しくゆっくりしめつけた 心がやっと気づいて泣いた
あなたも同じように今 少しで良いから思い出して欲しい
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夏バテ 歌手:aiko

aikoの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-09-21
商品番号:PCCA-15036
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP