ミト作曲の歌詞一覧リスト  102曲中 1-102曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
102曲中 1-102曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
マゼンタ (ミトより)大塚愛大塚愛ミトミトもっと違う場所へさらに先へ 住んでた街並みももう遠い彼方  見えない手に引かれるように 気付けばまだ旅の途中 きっかけももう忘れたけれど きっとね 答えは見つかる  Delight Delight Delight 未来に繋ぐ 遠回りしながらも Rely Rely Rely しないもう誰も 自分で決めた道だから マゼンタの空が頬を染める  誰もどんな時もなんか言うよ どんな良いシナリオでも自分で探さなきゃ  思い出に留まるんじゃなくて 思い起こしたい未来を この手にたくさん集めたら また君に会いに行けるよ  Delight Delight Delight 暗い夜抜けて 1日を始めよう 期待しない未来じゃない明日が 背中を押してくれるはず 新しい自分がそこに居る  さあ明けてゆくよ空 もう少しあともう少しで 誰の空にもそっと 降りそそぐ光がほら  Delight Delight Delight 未来に繋ぐ 遠回りしながらも Rely Rely Rely しないもう誰も 自分で決めた道だから  Delight Delight Delight 暗い夜抜けて 1日を始めよう 期待しない未来じゃない明日が 背中を押してくれるはず 新しい自分がそこに 知らない自分探しに マゼンタの空が頬を染める
MAGNETIC feat. AI木村カエラ木村カエラkaela・AIミトYou make me happy ってこれってMAGIC? 不思議だよね こうゆう出会い 夢みたいなおまじない 磁石みたいに 惹かれ合う  つうかあな電波発して バリ3アンテナ立ったラッタ 磁気磁気磁気直段々 (あなたと交信中) 強力磁力アンリバボー 磁石のよう ほら繋がった フレミングの法則ってなんだたっけ?  We are MAGNETIC ビビビッときたわ We are MAGNETIC 惹かれあう魅力 We are MAGNETIC くっついてはなれない We are MAGNETIC 遠くても近くで  プラスマイナス 北と南 フリーキーなビートで踊りたい 似た者同士はすれ違い 離れ離れハグレティック  わんぱくな同極の反発と衝突も 磁気磁気磁気直段々(無重力に飛んでく) この世界はアスレチックで どの出会いもロマンチック サインコサインタンジェントってなんだたっけ?  We are MAGNETIC ビビビッときたわ We are MAGNETIC 惹かれあう魅力 We are MAGNETIC くっついてはなれない We are MAGNETIC 遠くても近くで  会った瞬間惹かれ合う YEAH しゃべらなくても惹かれ合う YEAH これは何? LIKE A マジック? いつの間にパーリーパーリー 埋まる空欄 ハモる空間 どこまでもこの多幸感 YEAH You make me happy happy You make me lucky lucky  ただ体揺らして HEY ただ頭揺らして HEY なんだか合うマジで HEY くっついちゃったらFreedom ただ体揺らして HEY ただ頭揺らして HEY こうなる様な気がしてた We are MAGNETIC!!!  We are MAGNETIC ビビビッときたわ We are MAGNETIC 惹かれあう魅力 We are MAGNETIC くっついてはなれない We are MAGNETIC 運命のコンパス  We are MAGNETIC ビビビッときたわ We are MAGNETIC 惹かれあう魅力 We are MAGNETIC くっついてはなれない We are MAGNETIC 遠くても近くで  時にはハグレティック  不思議なMAGNETIC
Summer Tears Diary ~夜空 ver.~みほみほこだまさおりミトミトキラリ夜空 飛ばす涙 秋の星空まで辿り着く前に もっと…  Don't cry 笑いあって ぎゅっと焼きつける Don't cry この夏を  あの時、時間が止まって ふたりは確かにお互いを見つけた 今まで誰よりもトクベツな関係だよね  9月になれば 遠くはなれて 違う制服を着てるの ココロだけ何故 先回りして もう、切なさが溢れだす  キラリ夜空 飛ばす涙 秋の星座まで辿り着く前に Ah, ふたり夜空 見送る夏 新しい場所でもキミはキミらしく どうか…  Don't cry 笑いあって ちゃんと言えるように Don't cry サヨナラって  いつかは思い出のなかで キミを探しても気づけない日が来て すれ違う人の顔に少しずつぼやけちゃうのかな  オトナになれば 時間も距離も カンタンに越えられるのに きっとそれには間に合わないの なんて…、のみ込むオモイが痛い  チクリ胸に 刺さったまま 癒えないでほしい 行かないでほしい ねえ 終わりかける 夏の傍で 言葉にならない願いが揺れてる どうか…  いくつも流れ星を 追いかけてはキミの名を つぶやいてみるけど 最後まで言えないね  キラリ夜空 飛ばす涙 秋の星座まで辿り着く前に Ah, ふたり夜空 見送る夏 新しい場所でもキミはキミらしく…いて  チクリ胸に 刺さったまま 癒えないで欲しい 行かないで欲しい ねえ 終わりかける 夏の傍で 言葉にならない願いが揺れるの どうか…  Don't cry 笑いあって ぎゅっと焼きつける きっとこの夏を ずっと忘れない Don't cry 笑いあって ちゃんと言えるように Good-bye Dear my best friend
I Give U My…羽多野渉羽多野渉ミトミトミト目と目があえば 分かり合えるなんて そんな簡単に 上手くいかないよね  日差しに包まれた ソファーと影ふたつ 手を伸ばせば すぐに触れられる距離だけど  I Say “No” ぬくもりの 先はいつだって 正解だけじゃないよ U Sya “Yes” これからもずっと あなたのそばに いるなら 振り返らない やさしさが二人の絆 深めていく  散りばめられた パズルの欠片たち 揃うのはきっと まだまだ先だから  I Know? You Know?の境界線 探っているあなたが 困った顔をするのは 実はちょっと嬉しくて  I Say “Yes” 離れてる ことがいつだって 間違いだけじゃないよ U Say “No” 空回りしても そっぽむいて いるようでみてる 秘めた気持ちは すぐみせたらあっという間に ほころぶから  I Say “No” ぬくもりの先はいつだって 正解だけじゃないよ U Say “Yes” これからも ずっと あなたがそばにいるなら  I Say “Yes” 離れてることが いつだって 間違いだけじゃないよ  U Say “No” 空回りしても そっぽむいているようでみてる  この気持ちが 届いたら I Give U My heart なんて 言えるのかな
A.巴山萌菜巴山萌菜meg rockミト君が ちょっと さみしそうな顔してくれたのが ちょっと 意外すぎたけれど 多分 僕の方が 好きだよ  両手に 持ちきれないほど よくばってしまう 僕の  こぼれた きもちを そっと ひろって 気付かせてくれる  どんなときも きっと 答は ひとつで それはとても きっと シンプルな 答で わかってはいるんだけど  僕たちは 毎日 ふくらんで はじけては ふくらむよ 何度だって  また すぐに 逢えると そんな気がしたから ねぇ 今日の僕は ほら じゃあ またねって  君が ちょっと さみしそうな顔してくれたのが ちょっと 意外すぎて 僕は ねぇ ちょっとだけ にやけてしまう  正解はない みたく 間違ってることだってない めぐりめぐって 一周まわって そこに たどりつく  どんなときも きっと 答は ひとつで それはとても きっと シンプルな 答で わかってはいるんだけど  僕たちは 毎日 ふくらんで はじけては ふくらむよ 何度だって  また すぐに 逢えると そんな気がしたから ねぇ 今日の僕に ほら あきらめじゃなく 本当は 誰より 名残惜しさ あるけど 背伸び してるけど  どんなときも きっと 答は ひとつで それはとても きっと シンプルな 答で わかってはいるんだけど  僕たちは 毎日 ふくらんで はじけては ふくらむよ 何度だって  また すぐに 逢えると そんな気がしてるから ねぇ 今日も 僕は ほら じゃあ またねって  君が ちょっと さみしそうな顔してくれたのが ちょっと 意外すぎて 僕は ちょっとだけ にやけてしまう  君が ちょっと さみしそうな顔してくれたのが ちょっと 意外すぎたけれど 多分 僕の方が 好きだよ
Flip Flop荒木比奈(田辺留依)、上条春菜(長島光那)荒木比奈(田辺留依)、上条春菜(長島光那)ミトミトBNSIFlip Flop 心がふわっと天に届く みたいなドラマがわたしたちを待っている Woh Yeah!  キラキラがわたしを包む まるでそう! カーニバルみたい 目に写るもの ぜんぶ宝物 ファインダーにこぼれそうなの  走り続けて見えるもの すべていまを乗り越えてゆく 待つだけじゃもう 手に入れられない ドキドキを知っているの!!  “新しい”が目白押し ちょっとびっくりするけど あなたとわたしがいる このステージが一番素敵!!  同じようで 同じじゃない時が ぎゅっとわたしたち繋いで離さない  Flip Flop 心がふわっと天に届く みたいなドラマがわたしたちを待っている Woh Yeah!  進め!もっとスピード上げて 誰も追いつけないくらいに 気になったらすぐ 飛び込んでゆくの いつもワクワクしたいから!  ふわふわと舞う綿帽子 そっとわたしのティアラになった! ふいに訪れた ラッキーはわたしと あなたを笑顔にするよ  “優しさ”があふれてる こだましてるコールから 生まれてくる「大好き」を 心込めて 唄にのせて  同じようで 同じじゃない世界が ビートに合わせてそっと輪になった  Flip Flop 心がふわっと天に届く みたいなドラマがわたしたちを待っている  Yeah Oh! みんなのハッピーここに集めて!! Yeah Oh! ワン、ツー、スリー!で広げて見せて!! Yeah Oh! みんなのハッピーここに集めて!! Yeah Oh! 何から何まで アップ・トゥ・デートしよう!!  同じようで 同じじゃない時が ぎゅっとわたしたち繋いで離さない  Flip Flop 交わした わたしたちの声と あなたの声が空に舞い上がった  Flip Flop 心がふわっと天に届く みたいなドラマがわたしたちをいつでも そう待っている!! Woh Yeah! Woh Yeah!
The Girls Are Alright!sayasayaミトミト教室でノート広げて 真っ白なページ見つめて 鉛筆でなぐり書き 「変えたいな、わたしを…」 迷ってばかりじゃ いられないね  大切なみんなが いればきっと平気 ここからずっと 遠い場所目指し Let's Go!  We're Alright! We're Alright! 笑って 明日が光って ジャンプして みんな飛び出せ 一緒にいると なんだってできるんだって きっと…なんちゃって 手つないでいこうよ 広がるパノラマ わたしの青春 見つけた!  屋上の校舎上って 真っ青な空を見上げて 大声で叫んだら わたし変われるかな? まだまだやりたいこといっぱい!  みんなの笑い声 聞くとホッとするの なんでもやれそうな 気がする今こそ Let's Go!  We're Alright! We're Alright! 走って ぱっと飛び越えて タッチして ぜんぶ追い越せ 一緒にいれば 怖いものなんてないね きっと…なんてね ちょっと照れくさいね 広がるパノラマ わたしの未来 ここから!  放課後 自転車押しながら 一緒に話した バイトのこと バレちゃった秘密や 誰が好きとか  みんなといる時が 一番楽しいな 今ならわたし 「大丈夫!」って言えるよ 絶対!  We're Alright! We're Alright! 笑って 明日が光って ジャンプして みんな飛び出せ 一緒にいると なんだってできるんだって きっと…なんちゃって 手つないでいこうよ 広がるパノラマ わたしの青春 見つけた! みんなで見つけた!
SILENT BIRDXAIXAIPA-NONミトミト欲しいものねだって泣く 果てしなく 無垢な子供ではなく 本音さえも飲み込む 予定調和を好む 物わかり良い大人でもなく  無数のわかれ道 先はいつも未知 籠のなか指示待ち なんてMazy  伝えたいことがあるの 鳴かない鳥じゃないの 自分の声を 言葉を 響かせるよ 真っ暗な空でも  これって我儘なの? ねえ素直? まだ判別不可能 正解のない世界 誰かのついたLie 惑わされる私は嫌い  脳裏よぎる常識 破るのが公式 もがくほどに遠い Glory  探したい場所があるの いいよね飛び立つよ 自分の羽を ひらこう はばたくよ 真っすぐに空へと  ため息だけ 詰めてた 心に 新しい 風を入れて  I believe… ウタウヨ ウタウヨ believe… ウタウヨ ウタウヨ ウタウヨ ウタウヨ  伝えたいことがあるの 鳴かない鳥じゃないの 自分の声を 言葉を 響かせるよ 真っ暗な空でも 真っすぐに空へと
Capture You!久保ユリカ久保ユリカミトミトミト今日も見つけた あなたのこと もう無意識にスタイラス走り出す タブレット滑る 輪郭線一つ一つ ぜんぶ愛おしくて!  多分あなたは知らない わたしのこの胸の高鳴りを その存在も…  Every Sunday Morning Time ときめきを描いてる 顔に出ないように Secret In My Heart この気持ち どうしたら あなたへと伝わるかな?かな?かな?  レジの隣の 特等席で コーヒーを買うあなたをSketchする お金落として 少し慌てた顔も すべからく魅力的!  「偶然に目と目が合って、We Fall In Love」 なんて夢 真剣に期待しちゃってる…  Every Sunday Morning Time ときめきを描いてる あなたのことばかり Secret In My Heart わたしには それだけが たったひとつのアプローチ  フォルダに溜まる Sketchたち 語りかけてる 「このままそっと 心の奥にその気持ちを 閉じ込めちゃうの? ねえいいの?」  Every Sunday Morning Time ときめきを伝えたい ちょっとでもあなたに Secret In My Heart ドキドキが加速する 今だったらできるかな? 声かけれるかな?
Flip Flop日野茜(赤崎千夏)、高森藍子(金子有希)、及川雫(のぐちゆり)、脇山珠美(嘉山未紗)、道明寺歌鈴(新田ひより)日野茜(赤崎千夏)、高森藍子(金子有希)、及川雫(のぐちゆり)、脇山珠美(嘉山未紗)、道明寺歌鈴(新田ひより)ミトミトミトFlip Flop 心がふわっと天に届く みたいなドラマがわたしたちを待っている Woh Yeah!  キラキラがわたしを包む まるでそう! カーニバルみたい 目に写るもの ぜんぶ宝物 ファインダーにこぼれそうなの  走り続けて見えるもの すべていまを乗り越えてゆく 待つだけじゃもう 手に入れられない ドキドキを知っているの!!  “新しい”が目白押し ちょっとびっくりするけど あなたとわたしがいる このステージが一番素敵!!  同じようで 同じじゃない時が ぎゅっとわたしたち繋いで離さない  Flip Flop 心がふわっと天に届く みたいなドラマがわたしたちを待っている Woh Yeah!  進め!もっとスピード上げて 誰も追いつけないくらいに 気になったらすぐ 飛び込んでゆくの いつもワクワクしたいから!  ふわふわと舞う綿帽子 そっとわたしのティアラになった! ふいに訪れた ラッキーはわたしと あなたを笑顔にするよ  “優しさ”があふれてる こだましてるコールから 生まれてくる「大好き」を 心込めて 唄にのせて  同じようで 同じじゃない世界が ビートに合わせてそっと輪になった  Flip Flop 心がふわっと天に届く みたいなドラマがわたしたちを待っている  Yeah Oh! みんなのハッピーここに集めて!! Yeah Oh! ワン、ツー、スリー!で広げて見せて!! Yeah Oh! みんなのハッピーここに集めて!! Yeah Oh! 何から何まで アップ・トゥ・デートしよう!!  同じようで 同じじゃない時が ぎゅっとわたしたち繋いで離さない  Flip Flop 交わした わたしたちの声と あなたの声が空に舞い上がった  Flip Flop 心がふわっと天に届く みたいなドラマがわたしたちをいつでも そう待っている!! Woh Yeah! Woh Yeah!
Blue Water花澤香菜花澤香菜岩里祐穂ミトミトあなたに出会ったとき 私はひと滴の雨 緑の森におちて 尾根をくだり泉になる  静かに寄り添えるように 全てを包み込むように  水はながれ 川となり 川はながれ 谷をめぐり 夢をたたえ 愛を知り 豊かなあの青い海になるために  あなたが立ち去った日 私はひと粒の涙 小さな胸におちて 透明な湖になる  渇きを癒やせるのならば 全てをゆるせるのならば  水は生まれ 川となり 川は生まれ 時をめぐり 愛をたたえ 日々を知り 豊かなあの青い海に流れつく  けして濁ることのない澄んだ目で けして枯れることのない心で  水はながれ 川となって 川はながれ 谷をめぐり 夢をたたえて 愛を知ったら 豊かに満ちた あの青い海になりたい 海になりたい
Be My LADY緒方恵美緒方恵美ミトミトミトからっぽな夜に 君のメッセージ 気付いたんだねきっと 誰が必要って もうこれからは 僕が全部受け止めるよ  触れ合う指と指 温もり確かめて 甘い夜が導いてる 横たわった二人にノクターン 「2度と離さない」  裸のままLADY 僕の胸に飛び込んで さあ 吐息重ね合って 伝わるだろ 激しい鼓動 Ride on!  Let me take you  Higher! Higher! Let me take you  Higher! LADY!! Let me take you  Higher! Higher! Love you all night! Be My LADY!!  今宵君こそがプリンシパル 生まれ変わる夜星が光る 退屈な日々は今日で終わる 君が望むだけそばにいよう 敬虔な君のカラダには まだまだ足りないこの感覚 がむしゃらに欲しがっていいんだ そうさ朝まで  伸ばした手のひらで 全てを知るから 瞳閉じて カラダ預け この刺激を味わい尽くせ 「ときめきを君に」  思いのままLADY 声をあげて僕に教えて 君のことをもっと 知りたいんだ 誰よりも一番  Let me take you  Higher! Higher! Let me take you  Higher! LADY!! Let me take you  Higher! Higher! Love you all night! Be My LADY!!  例え全てを敵に回したって この手は僕のもの これから始まる めくるめく新しい世界へ 「君を連れて行ってあげるよ」  裸のままLADY 僕の胸に飛び込んで さあ 吐息重ね合って 伝わるだろ 激しい鼓動 Ride on!  Let me take you  Higher! Higher! Let me take you  Higher! LADY!! Let me take you  Higher! Higher! Love you all night! Be My LADY!!  Let me take you  Higher! Higher! Let me take you  Higher! LADY!! Let me take you  Higher! Higher! Love you all night! Be My LADY!!
AWARENESS竹達彩奈竹達彩奈松井洋平ミトミト胸の奥で響く声は誰のものだろう? 私だけが向かいあう答え  自分が今、立っている場所でさえも 疑うほど脆くて儚い世界 「君を君にする境界線は誰が引いたの」 と、鏡に問う  肌が触れ合うよりも近くで 突きつけあうKnife 記憶より深く 意識を貫く  現在と未来を繋ぐIdentityの糸さえ 断ち切るくらい確かな想いを 胸の奥で叫び、心に響かせよう 私だけが向かいあう答え  運命という計画に抗うんだね 誰でもないたった一人になるため 「君が君である意味を教えて」 命の果てには何があるの?  刻み込まれたProgramより 確かなことは、魂の色が描く筈だから  最初の罪を嘆くイデアの写本ではなく オリジナルの言葉を紡いで 胸の奥で叫び、心に響かせよう 私だけが向かいあう答え  重ねた時間も、選んだ理想も 感情の中で一つになるまで…  現在と未来を分かつIdentityの意図さえ 結びあえる確かな想いを 胸の奥で叫び、心に響かせよう 私という、一つだけの答え…届け
Summer Tears Diaryみほ・かな from AIKATSU☆STARS!みほ・かな from AIKATSU☆STARS!こだまさおりミトミトキラリ夜空 飛ばす涙 秋の星空まで辿り着く前に もっと…  Don't cry 笑いあって ぎゅっと焼きつける Don't cry この夏を  あの時、時間が止まって ふたりは確かにお互いを見つけた 今まで誰よりもトクベツな関係だよね  9月になれば 遠くはなれて 違う制服を着てるの ココロだけ何故 先回りして もう、切なさが溢れだす  キラリ夜空 飛ばす涙 秋の星座まで辿り着く前に Ah, ふたり夜空 見送る夏 新しい場所でもキミはキミらしく どうか…  Don't cry 笑いあって ちゃんと言えるように Don't cry サヨナラって  いつかは思い出のなかで キミを探しても気づけない日が来て すれ違う人の顔に少しずつぼやけちゃうのかな  オトナになれば 時間も距離も カンタンに越えられるのに きっとそれには間に合わないの なんて…、のみ込むオモイが痛い  チクリ胸に 刺さったまま 癒えないでほしい 行かないでほしい ねえ 終わりかける 夏の傍で 言葉にならない願いが揺れてる どうか…  いくつも流れ星を 追いかけてはキミの名を つぶやいてみるけど 最後まで言えないね  キラリ夜空 飛ばす涙 秋の星座まで辿り着く前に Ah, ふたり夜空 見送る夏 新しい場所でもキミはキミらしく…いて  チクリ胸に 刺さったまま 癒えないで欲しい 行かないで欲しい ねえ 終わりかける 夏の傍で 言葉にならない願いが揺れるの どうか…  Don't cry 笑いあって ぎゅっと焼きつける きっとこの夏を ずっと忘れない Don't cry 笑いあって ちゃんと言えるように Good-bye Dear my best friend
ニャンと☆スペクタクル前川みく(高森奈津美)前川みく(高森奈津美)ミトミトミトどんでん返し 私のターン みんなのハート 独り占めニャン!!  両手をちょいと前出して 何でも招いちゃうの よそ見なんてしていたら 軽くパンチ!お見舞いしちゃうわ  可愛くなくちゃ 許せないんだもん それこそが 何よりもわたしの一番  ニャ~にがニャンでもニャきごと言わニャい ニャンびとたりとも変えられニャい! わたしの心のニャイデンティティが あニャたのニャやみをニャくしちゃう! ニャン月ニャン日ニャ~ン時ニャン秒 地球がニャン回廻っても ど~んニャニャン題ニャン個も来ようと わたしはいつでもBy Your Side!  さあさあ始まるミラクルタイム!  ニャン! ドゥ! トロワ! (ニャンと☆) 飛び上がって (せーの☆) 舞い上がってキ☆ラ☆キ☆ラ 乗り遅れないで すぐにおいていっちゃうよ (レッツゴー☆)  ニャンだって (ぜんぶ☆) 飛び越えて (よいしょ☆) まるで今日はボーナスステージ こぼれそうな 笑顔がここにあるから  ねこみみちょんと付けたなら 冒険の幕開け ジョブチェンジは御法度です スタンスは初志貫徹!  負けず嫌いも チャームポイントに いつだって まっすぐがポリシーだもの  ニャイスIdea ニャイスTo Meet You どんニャ時でも逃さニャイ! ニャ~バスニャ~ンか全然ニャイです 一緒にいるニャら無問題! ニャみ大抵じゃニャかニャか歌えぬ このニャガマフィンが歌えたら あニャたもニャかニャか見込みがあります さあこの世界へニャかまいり!  まだまだ続くよミラクルタイム!  ニャン! ドゥ! トロワ! (ニャンと☆) 大好きな (ゴロニャン☆) あなたのその声を ちゃんと聞かせてね 移り気なんだから (もうっ☆)  ニャンだって (ぜんぶ☆) 楽しいね (サイコー☆) まさに今日はボーナスステージ こぼれそうな この気持ちが宝物  ニャン! ドゥ! トロワ! 飛び上がって 舞い上がってキ☆ラ☆キ☆ラ 乗り遅れないで すぐにおいていっちゃうよ ニャンだって 飛び越えて まるで今日はボーナスステージ こぼれそうな 笑顔がここにあるから  ニャン! ドゥ! トロワ! (ニャンと☆) 大好きな (ゴロニャン☆) あなたのその声を ちゃんと聞かせてね 移り気なんだから (もうっ☆)  ニャン!だって (ぜんぶ☆) 楽しいね (サイコー☆) まさに今日はボーナスステージ こぼれそうな この気持ちが宝物  いつだってそう前のめりニャン!!
Poppin' Bubbles ~ひなき&珠璃 Ver.~みき・みほ from AIKATSU☆STARS!みき・みほ from AIKATSU☆STARS!AM42ミトミトPo-Pop Poppin' Bubbles 弾けて Po-Pop Poppin' Bubbles 思いを Po-Pop Poppin' Bubbles 伝えて Po-Pop Poppin' Bubbles Ah Ah  伝わるといいななんて 思うだけじゃきっと 気持ちの欠片さえも あなたには届かない 一番言いたい言葉 簡単なふた文字 なぜか出るのは憎まれ口なんだ  海の底から 見上げたらお日様が 波に合わせて 揺れてる 照らしてよ  輝いて のぼる泡に思いを込めた あなたにね 届く頃には弾けるんだよ 輝いて のぼる泡を見送る私は あなたにね あなたに会えるときを待っているから  全部教えてあげる 特別なあなたに 知っていてほしいから わたしの秘密まで 誰かを好きになる 初めての気持ちが 胸をチクチクって痛くさせるんだ  海の底から 見上げたらお星さま 波に合わせて キラキラ 笑ってる  輝いて のぼる泡に思いを込めた あなたにね 届く頃には弾けるんだよ 輝いて のぼる泡を見送る私は あなたにね あなたに会えるときを待っているから  ドキドキがあなたに聞こえちゃうかな ねえいつか手をつないで歩きたいの  輝いて のぼる泡に思いを込めた あなたにね 届く頃には弾けるんだよ 輝いて のぼる泡を見送る私は あなたにね あなたに会えるときを今。。。  輝いて のぼる泡に思いを込めた あなたにね 届く頃には弾けるんだよ 輝いて のぼる泡を見送る私は あなたにね あなたに会えるときを待っているから!
初めてガールズ!一年藤組一年藤組畑亜貴ミトミトPing-Pong 鳴らして Ping-Pong-Pong 体験しよっ Ping-Pong 鳴らして Ping-Pong-Pong がんばれっ Ping-Pong 鳴らして Ping-Pong-Pong 体験しよっ Ping-Pong 鳴らして Ping-Pong-Pong がんばれっ  偶然ってばこわい! こころ Ping-Pong Ping-Pong どうしてさっ こんなにとまらない合図 新鮮だよいつも おんなじ星の生物なのかい? 聞きたくなるけど  わーいわーいって腕を組んで もっと仲良くなっちゃえ 今日から恋のレッスン…じゃなくて 一歩ずつ友だちからスタート  初めてがいっぱいあるからね (おっけ?) いっしょに体験しようよ 初めては何回でもいいね (いいよ?) いっしょに笑いだして さあこれで合格だ! ガールズがんばって!  騒然などいかが? おおきな Ding-Dong Ding-Dong どうすんのっ みんながあばれだす合図 当然だねここは ふつうという名のミステリ満載 知りたくなるよね  えーいえーいっの次は“おー”かな? たぶん拳で“おー”です 挑戦と勝利…ちょっとちがうか なんとなく楽しくなるチーム  あーピンポンダッシュを もっと進化させたらディンドンダッシュ だめですだめです! じゃあおあずけ待ってろって 礼儀正しくそっとピンポンだ はーい除夜抜きそっとディンドンで だめですだめです! じゃあいいよ静かにGo!!  えいえい えいえいおー! えいえい えいえいおー! えいえい えいえいおー! えいえい えいえいおー!  初めてがいっぱいあるからね (おっけ?) いっしょに体験しようよ 初めては何回でもいいね (いいよ?) いっしょに笑いだして 初めてがいっぱいあることは (おっけ?) とっても気持ちがいいね 初めては何回目までだろ? (おいおい) そんなの一回目だけです さあこれで合格だ! ガールズはりきって…ガールズがんばって!  Ping-Pong 鳴らして Ping-Pong-Pong 体験しよっ Ping-Pong 鳴らして Ping-Pong-Pong ガールズがんばれ Ping-Pong 鳴らして Ping-Pong-Pong 体験しよっ Ping-Pong 鳴らして Ping-Pong-Pong ガールズがんばれ  Ding-Dong 初めて Ding-Dong-Dong 緊張するっ Ding-Dong 初めて Ding-Dong-Dong ガールズがんばれ Ding-Dong 初めて Ding-Dong-Dong 緊張するっ Ding-Dong 初めて Ding-Dong-Dong ガールズがんばれ
初めてガールズ!RayRay畑亜貴ミトミトPing-Pong 鳴らして Ping-Pong-Pong 体験しよっ Ping-Pong 鳴らして Ping-Pong-Pong がんばれっ Ping-Pong 鳴らして Ping-Pong-Pong 体験しよっ Ping-Pong 鳴らして Ping-Pong-Pong がんばれっ  偶然ってばこわい! こころ Ping-Pong Ping-Pong どうしてさっ こんなにとまらない合図 新鮮だよいつも おんなじ星の生物なのかい? 聞きたくなるけど  わーいわーいって腕を組んで もっと仲良くなっちゃえ 今日から恋のレッスン…じゃなくて 一歩ずつ友だちからスタート  初めてがいっぱいあるからね (おっけ~) いっしょに体験しようよ 初めては何回でもいいね (いいよ~) いっしょに笑いだして さあこれで合格だ! ガールズがんばって!  騒然などいかが? おおきな Ding-Dong Ding-Dong どうすんのっ みんながあばれだす合図 当然だねここは ふつうという名のミステリ満載 知りたくなるよね  えーいえーいっの次は“おー”かな? たぶん拳で“おー”です 挑戦と勝利…ちょっとちがうか なんとなく楽しくなるチーム  あーピンポンダッシュを もっと進化させたらディンドンダッシュ だめですだめです! じゃあおあずけ待ってろって 礼儀正しくそっとピンポンだ はーい除夜抜きそっとディンドンで だめですだめです! じゃあいいよ静かにGo!!  えいえい えいえいおー! えいえい えいえいおー! えいえい えいえいおー! えいえい えいえいおー!  初めてがいっぱいあるからね (おっけ~) いっしょに体験しようよ 初めては何回でもいいね (いいよ~) いっしょに笑いだして 初めてがいっぱいあることは (おっけ~) とっても気持ちがいいね 初めては何回目までだろ? (おいおい) そんなの一回目だけです さあこれで合格だ! ガールズはりきって…ガールズがんばって!  Ping-Pong 鳴らして Ping-Pong-Pong 体験しよっ Ping-Pong 鳴らして Ping-Pong-Pong ガールズがんばれ Ping-Pong 鳴らして Ping-Pong-Pong 体験しよっ Ping-Pong 鳴らして Ping-Pong-Pong ガールズがんばれ  Ding-Dong 初めて Ding-Dong-Dong 緊張するっ Ding-Dong 初めて Ding-Dong-Dong ガールズがんばれ Ding-Dong 初めて Ding-Dong-Dong 緊張するっ Ding-Dong 初めて Ding-Dong-Dong ガールズがんばれ
Poppin' Bubblesみき・もな from AIKATSU☆STARS!みき・もな from AIKATSU☆STARS!AM42ミトミトPo-Pop Poppin' Bubbles 弾けて Po-Pop Poppin' Bubbles 思いを Po-Pop Poppin' Bubbles 伝えて Po-Pop Poppin' Bubbles Ah Ah  伝わるといいななんて 思うだけじゃきっと 気持ちの欠片さえも あなたには届かない 一番言いたい言葉 簡単なふた文字 なぜか出るのは憎まれ口なんだ  海の底から 見上げたらお日様が 波に合わせて 揺れてる 照らしてよ  輝いて のぼる泡に思いを込めた あなたにね 届く頃には弾けるんだよ 輝いて のぼる泡を見送る私は あなたにね あなたに会えるときを待っているから  全部教えてあげる 特別なあなたに 知っていてほしいから わたしの秘密まで 誰かを好きになる 初めての気持ちが 胸をチクチクって痛くさせるんだ  海の底から 見上げたらお星さま 波に合わせて キラキラ 笑ってる  輝いて のぼる泡に思いを込めた あなたにね 届く頃には弾けるんだよ 輝いて のぼる泡を見送る私は あなたにね あなたに会えるときを待っているから  ドキドキがあなたに聞こえちゃうからな ねえいつか手をつないで歩きたいの  輝いて のぼる泡に思いを込めた あなたにね 届く頃には弾けるんだよ 輝いて のぼる泡に見送る私は あなたにね あなたに会えるときを今。。。  輝いて のぼる泡に思いを込めた あなたにね 届く頃には弾けるんだよ 輝いて のぼる泡を見送る私は あなたにね あなたに会えるときを待っているから
アジテータークラムボンクラムボンミトミトクラムボンほら さあさあ いらっしゃいな みなさん声挙げて あちこち世迷い言 吹き飛ばしやしゃんせ  都ではウソくらべ なんだかなあと笑いましょか いまから始まるは ホントのものがたり  さあさあ いらっしゃいな みなさん手を挙げて よしなしごとまるっと 忘れて踊りましょ  街ゆけば鬼ばかり? ならば逃げたものの勝ち ここは笑顔の交差点 交わってはじけて キ☆ラ☆キ☆ラ!  ほら さあさあ いらっしゃいな みなさん声挙げて あちこち世迷い言 吹き飛ばしやしゃんせ  これからは私たちが 浮き世を照らすアジテーター いまから始まるは ホントのものがたり  さあさあ いらっしゃいな みなさん手を挙げて よしなしごとまるっと 忘れて踊りましょ  風に舞う花飾り おしゃまなブーツとケセラセラ ワクワクが止まらない 熱い思いがほら キ☆ラ☆キ☆ラ!
the 大丈夫クラムボンクラムボン原田郁子・ミト・松崎里美(Deerhoof)ミトあ あ up up な nerd わ what's up nerd か come up nerd  ぶ ぶ blow up な nerd ちゅ tune up nerd る look up nerd  空回って つんのめって 派手にこけて いてててて 自暴自棄とか 憂鬱だとか 生き恥とか in da house!!!  ぬすまれ time ぬすまれ time ちかっぱい ぬすまれ time 光のスピード days  射ぬかれ time 射ぬかれ time めたくっそ 射ぬかれ time 無我夢中 days  とめ night'n'day とめ night'n'day とめ night'n'day 今だけ more すこしだけ  つつまれ time つつまれ time ほんなこつ つつまれ time われら up な nerd  く く clap 鳴らして 手 鳴らして 手 鳴らして  ぶ ぶ break up な nerd げ get up nerd しゃ shut up nerd  唐揚とか 天ぷらとか 揚げれないの てへへへへ エロい体位とか 不眠だとか 請求書だとか big baaang!!!!!  ぬすまれ time ぬすまれ time ちかっぱい ぬすまれ time 光のスピード days  射ぬかれ time 射ぬかれ time めたくっそ 射ぬかれ time 無我夢中 days  とめ night'n'day とめ night'n'day とめ night'n'day 今だけ more すこしだけ  つつまれ time つつまれ time ほんなこつ つつまれ time up な nerd  「抱きしめて」dance dance do the dance 「ダメダメな step」で dance dance do the dance 「The 大丈夫」ぶ boom boom do the dance 「ダメージ くらった」ぶ boom boom ぶんだけ、、、 飛ぶ  step by step by step by step hello hello step by step step by step by step by step hooray hooray step by step  step by step by step by step more more step by step step by step by step by step one two three four step closer
aguaクラムボンクラムボン原田郁子ミトクラムボン蛇口ひねると 透明な ざあざあ たまった茶碗を 黙々と ざあざあ  あ、いつかの雨が わたしをとおりぬけた  agua, por favor. めぐりめぐりて かたちをかえながら agua, por favor. あらいながして 雫のオーケストラ  ケガレシファソラ 水溜り フェルマータ カノウミドソラ 川底 デ クレッシェンド  おおきな うねりの 一雫 はねた
noirクラムボンクラムボンミトミトクラムボン海に墜ちる様 ため息が夜に 吸い込まれてく noir の鈍い黒  「いつか伝わると待ってて、後悔するなら…」  赤と黄色が交わった 交差点にそっと ひとりきりで 佇む  今はただ 揺れるまま 君のこと 信じれたら 優しさの 偽りが また一つ 増えないように  暗闇に滲む 丸い Head Light が 照らしてくるんだ 掠れた心を  「手放したんじゃない、可能性探したんだ。 これからもずっといたいから…」  積み上げては壊れていく その繰り返し どこまで 離れては近づいていく その繰り返し いつまで  今はただ 揺れるまま 君のこと 信じれたら 優しさの 偽りが また一つ 増えないように  今はまだ 言葉さえ 見つからず 戸惑うけど 優しさが 悲しみに 飲み込まれ 消えないように  消えないように
Scene 3クラムボンクラムボンアフロミトクラムボン電源つけると夏の高校野球 この部屋とあの場所の温度差を想像する 開けた発泡酒の缶は転がり エアコンの室外機と共にアルコールが回る 五本目のプシュを迎えたあたりで試合終了 膝から崩れ落ちるラストバッター グランドに落ちていく一筋の涙 そしてそれを見て流れた俺の一筋の涙 「おい、あの涙とその涙、一緒にすんなよ」 誰かの声が聞こえた 確かに 薄気味悪くなって消したテレビ そしたら真っ暗になった画面の中に よく知る男の顔が映った すぐに声の主はこいつだってわかった  画面越しのそいつは 怒ってるような嗤ってるような哀れんでるような顔してた なんだか無償に胸が騒いで お前に何がわかるんだって怒鳴った 「俺には全部わかるよ」 ってそいつは応えた 「じゃあ何でこうなった?」 「どこで間違った?」 何度も何度も問いかけた 何度も何度も爪を突き立てた 朝日が登る頃に質問は尽きて なおも睨み付ける俺をみてそいつは言ったんだ 「俺だけはお前を見放したりしないよ だから…」 そう言い放った瞬間にそいつは泣き崩れた 子供みたいに無様に 情けなくも目も当てられない程に だけど いくら鈍感な俺でもそれが 本当の涙だって事だけは わかった  落とした雫の先にあったのは決意表明 なんてかっこいいもんじゃない 必死で 必死で 絞り出した その声は その声は 「お願いです どうかお願いです 贅沢は言いません 金も 地位も 名誉もいりません だから どうか どうか 俺の 俺だけの ドラマを下さい」 ある日の仕事終わりの帰り道 夜空を見上げた 一番星以外の星の輝きに救われた いつか夢見たダイヤモンドの輝きとは違くとも俺は この日々を この毎日を 愛していくんだ  怯えながらでも飛び込んで行った爪先 そこが田んぼ道 高層ビルなんであれ街は 変わらず俺に脇役を押し付けてくる 夏が終わり 秋が近づく 肌寒い季節 それでも静かに燃え上がる場所はどこだ 外の空気と胸の内側の温度差を 想像する そこから僅かでも暖を取る 容赦なく陽は沈み 昨日と同じく闇が襲い来る 誰の目にも影は差し込むその中で 何度でも狂い咲く太陽 生きていく
バタフライクラムボンクラムボン原田郁子・ミトミトクラムボンいつまでたっても記憶のなかで咲く花 あの子の好きなホワイトローズの香り  今ごろ ねぇ どの辺りを旅しているの? 最近めっきり夢には来てくれないね  あの子がわたしの前に消えてから世界は変わり いつでもふと空を見上げて考えてた  upside down around and around... 散らかる頭ん中 upside down around and around... 風 走る  バタフライ あのときさいごに 選んだ空の色 澄み切ったブルー バタフライ ひとつになるように 羽ひろげ 飛んでいった どこまでも 遠くへと  なんにも なにひとつぶも できなかったじぶんに 長いこと 呆れて 責めたり してたの 「もういいよ これから やっと 幸せになろう わたしたち」 って声が 聞こえた気がした  あの子がわたしの前に消えてから世界は変わり いつでもふと見上げてばっかりで あぁ  今日はやけに空が近くにみえる 成層圏が手に届きそうなくらい 吸い込まれそうな青が誘う 「そうなの?」  バタフライ あのときさいごに 選んだ空の色 澄み切ったブルー バタフライ ひとつになるように 羽ひろげ 飛んでった どこまでも 遠くへ バタフライ ずっとわからなかった あの日の空の色 あまりに綺麗で バタフライ 溶けあうようにと 羽ひろげ 飛んでく はじまりの色はブルー  いつまでたっても記憶のなかで咲く花 あの子の好きなホワイトローズの香り  今ごろ ねぇ どの辺りを旅しているの? 話したいこと山ほどあるんだからね
Re-ある鼓動クラムボンクラムボン原田郁子ミトクラムボン水辺に咲いた 花を手向けて 強く強く 頷いてゆくの  止まった時が そっと動いて 閉じる心 乗せてゆくの  両手ひろげて good groovin' まわれまわれよ good groovin' 内なるリズムはここに ある鼓動  ひとつひとつ受け入れて どうにか今を過ごしてる  最果ての地で種をまく人 健やかな日を遠く願う人  両手ひろげて good groovin' まわれまわれよ good groovin' 内なるリズムはここにある  光が降り注ぐように ささやかな営みが途切れることなく続くように  両手ひろげて good groovin' まわれまわれよ good groovin' 内なるリズムはここに ある鼓動
yetクラムボンクラムボン原田郁子ミトクラムボンもういいかい? ん まあだだよ 諦めて 諦めきれなくて 朝だよ  辛い と 幸せ の文字は 兄弟みたい 似ていたんだね ありとあらゆる感情を ひとつずつ知ってゆく  バラバラに散った 破片ひとかけら 突き刺さったままで 傷の深さもわからないままで  いっせーのーせ って 声 きこえる? のこされた 僕ら つづけなくちゃ 苦しみ の 先の 先には なにがある ねぇ ほら まだまだ まあだだよ  知ってた? 愛しい の 文字は 過ぎ去ったもの 慈しむ姿 あとからやっと気づくこと 振り返る頃には  時をかさねて 臆病にもなる 大丈夫なふりで 誤摩化したりで 自分に蓋した  いっせーのーせ って 声 きこえる? のこされた 僕ら つづけなくちゃ 悲しみ の 先の 先には なにがある ねぇ ほら まだまだ まあだだよ  百年先で 待っていてね と 夢みたいに そう 想う この手の先には きみが  いっせーのーせ って 声 きかせて ここにいる 僕ら つづけなくちゃ  ねぇ もういいかい? ん まあだだよ 託された あたらしい未来は そう 今
サラウンド -出戻Re-mix-クラムボンクラムボン原田郁子ミトなにかちがうんだ ぐちるのなら 買いたての自慢の ヘッドフォンから わきでる音にしみこむ音に 背中おされまちへでかけよう  わらってごらんよ あるいてごらんよ 右から左から誘われるサラウンド 上昇気流に飛び乗っていこうよ あなただってわたしだってどこへだっていけるよ きっと  これしかないんだ 見つけたなら 渦巻きコードの ヘッドフォンから わきでる音にしみこむ音に 背筋のばして まちへでかけよう  はじめてごらんよ あるいてごらんよ 右から左から駆けぬけるサラウンド 上昇気流に飛び込んでいこうよ あなただってわたしだってだれとだって会えるよ きっと  おぼえたてのうたをうたう くりかえすたびつづくたび  “耳をそばだてて じっとそばだてて 右手で左手をつなぐよ あなたと”  わらっていたいよ あるいていたいよ 右から左から誘われるサラウンド 上昇気流に飛び乗っていこうよ あなただってわたしだってどこへだっていけるよ むつかしい顔しないでうたいつづけようよ わたしはあなたといつでも一緒だよ ずっと
オレンジミント斧乃木余接(早見沙織)斧乃木余接(早見沙織)meg rockミトドキドキの夕闇に キラキラな星がチラリ  それでいいのかも きっと理由があって みえていることが すべてとは限らない  君の 笑顔の理由 僕には 涙の理由で 突き詰めてしまったら その先にはね 進めない  あの流れ星 願いをのせて 目指していた 未来も 全部 わからなくなっていく  僕達は そんな風に 今日を やりすごす 矛盾だらけ なんだけど 今夜は おやすみ  ドキドキのオレンジと キラキラのミントフレイバー  ドキドキの夕闇に キラキラな星がチラリ  これで いいのかも そっと ほら このまま こわしたくないから 今は 今の答でも  オレンジとミントが 重なり合った 世界で 僕らは まだ途中 ね?本当を 探してる  あの流れ星 願いをのせて 目指していた 未来は 遠く 見失いがちだけど  僕達は そんな風に 今日を やりすごす 矛盾だらけ なんだけど 今夜は おやすみ  ドキドキのオレンジと キラキラのミントフレイバー  ドキドキの夕闇に キラキラな星がチラリ  あの流れ星 願いをのせて 目指している 未来に ちょっと 近づいているのかな?  僕達は こんな風に 今日も やりすごす 矛盾だらけ なんだけど 今夜は おやすみ  ドキドキのオレンジと キラキラのミントフレイバー  ドキドキな そのきもち キラキラな あのきもち  ドキドキな星がキラリ
青葉市子青葉市子ミト・原田郁子ミト曇ったガラス 指でなぞると ちょっと 山あいから 灰色の雲 そっと  目をそらさずに ここにいよう 忘れていた 雨の色も 見えてくるよ  西側の方 時報によりそう echo 雨粒のdot 偶然鳴らした chord あの歌はきっと 街にもまれ rit まばたき ひとつの間に聞こえた oto  耳ふさがずに ここにいよう ふっともらした ため息さえ 今ならきっと わかると思う 前よりずっと わかると思うよ  千早振る都の舞いはよしなし事を詠うばかり 夢香る霞の空を行き交う人風のまにまに 千早振る都の舞いはよしなし事を詠うばかり 瀬をはやみ流るる日々もかえすがえす降る雨のやう  目をそらさずに ここにいよう ぼやっとしていた 視点が今 あってゆくよ  気がつけばもう 握ってたお茶は ちょっと
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
246GREAT3GREAT3原田郁子ミトハンドル 切るたびに 目のまえの つづきを待ってる  こだまするのは テイルランプの 赤い涙 またひとつ ふっと 夜に浮かぶよ キャンドル  叫びながら すれちがうサイレン 「なんであんな 言い方したの」 風が運ぶよ レクイエム  はじまり 誰かの声  ふみこむから 消えてゆく はかないシーン ふみこえると 消えてゆく 白いライン  気まずいながら 笑っていたの 赤い嘘も またひとつ そっと 君に沈むよ ハレルヤ  おしまい 誰かの声 おしまい 長い季節 ハンドル 切るたびに 目のまえの つづき広がるの  ふみこむから 消えてゆく はかないシーン ふみこえると 消えてゆく 白いライン ふみこむたび 逃げてゆく 水たまり ふりかえると ふえてゆく はかないシーン  バックミラー 手をふるサヨナラ
アホイ!salyu × salyusalyu × salyuクラムボンミトピヨヨヨ ひらめいた ともだちになろう たのしくやれるさ きみとなら  ガルルル とびだした どこへでもゆこう ねがいはかなうさ ぼくら  ちいさいカラダは もう じっとしちゃいられない  ♪ライララ ライララ ライララ ライララ ライララ ライララ ライララ ライララ  ギラララ おひさま かぜもよんでいるよ フウリンソウにアホイ! ごあいさつ  ビブヴバァーン ほしいな ポロロンピューウ したいな くものうえにだって のりたいな  カラカサタケをつかって そらとぶかさをつくろう  ♪ライララ ライララ ライララ ライララ ライララ ライララ ライララ ライララ  ─── Sunny ───  ♪ライララ ライララ ライララ ライララ ライララ ライララ ライララ ライララ  なにがまっているの? どんなゆめをみよう? そらはとおくひろいよ どこまでも
Folkloreストレイテナーストレイテナーミトミト強い台風の 去ってった夜に 高いビルの上から 街を眺めてた 風はまだすこし 移り気で 去り際のタイミングを つかみ損ねてる 隣の住宅のネオンが 陽炎のように 揺らいでた こんな景色 見たことない 見慣れていたのに  何かが変わってゆくような そんな気がした あと少しで 何事もなく消えてゆく 6月6号 あと少しで あと少しで  最終電車の低いアナウンスが いつもよりも 透き通って聞こえてる このままでは またいつものように ずっと空を ぼんやり眺めるだけ すこし瞼 重くなって ゆっくりと目を閉じてみる 遠くで君の声がした そろそろ行かなきゃ  気圧の谷を飛び越えた そんな気がした あと少しで 気持ちがすっと軽くなる そんな気分さ あと少しで あと少しで  何かが変わってゆくような そんな気がした あと少しで 何事もなく消えてゆく 6月6号 あと少しで 時計の針が2時を指す 気がつけば もう あと少しで 気持ちがすっと軽くなる そんな気分さ あと少しで あと少しで  強い台風の 去ってった夜に 高いビルの上から 街を眺めてた 僕はまだすこし 移り気で 去り際のタイミングを つかみ損ねてる ラララ…
バイタルサイン~Tetsuya Komuro Remix~Tetsuya KomuroTetsuya Komuroミト・原田郁子ミトぼくにも ゆずれないものが あるんだ  頼りないこの足取りで 確かな なにかを残してゆこう そっとあなたには伝えたいから また ぼくは手を伸ばしてみる  ぬくもり つなぐ手  なんども 走って 転んで また走る なんども くりかえす 立ちどまって すこし思う  あたらしい季節をゆく たそがれが そっと肩をたたくから  この小さな息づかいも 遠い誰かにつながるように  懐かしい香りがした 忘れてたはずのことが 一瞬で  思い出す 呼び戻す 目が覚めて ハッとする いまの気持ち この気持ち ゆずれないものを知る  不安と不安のその隙間に 何よりかえ難い 愛おしいくらし  そっと あなたには 伝えたいから また ぼくは手を伸ばしてみる  ぬくもりは 胸の奥で生きてるから おわらない ぼくはまだ歩いてるよ  刻むバイタルサイン
はなれ ばなれTOKYO No.1 SOUL SETTOKYO No.1 SOUL SET原田郁子ミト高いところへのぼろう とびっきり 高い高いところへ そうすれば ふたりのこれからも みえるかもしれないね  手をはなしたすきに ほら それぞれせおうものふくらんで あのころみたく いつでも そばにいれたら  はなればなれで 眠る夜はふたりを すこしずつ強くしてくよ すこしずつ強くなれば  深いところへもぐろう まっくらやみ 深い深いところへ そうすれば ほんとのこと わかるかもしれないね  手をふるよ また今度ね 君が見えなくなるまで あのころみたく いつでもそばにいれたら  はなればなれで 眠る夜はふたりを すこしずつ強くしてくよ すこしずつ強くなれば
SUPER☆STARNONA REEVESNONA REEVES原田郁子ミト星がひとつ揺れている ひときわ弱く強く深く 闇と光をあわせもつ 彼の名は SUPER STAR  研ぎ澄まされたアンテナで ひときわ弱く強く深く この世を映し出す鏡 彼の名は SUPER STAR  WE LOVE YOU! BABY! WE NEED YOU! BABY! WE LOVE YOU! BABY! WE NEED YOU! BABY!  ホラーよりもフィクションよりも ニュースの方がおぞましい 行き場のない感情の渦 亡霊のように町を彷徨う  やるせない気持ちのまま どこへ向かえばいいんだろう うつろな目をした溜め息 またひとつ浮かんで消える  WE LOVE YOU! BABY! WE NEED YOU! BABY! WE LOVE YOU! BABY! WE NEED YOU! BABY!  両手広げて 僕を抱きしめて すべて許して 僕のとこへ逢いにきて  眠れない夜にひとりきり どんな夢を見ようとしていたの? 鏡に映る彼は今日も なにかをじっと待っている 癒えない傷がうずいても なにかをそっと信じている  フラッシュライト 残像の果て スポットライト 狂気の味 哀しみたたえた瞳で 可憐に舞う SUPER STAR  WE LOVE YOU! BABY! WE NEED YOU! BABY! WE LOVE YOU! BABY! WE NEED YOU! BABY!  両手広げて 僕を抱きしめて すべて許して 僕のとこへ逢いにきて  WE NEED YOU! BABY!
ある鼓動蓮沼執太フィル蓮沼執太フィル原田郁子ミト水辺に咲いた 花を手向けて 強く強く 頷いてゆくの  止まった時が そっと動いて 閉じる心 乗せてゆくの  両手ひろげて good groovin' まわれまわれよ good groovin' 内なるリズムはここに ある鼓動  ひとつひとつ受け入れて どうにか今を過ごしてる  最果ての地で種をまく人 健やかな日を遠く願う人  両手ひろげて good groovin' まわれまわれよ good groovin' 内なるリズムはここにある  光が降り注ぐように ささやかな営みが途切れることなく続くように  両手ひろげて good groovin' まわれまわれよ good groovin' 内なるリズムはここに ある鼓動  [ラップ] ほどけていた靴ひも 飛行機雲の尻尾は消えてしまいそう 止まっているような時のなかで 眺めてる また歩く すれ違う風 そして太陽 むねには ありふれた体温 リズムは ここにある大丈夫 耳をすませられたなら 一歩づつ 思い出すように 一歩ずつ 忘れてくように いつも同じなんだけれど あきれたりしない すれ違う風 そして太陽 むねには ありふれた体温 リズムは ここにある大丈夫 耳をすませられたなら聞こえる
華香るある日 ~clommbon loves clammbon ver~ハナレグミハナレグミ原田郁子ミト華香る日差しに 胸躍らせながら 玉虫色の光あびて ふとくちずさむ なつかしいうたを  歩いてゆくのは 見慣れたはずの景色 はずむこころ おさえながら いつかの部屋へ  はなやいだ あさがお咲きはじめ まあっかな顔して 笑ってるよ また会えるなら その時は何を話そう?  ゆるやかな坂を いくつものぼっておりて 通りすぎたにおいに ふと 立ちどまったなら 手をたたこう  若葉がほころび たちまち豊かになって いつの間にか こぼれたものも こんな風になら 思い出せるね  時間と時間が つながって すきまだって 少しずつうまってゆくよ また会えるなら 今日は何して遊ぼう?  魚の群れが 横切って 誰でも どこかへ流れてく また会えるなら 今夜は何をうたう? あなたと世界のすべてを見ましょう
ロッククライミング ~Let's Roooooock Mix~Buffalo DaughterBuffalo Daughterミトミトはだしの子供たちが とりどりのアプローチで 笑顔ひとつ見せずに ロッククライミングしている  私も同じように ぐっと体をねじらせ 何もない頂上へ ロッククライミングしてゆく  ここは風が強くて 岩肌はなだらかで 手をかざす場所なくて ほとほとにつかれてる  頼みのつなからまって 身動きがとれなくて 横向きで宙ブラリ ロッククライミングしている  君の言うことなんて 私にはわからなくて それでも知らぬ顔で Rock'n roll している  あの人は誰だったっけ? これは大切なものだったっけ? 息つくひまのないここを出て ロッククライミングしてみる  ロッククライミングしてみる
大貧民レキシレキシ原田郁子ミトいってまいります 今夜も いきなりツイてるみ・た・い でもあくまでもポーカーフェイス ウチも案外ツラいのよって  だしてまいります 中途半端は じゅんぐりき・え・る そう ミスはいのちとりね 切り札2が2枚とジョーカー 未来をよろしくたのむわ  でしゃばりすぎず かかわらずに でも貧しすぎず まんなかでいられたら  やっちゃいますか ひそかに かくめいあがり大・作・戦! れきしに名をキザめば それはサイコーの見せ場なの  やめちゃいますか リスクが おおきすぎて首し・め・る 狙うのは2番め トップはなにかと大変そう いつの時代も大変そう キープはもっとも大変そう  でしゃばりすぎず かかわらずに でも貧しすぎず まんなかでいられたら  でしゃばりすぎて あっけなくまっさかさま そんなみじめは まんなかにはないもの
雨に笑えば寺島拓篤寺島拓篤寺島拓篤ミトミト穏やかな朝の爽やかな風も ほんの一粒 It began to rain, I feel blue. 「今日の予定はキレイに流れました。」なんてうなだれる僕に 君は微笑う  薄暗い部屋の真ん中 得意げな顔で深呼吸ひとつ 世界が ほら 生まれ変わる  雨音のメロディ へたくそに合わせて 大声でハーモニー 二人だけのコンサート アンコール もう一度歌ってよ  退屈な午後の重苦しい空に呼びかけるように 君は踊る  ボヤけた頭 ユラユラ 無敵のスマイルで 飛び出す まだ 世界が泣いてる内に  雨足のリズム でたらめなグルーヴで ドタバタの1,2, ステップ 二人きりのダンスフロア シャルウィダンス? もう一度踊ろうか  昨日の悲しいことも 今日の楽しいことも 素敵な思い出になるから 笑っていこう  We're singing in the rainy day. We're dancing in the rainy road. We're laughing in the rainy night. lalala dandadada ahaha  明日も二人で笑い合ってさ 虹色のソファで昼寝しよう  It rains day after day. We have delightful days. It rains day after day. It rains...
the last day of my adolescence神原駿河(沢城みゆき)神原駿河(沢城みゆき)meg rockミト胸に閊えてる これは なんだろう  叶ってくほど 大きくなってく  自由という名の 不自由の中で 半分だけ 昨日のまま  こんがらがった答に がんじがらめ からめとられるように 巻き込まれ  正しくて 間違った 可能性 すべてに 想いを馳せ 立ち竦む  君のいない 散らかった 世界 埋もれてた きもち  心が叫ぶ場所へ ひとり 走ってく  まとわりついた 言葉 断ち切って 誰よりも 今  私らしく 覚悟を決めて 手を伸ばして  飛び越えられない ハードルだったら  神様もね きっと 与えない  すぐに 忘れては また 思い出して 一歩づつでも 近づきたい  らしくないけど らしくもある 表裏一体 角度次第  単純で 複雑な 素直すぎる 矛盾を孕んだ 自分の定義  優しくて 曖昧な日々に さよならを告げる  心が叫ぶ場所へ ひとり 走ってく  ほどけてしまう 涙 蹴飛ばして 誰よりも 今  私らしく 覚悟を決めて 手を伸ばして  心が叫ぶ場所へ ひとり 走ってく  まとわりついた 言葉 断ち切って 全力で  心が叫ぶ場所へ ひとり 走ってく  ほどけてしまう 涙 蹴飛ばして 誰よりも 今  私らしく 覚悟を決めて 手を伸ばして
君は僕のものNICO Touches the WallsNICO Touches the Walls原田郁子ミト君は太陽 照らす太陽 どんなときでも 笑いかけてくれたら  S O S 涙 にじむ にじむ スケジュール  4つのきせつ 君と日々をつなぎとめて  眠るとき 思い出せる 足もとまで のこらず  日々は僕のもの 夏のまんなかで 君は僕のもの どうしたらそう言えるの  あきがきたら 春はこない  A B O AB めぐる めぐる サイクル  2つのいのち B と B でおなじだから  痛むとき わけてあげる 足りるまで のこらず  日々は僕のなか どこまでもつづく 君は僕のなか 誰もさえぎれないの  ふたりを知った日のポラロイド 隅っこで今日も笑いつづけているよ  君は太陽 沈む太陽 もういちどだけ 笑いかけてくれたら  日々は僕のもの 夏のまんなかで 君は僕のもの どうしたらそう言えるの  あきがきたら 春はこない 冬を越えても 春はこない
スプリンタートリップAnnabelAnnabelAnnabelミト愛って言葉の意味を知ったの ほらね 夢の中では簡単に言えるのに  大きく伸びを 寝ぼけ眼のままで 君から届く便りを待ってる  昨日までの今日が変わるみたい  すべての感覚がいま君を探している 融けるように 見えない胸の奥の景色が塗りかわっていく 加速して少し怖いけど  こんなはずじゃない… 格好悪い自分だけがあちらこちらに 散らばってしまう  かしこいだけではわからないでしょ? 昨日までの今日が変わる世界  すべての辞書をめくって言葉探している 聞こえるように大きく叫びたいのこの愛を 君の苦笑い、困り顔 すぐ浮かぶけど  崩れそうなバランス 走るわたしを 手のひらで上手く躍らせていて  すべての感覚がいま君を探している 融けるように 見えない胸の奥の景色が塗りかわっていく 知らない色ばかりだからまだ少し怖いけど
melody花澤香菜花澤香菜meg rockミトわかってないんだもん.. ちょっと イライラ うそはいやだ いたってクールな君に イライラ 全然 だめだ  教科書通りの人生 はみだして 無邪気なフリ 大きな勘違いしていたい けれど..ん?..やっぱ だめ?  窓を開け 手をのばして 指先を濡らす雨粒 きっと あだ 知らない すべて ちゃんと いま 感じたいの  今夜 君と二人 キラキラのシチュエーション 君に恋してるの 絶対に 云えないけど..  わかんないかな? ちょっと イライラ うそは いやだ イラっとくるの 君に イライラ 全然 だめだ  イライラ あたしの瞳をみて イライラ あたしだけみてて  そんな こんな もぅ しゃぼん玉に 閉じ込めて 空に飛ばして 虹色の向こうの世界 どぅか 届きますよぅに!  今夜 君と二人 キラキラのシチュエーション 君は特別だって 完璧に 愛して  意味深な沈黙に 加速する ドキドキ 君に恋してるの 絶対に 云えないけど..  もどかしい きもちは ヘッドフォンを飛び出して 冒険が始まる 永遠に 片想い みたいだ  流れ星が 今日も キラキラ きらめいてる 君と一緒に もっと ドキドキ ときめきたいの この世界は 今日も キラキラ 爆発しそう 胸のドキドキ 1..2.. 1! 2! 3! 4!  今夜 君と二人 誰にも ね 内緒で 君は特別だって 完璧に 愛して  意味深な沈黙に 加速する ドキドキ 君に恋してるの 絶対に 云えないけど.. 云わないけど.. 大好き
so i木村カエラ木村カエラ木村カエラミト姿や形もない 答えはいまもでない  許しと癒し 重なるイズム 心を束ねて 生きてゆきます  相愛  見えないものを信じる 強さは必要でしょうか? あなたに届ける愛は ちゃんと届いてるのでしょうか?  時恋しくて 分け合うリズム 歩幅を合わせて 並んでゆきます  so i  それは狂わしいほど 単純で複雑なの それは震えるほど 美しく綺麗なものよ  愛し合って 朝まで 混ざり合って 支え合って 傷つけ合って 抱き合って 求め合って 想いやって  I believe your love 1 + 1 で1になる You believe my love 1 + 1 で1になる 愛  so i  それは麗しいほど 真っすぐで温かいの それは焦がれるほど 揺れて切なくなるのよ  愛し合って 朝まで 混ざり合って 支え合って 傷つけ合って 抱き合って 求め合って 想いやっていく  相愛
Rough & Laughクラムボンクラムボン原田郁子ミトミトからふる ぱられる みらくる みてみる? おなじ☆にすむ ぼくら わになって わになって おっきな わっかになって  ね ときどき 遊びにおいでよ ここはね 時間をわすれちゃうから ねがいごと ひとりごと しんじてること ポケットにおまじない  まっしろい わたげ ふわふわ 手にマグカップ 子供のこえ  まわる Rough & Laugh For You まわる Loop & Loop Do You? あつまって ほどけて わらって 花になる  からふる ぱられる みらくる みてみる? おなじ☆にすむ ぼくら わになって わになって おっきな わっかになって  ね みえないサインをおくるよ どこにいっても ほら キャッチできるから 空のいろ 風のいろ 距離のいろいろ きかせて キミのこと  まっしろい シャツ たいよう にっこり つかまえて はしるメロディ  ららら Rough & Laugh For You るるる Loop & Loop Do You? あつまって ほどけて わらって 花になる  からふる ぱられる みらくる みてみる? おなじ☆にすむ ぼくら わになって わになって おっきな わっかになって  あたらしいことばで すべてのおもい 描きだして 遠くから 近くから あぁ 見守ってるからね いつも  まわる Rough & Laugh For You まわる Loop & Loop Do You Do You Do? だきしめて そっと うたになる  ららら Rough & Laugh For You るるる Loop & Loop Do You? あつまって ほどけて わらって 花になる  からふる ぱられる みらくる みてみる? おなじ☆にすむ ぼくら わになって わになって わになって わになって おっきな わっかになって
Sun shower木村カエラ木村カエラkaelaミトミトこの辺りで心を休めようか 真っ白な雲の 色に染めて どこからともなく聞こえるメロディー 広がる世界 こぼれる雨  きっと 忘れないこと ずっと 変わらないもの でも 気づきたいこと すぐ側で感じるもの  この辺りで体を揺らそうか 風吹くままに 身をまかせて 雲の向こう側にまだ見ぬ未来 羽を広げて飛んでゆける  やっと みえてきたもの ずっと 探してきたこと でも 届かないもの すぐ側で信じた人  もっと強く抱きしめたいから 守りたいものがあるから この思いが届くのなら 転んでもたちあがらなくちゃ  この辺りで空に手をかざそうか 指の隙間でつかむ光 日溜まりの中で豊かな鼓動は 自由に踊り 歌を歌う  きっと なくしたものや きっと 失ったものは ずっと 君の近くで 形を変えて側にある  きれいに  この辺りで心を休めようか 何も間違いじゃないって染まるまで どこからともなく流れるメロディー 広がる世界 こぼれる雨
かみつれを手にChouChoChouChoミトミトミトこの先に何が待っているんだろう 時報の音に混じってつぶやいた きみの横顔まぶしい夕陽に溶けていった  ほおずき色の空と黒い影 過去と今と未来を染めてゆく 切り絵みたいな景色をぼんやり眺めていた  はじまりはきっと 優しさから おしまいもきっと 優しさから このままふたり この場所から 手を重ね そっと手を離す おたがいの想い 変わらないまま  きみの乗ったバスが通り過ぎる 乾いた音でクラクション響く  出逢った頃から同じはずだった 夕暮れがもう違って見える  はじまりはきっと 優しさから おしまいもきっと 優しさから ただ真っ直ぐな いとしさから こぼれてく いつわりが一つ ふたりを遠ざけてる  あれから ぼくらは 何かをなくしてしまったの? いつから ああどこから ねえきみは気付いていたの?  はじまりはきっと 優しさから おしまいもきっと 優しさから このままふたり この場所から 手を重ね そっと手を離す おたがいの想い 変わらないまま それぞれの道を 進んでゆく きっと もう一度はじまり 見つけるため  この先に何が待っているんだろう ほおずき色が藍色に変わる
ある鼓動クラムボンクラムボン原田郁子ミト水辺に咲いた 花をたむけて つよくつよく うなづいてゆくの  止まった時が そっと動いて とじる心 のせてゆくの  両手ひろげて good groovin' まわれ まわれよ good groovin' 内なるリズムは ここに ある鼓動  ひとつひとつ 受け入れて どうにか今を 過ごしてる あぁ  最果ての地で 種をまくひと 健やかな日を 遠く願うひと  両手ひろげて good groovin' まわれ まわれよ good groovin' 内なるリズムは ここにある  光が降り注ぐように ささやかな営みが とぎれることなく つづくように  両手ひろげて good groovin' まわれ まわれよ good groovin' 内なるリズムは ここに ある鼓動
music豊崎愛生豊崎愛生つじあやのミトぺさま・よだれ虫オールスターズのみなさん青い空が私に 笑って光を投げた 見上げるまぶしい青 切ない まだちょっと遠い  もしも羽があったら なんて思ってた時は過ぎて  まっ白なキャンバスに描くよ 思いのままに ブルー、グリーン、イエロー、ピンク あふれる色は気まぐれ  他の誰も描けない空が 私を待ってるから  ああ今 心の羽広げて 私を信じて ラララ 歌うよ 幸せ歌 ありったけの声で あの空に届け ラララ  履きつぶしたスニーカーはいたら 街を歩こう 見知らぬ街、人、声、雲、ネコ 道に咲く花  まだ知らない喜びや夢が 私を待ってるから  ああ今 七色に輝いた 虹を越えてゆく ラララ 歌うよ 生まれたての いくつものストーリー 街中に届けて  失った言葉もう一度抱きしめて うつむきかげん 私にさよなら  ああ今 心の羽広げて 私を信じて ラララ 歌うよ幸せ歌 ありったけの声で みんなの心まで  ああ今 七色に輝いた 虹を越えてゆく ラララ 歌うよ 幸せ歌 ありったけの声で あの空に届け  私を信じて  あの空に届け ラララ
はなさくいろはクラムボンクラムボン原田郁子ミトクラムボンブルー イエロー パープル レッド 溜め息のいろいろは あの日の後ろ姿 まぶたの裏で揺れる ひい ふう み よ いっつ むう なな や 喜びのいろいろは あなたが教えてくれた 言葉にならない想い 何度も 何度も 思い出す  風のまにまにふっと 輝くプリズム うつろいながらもきっと 夢にみた場所へと 近づいてゆける とまどいながらもそっと 手をのばしてみる まだ見ぬ空 いつか 花咲く頃  帰り道 忘れても それぞれの 旅はつづいてく 胸の奥 ともる火よ あぁ どうか 消えないでいて  ブルー イエロー パープル レッド 溜め息のいろいろは 確かめてみたいこと ひとつだけ あるの ひい ふう み よ いっつ むう なな や 喜びのいろいろは 渇いた喉からこぼれる なつかしいメロディ 何度も 何度も 口ずさむ  風のまにまにふっと 輝くプリズム うつろいながらもきっと 夢にみた場所へと 近づいてゆける とまどいながらもそっと 手をのばしてみる  まだ見ぬ空 その先へと いつか 花咲く頃
いとすずしよへクラムボンクラムボンミトミトクラムボンこころざわざわするよるにも きみをずっとみまもっているよ  そうよきみはひとりじゃないの いつもとなりでほほえんでるよ  きっとわらってほしいんだよ きみのやわらかなえがおみせて  きょうもあしたもそのあしたも どんなときもきみのそばにいるよ
Dill豊崎愛生豊崎愛生原田郁子ミトクラムボン明けてゆく空のむこう…  今でも すごく すごく 自信がないの だけど 信じている この胸にある リズム  時々 ひどく ひどく うれしくなるの 誰のために? なんて なんのために? だなんて そんなの ぜんぶ 飛び越えて  ここにあるよ 嘘じゃない Stay together 手をのばす 負けそうにもなるけど とぎれないうねりの中 精いっぱい 手をのばす  「どんな傷みも必ず 和らいでいくから きっといつか」 そんな風に言って なんにも聞かず そうっと そうっと 抱きしめた  ここにあるよ あたたかい Stay together 響いてる あきらめそうにもなるけど わたしたち つなぐメロディ ララララ  どうでもいいことばかり 気にしてばかり 馬鹿だなぁ あぁ 頭いたいことばかり 自分のことばかりだなぁ  伝えたい言葉が 億千の星になり 照らしてる 今も誰かが誰かをそっと 見上げてごらん きれい ほんとに  明けてゆくよ 嘘じゃない Stay together 手をのばす 負けそうにもなるけど とぎれないうねりの中へ 手をのばすよ  ふれて、あふれて、ふれて、あふれて、
シカゴコトリンゴコトリンゴ原田郁子ミト何にも言えないよ そんなつもりじゃないの デタラメしゃベりだすわ  みるみる ふくれる まっくろなアイツと みるみる しぼむ まっしろなアイツを 飼っていたんだ 夢の中でだけは たまに会うんだ 夢の中にいれば  出てこないで 遊んであげないよ 出てこないで そこへは もうもどらない んーこっそり まぶたの奥 ひそんで あらわれるなんて 昼下がり  もう何にも言えないよ そんなつもりじゃないの デタラメしゃベりだす ああ何て言えばいいの そんなつもりじゃないの アレコレしゃベりだすわ  くるくる すべて おまえはついてきて くるくる わらう 誘ってるつもりね 出てこないで 遊んであげないよ 出てこないで そこへは もどれない  夢のなかにも「お帰りなさい」 夢のなかにも もう「帰りなさい」 困らせないで からかわないで こっちはダメよ イタズラしないで  もう何にも言えないよ そんなつもりじゃないの デタラメしゃベりだす ああ何て言えばいいの そんなつもりじゃないの アレコレしゃベりだすわ  こっちはダメよ イタズラしたって もどらないから
カーテンフォールともさかりえともさかりえミトミト日だまりによりそって きみと手をふってわかれた もうすぐ暮れてく空 みんな消えちゃいそうだ みんな消えちゃいそうだ  まちのおとがざわざわ こどものこえきらきら そっとまぶたをとじて じっと耳をすました きみのこえきけるかな  あいのかけらひとつ なにもかわらない日々から おわりをかさねてひろがってく  街路灯がちかちか 遠くで響くサイレン そろそろ夜はぼくらを つつみこんでとおせんぼ みんな消えちゃいそうだ  そばにあるやさしさ ぼくら忘れがちなんだ  あいのかけらひとつ 朝をあたらしい朝日を 待ちつづけてぼくらは ああ また見つけてゆく ああ また強くなってく さあ  ふれて ゆれて ふれて きえた
Mother Gooseともさかりえともさかりえ木村カエラミトもうすぐ おうちに帰るよ きみの足跡は なにかを告げる  涙もろい空 今にも雨が ほら 降る  一歩ずつ 歩んでいくでしょう 小さな手で 青空をまねき  君のこわい夢の 消し忘れは 私の胸に 置き忘れて いいよ  Hold U with my warm hands 優しく 結ぶ Hold me with your teeny hands つよく まもる  君に触れ 君を感じてる 風にのる 風にのる  悲しみや喜びと 夢邪気に おどる  かさねあわせ まるく まるく からだゆだね ワルツ ラララル  Hold U with my warm hands 優しく 結ぶ Hold me with your teeny hands つよく まもる  君に触れ 君  を感じてる 風になる 風になる  もうすぐ おうちに帰るよ  おやすみ
HOCUS POCUS木村カエラ木村カエラ木村カエラミト高橋健太郎こうゆう具合にしやしゃんせ わがままに夢と alala でずっぱりのでしゃばり太陽 幼心君のいいなりさ  明るい未来を通りゃんせ 頭の上のキレた電球 答えは今もあやふや 浮かんでは沈むシーソーさ  何度も君にふれるよ 笑った分だけ影は消えて 何度も君に告げるよ 生まれ変わるための Breaking my heart  おねだりをしやしゃんせ ちゃっかりきっかりプレゼント 穴を埋めたばかりのドーナツ 泣き虫腹ペコの起死回生  ピンチの時には通りゃんせ 足元に落ちた道しるべ 靴ひも結び直して 進んでは戻れるチーターさ  何度も君にふれるよ 悩む数だけ光が見えて 何度も君に告げるよ 生まれ変われるのよ lighting my heart  何度も 何度も 何度も光と影 1つに束ねて Changing my life  何度も君にふれるよ 笑った分だけ影は消えて 何度も君に告げるよ 生まれ変わるための Breaking my heart 生まれ変わるための Breaking my heart  何度も君にふれるよ 悩む数だけ光が見えて 何度も君に告げるよ 今までより美人 lighting my heart 生まれ変わるための Breaking my heart 生まれ変われるのよ lighting my heart
charm point原田郁子原田郁子原田郁子・伊藤大助ミトZAK・原田郁子彼女はとっても ユニークな声をしている 怪獣みたいって みんなにいじめられた  あんまり傷ついて 黙り込んだ かわいた唇を かみしめた  なぜ こんな声にしたの? 親を責めた どうすればいいの? はじめて孤独を知る 誰にも会いたくない 彼女の狭い部屋に ある日ラジオから ダミ声の歌が流れた  いつまで傷ついて 黙っているの? かわいた唇を ひらきなさい あなたの声を 聞かせてちょうだい それこそが あなたのcharm pointなの  誰とも話したくない 彼女にたったひとり ジャズシンガーだけが 語りかけた  あんなに傷ついて 黙っているの? かわいた唇を うたをどうぞ あなたの声を 聞かせてちょうだい それこそが あなたのcharm pointなの
遥か より 彼方 へ原田郁子原田郁子原田郁子ミトZAK・原田郁子暗いよるに 暗いよるに  Bye-bye-bye Bye-bye-bye  The yesterday is far away.  淡いストーリー 淡いストーリー  Bye-bye-bye Bye-bye-bye  The yesterday is far away.  悲しげに ほほえむエコー はるか かなた  Bye-bye-bye Bye-bye-bye  The yesterday is far away.  夢のあと ゆらいだモノクローム とぎれ とぎれ  悲しげに ほほえむエコー はるか かなた
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
NO IMAGE木村カエラ木村カエラ木村カエラミト争うme & soul 手に取るように見えそう 何もかもno image 空っぽな毎日 私はmay day 名前を呼んで  Do you think I can make it to heaven?  ただ一つだけ 夢が見たい 思い出すだけで 胸がイタい Do you think I can make it to heaven? 先夜一夜のシンドローム  離れないで 離さないで I like U むすんでひらいて 止まらないで 困らせないで make some noise むすんでかなでる  one communication 贈りものは何でしょう 深く クラクラ とろける all night long あなたは who? 狙うはウルフ  Do you think I can make it to heaven?  耳でささやく物語 流されるままに遠ざかり Do you think I can make it to heaven? 先夜一夜のシンドローム  離れないで 離さないで I like U むすんでひらいて 止まらないで 困らせないで make some noise むすんで かなでるがまま I like U 指で描いて I like U 私を抱いて I like U 振り向かないで 夜はmake some noise むすんでひらいて  noisyな夜を no imageな朝に  食べたいな 小さいBanana 食べたいな 甘いBanana 小さいBanana  離れないで 離さないで I like U むすんでひらいて 止まらないで 困らせないで make some noise むすんで かなでるがまま I like U 指で描いて I like U 私を抱いて I like U 振り向かないで 夜はmake some noise むすんでひらいて  noisyな夜を no imageな朝に
Still Song坂本美雨坂本美雨坂本美雨ミト時を 止めて 夢を 消して つないだ 手のひら こぼれた 約束  流れる季節は 誰の目にも 涙を宿しては 溶かして  きみを 忘れて 明日を 迎える  今を とめて 願う メロディー 時を 繋いで 君を 灯して  抱きしめたものを 失っては また何度でも 人は歩(ゆ)ける  今を とめて 祈る この声で 時を 繋いで 君を 灯して
Dear Gouldクラムボンクラムボン原田郁子ミトトロント モントリオール ソナタ シェーンベルク  ねえ、グールド おしえて 深い哀しみを知る人は なぜ 美しいの  フーガ トッカータ ゴールドベルク スタインウェイ  ねえ、グールド おしえて 深い喜び あふれだすとき なぜ 目を閉じるの  るらららら 孤独な火 るらららら 確かな火  ねえ、グールド おしえて 永い螺旋 めぐりめぐって どこへ むかうの いつか また 会えるの
Long Songクラムボンクラムボン原田郁子ミトわたしたち どこにいくんだろう? 薄曇り 空の果て それぞれの 旅はつづく よりどころ 探しながら 思いどおりに いかないこともあるね それでも あぁ ここにいるよ  もういいね もういいよ 手のひらにある光 手のひらにある光 ほら  あの雲のむこう そのまたむこうがわへ あなたがいるから いてくれるから  それぞれの 旅はつづく ほんとうを 見つけながら  いくつかの偶然と 出会いに動かされて わたしは ここで 今日も 暮らしてる  どこにも いかないよ 手のなかにある光 手のなかにある光 ほら  ♪ラララー  こころは うつろい また くりかえす  季節が うつろい くりかえすように  もういいね もういいよ 手のひらにある光 手のひらにある光  どこにも いかないよ 手のなかにある光 手のなかに太陽 太陽 ある太陽 太陽  ♪ラララー
あい の ひびきクラムボンクラムボン原田郁子ミトラララ~ 誰にも会わず 君にも会わず 騒いだ こころ そっと沈める 風はやみ 僕はひとり 雲のかげ 君もひとり あいのふかさ おもいのふかさ あいのふかさ おもいのふかさ  誰にも言わず 君にも言わず 揺らいだ こころ そっと丸める 風とともに 僕はひとり 月のように 君もひとり あいのふかさ おもいのふかさ あいのふかさ おもいのふかさ あいのひびき ひびきあう そら あいのひびき ひびきあう そら  今夜も 僕ら 返事を待ってるさ 今日あったこと ぽつり つぶやきたいだけさ  ラララ~ 風はやみ 僕はひとり 雲のかげ 君もひとりきり あいのふかさ おもいのふかさ あいのふかさ おもいのふかさ あいのひびき ひびきあう そら あいのひびき ひびきあう そら あいのひびき
Epilogueクラムボンクラムボン原田郁子・伊藤大助ミトあーあ このまま 終わってゆくのかな あーあ 本当は もう 終わっていたのかな  出会った頃の君は まぶしい笑顔で 僕の心を 解き放ってくれた  ふたりは  あーあ このまま 終わってゆくのかな あーあ 本当は もう 終わっていたのかな  久しぶりの君は ひどくイライラして 僕のがんばりが 全然足りないと言った あの人の好きな 僕はもう いない みたいだ  あーあ このまま 終わってゆくのかな あーあ 本当は もう 終わっていたのかな  お互い どこかで 無理していたのかな  ふたりでいること つづけること あの人のことば これからのこと  ふたりは  長い沈黙のあと 電話を きった つないだ手を はなしたのは 僕のほう  あーあ このまま 終わってゆくのかな こんな風に して 終わってゆくの?
Bass,Bass,BassクラムボンクラムボンミトミトI wanna say you were the sun when you were the first I'm gonna see you wanna say When do I get it?  I wanna say you were the star when you were the first I'm gonna try to understand When do I get it?  You said Now you do it No one never complains Just, know that I got crazy days! But I don't care, baby whatever they're laughin' at So I'm number one, will you be the one?  Dance! So funny Dance! So funny My life's so funny but it's getting all right Now! Dance! So funny Dance! So funny My life's so funny but it's getting my way  But, Now you switched me by your taste Oh, How cool you are, while you're crazed How boring I used to be than you So Now! Dance! So funny but I'm making my way!  I wanna say you are the sun now and forever I'm gonna see you wanna say over and over I wanna say you are the star now and forever I'm gonna try to understand over and over  I say I make me crazy, funny but never complain And You'll know that I'm gettin' cool play But I don't care, baby whatever they're laughin' at So I'm going forward like you've done before  Dance! So funny Dance! So funny My life's so funny but it's getting all right Now! Dance! So funny Dance! So funny My life's so funny but it's getting my way  Talkin' loud 'bout my dream, I don't care Laughin' loud, just my way, I don't care And My face, clothes, hair, I don't care So Now! Dance! So funny but it's getting my way  I say I make me crazy, funny but never complain And You'll know that I'm gettin' cool play But I don't care, baby whatever they're laughin' at So I'm going forward like you've done before  Again! Dance! So funny Dance! So funny My life's so funny but it's getting all right Now! Dance! So funny Dance! So funny My life's so funny but it's getting my way  And still everything crazy you have will pep me up...
sweet swingingクラムボンクラムボン原田郁子ミトSCOO BEE DOOBA PA DUBI DUBA PA 今宵も また 君に会えたね SWEET SWEET SWINGING おたのしみは これからでしょ? 朝まで 踊り明かそう  感受性の羽 広げ ここでは 誰もが鳥になる SWEET SWEET SWINGING ふざけあって 笑いあって 真夜中すぎに はしゃぐ僕ら  ムラサキ色の 淡い煙 オレンジ色の 甘い香り SWEET SWEET SWINGING 馬鹿になって ハイになって 空っぽになるまで  ららららららら 浮かんで消えたよ ららららららら アディオス!  だんだん だんだん 僕らの居場所  SCOO BEE DOOBA PA DUBI DUBA PA 今宵も また 君に会えたね SWEET SWEET SWINGING 朝がくるまで ゆらるらら 揺られていよう  感受性の羽 広げ ここでは 誰もが鳥になる SWEET SWEET SWINGING ふざけあって 笑いあって はしゃぐ僕らに アディオス!
GOOD TIME MUSICクラムボンクラムボン原田郁子ミトらるれい らるれい よー GOOD TIME MUSIC 僕を 満たして  寂しい時には 君の声がする 呼び出せば すぐに 飛んできてくれる? いつもの歌を きかせて  らるれい らるれい よー GOOD TIME MUSIC ここじゃない どっか もっと いい場所に GOOD TIME MUSIC 連れてって  なにもしたくない そんな日もあるよ そっとしててくれ そんな日もあるよ  こころをムにして 君の声をきく なつかしさ つよさ やさしさ いとおしさ  らるれい らるれい よー GOOD TIME MUSIC 音ん中に もぐって んー どこまでも GOOD TIME MUSIC 僕を のせて  真夜中すぎには 部屋に灯がともる 僕らのブルースが 青白く光って きれい  眠れるまでは そばに いてね  らるれい らるれい よー GOOD TIME MUSIC ここじゃない どっか もっと いい場所に GOOD TIME MUSIC 連れてって  らるれい らるれい よー GOOD TIME MUSIC 音ん中に もぐって んー どこまでも GOOD TIME MUSIC 僕を 満たして
Carnivalクラムボンクラムボンミト・原田郁子ミトCarnival!! Carnival!! Then, I would like to say Hello Carnival!! Carnival!! Then, I would like to say Hello Carnival!! Carnival!! Then, I would like to say Hello Carnival!! Carnival!! Then, I would like to say Hello 真っ白いカーテンをしめきって 久しぶりに すこし 酔っぱらって あぁ まるで 世界中に 僕ら ふたりきり しかいないみたい  言葉を 越えてゆく 夜があるの 静けさのなかに“なにか”があるの 君が僕を わかってくれてるから もう なんにも おびえることはない  Hello!! これまでのふたりに Hello!! これからのふたりに  甘いキスを かわしあう夜は 久しぶりに ひどく 酔っぱらって お互いの すべてを さらけだす あぁ まるで 僕ら けだもの みたい  言葉を 越えてゆく 夜があるの 激しさのなかに“なにか”があるの 君だけが 今でも僕のこと わかってくれてるから もう なんにも 恐れることはない  Hello!! これまでのふたりに 叫ぶよ Hello!! これからのふたりに これからのふたりに  Carnival!! Carnival!! Now, you know the time to do Carnival!! Carnival!! Don't be afraid and you don't care Carnival!! Carnival!! Just never waver, you'll be tough Carnival!! Carnival!! Your mind won't desert you  Hello!! Hello!!  これからのふたりに Say hello...
Merry go round!クラムボンクラムボン原田郁子ミト目と目があえば すぐに(メリー ゴーラン! ゴー! メリー ゴーラン!) あなたのそのしぐさに(メリー ゴーラン! ゴー! メリー ゴーラン!)  いつだって 恋をしてるよ 胸がどきどきしてるよ してるよ  ねてもさめてもはなれない(メリー ゴーラン! ゴー! メリー ゴーラン!) コトバになんかできない(メリー ゴーラン! ゴー! メリー ゴーラン!)  いつだって 恋は切ない 胸がじんじん 痛むよ 痛むよ  なみだの むこう むこうがわに うーらら 漕ぎだすんだ(メリー ゴー ラン!) もどることは もう できないんだよ うーらら 踏みだすんだ(メリー ゴー ラン! ごらん?)  目と目があえば すぐに(メリー ゴーラン! ゴー! メリー ゴーラン!) あなたのその しぐさに(メリー ゴーラン! ゴー! メリー ゴーラン!)  すこしずつでいいから あわてなくていいから 静かに深めてゆこう  大きく 息を吸いこんだら うーらら 漕ぎだすんだ(メリー ゴー ラン!) 歌いながら 思いのままに うーらら 踏みだすんだ(メリー ゴー ラン! ごらん?)  まわる メリー ゴーランド 晴れ渡る空 らららら らららら あなたへ つづいてる空 ほら 一度きりの出会いを ふくらんでゆくこの気持ちを つないで つないでゆこう  なみだの むこう むこうがわに うーらら 漕ぎだすんだ(メリー ゴー ラン!) もどることは もう できないんだよ うーらら 踏みだすんだ(メリー ゴー ラン!) らららー ららー ららー ららら うーらら 漕ぎだすんだ(メリー ゴー ラン!) 歌いながら 思いのままに うーらら 踏みだすんだ(メリー ゴー ラン! ごらん?)
THE NEW SONGクラムボンクラムボン原田郁子ミトすれちがう心のゆくえ いつのまに ふたり 手をのばし 求めるほどに いつからか ふたり  迫るスピード 感じながら ああ 僕ら 身をまかせて うわああああああ ともに ゆこう  愛しい顔がふとよぎる また すこし 遠くなる 忙しくて 会えないときも すぐ 近くに いるから  うねるグルーヴ そのど真ん中で 僕ら 身を焦がして うわああああああ 転がりつづける  かわいた かぜ ゆらいだ まち ひびいた おと すきとおった そら  迫るスピード 感じながら ああ 僕ら 身をまかせて うわああああああ ともに ゆこう  うねるグルーヴ そのど真ん中で 僕ら 身を焦がして うわああああああ 転がりつづける
アホイ!クラムボンクラムボンクラムボンミトピヨヨヨ ひらめいた ともだちになろう たのしくやれるさ きみとなら  ガルルル とびだした どこへでもゆこう ねがいはかなうさ ぼくら  ちいさいカラダは もう じっとしちゃいられない  ♪ライララ ライララ ライララ ライララ ライララ ライララ ライララ ライララ  ギラララ おひさま かぜもよんでいるよ フウリンソウにアホイ! ごあいさつ  ビブヴバァーン ほしいな ポロロンピューウ したいな くものうえにだって のりたいな  カラカサタケをつかって そらとぶかさをつくろう  ♪ライララ ライララ ライララ ライララ ライララ ライララ ライララ ライララ  ――― Sunny ―――  ♪ライララ ライララ ライララ ライララ ライララ ライララ ライララ ライララ  なにがまっているの? どんなゆめをみよう? そらはとおくひろいよ どこまでも
ドブロノッツクラムボンクラムボン原田郁子ミトベイベー ねむりの もりに おおきな おつきさま ベイベー あなたを もりに さそう おまじない  ドブロノッツ ポマル ポマル…  ベイベー あのこに もりで こんや あえるかな ベイベー あなたの もりを てらす おまじない  ドブロノッツ ポマル ポマル…
バイタルサインクラムボンクラムボンミト・原田郁子ミトクラムボンぼくにも ゆずれないものが あるんだ  頼りないこの足取りで 確かな なにかを残してゆこう そっとあなたには伝えたいから また ぼくは手を伸ばしてみる  ぬくもり つなぐ手  なんども 走って 転んで また走る なんども くりかえす 立ちどまって すこし思う  あたらしい季節をゆく たそがれが そっと肩をたたくから  この小さな息づかいも 遠い誰かにつながるように  懐かしい香りがした 忘れてたはずのことが 一瞬で  思い出す 呼び戻す 目が覚めて ハッとする いまの気持ち この気持ち ゆずれないものを知る  不安と不安のその隙間に 何よりかえ難い 愛おしいくらし  そっと あなたには 伝えたいから また ぼくは手を伸ばしてみる  ぬくもりは 胸の奥で生きてるから おわらない ぼくはまだ歩いてるよ  刻むバイタルサイン
sonorクラムボンクラムボンミトミトクラムボン誘う 全てを溶かすように 月が照らす 月が照らす  いざよう魂を癒せ月夜 広がってゆく 広がってゆく  天を仰ぎ祈る さまざまな思い 今は長い夜も誰もが愛せるように  彩り 空は輝き出す 包まれてゆく 包まれてゆく  失う悲しみ 胸が痛む 薄らいでゆけ 薄らいでゆけ  愛する人よ そこで待っていて 忘れない 何もかも持ってゆく  ここから始める 出来事はぜんぶ 夢に描いていたイメージを塗り替える  移ろい揺れる鼓動 息絶えず 次へ続く希望を 持って絶えず  天を仰ぎ祈る さまざまな思い 今は遠い朝も誰もが愛せるように  天を仰ぎ祈る さまざまな思い 今は遠い朝も誰もが愛せるように
ホムンクルスクラムボンクラムボンミトミトクラムボンわたしにないもの 君に託したよ 君はわたしがつくった 誰も知らぬ人 そんな切ない顔 しなくてもいいよ と 君はいつでもわたしを 励ましてくれるの  さあさ ふたりで踊りましょう このワルツにのって 昨日とおなじ服で  やみそうにない雨で かすんだ日々も 君はいつでも話を聞いてくれている SLOW DOWN 時にはすこし 君のせいにする なにも悪くなんてないよ 逃げてしまうだけ  また ふたりで踊りましょう このワルツにのって 揺れてもつれるターン ターン ターン  さあさ ふたりで踊りましょう このワルツにのって すこし慣れないターン ターン ターン  きっとそんなめずらしいことじゃないよ  いつか 君が近くになって そっと わたしと手をつなぐ  ことばもいらない そっといるだけ なにかにおびえないように 暮らしていけるように
クラムボンクラムボン原田郁子ミトクラムボンバカに 騒がしい夜は バカに なっちゃいそうだ  暑いどっかの国のリズム この部屋を揺らす  真夏の灼熱の太陽 まともに浴びてしまった わけわからん そんな時はだいたい カラダがひとりでに動く  火をくべて 休みなく踊る民 古い時代のダンスのように舞え  また会えると思うと 胸が騒ぎだして アフフロウオムパー 会えないと思うと もっと胸が騒ぐから アフフロウオムパー
アンセムクラムボンクラムボンミトミトクラムボン重いな いっそ全部捨てていきますか 深い青 突き抜ける気分にはいいな  飛行場 浮かぶかげろう 機体がかけるよ 期待を きらめかす 太陽 光を 集めて 急げよ 時間が 迫るぞ  響く頭上のアンセム 視界を震わせる低音 響く頭上のアンセム 地上蹴り上げてフィードバック さあ  日増しに薄れてく 望みをその空へ 変われる気しないなあ そっとつぶやくようで 気にしてる気ないなあ うつむいてるようで  じっとしてられないや 無謀でもいいわ じっとしてられないや 不安でいいわ へんな自信さえも なんかつかめるもんさ  旋回するような感じ 後悔を空へ なにもする気ないなあ そっとつぶやくようで 後ろが気になるなあ うつむいてるようで  じっとしてられないさ 渦に飛び込んで じっとしてられないさ 雲に飛び込め 笑い飛ばすように 笑い飛ばすように  たどり着ける距離 背を向けずに今日に  軌道上の 視界に 映るのは 閃光 黒い影 雷の航路 機体は 傾いて進路 を変更 先急ぐ今日の 期待を 押し戻す 天候 決め手を焦る管制塔 いよいよ 着陸の際の 低いトーンのメッセージ  響く頭上のアンセム 視界を震わせる低音 響く頭上のアンセム 無重力を感じるシート  響く頭上のアンセム 視界を震わせる低音 尾翼は白く雲なびかせて 響く頭上のアンセム
ハローハローハロークラムボンクラムボン原田郁子ミトクラムボンハロー ハロー ハロー ハロー ハロー ハロー やぶんおそくすいません お元気ですか?  なんとなく なんとなく あなたのことを 考えていた  ハロー ハロー ハロー ハロー ハロー ハロー ごぶさたしてます お元気ですか?  今夜も雨です ここのところ ずっと雨です すこしずつだけど やっているよ まだここで やっているよ  ハロー ハロー ハロー ハロー ハロー ハロー そちらは いかがですか? あれから どうですか?  また いつか また いつかね また いつか ゆっくり できる頃にでも ハロー ハロー ハロー  なんとなく なんとなく あなたのことを 考えていた なぜか ときどき 思い出したりするので  ハロー ハロー ハロー ハロー ハロー ハロー ハロー ハロー ハロー ハロー ハロー ハロー
インパクトクラムボンクラムボンミトミトクラムボン靴のかかとつぶしたまま いつものように考えている  世界が変わる勢いでひらめきは舞いおりる 改造施した3人に火がまた灯る  立ち上がる 真っ黒なスピーカー街を揺らす 走り出す そして前の前の前を目指す 鳴らすよFUNK  敵はいない あせりはいかんよ 風よ舞え 迷い消えちゃいな  またつれづれに 浮かぶメロディ向かう反射 振り切れるかい ゆるいビートは花びらに乗った  気がした  脳内改造 新しいうた 展開には 非常に丁寧 肉体改造 新しいうた 演奏には 飛び散る汗 精神改造 新しいうた 瞑想より サイケデリック そして今日も 新しいうた、、、3人さえもう止められない  絡み合う 3つのフレーズ いずれはこの世界を変える  あんがい今日でできそうな気する あんがい今日でできそうな気する  日は斯く萌え 火はあかく燃え  新しくなった3人に火はまた灯る  マシンみたい ゆっくりとリズムは走り出す マシンみたい 点と点がすっと線を描く そう 立ち上がる 真っ黒なスピーカー 街を揺らす 先を急ぐ そして前の前の前を目指す おわらせない  もうしばらく ここにいるよ しずんだ太陽 でも冷めない体温  夜にのびた 影の先へと 走る 走って 次 次へと 走る 走って 次 次へと 走る 走って ゆく
loop bridgeクラムボンクラムボン原田郁子ミトクラムボンながい雨はふりやんだよ みんな流れていった じっとしていようね 通り過ぎるまでは  肩よせあう 大人になれないまま 忘れたくないことが ふえてゆく  みじかい言葉を そっとおくるよ 君のもとへ 飾らない言葉が ふたりを あぁ つないでる  ながい雨がふりつづいて すこしきれいになった ときがたてばわかるね 今はまだ知らなくていい  頬をよせあう 子供のままの気持ち 傷つきやすい やわらかいわたしたち  よく晴れた空  すきとおった青い空  あーぁ  みじかい言葉が 今 届いたよ はなれていても 飾らない言葉が わたしを あぁ 抱きしめる  みじかい言葉を そっとおくるよ 君のもとへ 飾らない言葉が ふたりを あぁ つないでる  届いた言葉を 君の言葉を ポケットに集めて つれてゆこう  我を忘れるときも ひどく忙しいときも やるべきことがあるときも おんなじ空を 見ているから
便箋歌クラムボンクラムボンクラムボンミト亀田誠治・クラムボン今日はあなたに手紙を書きます あなたを見てきたわたしなりに ひどく照れくさいけどやってみます うまくいくかな? どうぞ4649ね  あなたはほんとにダメダメなひとね モタモタして遅刻してイライラして びくびくしてるくせになんとなく笑って いつまでもモヤモヤ抱えています  そんなあなたでいてほしくない 願うわたしを忘れないで そんなあなたも好きでいたい この声は聞こえてますか?  昔のあなたを思い出してみましょう ブラバンの部長や学級委員長 人には言えない恥ずかしいエピソード かっこ悪いフラれかたもありましたね  どんなあなたも受けとめたい 願うわたしを忘れないで どんなあなたも嫌いじゃない この声は届いていますか?  「さて、あなたは、あいかわらずダメダメなひとね。 ハラハラさせられっぱなしで…困ったもんです。 マイペースとか、マイワールドとか… それってきっと…うん、変われない自分への言い訳です。」  「とは言え、そんなあなたも、なかなかやっています。 まだ見ぬあなたに…期待しています。 あらゆることが、わたしたちを待っています。 ……はい、そろそろ腹をくくってみませんか?」  1818、ようやくここまで来たところです まだまだ、問題は山積みのままです 1414、すべては始まったばかり まぁ、無駄なことなんてきっとないのでしょう こんな調子でなんとかやってゆきましょう それより早く子猫を飼いましょうよ
はなればなれクラムボンクラムボン原田郁子ミトクラムボン高いところへのぼろう とびっきり 高い高いところへ そうすれば ふたりのこれからも みえるかもしれないね  手をはなしたすきにほら それぞれせおうものふくらんで あのころみたくいつでも そばにいれたら  はなればなれで 眠る夜はふたりを すこしずつ強くしてくよ すこしずつ強くなれば  深いところへもぐろう まっくらやみ 深い深いところへ そうすれば ほんとのこと わかるかもしれないね  手をふるよ また今度ね 君が見えなくなるまで あのころみたくいつでも そばにいれたら  はなればなれで 眠る夜はふたりを すこしずつ強くしてくよ すこしずつ強くなれば
あなたが望む方へ山下久美子山下久美子宮沢和史ミトこの世界を つないでる 道はいつか かならず 結ばれる どこまでも 歩いて行け あなたが 望む方へ  この景色を 駆けまわる 鳥は今日も 私の手を引いて どこまでも 飛んで行こう あなたと 出逢う日まで  時代のせいにしない 2人で駆け抜けた 青春の日に 偽りなどないから  あなたがいる その町に 続く道が どこかで とぎれても この道を歩いて行く 笑顔が見つかるまで  地球の速度より速く 駆け出して つまずいて 立ち上がって 本当の姿より高く 無理をして 背伸びしていたね  時代のせいにしない 2人だけの夢を追い 生きてた日々に 後悔などないから  あなたがいる その町に 続く道が どこかで とぎれても この道を歩いて行く 笑顔が見つかるまで  この世界を つないでる 道はいつか かならず 結ばれる どこまでも 歩いて行く 2人が 出逢う日まで
恋わずらいクラムボンクラムボン原田郁子ミト亀田誠治・クラムボン僕にそんなにもとめないでよ 君をきらいになりたくないのに ねぇ僕はそんなにきれいじゃないよ 君の思いこむ僕は僕じゃない  ぎこちないのはいつから あんなにおしゃべりできたのに 騒がしいこの空気は はじまりなの?おしまいなの?  恋をわずらうなんて ひどくわずらわしいこと 恋をしてしまうなんて 思いもしなかったこと  僕をそんな目で見つめないでよ もう君をちゃんとは見れなくなるから  ぎこちないのはいつまで こんなにおしゃべりできなくて 眠れないこの気持ちを 知りたいの?知りたくないの? 恋をわずらうなんて ひどくわずわらしいこと 恋をしてしまうなんて 思いもしなかったこと  恋をわずらうひとと 恋がわずらわしかったひと それでも会いたいなら これを何と呼べばいい?  ふざけたとき ふつうのとき (ひとつがふたつになる) ふみこむとき ふかまるとき (ひとりがふたりになる) ふしぎなとき ふくらむとき (ひとつがふたつになる) ふるえるとき ふれあいたいとき (ひとりがふたりになる)  僕にそんなにやさしくしないでよ そんなのちっともやさしさじゃない  ぎこちないのはどうして 君とまたおしゃべりしたいだけ 黙りこむふたりのつづきは はじまりなの?おしまいなの?  恋をわずらうなんて ひどくわずらわしいこと 恋をしてしまうなんて 思いもしなかったこと 恋をわずらうひとと 恋がわずらわしかったひと それでも会いたいなら これを恋と呼べばいい?  ふかまるとき (ひとつがふたつになる) ふるえるとき (ひとりがふたりになる) ふみだすとき (ふたつがひとつになる) (ふたつがひとつになる)
サラウンドクラムボンクラムボン原田郁子ミト亀田誠治・クラムボン“わらってごらんよ あるいてごらんよ 右から左から誘うよ あなたを”  なにかちがうんだ ぐちるのなら 買いたての自慢の ヘッドフォンから わきでる音にしみこむ音に 背中おされまちへでかけよう  わらってごらんよ あるいてごらんよ 右から左から誘われるサラウンド 上昇気流に飛び乗っていこうよ あなただってわたしだってどこへだっていけるよ  きっと  これしかないんだ 見つけたなら 渦巻きコードの ヘッドフォンから わきでる音にしみこむ音に 背筋のばしてまちへでかけよう  はじめてごらんよ あるいてごらんよ 右から左から駆けぬけるサラウンド 上昇気流に飛び込んでいこうよ あなただってわたしだってだれとだって会えるよ  きっと  おぼえたてのうたをうたう くりかえすたびつづくたび  “耳をそばだてて じっとそばだてて 右手で左手をつなぐよ あなたと”  わらっていたいよ あるいていたいよ 右から左から誘われるサラウンド 上昇気流に飛び乗っていこうよ あなただってわたしだってどこへだっていけるよ むつかしい顔しないでうたいつづけようよ わたしはあなたといつでも一緒だよ  ずっと
ジョージクラムボンクラムボン原田郁子ミト亀田誠治・クラムボン愛知ってる?ねぇ愛知ってる?ほんとに?  遠い目で さみしいひと 今日もどっか飛びだしたいのね ここにおいで かわいいひと 君にひそむモンスターへ  愛知ってる?ねぇ愛知ってる?愛知ってる?ねぇ愛知ってる?ほんとに?  みにくいこと まるごと見たい 今日もだれか瞳にうつる きれい それはみにくいこと 私にひそむモンスターへ  愛知ってる?ねぇ愛知ってる?愛知ってる?ねぇ愛知ってる?ほんとに?  その皮いっそ剥がしておいで その目でもっと話してみて その手をぎゅっと離さないで その心になにが光ってるの?  恥じらいは無くせない でも恥ずかしいことばかり 恥じをかけない大人にはなりたくない 恥ずかしいもの  さじ加減は外せない でもややこしいことばかり 誰のなかにもひそんでる 息苦しいなら出てこいモンスター  愛知ってる?ねぇ愛知ってる?愛知ってる?ねぇ愛知ってる?ほんとに?  この皮いっそ剥がしてみたい この目でもっと話してみたい この手でぎゅっとつかんでみたい その心にはなにが届くの?  もっと! ぎゅっと! もっと! ぎゅっと!
ロマンチッククラムボンクラムボン原田郁子ミト亀田誠治・クラムボンここにいてくれますか? ここにいてもいいですか? バイブレイションあげたい イマジネイションください スタイルは問いません ファッションじゃございません 無防備でごめんなさい  とらわれないでいいのよ! 気持ちいいのがいいのよ! ポジティブと知り合いたい ネガティブと手を切りたい ジャンルはわかりません フィクションじゃございません 不器用でごめんなさい  泳いできて 飛んできて 揺れてみて 弾けてみて 泳いできて 飛んできて 揺れてみて 弾けてみて  居心地はいかがですか? おかまいもしませんで? ロマンチックをあげたい ドラマチックをください フォローなどありません タレントじゃございません 不愛想でごめんなさい  泳いできて 飛んできて 揺れてみて 弾けてみて 泳いできて 飛んできて 揺れてみて 弾けてみて  ファンタジーが舞い降りる あなたとわたしの目の前に ファンタジーが包み込む あなたとわたしのすべてを エナジーは燃えさかる ひとりひとり今密かに エナジーは燃えうつる みんなみんな今確かに  泳いできて 飛んできて 揺れてみて 弾けてみて 泳いできて 飛んできて 揺れてみて 弾けてみて
モノクロームクラムボンクラムボン原田郁子ミト亀田誠治・クラムボン闇と光と灰色の私と  生ぬるい空気が澄んでゆくわ あぁそうか生きていたんだ 短い雨粒落として 私は今 ピアニスト 暗い暗い闇暗いほど 光は光るの 光るの  海のブルー 空のブルー 貴方のブルー 私のブルー 曖昧な色を見てる 白と黒しかないこの世界で  ほんとはなにもわかっちゃいなくいせにね さも わかったような顔してさ もう そういうのやめにしたい まっさらでいたいだけなの  へたくそな指を伸ばして 私は今 ピアニスト 暗い暗い闇暗いなら 光を探すの 探すの  海のブルー 空のブルー 貴方のブルー 私のブルー 曖昧な想いのせて 白と黒の上で踊りましょう  弾むように ステップを刻んで 転がるように ステップを鳴らして うたうように ステップを刻んで やさしく強く ステップを鳴らして
ララバイ サラバイクラムボンクラムボン原田郁子ミト亀田誠治・クラムボンもういくよ かえりたくはないさ でもいくよ ここからどこまでも  ひとりでいかなきゃだめなんだ ひとりにならなきゃだめなんだ  君と会えたよ まるい空の下 離れたくないの もう二度と 君と笑えば まるい傘になって 離れられないの でもいくよ  からみあう いくつものメロディー 鳴りやまないで 君へのララバイ 届けよサラバイ  もういくよ ここまでこれたんだ もういくよ ここからどこまでも  闇のむこう 未来のむこうで 生まれ変わってまた 会おうよ  からみあう なつかしいメロディー おいてゆくよ 君へのララバイ 届けよサラバイ  君のまちがね 遠く遠くなってく ここで会えたもの ありがとう  からみあう あたらしいメロディー おいてゆくよ 君へのララバイ 届けよサラバイ
レインボウクラムボンクラムボン原田郁子ミト亀田誠治・クラムボン吐くものなんかもうないのに 指つっこんで吐きつづけた わかったつもりでいたのに 飲み込めない苦いフレーズ  「あぁ うまく言えないよ!」 イガイガ胃が痛むよ 「なぜそんなに言えちゃうの?」 カラカラ口渇くよ  すべて もうすべて すべて水に流せば すでに もうすでに 真夜中へ吸いこまれて…いる  吐くだけ吐きだしたから テーブルで笑いつづけた 「わかる」とうなづいたのは わかるような気もしたから  「じゃあ次 いきますか?」 イガイガ胃が痛むよ 「やめとく人!いきたい人!」 カラカラ口渇くよ  ことばのゆくえ 確かめてたい ほんとはだれといたいんだろう こころのこえっていうの 聴いてたい ほんとはどこにいきたいんだろう  すぐに もうすぐに わたしそう変われないし でも すぐに でもすぐに わたしもっと変わりたいし  すべて もうすべて すべて渦に巻かれて すでに もうすでに 明日へと吸いこまれて…いる
大貧民クラムボンクラムボン原田郁子ミトいってまいります 今夜も いきなりツイてるみ・た・い でもあくまでもポーカーフェイス ウチも案外ツラいのよって  だしてまいります 中途半端は じゅんぐりき・え・る そう ミスはいのちとりね 切り札2が2枚とジョーカー 未来をよろしくたのむわ  でしゃばりすぎず かかわらずに でも貧しすぎず まんなかでいられたら  やっちゃいますか ひそかに かくめいあがり大・作・戦! れきしに名をキザめば それはサイコーの見せ場なの  やめちゃいますか リスクが おおきすぎて首し・め・る 狙うのは2番め トップはなにかと大変そう いつの時代も大変そう キープはもっとも大変そう  でしゃばりすぎず かかわらずに でも貧しすぎず まんなかでいられたら  でしゃばりすぎて あっけなくまっさかさま そんなみじめは まんなかにはないもの
Our Songs(MUSIC FAIR mix)クラムボンクラムボン原田郁子ミトクラムボンここで会える人 おっきな扉あけて 今日はどんな人 時々会える人 やっぱり変わらない 愛すべき人たち  何がどうなったか おかしなつながり 少しずつ広がって わたしはここにいる  リズムにあわせて おっきく手を広げれば 誰かがうたい出す  わたしたちをつなぐメロディーは夜をつつむ  東京タワーの見える道を進めば 今日はこんなメニュー 流れにまかせて 知りあったり別れたり 少しずつ集まって あなたもここにいる  ギターにあわせて おっきく足ぶみならせば 誰かが笑い出す  わたしたちをつなぐメロディーは夜をこえて つづくはずの一日もおわる かえり道口づさむのは どんなうた?
いたくない いたくないクラムボンクラムボン原田郁子ミトクラムボンバランスとって 歩くってことが いつから当たり前になったんだっけ? いたいいたいも いつかは飛んでくのに そういえば転ばなくなってるね  ぶつかったり わめいたりしたくても いたくない いたくないって 無理して笑うだけ  変わりたいのに 変われないんでしょ 嫌われるのをこわがってるだけじゃ 変わりたいのに 変わらないんでしょ いつでも何か探してるだけで  バランスが悪くなってくると いつから逃げ出したくなったっけ? 教室のまん中にいても 遠くをぼんやり見てるばっかり  はずかしくて寒くてここには いたくない いたくないって どこに行きたいの?  変わりたいのに 変われないんでしょ 嫌われるのをこわがってるだけじゃ 変わりたいのに 変わらないんでしょ いつでも何か探してるだけで  変わりたいのに 変われないんでしょ こころのからっぽのとこなんでうめられるの? こわれてしまうまえにちゃんと向き合えるかな あきれてしまうまえにちゃんと向き合えるかな いたくない いたくないって もう目つぶんないで全部うけとめなきゃ
ORENZIクラムボンクラムボン原田郁子ミトクラムボンひとくち→チキンライス→スプーンもほおりなげた→ たいくつな→夏休みから→ライト→飛びこめば→バカンス→ ステキな音→とびら→ライブハウス7時→自分守ること少し忘れて→ 手をふり リズムとるの こんな風にそう ダダダダーダ!ダダダダーダ! 大好きなあの人もあんな風にそう ダダダダーダ!ダダダダーダ ダーン  抱きしめて→手にふれたものだけに→にっこり笑うの→ KNOW ME SO→育つわ→ 忘れていたことも→もちろん思い出す→スピーカーからの声→ 8ビートにのせて→ 天国まであとちょっと そんな風にそう ダダダダーダ!ダダダダーダ! 大丈夫うまくいくわ いろんなタイムで ダダダダーダ!ダダダダーダ ダーン  そしてまたもとにもどれ! ワン・トゥ・スリー・フォー!!  フォームのちがう あなたもわたしもそう ダダダダーダ!ダダダダーダ! 誰でもいけるの また会いましょ最後に ダダダダーダ!ダダダダーダ ダーン
風邪をひいたひょうしにクラムボンクラムボン原田郁子ミトクラムボンあまいシロップには騙されないわ にがいにがい薬とにらめっこ 涙が出るほど飲みたくない 飲まなければ休みは続くばかり いや 逆立つうぶ毛  夢を見ているの きっと すべては目覚めれば もとどおり 誰かの話す声 楽しそうね 早く一緒に 遊びたいわ 今すぐ そっちへ 行くから待ってて  風邪をひいたひょうしに 鈴が鳴る 頭のなか こだまして ゆがむ部屋にも あふれ出す 熱のせいで きのうまでの 世界にはもう とりのこされそうな気分  厚い毛布の下でふくみ笑い 今ごろみんな 何 してるんだろう いつもの毎日が かすんできて こっちとあっち うらやましいのはどっち 外は すばらしい天気  夢を見ていても うなされるの すべては目覚めれば もとどおり 誰かの笑う声 耳ざわりね 仲間ごっこはもう バカらしいわ 今すぐこっちへ 来ればわかるのに  風邪をひいたひょうしに 鈴が鳴る 頭のなか こだまして ゆがむ部屋にも あふれ出す 汗のせいで きのうまでの 世界なんて遠く思い出せない気分  夢を見ているの きっと すべては目覚めれば もとどおり 誰かの話す声 楽しそうね 早く一緒に 遊びたいわ 今すぐ そっちへ 行くから待ってて  風邪をひいたひょうしに 鈴が鳴る 頭のなか こだまして ゆがむ部屋にも あふれ出す 熱のせいで あしたからの 世界にも とりのこされた  風邪をひいたひょうしに 鈴が鳴り渡る 頭のなかから 響くわ部屋じゅうに
雲ゆきクラムボンクラムボン原田郁子ミトクラムボンこころの雨やまない 流れてくれないこと あああ きみにぶつけてみる ふたり雲ゆきを探るのね  肌のにおいも その声も 大きな爪も リズムも わたしの奥を震わせる ゆううつな雲をはじいていくの  わたしの目のなかに きみの目が写り込む きみの目のなかにも わたしが写るなんて  こころの雲が晴れる どこへ流れて消えた あああ きみの目のぞきこんでみるよ すいよせられていくわ  くちびるはなれた メロディーも 熱い手のひら 猫背のシルエット わたしをゆさぶるの きみの雨雲もどこか遠くかなたへ  わたしの目のなかに きみの目が写り込む きみの目のなかにも わたしが写るたび  きみを見ていたら わたしを見つけたよ わたしを見ていて もし きみがきみに会えたら  目をとじて眠るときも ひとりに帰るときも はなればなれの夜でも ひとりきりを知っても
タイムリミット(streeya♪mix)クラムボンクラムボン原田郁子ミトクラムボンほんのちょっとぐらい人より強いつもりでいたの でもそれは思い込みね あなたに言われたこと ほんと くやしかった でもそれは図星かもね  わかってるよ さかさまにしたってごまかせないもの つきささったことば うまくのみこめないけど 時間はかなり残酷に 言いそびれたこと やれなかったこと のこしてすすむ  答えを出すには そろそろタイムリミット わかりあうってむずかしい  わかってるよ ふりまわされてももとにもどるもの ひっかかったことば ちくちく いたみだすけど 時間はかなり残酷に 言いのこしたこと やりのこしたこと おいてく  ことばにかわるフレーズ下さい うまく伝わるフレーズ下さい  さか立ちしたって うまくいかない? はねっかえることば いつかのみこめるなら  時間が思いがけずにさ 立ちどまったりすれば 言い直せたこと やり直せたこと あるけど もうじき タイムリミット  ことばにかわるフレーズ 届くまえに
トレモロクラムボンクラムボン原田郁子ミトクラムボンこんがらがるのは 誰のせい わたしのせい 考え込むのは いつもの悪い癖  今年の暑さも 冬の寒さも いつのまにか 忘れてしまうから 君と初めて話した日 動き出した景色は ふたりの上に 広がって見えた 覚えてる  どんなことにも 終わりは訪れる 永遠ってときも 確かにあったけど 君と初めて会ってから 動き出した毎日も やがて終わる日が来ることを 知っていた  足音を聴かせて 泣きごとも言わせて つもりつもって 土にかえるまで 消えてしまうまで
波はクラムボンクラムボン原田郁子ミトクラムボン波は ただおしよせる 引いてはまたすぐ 押し寄せる まわりを囲まれて あちらこちらから 肩をたたきに あぁ 水びたしの わたしは またほら ひとりぼっち ああ 気がつくと 沖の方へと 流されていた  きらりきらり 揺れて 迷いながら こちらを見てる ふわりふわり 泡と たわむれて いたいのね  わたしは 浜辺に座って 銀の波に揺れる わたしを見てる にごった 水は深く 流れにのまれて 引き裂かれそう ああ そろそろ 岸の方へと 帰らなくちゃ ああ 二人が そっぽを向いてしまう前に  きらりきらり 揺れて 迷いながら こちらを見てる ふわりふわり 泡と たわむれて いたいのね  きらりきらり 揺れて 迷いながら こちらを見てる ふわりふわり 泡と たわむれて いたいのね  揺れて 迷いながら こちらを見てる ふわりふわり 泡と たわむれて いたいのね
パンと蜜をめしあがれクラムボンクラムボン原田郁子ミトクラムボン思い出せば前ぶれは確か 自転車のってやってきた 背中に飛びきりの陽を浴びながら 追いかけても逃げてった クジラ雲も今日なら 頭の上でまだこちらを見てる 笑いながらね  チューブ踏んづけて飛び出た色は 洗っても洗っても落ちなかったけど ライチの実をひとつほおばって にごったもやもやとさよならできたら すれ違う人や 道に咲く踏まれそうな花びらも あぁ すてきにみえる 誰かにまた会いたくなる  草むらにねころんで さぁ物語はじめよう パンと蜜をめしあがれ  まぶしくて目をほそめてるすきに 小さなぬくもり入り込んだ とうとうわたしにもその日が来たのね 秘密のマシーンのスイッチひねって すべてはついに動き出す 歯車ガタゴトまわるみたいに おびえながらも  あせた色のしみや古いキズは こすってもこすっても消えなかったけど いつかはみんなおいしくなって じっくり煮込めばさよならできるね すれ違う人や 道に咲く踏まれそうな花びらも あぁ すてきにみえる 誰かにまた会いにゆける?  草むらにねころんで さぁ物語つづけよう パンと蜜をめしあがれ  さよならできたら すれ違う人や 道に咲く踏まれそうな花びらも あぁ すてきにみえる 誰かにまた会いたくなる  ゆりかごみたいに ゆられるまま寄りそって ねむの木に手が届くまで
全1ページ中 1ページを表示

注目度ランキング

  1. RISE UP
  2. Sharon
  3. 絶対アイドル辞めないで
  4. 図鑑
  5. arc jump'n to the sky

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×