この曲の表示回数 14,950
歌手:

青葉市子


作詞:

ミト・原田郁子


作曲:

ミト


曇ったガラス 指でなぞると ちょっと
山あいから 灰色の雲 そっと

目をそらさずに ここにいよう
忘れていた 雨の色も 見えてくるよ

西側の方 時報によりそう echo
雨粒のdot 偶然鳴らした chord
あの歌はきっと 街にもまれ rit
まばたき ひとつの間に聞こえた oto

耳ふさがずに ここにいよう
ふっともらした ため息さえ
今ならきっと わかると思う
前よりずっと わかると思うよ

千早振る都の舞いはよしなし事を詠うばかり
夢香る霞の空を行き交う人風のまにまに
千早振る都の舞いはよしなし事を詠うばかり
瀬をはやみ流るる日々もかえすがえす降る雨のやう

目をそらさずに ここにいよう
ぼやっとしていた 視点が今 あってゆくよ

気がつけばもう 握ってたお茶は ちょっと
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雨 歌手:青葉市子

青葉市子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014/12/03
商品番号:COCP-38844
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP