機械仕掛乃宇宙

青葉市子

機械仕掛乃宇宙

作詞:山田庵巳
作曲:山田庵巳
発売日:2013/10/23
この曲の表示回数:30,364回

機械仕掛乃宇宙
ずっと忘れないで ずっと忘れないよ
不揃いの冷たい石を 並べただけのこの街で
ぼんやりとした太陽は うっすら僕を照らしてる

名も無い事で有名な なんにもできないこの僕は
街の誰からも蔑まれ 1人ぼっちで暮らしていた

朝の光を忘れてしまった人々にしてみれば
空を見上げてばかりいる
僕はまがいものさ
僕は愚か者さ
僕は笑い者さ
僕は除け者さ

暗闇の時が多すぎて
時は暗闇でありすぎて
人々はやがて夜明が来る事も忘れ
不平不満を口にして 夢を語り合わなくなったよ
だけれどもそう君だけは 街中でたった1人きり
決して光を忘れない 僕に笑顔を見せてくれる

ああ愛しの君よ
可愛い笑顔の君よ
僕の心の闇を照らし
あたためてくれた

傍に居てくれるなら
ぎゅっと抱き合えるなら
他に何にもいらない
愛しい君よ 愛しい君よ

君にいいもの見せてあげよう
なんにもできないこの僕が
全てをかけて こしらえた

機械仕掛けの宇宙

誰にも内緒だよ 誰にも内緒だよ

ほの暗い部屋の薄闇の中にほら、ひっそり隠れてる
丈夫な鉄骨と 精巧な歯車と 星を模したオブジェと
誰にも内緒だよ 2人だけの秘密だよ

機械仕掛けの宇宙は回り続ける
ゆっくり 静かに
こんな日がいつまでも続けばいいって思ってた

君がいなくなって 僕は抜け殻になって 泣いてばかりいたよ
宇宙は錆び付いて 星達も夢をなくして うつむいてばかりさ

機械仕掛けの宇宙は回り続ける
回り続ける
ゆっくり 静かに
こんな日がいつまでも続けばいいって思ってた

ずっと忘れないよ ずっと忘れないで
不揃いの冷たい石を
並べただけのこの街で
ぼんやりとした太陽は
うっすら僕を照らしてる

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム