エレファントカシマシの歌詞一覧リスト  250曲中 1-200曲を表示

並び順: []
全2ページ中 1ページを表示
250曲中 1-200曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
今宵の月のようにPLATINA LYLICくだらねえとつぶやいて 醒めたつらして歩く いつの日か輝くだろう あふれる熱い涙  いつまでも続くのか 吐きすてて寝転んだ 俺もまた輝くだろう 今宵の月のように  夕暮れ過ぎて きらめく町の灯りは 悲しい色に 染まって揺れた 君がいつかくれた 思い出のかけら集めて 真夏の夜空 ひとり見上げた  新しい季節の始まりは 夏の風 町に吹くのさ  今日もまたどこへ行く 愛を探しに行こう いつの日か輝くだろう あふれる熱い涙  ポケットに手を つっこんで歩く いつかの電車に乗って いつかの町まで 君のおもかげ きらりと光る 夜空に 涙も出ない 声も聞こえない  もう二度と戻らない日々を 俺たちは走り続ける  明日もまたどこへ行く 愛を探しに行こう いつの日か輝くだろう あふれる熱い涙  明日もまたどこへ行く 愛を探しに行こう 見慣れてる町の空に 輝く月一つ  いつの日か輝くだろう 今宵の月のようにPLATINA LYLICエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次くだらねえとつぶやいて 醒めたつらして歩く いつの日か輝くだろう あふれる熱い涙  いつまでも続くのか 吐きすてて寝転んだ 俺もまた輝くだろう 今宵の月のように  夕暮れ過ぎて きらめく町の灯りは 悲しい色に 染まって揺れた 君がいつかくれた 思い出のかけら集めて 真夏の夜空 ひとり見上げた  新しい季節の始まりは 夏の風 町に吹くのさ  今日もまたどこへ行く 愛を探しに行こう いつの日か輝くだろう あふれる熱い涙  ポケットに手を つっこんで歩く いつかの電車に乗って いつかの町まで 君のおもかげ きらりと光る 夜空に 涙も出ない 声も聞こえない  もう二度と戻らない日々を 俺たちは走り続ける  明日もまたどこへ行く 愛を探しに行こう いつの日か輝くだろう あふれる熱い涙  明日もまたどこへ行く 愛を探しに行こう 見慣れてる町の空に 輝く月一つ  いつの日か輝くだろう 今宵の月のように
俺たちの明日PLATINA LYLICさあ がんばろうぜ! オマエは今日もどこかで不器用に この日々ときっと戦ってることだろう  どうだい?近頃仕事は忙しいのかい? どうだい?かみさんは元気か? 子供は大きくなったかい? 実は昨日オマエとつるんで歩く夢を見たんだ 昔みたいにオマエと歩く夢を  そういやあの頃は俺たちの時代を築こう なんて話を何時間でも語り合って飽きなかったな そしてそんな時間こそ本当は俺たちの あぁ 人生そのものだったな  時は流れて もうりっぱな大人さ 今はそれぞれの道を行く  さあ がんばろうぜ! 負けるなよ そうさ オマエの輝きはいつだってオレの宝物 でっかく生きようぜ! オマエは今日もどこかで不器用に この日々ときっと戦ってることだろう  10代 憎しみと愛入り交じった目で世間を罵り 20代 悲しみを知って 目を背けたくって 町を彷徨い歩き 30代 愛する人のためのこの命だってことに あぁ 気付いたな  季節は過ぎてそれぞれの空 オマエこの頃 何想う  さあ がんばろうぜ! 負けるなよ そうさ オマエの輝きはいつだってオレの宝物 でっかく生きようぜ! オマエは今日もどこかで不器用に この日々ときっと戦ってることだろう さあ がんばろうぜ! 輝き求め暮らしてきたそんな想いが いつだってオレたちの宝物 さあ でかけようぜ! いつもの景色 この空の下 いつかどでかい どでかい虹をかけようよ さあ がんばろうぜ! 負けるなよ そうさ オマエがいつかくれた優しさが今でも宝物 でっかく生きようぜ! 誓った遠いあの空 忘れないぜ そうさ 今も同じ星を見ているPLATINA LYLICエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次さあ がんばろうぜ! オマエは今日もどこかで不器用に この日々ときっと戦ってることだろう  どうだい?近頃仕事は忙しいのかい? どうだい?かみさんは元気か? 子供は大きくなったかい? 実は昨日オマエとつるんで歩く夢を見たんだ 昔みたいにオマエと歩く夢を  そういやあの頃は俺たちの時代を築こう なんて話を何時間でも語り合って飽きなかったな そしてそんな時間こそ本当は俺たちの あぁ 人生そのものだったな  時は流れて もうりっぱな大人さ 今はそれぞれの道を行く  さあ がんばろうぜ! 負けるなよ そうさ オマエの輝きはいつだってオレの宝物 でっかく生きようぜ! オマエは今日もどこかで不器用に この日々ときっと戦ってることだろう  10代 憎しみと愛入り交じった目で世間を罵り 20代 悲しみを知って 目を背けたくって 町を彷徨い歩き 30代 愛する人のためのこの命だってことに あぁ 気付いたな  季節は過ぎてそれぞれの空 オマエこの頃 何想う  さあ がんばろうぜ! 負けるなよ そうさ オマエの輝きはいつだってオレの宝物 でっかく生きようぜ! オマエは今日もどこかで不器用に この日々ときっと戦ってることだろう さあ がんばろうぜ! 輝き求め暮らしてきたそんな想いが いつだってオレたちの宝物 さあ でかけようぜ! いつもの景色 この空の下 いつかどでかい どでかい虹をかけようよ さあ がんばろうぜ! 負けるなよ そうさ オマエがいつかくれた優しさが今でも宝物 でっかく生きようぜ! 誓った遠いあの空 忘れないぜ そうさ 今も同じ星を見ている
悲しみの果てGOLD LYLIC悲しみの果てに 何があるかなんて 俺は知らない 見たこともない ただ あなたの顔が 浮かんで消えるだろう  涙のあとには 笑いがあるはずさ 誰かが言ってた 本当なんだろう いつもの俺を 笑っちまうんだろう  部屋を飾ろう コーヒーを飲もう 花を飾ってくれよ いつもの部屋に  悲しみの果てに 何があるかなんて… 悲しみの果ては 素晴らしい日々を 送っていこうぜ  悲しみの果ては 素晴らしい日々を 送っていこうぜGOLD LYLICエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次悲しみの果てに 何があるかなんて 俺は知らない 見たこともない ただ あなたの顔が 浮かんで消えるだろう  涙のあとには 笑いがあるはずさ 誰かが言ってた 本当なんだろう いつもの俺を 笑っちまうんだろう  部屋を飾ろう コーヒーを飲もう 花を飾ってくれよ いつもの部屋に  悲しみの果てに 何があるかなんて… 悲しみの果ては 素晴らしい日々を 送っていこうぜ  悲しみの果ては 素晴らしい日々を 送っていこうぜ
風に吹かれてGOLD LYLIC輝く太陽はオレのもので きらめく月は そう おまえのナミダ 普通の顔した そう いつもの普通の 風に吹かれて消えちまうさ  あたりまえに過ぎ行く毎日に 恐れるものなど何もなかった 本当はこれで そう 本当はこのままで 何もかも素晴らしいのに  明日には それぞれの道を 追いかけてゆくだろう 風に吹かれてゆこう  さよならさ 今日の日よ 昨日までの優しさよ 手を振って旅立とうぜ いつもの風に吹かれて  見慣れたいつもの町を過ぎれば 素知らぬ顔 そびえるビルの角 遠くで聞こえる そう 遠くで聞こえる 町の音に耳をかせば  悲しみは 優しいふりして この町を包むだろう おまえに会いにゆくまで  さよならさ 今日の日よ 昨日までの優しさよ 手を振って旅立とうぜ いつもの風に吹かれて  見慣れてるこの部屋も 俺達の優しい夢も 手を振って旅立とうぜ いつもの風に吹かれてGOLD LYLICエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次輝く太陽はオレのもので きらめく月は そう おまえのナミダ 普通の顔した そう いつもの普通の 風に吹かれて消えちまうさ  あたりまえに過ぎ行く毎日に 恐れるものなど何もなかった 本当はこれで そう 本当はこのままで 何もかも素晴らしいのに  明日には それぞれの道を 追いかけてゆくだろう 風に吹かれてゆこう  さよならさ 今日の日よ 昨日までの優しさよ 手を振って旅立とうぜ いつもの風に吹かれて  見慣れたいつもの町を過ぎれば 素知らぬ顔 そびえるビルの角 遠くで聞こえる そう 遠くで聞こえる 町の音に耳をかせば  悲しみは 優しいふりして この町を包むだろう おまえに会いにゆくまで  さよならさ 今日の日よ 昨日までの優しさよ 手を振って旅立とうぜ いつもの風に吹かれて  見慣れてるこの部屋も 俺達の優しい夢も 手を振って旅立とうぜ いつもの風に吹かれて
RAINBOWGOLD LYLIC暮れゆく街のざわめきの中に立って 落ちてゆくすげぇスピードで でかい渦巻の中 まるで底なしさ 面目ないね 陽だまりも宇宙も 悲しみも喜びも 全部この胸に抱きしめて駆け抜けたヒーロー それが俺さ 嘘じゃないさ  ギラつく街の揺らめきの中にあって 落ちてゆくすげぇスケールで 深い悲しみの中 そんなハートアンドソウル まるで底なし やさしさも労働も 繊細さもでっかさも デリケートもクレイジーも 全部心の中に抱いたヒーロー  ふと見上げれば変わらぬ輝き 月の光 俺を照らしている ああ 心照らす  暮れゆく秋の空 少年老い易く 太陽目指して駆け抜けたヒーロー 街中が光が 俺を追い抜いていく 追い越していく 心浮き立つとき求めて この世を統べているのは心 行け とりあえず 飛び込め  真綿にくるまれた心を照らせ 月の光 魂解き放て ああ 心揺らせ  流れゆく街の風 孤独を感じ 落ちてゆくすげぇスピードで 深い悲しみの中 ベイビー くずおれそうさ 面目ないね 陽だまりも宇宙も 悲しみも喜びも 全部この胸に抱きしめて 駆け抜けたヒーロー  ありがとう 幸せだったよ ああ もう 朝日が…  1、2、3、4 デー  暮れゆく街のざわめきの中に立って 落ちてゆくすげぇスピードで でかい渦巻の中 そんなハートアンドソウル まるでRAINBOW 陽だまりも宇宙も 悲しみも喜びも 全部この胸に抱きしめて駆け抜けたヒーロー  それが俺さ 嘘じゃないさ それが俺さ 嘘じゃないさGOLD LYLICエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次暮れゆく街のざわめきの中に立って 落ちてゆくすげぇスピードで でかい渦巻の中 まるで底なしさ 面目ないね 陽だまりも宇宙も 悲しみも喜びも 全部この胸に抱きしめて駆け抜けたヒーロー それが俺さ 嘘じゃないさ  ギラつく街の揺らめきの中にあって 落ちてゆくすげぇスケールで 深い悲しみの中 そんなハートアンドソウル まるで底なし やさしさも労働も 繊細さもでっかさも デリケートもクレイジーも 全部心の中に抱いたヒーロー  ふと見上げれば変わらぬ輝き 月の光 俺を照らしている ああ 心照らす  暮れゆく秋の空 少年老い易く 太陽目指して駆け抜けたヒーロー 街中が光が 俺を追い抜いていく 追い越していく 心浮き立つとき求めて この世を統べているのは心 行け とりあえず 飛び込め  真綿にくるまれた心を照らせ 月の光 魂解き放て ああ 心揺らせ  流れゆく街の風 孤独を感じ 落ちてゆくすげぇスピードで 深い悲しみの中 ベイビー くずおれそうさ 面目ないね 陽だまりも宇宙も 悲しみも喜びも 全部この胸に抱きしめて 駆け抜けたヒーロー  ありがとう 幸せだったよ ああ もう 朝日が…  1、2、3、4 デー  暮れゆく街のざわめきの中に立って 落ちてゆくすげぇスピードで でかい渦巻の中 そんなハートアンドソウル まるでRAINBOW 陽だまりも宇宙も 悲しみも喜びも 全部この胸に抱きしめて駆け抜けたヒーロー  それが俺さ 嘘じゃないさ それが俺さ 嘘じゃないさ
桜の花、舞い上がる道をGOLD LYLIC桜の花、舞い上がる道をおまえと歩いて行く 輝く時は今 遠回りしてた昨日を越えて 桜の花、舞い上がる道を  桜が町彩る季節になるといつも わざと背を向けて生きてたあの頃 やってられない そんな そんな気分だった 遠くのあの光る星に願いを…  でも例えりゃあ人生は花さ 思い出は散りゆき ああ 俺が再び咲かせよう  明日輝くために息も切らさず走り抜けた 過去を 未来を 自分を 遠回りしてた昨日を越えて 桜の花、舞い上がる道を  おまえが笑ってる すべてが始まってる 春の風が吹く青空の下  取り敢えず行くしかなさそうだ 上り下りの道 ああ 信じて転がるエブリデイ  見ろよ 大いなる花 街は昨日よりも鮮やか 確かに感じる 明日は来る さあ今おまえと行く 桜の花、舞い上がる道を  夢や幻じゃない くすぶる胸の想い笑い飛ばせ桜花  桜の花、舞い上がる道をおまえと歩いて行く 輝く時は今 そして胸をはって生きていこう 桜の花、舞い上がる道をGOLD LYLICエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次・蔦谷好位置桜の花、舞い上がる道をおまえと歩いて行く 輝く時は今 遠回りしてた昨日を越えて 桜の花、舞い上がる道を  桜が町彩る季節になるといつも わざと背を向けて生きてたあの頃 やってられない そんな そんな気分だった 遠くのあの光る星に願いを…  でも例えりゃあ人生は花さ 思い出は散りゆき ああ 俺が再び咲かせよう  明日輝くために息も切らさず走り抜けた 過去を 未来を 自分を 遠回りしてた昨日を越えて 桜の花、舞い上がる道を  おまえが笑ってる すべてが始まってる 春の風が吹く青空の下  取り敢えず行くしかなさそうだ 上り下りの道 ああ 信じて転がるエブリデイ  見ろよ 大いなる花 街は昨日よりも鮮やか 確かに感じる 明日は来る さあ今おまえと行く 桜の花、舞い上がる道を  夢や幻じゃない くすぶる胸の想い笑い飛ばせ桜花  桜の花、舞い上がる道をおまえと歩いて行く 輝く時は今 そして胸をはって生きていこう 桜の花、舞い上がる道を
あなたのやさしさをオレは何に例えよう古い美術館に眠る 大切な宝物 夏の陽に照らされて 魔法が解けてゆくように 新しい愛をいつでも 探し歩いている 求めてるその気持ちが町中をかけめぐる  愛する力を求め続ける勇気を 本当の姿を 見つける旅へ行こう  オレ達が目醒めて行く 静かすぎる夜明けに 毎日が少しだけ 悲しみを増すのはなぜ?  敗北と死に至る道が生活ならば あなたのやさしさを オレは何に例えよう  口唇に心にいつでも感じていたい 覚醒の裏腹にある本当のあなたを  愛する力を求め続ける勇気を 本当の姿を 見つける旅へ行こう  敗北と死に至る道が生活ならば あなたのやさしさを オレは何に例えよう  例えてゆこうエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次古い美術館に眠る 大切な宝物 夏の陽に照らされて 魔法が解けてゆくように 新しい愛をいつでも 探し歩いている 求めてるその気持ちが町中をかけめぐる  愛する力を求め続ける勇気を 本当の姿を 見つける旅へ行こう  オレ達が目醒めて行く 静かすぎる夜明けに 毎日が少しだけ 悲しみを増すのはなぜ?  敗北と死に至る道が生活ならば あなたのやさしさを オレは何に例えよう  口唇に心にいつでも感じていたい 覚醒の裏腹にある本当のあなたを  愛する力を求め続ける勇気を 本当の姿を 見つける旅へ行こう  敗北と死に至る道が生活ならば あなたのやさしさを オレは何に例えよう  例えてゆこう
あなたへもしもわたしの運命と あなたの運命を繋いだ 大いなる星に強いられたのでなかったなら もしもわたしが自分の姿をあなたの あなたの中に初めて見出したのでなかったなら わたしはこの開けた大地の限り 遠く遠く去ってしまうでしょう  わたしが迷い傷つき そして努力して来たこの日々が いつしかあなたを彩る花束になるのです 迷いの時も若き日も嘘も過ちさへ もしもあなたが今より 嘘つきでなかったら わたしはこの開けてる大地の限り 遠く遠く去ってしまうでしょう  すべてあなたへ すべてあなたへ ぜんぶぜんぶ わたしの生命は繋がっているのです  悩み遥けき 蹴落とす戦いの中で もしも今よりもっと賢かったらなんて 人生は今よりもっと輝き愛されていたでしょうか? 運命の星にいつか導かれて わたしの生命はすべてあなたに繋がってゆくのです  あなたを愛して わたしを愛して ぜんぶぜんぶ すべてはあなたとわたしから始まる  わたしの日々 わたしの努力 わたしの希望 わたしの全部 いつしかあなたを彩る花束になるのですエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次もしもわたしの運命と あなたの運命を繋いだ 大いなる星に強いられたのでなかったなら もしもわたしが自分の姿をあなたの あなたの中に初めて見出したのでなかったなら わたしはこの開けた大地の限り 遠く遠く去ってしまうでしょう  わたしが迷い傷つき そして努力して来たこの日々が いつしかあなたを彩る花束になるのです 迷いの時も若き日も嘘も過ちさへ もしもあなたが今より 嘘つきでなかったら わたしはこの開けてる大地の限り 遠く遠く去ってしまうでしょう  すべてあなたへ すべてあなたへ ぜんぶぜんぶ わたしの生命は繋がっているのです  悩み遥けき 蹴落とす戦いの中で もしも今よりもっと賢かったらなんて 人生は今よりもっと輝き愛されていたでしょうか? 運命の星にいつか導かれて わたしの生命はすべてあなたに繋がってゆくのです  あなたを愛して わたしを愛して ぜんぶぜんぶ すべてはあなたとわたしから始まる  わたしの日々 わたしの努力 わたしの希望 わたしの全部 いつしかあなたを彩る花束になるのです
笑顔の未来へ愛しい人涙落ちて 目の前が暗くなって 鮮やかな光もさえぎる様に 悲しい目で何を見るの? その目に映った俺の姿は あの頃と変わっちまったの?  出会った頃二人の胸を ときめかせたあの不思議なメロディー  愛しい人あのメモリィー いくつものきらめく想い出と 一緒に未来へとやって来たけど 冷めたふりして生きている二人は どこか似ているまるで月と太陽 背中合わせさ  俺はいつか臆病な道を選んであなたを悲しませたの?  so sweet 泣いてるメモリィー 涙のテロリストは手に負えない 行こう 輝くメロディー あなたを連れて行くよ 笑顔の未来へ  愛しい人俺は結構都合良く出来ているんだ どんな悲しみからもすぐに立ち上がるのさ あなたが望むなら 俺はいつでも大見栄きって かっこ良くいたいと思っているよ my little girl  表はいつしか真夏の光 あなたと一緒に今飛び出して行こう  so sweet 泣いてるメモリィー 涙のテロリストは手に負えない 行こう 輝くメロディー あなたを連れて行くよ 笑顔の未来へ  so sweet 泣いてるメモリィー 涙のテロリストは手に負えない 行こう 輝くメロディー あなたを連れて行くよ 笑顔の未来へ 輝くメロディー あなたを連れて行くよ 笑顔の未来へ あなたを連れて行くよ 笑顔の未来へエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次愛しい人涙落ちて 目の前が暗くなって 鮮やかな光もさえぎる様に 悲しい目で何を見るの? その目に映った俺の姿は あの頃と変わっちまったの?  出会った頃二人の胸を ときめかせたあの不思議なメロディー  愛しい人あのメモリィー いくつものきらめく想い出と 一緒に未来へとやって来たけど 冷めたふりして生きている二人は どこか似ているまるで月と太陽 背中合わせさ  俺はいつか臆病な道を選んであなたを悲しませたの?  so sweet 泣いてるメモリィー 涙のテロリストは手に負えない 行こう 輝くメロディー あなたを連れて行くよ 笑顔の未来へ  愛しい人俺は結構都合良く出来ているんだ どんな悲しみからもすぐに立ち上がるのさ あなたが望むなら 俺はいつでも大見栄きって かっこ良くいたいと思っているよ my little girl  表はいつしか真夏の光 あなたと一緒に今飛び出して行こう  so sweet 泣いてるメモリィー 涙のテロリストは手に負えない 行こう 輝くメロディー あなたを連れて行くよ 笑顔の未来へ  so sweet 泣いてるメモリィー 涙のテロリストは手に負えない 行こう 輝くメロディー あなたを連れて行くよ 笑顔の未来へ 輝くメロディー あなたを連れて行くよ 笑顔の未来へ あなたを連れて行くよ 笑顔の未来へ
四月の風何かが起こりそうな気がする 毎日そんな気がしてる ああ うるせい人生さ そう 今日も 何かがきっとはじまってる  何だかじっとしてられない 誰かが何処かで待ってる ああ 短けえ人生の中で 誰かが何処かで待ってる  風が誘いにきたようだ 少し乾いた町の風が 俺達を誘いにきたようだ  このまま全てが叶うようなそんな気がしてた  明日もがんばろう 愛する人に 捧げよう ああ 風が吹いた四月の 四月の風  風が誘いにきたようだ 少し乾いた町の風が 俺達を誘いにきたようだ  毎日何処かで町の空仰ぐ俺がいた  ああ 何処へ行くのやら 明日は何があるのやら ああ 教えてくれ 風がささやく気がした  明日もがんばろう 愛する人に捧げよう ああ 君に会えた四月の 四月の風エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次何かが起こりそうな気がする 毎日そんな気がしてる ああ うるせい人生さ そう 今日も 何かがきっとはじまってる  何だかじっとしてられない 誰かが何処かで待ってる ああ 短けえ人生の中で 誰かが何処かで待ってる  風が誘いにきたようだ 少し乾いた町の風が 俺達を誘いにきたようだ  このまま全てが叶うようなそんな気がしてた  明日もがんばろう 愛する人に 捧げよう ああ 風が吹いた四月の 四月の風  風が誘いにきたようだ 少し乾いた町の風が 俺達を誘いにきたようだ  毎日何処かで町の空仰ぐ俺がいた  ああ 何処へ行くのやら 明日は何があるのやら ああ 教えてくれ 風がささやく気がした  明日もがんばろう 愛する人に捧げよう ああ 君に会えた四月の 四月の風
愛すべき今日どんなときも歩くのさ おお ベイビー 雨の日も風の日も  かつて彼は 星の下 心に 美しい想い 抱きしめて 抱きしめて 痛みの声 仕事も悲しみも背負った 現れろ 新たなる  闘いの神よ 人よ 高くあれ ぶざまな日々に キッスを 大空の下 大地の上 少し大げさに 空気でも吸い込んで 見上げれば 輝ける明日が見える 眩しいぜ!  男はいつも 夢見るものさ おお ベイビー 知恵も勇気も 兼ね備えた 正義のヒーロー 笑うなかれ そして 時が過ぎて行くまま 同じ場所 ただひとり…  闘いの神よ 遠く叫んでみても 大空に吸い込まれて 君にさへ 届かないよ 涙こぼれろ 俺の日を たどるよ ただ それが 当たり前の今日でも  悲しそうな顔しないでくれよ 悩む俺の心を映し出す 鏡のようだね  夢見し 愛おしき人よ 静かに暮れてゆく この空にもう一度 愛のうた 唄おう  闘いの神よ 人は目覚めてゆく 愛すべき今日の日に ヤワな俺が顔を出す 輝く光 君と感じたいのさ 今日を行くぜ 大切な君と 行くよ  どんなときも歩くのさ おお ベイビー 雨の日も風の日もエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次どんなときも歩くのさ おお ベイビー 雨の日も風の日も  かつて彼は 星の下 心に 美しい想い 抱きしめて 抱きしめて 痛みの声 仕事も悲しみも背負った 現れろ 新たなる  闘いの神よ 人よ 高くあれ ぶざまな日々に キッスを 大空の下 大地の上 少し大げさに 空気でも吸い込んで 見上げれば 輝ける明日が見える 眩しいぜ!  男はいつも 夢見るものさ おお ベイビー 知恵も勇気も 兼ね備えた 正義のヒーロー 笑うなかれ そして 時が過ぎて行くまま 同じ場所 ただひとり…  闘いの神よ 遠く叫んでみても 大空に吸い込まれて 君にさへ 届かないよ 涙こぼれろ 俺の日を たどるよ ただ それが 当たり前の今日でも  悲しそうな顔しないでくれよ 悩む俺の心を映し出す 鏡のようだね  夢見し 愛おしき人よ 静かに暮れてゆく この空にもう一度 愛のうた 唄おう  闘いの神よ 人は目覚めてゆく 愛すべき今日の日に ヤワな俺が顔を出す 輝く光 君と感じたいのさ 今日を行くぜ 大切な君と 行くよ  どんなときも歩くのさ おお ベイビー 雨の日も風の日も
ハナウタ~遠い昔からの物語~遠い昔からの物語 波にきらめく泡つぶだった俺たち 生まれたままのこの心 風に乗り 光る海の音 永遠のメロディー そう感じた  こうして365日の音を集めて 「これはオレからの贈り物だよ」っていえたら 一瞬でつながるこのときめきの思いは ふたりの時行き交うメッセージ  風に誘われて君と歩く ちょっとしたリズムに乗るだけで 揺れてる木々からハナウタ 街の中を流れてく 風ん中 ふたりを祝福するウタ そう感じた  こうして365日の色を集めて 「これはオレからの贈り物だよ」っていえたら いろんな季節彩っていくふたりの時間を そう ハナウタと名づけよう  過ぎ去った光の中で そよぐ木々と 俺たちと いつもどおりの毎日と あの日から変わらぬ空 思い出抜けられずにいた だけど 分かり始めた 繰り返されるこの物語の意味を  ああ 生まれて、消える ああ 光よ、愛よ 一瞬でつながるこのときめきの思いは 俺たちを明日へと運ぶ風 遠い昔からの物語を そう ハナウタと名づけようエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次遠い昔からの物語 波にきらめく泡つぶだった俺たち 生まれたままのこの心 風に乗り 光る海の音 永遠のメロディー そう感じた  こうして365日の音を集めて 「これはオレからの贈り物だよ」っていえたら 一瞬でつながるこのときめきの思いは ふたりの時行き交うメッセージ  風に誘われて君と歩く ちょっとしたリズムに乗るだけで 揺れてる木々からハナウタ 街の中を流れてく 風ん中 ふたりを祝福するウタ そう感じた  こうして365日の色を集めて 「これはオレからの贈り物だよ」っていえたら いろんな季節彩っていくふたりの時間を そう ハナウタと名づけよう  過ぎ去った光の中で そよぐ木々と 俺たちと いつもどおりの毎日と あの日から変わらぬ空 思い出抜けられずにいた だけど 分かり始めた 繰り返されるこの物語の意味を  ああ 生まれて、消える ああ 光よ、愛よ 一瞬でつながるこのときめきの思いは 俺たちを明日へと運ぶ風 遠い昔からの物語を そう ハナウタと名づけよう
ズレてる方がいいああ 仮初の夢でもないよりはましさ どうせ流す涙ならお前と流したい  旅の道づれは消えない理想さ どこまで行っても行くあてのない魂  ああ 戦いにこだわって 敗れ行く定めでも 移ろうこの世間にゃあ ズレてる方がいい  高鳴る胸を動かす物は何だ? あの角曲がれば流れる熱い涙  変わらぬ光で空に浮かぶムーンライト ひとりで眺める 揺れる街のあかり 明日に向かうぜ!  ああ お陽さまが昇れば 醒めてるふりをしてても 果敢ないこの浮き世にゃあ 本気な方がいい  気分のいい時は輝く街の景色 沈んだ心じゃあぶざまな繰り返し 光に向かうぜ!  ああ 仮初の夢でもないよりはましさ どうせ流す涙ならお前と流したい  ああ 仮初の夢でもないよりはましさ どうせ流す涙ならお前と流したい  ああ 戦いにこだわって 敗れ行く定めだとしても 移ろうこの世間にゃあ ズレてる方がいい  ズレてる方がいいエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次ああ 仮初の夢でもないよりはましさ どうせ流す涙ならお前と流したい  旅の道づれは消えない理想さ どこまで行っても行くあてのない魂  ああ 戦いにこだわって 敗れ行く定めでも 移ろうこの世間にゃあ ズレてる方がいい  高鳴る胸を動かす物は何だ? あの角曲がれば流れる熱い涙  変わらぬ光で空に浮かぶムーンライト ひとりで眺める 揺れる街のあかり 明日に向かうぜ!  ああ お陽さまが昇れば 醒めてるふりをしてても 果敢ないこの浮き世にゃあ 本気な方がいい  気分のいい時は輝く街の景色 沈んだ心じゃあぶざまな繰り返し 光に向かうぜ!  ああ 仮初の夢でもないよりはましさ どうせ流す涙ならお前と流したい  ああ 仮初の夢でもないよりはましさ どうせ流す涙ならお前と流したい  ああ 戦いにこだわって 敗れ行く定めだとしても 移ろうこの世間にゃあ ズレてる方がいい  ズレてる方がいい
風と共に時の流れに身を委ね たとえりゃあ浮かぶあの雲みたいに 心よ 自由であれ そうさ私は風の旅人  あなたは笑うでしょう 私の小さな祈りを 曇りのち晴れ 悲しみの向こう 私は今を生きていきたい  今日が緩やかに終わっていく 人混み掻き分けて黄昏の街 行こう チケットなんかいらない 行き先は自由 飛び立て心よ 風と共に  幼い頃から空は青くて あの頃から風は木々を揺らしてた さよなら昨日の私 想い出は懐かしいけど 今の私にこそ相応しい 輝きを 抱きしめたいのさ  傷つくことを恐れて 立ち止まったり逡巡したり 風よ どうか私に 相応しい光へ導いてくれ 新しい私に出会う旅へ  ああ行き先は自由 胸には勇気を抱きしめて 行こう チケットなんかいらない 行き先は自由 私の未来に 幸多かれ  ひとひらの花びら ひとかけらの夢 曇りのち晴れ そうさ私は 出かけて行くエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次時の流れに身を委ね たとえりゃあ浮かぶあの雲みたいに 心よ 自由であれ そうさ私は風の旅人  あなたは笑うでしょう 私の小さな祈りを 曇りのち晴れ 悲しみの向こう 私は今を生きていきたい  今日が緩やかに終わっていく 人混み掻き分けて黄昏の街 行こう チケットなんかいらない 行き先は自由 飛び立て心よ 風と共に  幼い頃から空は青くて あの頃から風は木々を揺らしてた さよなら昨日の私 想い出は懐かしいけど 今の私にこそ相応しい 輝きを 抱きしめたいのさ  傷つくことを恐れて 立ち止まったり逡巡したり 風よ どうか私に 相応しい光へ導いてくれ 新しい私に出会う旅へ  ああ行き先は自由 胸には勇気を抱きしめて 行こう チケットなんかいらない 行き先は自由 私の未来に 幸多かれ  ひとひらの花びら ひとかけらの夢 曇りのち晴れ そうさ私は 出かけて行く
ガストロンジャーお前正直な話 率直に言って日本の現状をどう思う? 俺はこれは憂うべき状況とは全然考えないけれども かといって素晴らしいとは絶対思わねえな俺は 翻って己自信の現状を鑑みるに これはやっぱり良いとも悪いとも言えねえなあ 俺の場合は、君はどうだ? 俺はこれは憂うべき状況とは思っていないけれども ならばこれが良いのかと問われれば まあまあだと答えざるをえないのがおおいに不本意だ  もっと力強い生活をこの手に!  OH!胸を張って、胸を張って出かけようぜ  俺が生まれたのはそう所謂高度経済成長の真っ只中で それは日本が敗戦に象徴される黒船以降の欧米に対する 鬱屈したコンプレックスを一気に解消すべく 我々の上の世代の人間が神風のように猛然と追い続けた 繁栄という名の、そう繁栄という名の 繁栄という名のテーマであった  OH! 嗚呼そして我々が受け継いだのは豊かさとどっちらけだ あげくがお前人の良さそうな変な奴がのせられて偉くなっちゃって それでもそこそこ俺達は生活してんだから訳わかんねえよなあ。おい  化けの皮剥ぎにでかけようぜ 化けの皮を剥がしにでかけようぜ  “くだらねえ世の中”“くだらねえ俺達” そんなのお前百年前から誰でも言ってるよ。 お前変わんねえんだよそれ お前縄文時代から変わんねえんだよお前それ それ縄文時代から現代まで変わってねえんだよお前それは...  ただなあ 破壊されんだよ駄目な物は全部  OH! この世の中にはそりゃあ思い通りにならないことは いくらもあるってことはお前さすがの俺も百も承知だけどなあお前 しかし、俺は折角のロックンロールバンドだ あいつらの化けの皮を剥がしにいくってことをなあ さっき自問自答の末結論した  世の中にはさあ知ってるよなあお前、正直な話。ただなあ だからそうお前、それはお前そんなに お前がっかりしてんなよ、お前、 あのキリスト教の聖書にも載ってるってことは お前 BC時代から同じこと言ってんだ みんなお前 だからそう、だからそう、だから胸を張って そう! だから胸を張って そうさ! だから胸を張ってさ! “だから胸を張ってさ そう”  OH! 化けの皮を剥がしにいこうぜおい さあ勝ちにいこうぜ。 でたらめでもなんでもいいんだ  ただなあお前、破壊されんだよ駄目な物はいずれ  死ぬときがこの毎日ときっとおさらばって言うことなんだから それまで出来うる限り、そう出来うる限り己自信の道を歩むべく 反抗を続けてみようじゃないか、出来うる限り...  胸を張ってさ そうエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次お前正直な話 率直に言って日本の現状をどう思う? 俺はこれは憂うべき状況とは全然考えないけれども かといって素晴らしいとは絶対思わねえな俺は 翻って己自信の現状を鑑みるに これはやっぱり良いとも悪いとも言えねえなあ 俺の場合は、君はどうだ? 俺はこれは憂うべき状況とは思っていないけれども ならばこれが良いのかと問われれば まあまあだと答えざるをえないのがおおいに不本意だ  もっと力強い生活をこの手に!  OH!胸を張って、胸を張って出かけようぜ  俺が生まれたのはそう所謂高度経済成長の真っ只中で それは日本が敗戦に象徴される黒船以降の欧米に対する 鬱屈したコンプレックスを一気に解消すべく 我々の上の世代の人間が神風のように猛然と追い続けた 繁栄という名の、そう繁栄という名の 繁栄という名のテーマであった  OH! 嗚呼そして我々が受け継いだのは豊かさとどっちらけだ あげくがお前人の良さそうな変な奴がのせられて偉くなっちゃって それでもそこそこ俺達は生活してんだから訳わかんねえよなあ。おい  化けの皮剥ぎにでかけようぜ 化けの皮を剥がしにでかけようぜ  “くだらねえ世の中”“くだらねえ俺達” そんなのお前百年前から誰でも言ってるよ。 お前変わんねえんだよそれ お前縄文時代から変わんねえんだよお前それ それ縄文時代から現代まで変わってねえんだよお前それは...  ただなあ 破壊されんだよ駄目な物は全部  OH! この世の中にはそりゃあ思い通りにならないことは いくらもあるってことはお前さすがの俺も百も承知だけどなあお前 しかし、俺は折角のロックンロールバンドだ あいつらの化けの皮を剥がしにいくってことをなあ さっき自問自答の末結論した  世の中にはさあ知ってるよなあお前、正直な話。ただなあ だからそうお前、それはお前そんなに お前がっかりしてんなよ、お前、 あのキリスト教の聖書にも載ってるってことは お前 BC時代から同じこと言ってんだ みんなお前 だからそう、だからそう、だから胸を張って そう! だから胸を張って そうさ! だから胸を張ってさ! “だから胸を張ってさ そう”  OH! 化けの皮を剥がしにいこうぜおい さあ勝ちにいこうぜ。 でたらめでもなんでもいいんだ  ただなあお前、破壊されんだよ駄目な物はいずれ  死ぬときがこの毎日ときっとおさらばって言うことなんだから それまで出来うる限り、そう出来うる限り己自信の道を歩むべく 反抗を続けてみようじゃないか、出来うる限り...  胸を張ってさ そう
絆(きづな)どこまでゆけば俺は辿りつけるのだろう? ただ光を集めて歩き続ける旅さ  揺れる心のままで何を言えると言うの? ああ試される自分を愛想笑いにまぎらす  向き合えば切なく 振り返れば眩しく ああ生きていくだけで ああ傷つけあうのは何故?  それが夢でも幻でも俺はかまわない 定めなき道 光求め彷徨う ともに笑い何かを一つにする喜び おまえを思う気持ちが今の俺の全てだから  どうすれば俺たちは強く踏み出せるだろう まだ地図にない道を指でなぞるこの夢  手にすれば果敢なく 追いかければ苦しく ああ不思議なくらい穏やかに時は流れてるのに  すれ違いの心と心めぐり逢えたら 俺の全てはおまえに捧げるメロディー 遠すぎて 遠すぎて届かないあの星 輝きを信じてる それだけが俺の道だから  人それぞれのSunset 人それぞれのMoonlight 夜が明けて 人それぞれのSunrise 出会いと別れ繰り返して 喜びと悲しみのAlright 明日も明後日も  それが夢でも幻でも俺はかまわない 地図に無い道 指でなぞるこの夢 ともに笑い何かを一つにする喜び おまえを思う気持ちが今の俺の全てだからエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次・YANAGIMANどこまでゆけば俺は辿りつけるのだろう? ただ光を集めて歩き続ける旅さ  揺れる心のままで何を言えると言うの? ああ試される自分を愛想笑いにまぎらす  向き合えば切なく 振り返れば眩しく ああ生きていくだけで ああ傷つけあうのは何故?  それが夢でも幻でも俺はかまわない 定めなき道 光求め彷徨う ともに笑い何かを一つにする喜び おまえを思う気持ちが今の俺の全てだから  どうすれば俺たちは強く踏み出せるだろう まだ地図にない道を指でなぞるこの夢  手にすれば果敢なく 追いかければ苦しく ああ不思議なくらい穏やかに時は流れてるのに  すれ違いの心と心めぐり逢えたら 俺の全てはおまえに捧げるメロディー 遠すぎて 遠すぎて届かないあの星 輝きを信じてる それだけが俺の道だから  人それぞれのSunset 人それぞれのMoonlight 夜が明けて 人それぞれのSunrise 出会いと別れ繰り返して 喜びと悲しみのAlright 明日も明後日も  それが夢でも幻でも俺はかまわない 地図に無い道 指でなぞるこの夢 ともに笑い何かを一つにする喜び おまえを思う気持ちが今の俺の全てだから
新しい季節へキミと感じる戸惑いためらいそして 昨日はキミと話せなかったからblue 忙しくって夜空の月も見てないぜ 光は感じてるのに  ああ行き場のないときめき 心の中キミを尋ねあぐねていた 毎日まるで自分という謎解いていくゲーム 全てを愛せそうなのに  春夏秋冬彩る光を心に全部集めたら ここから始まり!!のグラデーション 新しい季節へキミと  夢を追いかけたり追い越されたり 焦げついちまった心震わせて空見上げた時 いつもキミを感じていた 答えなんてきっと簡単なのに  春夏秋冬彩る風のように日々生きられたら 俺しか知らない明日へ今すぐ飛んで行けるはず  変わりゆく東京の街にふたりの姿重ねていた 季節は巡りいろんな風を感じてきたこの街でもう一度はじめよう  いくつも流してきた涙は輝く明日からのメッセージ ここから始まり!!のグラデーション 新しい季節へキミと 彩るぜ明日のグラデーションエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次感じる戸惑いためらいそして 昨日はキミと話せなかったからblue 忙しくって夜空の月も見てないぜ 光は感じてるのに  ああ行き場のないときめき 心の中キミを尋ねあぐねていた 毎日まるで自分という謎解いていくゲーム 全てを愛せそうなのに  春夏秋冬彩る光を心に全部集めたら ここから始まり!!のグラデーション 新しい季節へキミと  夢を追いかけたり追い越されたり 焦げついちまった心震わせて空見上げた時 いつもキミを感じていた 答えなんてきっと簡単なのに  春夏秋冬彩る風のように日々生きられたら 俺しか知らない明日へ今すぐ飛んで行けるはず  変わりゆく東京の街にふたりの姿重ねていた 季節は巡りいろんな風を感じてきたこの街でもう一度はじめよう  いくつも流してきた涙は輝く明日からのメッセージ ここから始まり!!のグラデーション 新しい季節へキミと 彩るぜ明日のグラデーション
翳りゆく部屋窓辺に置いた椅子にもたれ あなたは夕陽見てた なげやりな別れの気配を 横顔に漂わせ  二人の言葉はあてもなく 過ぎた日々をさまよう ふりむけばドアの隙間から 宵闇がしのび込む  どんな運命が愛を遠ざけたの 輝きはもどらない わたしが今死んでも  ランプを灯せば街は沈み 窓には部屋が映る 冷たい壁に耳をあてて 靴音を追いかけた  どんな運命が愛を遠ざけたの 輝きはもどらない わたしが今死んでも  どんな運命が愛を遠ざけたの 輝きはもどらない わたしが今死んでもエレファントカシマシ荒井由実荒井由実窓辺に置いた椅子にもたれ あなたは夕陽見てた なげやりな別れの気配を 横顔に漂わせ  二人の言葉はあてもなく 過ぎた日々をさまよう ふりむけばドアの隙間から 宵闇がしのび込む  どんな運命が愛を遠ざけたの 輝きはもどらない わたしが今死んでも  ランプを灯せば街は沈み 窓には部屋が映る 冷たい壁に耳をあてて 靴音を追いかけた  どんな運命が愛を遠ざけたの 輝きはもどらない わたしが今死んでも  どんな運命が愛を遠ざけたの 輝きはもどらない わたしが今死んでも
Destiny何かにとらわれてるMystery 本当の気持ちは何処なのさ 無理矢理かなり 時のはざまにばらまいて来た 夢と希望 俺の生命  明日も生きてゆくつもりさ まだ見ぬ夢を見たいから  時計回りの日々 優しさの数だけ歩いてゆく あなたに会いたい気持ちだけでよかった Destiny 今すぐ さえぎるものなど何も無い 扉を開け その先の光へ ゆこう  生きてるだけで精一杯の俺に 何をしろと言うの? アイタイ アナタニ 退屈まぎれの恋なら いつかさめるはずと思ってた  遠回りはもうやめた ひとつの愛を求めて  時計回りの日々 優しさの数だけ歩いてゆく あなたを感じる気持ちだけでよかった 今すぐゆこう さえぎるものなど何も無い 扉を開け その先の光へ  Destiny 悲しみによってたぶん Destiny 部屋に寝転んでいても 太陽が昇りくりゃあ 俺はゆくぜ 賑やかな街へ いわば光の大海原へ  時計回りの日々 悲しみのあと人は立ち上がる 明日を求める気持ちだけでいいのさ Destiny 今すぐ さえぎるものなど何も無い 扉を開け その先の光へ  ゆこう たった一つの愛を 求めてエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次・亀田誠治何かにとらわれてるMystery 本当の気持ちは何処なのさ 無理矢理かなり 時のはざまにばらまいて来た 夢と希望 俺の生命  明日も生きてゆくつもりさ まだ見ぬ夢を見たいから  時計回りの日々 優しさの数だけ歩いてゆく あなたに会いたい気持ちだけでよかった Destiny 今すぐ さえぎるものなど何も無い 扉を開け その先の光へ ゆこう  生きてるだけで精一杯の俺に 何をしろと言うの? アイタイ アナタニ 退屈まぎれの恋なら いつかさめるはずと思ってた  遠回りはもうやめた ひとつの愛を求めて  時計回りの日々 優しさの数だけ歩いてゆく あなたを感じる気持ちだけでよかった 今すぐゆこう さえぎるものなど何も無い 扉を開け その先の光へ  Destiny 悲しみによってたぶん Destiny 部屋に寝転んでいても 太陽が昇りくりゃあ 俺はゆくぜ 賑やかな街へ いわば光の大海原へ  時計回りの日々 悲しみのあと人は立ち上がる 明日を求める気持ちだけでいいのさ Destiny 今すぐ さえぎるものなど何も無い 扉を開け その先の光へ  ゆこう たった一つの愛を 求めて
歴史歴史 青年期 あらゆる希望を胸に いきりたって ヒトに喧嘩(論争)をふっかけた鴎外 以後 官僚として栄達をのぞみ ドロドロした権力闘争にも身を置いた鴎外  歴史 それは男の当然の生き様であるが 晩年のわずか五年間 鴎外 栄達が のぞめなくなると 急に肩の荷が降りたのだろうか?  小説家 森鴎外が俄然輝きを増す  彼は負けたんだらうか? 男の生涯 ただの男になって死に様を見つけた  歴史 名作「山椒大夫」 そして「渋江抽斎」に至って 輝きは極限そう 極限に達した 凄味のある口語文は最高さ  歴史SONG 歴史SONG 読む者を酔わせて止まない  されど凄味のある文章とはうらはら 鴎外の姿はやけに穏やかだった 晩年の鴎外  歴史 男の生涯にとって死に様こそが生き様だ  歴史SONG 歴史SONG 大いなる歴史の中で  歴史の末裔たる僕ら 残された時間の中で 僕ら死に場所を見つけるんだ 僕ら死に場所を見つけるんだ それが僕らの それが僕らの未来だエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次歴史 青年期 あらゆる希望を胸に いきりたって ヒトに喧嘩(論争)をふっかけた鴎外 以後 官僚として栄達をのぞみ ドロドロした権力闘争にも身を置いた鴎外  歴史 それは男の当然の生き様であるが 晩年のわずか五年間 鴎外 栄達が のぞめなくなると 急に肩の荷が降りたのだろうか?  小説家 森鴎外が俄然輝きを増す  彼は負けたんだらうか? 男の生涯 ただの男になって死に様を見つけた  歴史 名作「山椒大夫」 そして「渋江抽斎」に至って 輝きは極限そう 極限に達した 凄味のある口語文は最高さ  歴史SONG 歴史SONG 読む者を酔わせて止まない  されど凄味のある文章とはうらはら 鴎外の姿はやけに穏やかだった 晩年の鴎外  歴史 男の生涯にとって死に様こそが生き様だ  歴史SONG 歴史SONG 大いなる歴史の中で  歴史の末裔たる僕ら 残された時間の中で 僕ら死に場所を見つけるんだ 僕ら死に場所を見つけるんだ それが僕らの それが僕らの未来だ
明日への記憶何もない俺の心 そのまま この都会(まち)の形を鏡のようにうつすだけ ただ理想に振り回されてきた俺に 昇りくる太陽 揺れるアスファルトの上  空青く 憂鬱なくらい涯しなく…  鳥が影落とし目指してく 雲が生まれくるあの場所まで 過ぎる日を都会を 今日もまた歩く  駅へと向かう道で 行き交う人の波 皆どこへ行くの 待ちぼうけ あの頃の俺がいる  面影に導かれその先へ…  俺は振り向いた夢の中? 思い出のかけらひとつもなく 立ち尽くす俺が窓に映ってる  夢から夢つないできた旅の果ては ああ 戻りくる いつもの俺 全てがココにあり それ以上でも以下でもないのさ 明日への記憶刻んでは 再び 行くのさ!  地平線を覆うビルその東には 昇りくる太陽  光 窓を揺らしてさす  空青く 眩しさに目覚めてく…  鳥が影落とし舞い上がる あこがれてやまぬあの場所まで 過ぎる日を都会を 今日も俺は行く  家に辿り着いてドアを開けた 部屋に辿り着き今日の俺よさらば チクタク 午前零時一人の孤独な俺に去来する今日一日の出来事 チクタク 時計の針が俺をひきずる チクタク 思い出 後悔 欲望 チクタクチクタク 寝転ぶ俺に襲い来るお前への思い 勝利への祈りが タバコの煙 揺らめく窓に心に どこまでもどこまでも チクタク 俺の明日が始まってる… 始まってる…エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次何もない俺の心 そのまま この都会(まち)の形を鏡のようにうつすだけ ただ理想に振り回されてきた俺に 昇りくる太陽 揺れるアスファルトの上  空青く 憂鬱なくらい涯しなく…  鳥が影落とし目指してく 雲が生まれくるあの場所まで 過ぎる日を都会を 今日もまた歩く  駅へと向かう道で 行き交う人の波 皆どこへ行くの 待ちぼうけ あの頃の俺がいる  面影に導かれその先へ…  俺は振り向いた夢の中? 思い出のかけらひとつもなく 立ち尽くす俺が窓に映ってる  夢から夢つないできた旅の果ては ああ 戻りくる いつもの俺 全てがココにあり それ以上でも以下でもないのさ 明日への記憶刻んでは 再び 行くのさ!  地平線を覆うビルその東には 昇りくる太陽  光 窓を揺らしてさす  空青く 眩しさに目覚めてく…  鳥が影落とし舞い上がる あこがれてやまぬあの場所まで 過ぎる日を都会を 今日も俺は行く  家に辿り着いてドアを開けた 部屋に辿り着き今日の俺よさらば チクタク 午前零時一人の孤独な俺に去来する今日一日の出来事 チクタク 時計の針が俺をひきずる チクタク 思い出 後悔 欲望 チクタクチクタク 寝転ぶ俺に襲い来るお前への思い 勝利への祈りが タバコの煙 揺らめく窓に心に どこまでもどこまでも チクタク 俺の明日が始まってる… 始まってる…
Easy Goそうさ俺にはやることがある 最高の未来この胸に抱きしめる 行け男よ グッドデイゆくぜ ルーティンで電車の中繰り返す呪文のように そうさbaby おまえのハートに この世界中のあらゆる輝き届けるぜ Oh baby グッドデイゆくぜ 最高の瞬間と永遠をおまえと感じたいのさ  剛者(つわもの)どもの夢のあと 21世紀のこの荒野に 愛と喜びの花を咲かせましょう 神様俺は今人生のどのあたり  そうLet's go Easy Easy 転んだらそのままで胸を張れ 涙に滲んだ過去と未来 Oh baby 俺は今日もメシ喰って出かけるぜ  そうさ俺は必ず勝つ 歩きながら時に俺はつぶやく 飛べ心よ グッドデイゆくぜ 未来こそ俺の本領 無邪気な今日の俺懐かしむだろう 待っててくれbaby おまえのハートに この世界中のあらゆる輝き届けるぜ Oh baby グッドデイゆくぜ 最高の瞬間と永遠をおまえと分かち合いたい  悲しみけむる町の中 孤独にさいなまれしこのハートに 愛と喜びの夢を咲かせるぜ 偶然とノリと思いつきでさあ飛び出せ  そうLet's go Easy Easy 疲れたらそのまま寝ちまえばいい さあ心に問え俺の道 長いトンネル抜けたら光射す場所  剛者(つわもの)どもの夢のあと 21世紀のこの荒野に 愛と喜びの花を咲かせるぜ 神様俺は今人生のどのあたり  そうLet's go Easy Easy 転んだらそのままで胸を張れ 涙に滲んだ過去と未来 Oh baby 俺は今日もメシ喰って出かけるぜ そうLet's go Easy Easy 陽だまりの公園おまえと歩いた思い出 涙に滲んだ過去と未来 Oh baby 俺は何度でも立ち上がるぜ  Easy Easy Go! Easy Go!エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次そうさ俺にはやることがある 最高の未来この胸に抱きしめる 行け男よ グッドデイゆくぜ ルーティンで電車の中繰り返す呪文のように そうさbaby おまえのハートに この世界中のあらゆる輝き届けるぜ Oh baby グッドデイゆくぜ 最高の瞬間と永遠をおまえと感じたいのさ  剛者(つわもの)どもの夢のあと 21世紀のこの荒野に 愛と喜びの花を咲かせましょう 神様俺は今人生のどのあたり  そうLet's go Easy Easy 転んだらそのままで胸を張れ 涙に滲んだ過去と未来 Oh baby 俺は今日もメシ喰って出かけるぜ  そうさ俺は必ず勝つ 歩きながら時に俺はつぶやく 飛べ心よ グッドデイゆくぜ 未来こそ俺の本領 無邪気な今日の俺懐かしむだろう 待っててくれbaby おまえのハートに この世界中のあらゆる輝き届けるぜ Oh baby グッドデイゆくぜ 最高の瞬間と永遠をおまえと分かち合いたい  悲しみけむる町の中 孤独にさいなまれしこのハートに 愛と喜びの夢を咲かせるぜ 偶然とノリと思いつきでさあ飛び出せ  そうLet's go Easy Easy 疲れたらそのまま寝ちまえばいい さあ心に問え俺の道 長いトンネル抜けたら光射す場所  剛者(つわもの)どもの夢のあと 21世紀のこの荒野に 愛と喜びの花を咲かせるぜ 神様俺は今人生のどのあたり  そうLet's go Easy Easy 転んだらそのままで胸を張れ 涙に滲んだ過去と未来 Oh baby 俺は今日もメシ喰って出かけるぜ そうLet's go Easy Easy 陽だまりの公園おまえと歩いた思い出 涙に滲んだ過去と未来 Oh baby 俺は何度でも立ち上がるぜ  Easy Easy Go! Easy Go!
デーデ溜め息ばかりついてたら 何もできないさ こんなにつまらん世の中も 金がかたづける  世の中まるく治めるなら 頭脳はいらないさ 少しばかりの悪知恵と 金があればいい  悲しい事あっても 1人きりになっても 金があるじゃないか 金があればいい もしも君に友達が 1人もいないなら ふぬけたド頭 フル回転 金が友達さ  悲しい事あっても 1人きりになっても 金があるじゃないか 金があればいい  金持ち とりもち 力持ち もちにもいろいろあるけれど 金持ち1番強いのは誰でもしってるさ 友達なんかいらないさ 金があればいい  ララララララ 心も身体も売り渡せ 金があればいいエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次溜め息ばかりついてたら 何もできないさ こんなにつまらん世の中も 金がかたづける  世の中まるく治めるなら 頭脳はいらないさ 少しばかりの悪知恵と 金があればいい  悲しい事あっても 1人きりになっても 金があるじゃないか 金があればいい もしも君に友達が 1人もいないなら ふぬけたド頭 フル回転 金が友達さ  悲しい事あっても 1人きりになっても 金があるじゃないか 金があればいい  金持ち とりもち 力持ち もちにもいろいろあるけれど 金持ち1番強いのは誰でもしってるさ 友達なんかいらないさ 金があればいい  ララララララ 心も身体も売り渡せ 金があればいい
リッスントゥザミュージックリッスントゥザミュージック 僕たちの未来 リッスントゥザミュージック 明日は晴れかい? ふたり並んで腰かけていた井の頭公園で  池にボートを浮かべてはしゃぐ人をふたりは見つめていた 本当はいっしょに笑いたいのに だけど笑えなくて  なぜなら僕は僕の未来を 君は君でいくつもの夢を それぞれの思い溢れ始めた 出会ってから1年  別れの気配を感じていたのに 明日の約束を今日も重ねていた  リッスントゥザミュージック 僕たちの未来 リッスントゥザミュージック 明日は晴れかい? ふたり並んで腰かけていた井の頭公園で  本当はいっしょに笑いたいのに ふたりはいつもひとり  君が僕の事見つめる目には ひとつの嘘さえも決してなかったのに  リッスントゥザミュージック 僕たちの未来 リッスントゥザミュージック 明日は晴れかい? ヘソ曲がりの未来地図は 尽きない 尽きない思い 尽きない 尽きない思いエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次リッスントゥザミュージック 僕たちの未来 リッスントゥザミュージック 明日は晴れかい? ふたり並んで腰かけていた井の頭公園で  池にボートを浮かべてはしゃぐ人をふたりは見つめていた 本当はいっしょに笑いたいのに だけど笑えなくて  なぜなら僕は僕の未来を 君は君でいくつもの夢を それぞれの思い溢れ始めた 出会ってから1年  別れの気配を感じていたのに 明日の約束を今日も重ねていた  リッスントゥザミュージック 僕たちの未来 リッスントゥザミュージック 明日は晴れかい? ふたり並んで腰かけていた井の頭公園で  本当はいっしょに笑いたいのに ふたりはいつもひとり  君が僕の事見つめる目には ひとつの嘘さえも決してなかったのに  リッスントゥザミュージック 僕たちの未来 リッスントゥザミュージック 明日は晴れかい? ヘソ曲がりの未来地図は 尽きない 尽きない思い 尽きない 尽きない思い
明日に向かって走れ突っ走るぜ 明日も たぶん あさっても この世の果てまでも 走り続けよう Fu…  本当のことなんて 知りたくもないさ 優しさにたどりつく そんな日を思って  崩れちまいそうな ココロに 勇気をなげてくれよ  輝く街の灯よ まだ見ぬ明日よ この世はいつだって 突っ走るだけさ Fu…  抱きしめて眠るだけで すべて忘れちまうさ 大切なものだけは 無くなりゃしないのさ  小さな幸せを 俺にも 少しだけなげてくれよ  駅をゆき 街を過ぎ 今すぐ そうさ 会いにゆくのさ 冬の空 きらめいて 車を越えて 人波越えて そう このまま かけてゆくよ  突っ走るぜ 明日も たぶん あさっても 男はいつだって 突っ走るだけさ Fu…  Chu chu ru ru chu yeah Chu chu ru ru chu yeah Chu chu ru ru chu yeah Chu chu ru ru chu yeah Oh! Oh yeah Fu…エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次突っ走るぜ 明日も たぶん あさっても この世の果てまでも 走り続けよう Fu…  本当のことなんて 知りたくもないさ 優しさにたどりつく そんな日を思って  崩れちまいそうな ココロに 勇気をなげてくれよ  輝く街の灯よ まだ見ぬ明日よ この世はいつだって 突っ走るだけさ Fu…  抱きしめて眠るだけで すべて忘れちまうさ 大切なものだけは 無くなりゃしないのさ  小さな幸せを 俺にも 少しだけなげてくれよ  駅をゆき 街を過ぎ 今すぐ そうさ 会いにゆくのさ 冬の空 きらめいて 車を越えて 人波越えて そう このまま かけてゆくよ  突っ走るぜ 明日も たぶん あさっても 男はいつだって 突っ走るだけさ Fu…  Chu chu ru ru chu yeah Chu chu ru ru chu yeah Chu chu ru ru chu yeah Chu chu ru ru chu yeah Oh! Oh yeah Fu…
夢を追う旅人さあ行こうぜ どでかい明日へ 友よ 夢を追う旅人よ POWER とびきりの明日へ 唇から心へ POWER ひとくちの力  喜び悲しみ未来胸に渦巻いて 青春してきた 嗚呼 時は流れ大人になった昔の少年 夕暮れの街の中 風は木々を揺らし季節は巡り お陽様は高く昇るだろう  さあ行こうぜ まだ見ぬ明日へ 友よ 夢を追う旅人よ POWER 輝きこの胸に 唇から魂へ POWER 満たして突き進め  たそがれてうつむきがちに歩いてた 懐かしかったり切なかったり 思い出時にふと自分がいぢらしく愛おしくて涙ホロリ でも さあ POWERチャージして もう一度出かけよう 準備はいいかい? GO  さあ飛び出せ まだ見ぬ明日へ 友よ 夢を追う旅人よ もうすぐさ 輝きこの胸に 唇から魂へ POWER 満たして掴み取れ  さあ行こうぜ どでかい明日へ 友よ 夢を追う旅人よ POWER とびきりの明日へ 唇から心へ 唇からPOWER ひとくちの力  さあ行こうぜ どでかい明日へ 友よ  POWER まだ見ぬ明日へエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次さあ行こうぜ どでかい明日へ 友よ 夢を追う旅人よ POWER とびきりの明日へ 唇から心へ POWER ひとくちの力  喜び悲しみ未来胸に渦巻いて 青春してきた 嗚呼 時は流れ大人になった昔の少年 夕暮れの街の中 風は木々を揺らし季節は巡り お陽様は高く昇るだろう  さあ行こうぜ まだ見ぬ明日へ 友よ 夢を追う旅人よ POWER 輝きこの胸に 唇から魂へ POWER 満たして突き進め  たそがれてうつむきがちに歩いてた 懐かしかったり切なかったり 思い出時にふと自分がいぢらしく愛おしくて涙ホロリ でも さあ POWERチャージして もう一度出かけよう 準備はいいかい? GO  さあ飛び出せ まだ見ぬ明日へ 友よ 夢を追う旅人よ もうすぐさ 輝きこの胸に 唇から魂へ POWER 満たして掴み取れ  さあ行こうぜ どでかい明日へ 友よ 夢を追う旅人よ POWER とびきりの明日へ 唇から心へ 唇からPOWER ひとくちの力  さあ行こうぜ どでかい明日へ 友よ  POWER まだ見ぬ明日へ
Darling似合いのふたり? 流れる雲 俺はここさ でも高まる癖 遠くばかりを見つめて歩く俺を しなやかな初夏の風みたいな やさしすぎるぜDarling すれ違いばかりなのに  とまどいのふり 目と目が合って おまえ笑うから やっぱ宝物 全部あげたい とびきりの心で あの木々の光 輝く空も でもなぜだろうDarling 悲しみが消えないんだ  みんなあこがれてるから“愛” 言葉だけ空回り 誰も見た事はない でもふたりなにげない時が いつの日かふと思い出すと 輝いてる不思議  心の窓はいつも開いてる 全部受け止めるぜ 泣いたり笑ったり 色んな事を心に集めて こうしてどこまでも歩いて行きたい なんて思ってる俺はDarling 身勝手な男なのかな  もどかしくて 涙が出そうさ 時計の針リセットして ぶらぶら歩いて行こう  みんな尋ねあぐねてるから“愛” イメージだけが先回り もどかしいけれど いつかふたり行った海の茶店 時が過ぎてふと思い出せば かけがえのない時よ  似合いのふたり? 流れる雲 俺はここさ でも高まる癖 遠くばかりを見つめて歩く俺を しなやかな初夏の風みたいな やさしすぎるぜDarling すれ違いばかりなのに 歩いてくいつものふたりエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次似合いのふたり? 流れる雲 俺はここさ でも高まる癖 遠くばかりを見つめて歩く俺を しなやかな初夏の風みたいな やさしすぎるぜDarling すれ違いばかりなのに  とまどいのふり 目と目が合って おまえ笑うから やっぱ宝物 全部あげたい とびきりの心で あの木々の光 輝く空も でもなぜだろうDarling 悲しみが消えないんだ  みんなあこがれてるから“愛” 言葉だけ空回り 誰も見た事はない でもふたりなにげない時が いつの日かふと思い出すと 輝いてる不思議  心の窓はいつも開いてる 全部受け止めるぜ 泣いたり笑ったり 色んな事を心に集めて こうしてどこまでも歩いて行きたい なんて思ってる俺はDarling 身勝手な男なのかな  もどかしくて 涙が出そうさ 時計の針リセットして ぶらぶら歩いて行こう  みんな尋ねあぐねてるから“愛” イメージだけが先回り もどかしいけれど いつかふたり行った海の茶店 時が過ぎてふと思い出せば かけがえのない時よ  似合いのふたり? 流れる雲 俺はここさ でも高まる癖 遠くばかりを見つめて歩く俺を しなやかな初夏の風みたいな やさしすぎるぜDarling すれ違いばかりなのに 歩いてくいつものふたり
それを愛と呼ぶとしようBaby 忙しき日々にお前を連れて再びどんな世界へ旅立とう? Baby 上り下りある人生 幸せの光を Baby お前に見せてやりたくて 今日も悩んでた  Baby 昨日までの二人はそれぞれの 思い出の中でしか生きられなかった でも今を生きるって 当たり前の毎日を積み重ねることだって気付いたのさ お前と出会って  Oh baby どんな悲しみも越えてお前と歩き続けるのが願い 濡れたまぶたにそっとくちづけよう 争いはやめにして さあ 明日を迎えにいこう  Baby 祈りのときは過ぎて 歩き出そう 髪をなびかせ笑うお前が見える ちょっとすねた横顔や何気ない仕草からお前のやさしさ感じる いつかは傷つけてごめんね  Oh baby どんな明日を迎えにいこう? 挫けそうな時は忘れるな 俺がいる お前と出会って優しさや、今を生きる本当の強さを Oh baby 俺は知ったから  寄り添いたくてこうして二人でいること、それを愛と呼ぶとしよう  Oh baby どんな悲しみも越えてお前と歩き続けるのが願い 道に咲く花のような当たり前の日々がもっと素敵な明日への架け橋 寄り添いたくてこうして二人いること、それを愛と呼ぶとしよう これからもよろしくなエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次Baby 忙しき日々にお前を連れて再びどんな世界へ旅立とう? Baby 上り下りある人生 幸せの光を Baby お前に見せてやりたくて 今日も悩んでた  Baby 昨日までの二人はそれぞれの 思い出の中でしか生きられなかった でも今を生きるって 当たり前の毎日を積み重ねることだって気付いたのさ お前と出会って  Oh baby どんな悲しみも越えてお前と歩き続けるのが願い 濡れたまぶたにそっとくちづけよう 争いはやめにして さあ 明日を迎えにいこう  Baby 祈りのときは過ぎて 歩き出そう 髪をなびかせ笑うお前が見える ちょっとすねた横顔や何気ない仕草からお前のやさしさ感じる いつかは傷つけてごめんね  Oh baby どんな明日を迎えにいこう? 挫けそうな時は忘れるな 俺がいる お前と出会って優しさや、今を生きる本当の強さを Oh baby 俺は知ったから  寄り添いたくてこうして二人でいること、それを愛と呼ぶとしよう  Oh baby どんな悲しみも越えてお前と歩き続けるのが願い 道に咲く花のような当たり前の日々がもっと素敵な明日への架け橋 寄り添いたくてこうして二人いること、それを愛と呼ぶとしよう これからもよろしくな
花男ニタリ ニタリと策士ども 転ばぬ先の杖のよう わけのわからぬ優しさと 生きる屍 こんにちは  まだよ まだよと目がギラギラ 底を知らないガリガリに 苦労が多いとタメ息が 生きてる幸せ忘れたか  遠くを歩いてる 俺の姿よ どうしたわけか 涙ほろり 生きる屍 さようなら  きさまに言うこと何もない 聞きたいことも何もない 俺は口もと笑いうかべて きさまを信じるさ  遠くを歩いてる 俺の姿よ どうしたわけか 涙ほろり 生きる屍 さようなら  俺の姿を忘れるな ニタリ ニタリの策士ども どうせやるなら ドンとやれ やつらを笑って ワハハのハ  遠くを歩いてる 俺の姿よ どうしたわけか 涙ほろり 生きる屍 さようならエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次ニタリ ニタリと策士ども 転ばぬ先の杖のよう わけのわからぬ優しさと 生きる屍 こんにちは  まだよ まだよと目がギラギラ 底を知らないガリガリに 苦労が多いとタメ息が 生きてる幸せ忘れたか  遠くを歩いてる 俺の姿よ どうしたわけか 涙ほろり 生きる屍 さようなら  きさまに言うこと何もない 聞きたいことも何もない 俺は口もと笑いうかべて きさまを信じるさ  遠くを歩いてる 俺の姿よ どうしたわけか 涙ほろり 生きる屍 さようなら  俺の姿を忘れるな ニタリ ニタリの策士ども どうせやるなら ドンとやれ やつらを笑って ワハハのハ  遠くを歩いてる 俺の姿よ どうしたわけか 涙ほろり 生きる屍 さようなら
夢のかけら夢のかけら 僕らは いつまでも追いかけるのさ  君はネコで 俺は嘘つき 破裂しそうな夢の狭間で ずれてるようなオレの口癖 揺れてる君の横顔  傷つけあったいつもの部屋 上手な嘘だけじゃ どうしようもないのさ どんなに抱きしめても  乾いた喉 冷たい水を ぐっと飲んで癒したけれど 右手でそっと髪をかきあげ さめてる君のまなざし  過ぎ去った日々を 胸に抱き働いてる  夢のかけら 僕らは いつまでも追いかけるのさ  ふとしたひょうし 君の言葉が 胸に刺さって抜けなくなるよ  愛してるとつぶやいてみた 部屋に響いたけれど  癒しあったいつもの部屋 小さな物語 どうしようもないのか どんなに愛してても  過ぎゆく季節も ため息の日々も 君の笑顔だけ 胸に抱き働いてる  夢のかけら 僕らは追いかけるのさ 今なら僕は言える 君のこと愛してると エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次夢のかけら 僕らは いつまでも追いかけるのさ  君はネコで 俺は嘘つき 破裂しそうな夢の狭間で ずれてるようなオレの口癖 揺れてる君の横顔  傷つけあったいつもの部屋 上手な嘘だけじゃ どうしようもないのさ どんなに抱きしめても  乾いた喉 冷たい水を ぐっと飲んで癒したけれど 右手でそっと髪をかきあげ さめてる君のまなざし  過ぎ去った日々を 胸に抱き働いてる  夢のかけら 僕らは いつまでも追いかけるのさ  ふとしたひょうし 君の言葉が 胸に刺さって抜けなくなるよ  愛してるとつぶやいてみた 部屋に響いたけれど  癒しあったいつもの部屋 小さな物語 どうしようもないのか どんなに愛してても  過ぎゆく季節も ため息の日々も 君の笑顔だけ 胸に抱き働いてる  夢のかけら 僕らは追いかけるのさ 今なら僕は言える 君のこと愛してると 
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
さらば青春遠い 遠い 遠い 遠い日々を 僕ら歩いていたけれど いつも通り町はいつもの顔で ふたりを包んでいた  久しぶりさ 町は夕暮れ過ぎて 輝き始めたけれど 俺は 俺には 俺には 俺には何も 何も見えなかった  あぁ 俺は 何度も 何度も叫んだけど あぁ もはや 君は 遠い遠い思い出の中  冬のにおい 俺はいつもの町を ひとり歩いていたけれど ばからしいぜ 遠い遠い夢を 重ね合わせていた  あぁ 俺は 何度も 何度も叫んだけど あぁ もはや 君は 遠い遠い思い出の中  嘘つきじゃないさ 時間が過ぎただけさ 涙こぼれて ただそれだけ  僕ら そうさ こうして いつしか大人になってゆくのさ いざゆこう さらば 遠い遠い青春の日々よ  あぁ 俺は 何度も 何度も抱きしめたけど あぁ もはや 君は 遠い遠い思い出の中エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次遠い 遠い 遠い 遠い日々を 僕ら歩いていたけれど いつも通り町はいつもの顔で ふたりを包んでいた  久しぶりさ 町は夕暮れ過ぎて 輝き始めたけれど 俺は 俺には 俺には 俺には何も 何も見えなかった  あぁ 俺は 何度も 何度も叫んだけど あぁ もはや 君は 遠い遠い思い出の中  冬のにおい 俺はいつもの町を ひとり歩いていたけれど ばからしいぜ 遠い遠い夢を 重ね合わせていた  あぁ 俺は 何度も 何度も叫んだけど あぁ もはや 君は 遠い遠い思い出の中  嘘つきじゃないさ 時間が過ぎただけさ 涙こぼれて ただそれだけ  僕ら そうさ こうして いつしか大人になってゆくのさ いざゆこう さらば 遠い遠い青春の日々よ  あぁ 俺は 何度も 何度も抱きしめたけど あぁ もはや 君は 遠い遠い思い出の中
so many people定めなき世の定めだぜ かりそめでいい喜びを  好むと好まざるにかかわらずボクらは 歴史を引きずり そう 胸の痛み恐れてる 定めなき世の定めだぜ  幸か不幸かボクら島国の生まれで 恋も革命もいづれ 一国に尽きる運命かい? そんなのありかよ神様よ!!  ソーメニーピープル 求める気持ちを一時も忘れないで あらゆる挫折と輝きのめくるめく世界へ  ああそれでいい今もどかしくても かりそめでいい喜びを  矛盾するようだが 激烈なる変化を 求めるあまり そうさ 死んでしまう人がいる 無駄死にさ やめた方がいい  高速道路 朝日をあびて ダイナミックな町は あらゆるこの世の悲しみを一緒にのりこえよう  ああそれでいい今もどかしくても どうかこころの声にそう もとづいて行け!!  Yeah Yeah Yeah Yeah Yeah Yeah Yeah Yeah Hoo!  ソーメニーピープル ボクらの愛は(ソーレッツゴー)一瞬に全てがあって あらゆるこの世の悲しみを(ドントレットミーダウン)あなたと乗りこえよう  ソーメニーピープル 革命も瞬間の積み重ね  ソーメニーピープル  Oh Yeah Yeah Yeah  ああ 定めなき世の定めだぜ かりそめでいい喜びをエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次定めなき世の定めだぜ かりそめでいい喜びを  好むと好まざるにかかわらずボクらは 歴史を引きずり そう 胸の痛み恐れてる 定めなき世の定めだぜ  幸か不幸かボクら島国の生まれで 恋も革命もいづれ 一国に尽きる運命かい? そんなのありかよ神様よ!!  ソーメニーピープル 求める気持ちを一時も忘れないで あらゆる挫折と輝きのめくるめく世界へ  ああそれでいい今もどかしくても かりそめでいい喜びを  矛盾するようだが 激烈なる変化を 求めるあまり そうさ 死んでしまう人がいる 無駄死にさ やめた方がいい  高速道路 朝日をあびて ダイナミックな町は あらゆるこの世の悲しみを一緒にのりこえよう  ああそれでいい今もどかしくても どうかこころの声にそう もとづいて行け!!  Yeah Yeah Yeah Yeah Yeah Yeah Yeah Yeah Hoo!  ソーメニーピープル ボクらの愛は(ソーレッツゴー)一瞬に全てがあって あらゆるこの世の悲しみを(ドントレットミーダウン)あなたと乗りこえよう  ソーメニーピープル 革命も瞬間の積み重ね  ソーメニーピープル  Oh Yeah Yeah Yeah  ああ 定めなき世の定めだぜ かりそめでいい喜びを
普通の日々Baby 幕が上がり 街や人や色んなもの いつも通り あたりまえに動き始めていた  Baby 用意された 舞台へまた出かけてゆく 悲しい訳もない俺は 静かに歩いてた  普通の日々よ どよめきもなく 後悔も悲しみも 飲み込んでしまう時よ  Baby 夜の静寂(しじま) 車の影 通る電車 悲しい訳もない俺が 静かにうたってた Woo yeah!  普通の日々よ 風の向こうで さまざまな想いが 霧のようにひそんでいる  Baby 今日が終わる 外は少し雨が降ってる 風のように 空のように あなたを想った  胸の奥にしまってばかりの 臆病な俺は 心の中いつも描いてた 街を人を時を すべてを 思い出そう  Baby 幕が上がる 俺はきっと普通の日々から あなたを想って うたをうたおうエレファントカシマシ宮本浩次・小林武史宮本浩次Baby 幕が上がり 街や人や色んなもの いつも通り あたりまえに動き始めていた  Baby 用意された 舞台へまた出かけてゆく 悲しい訳もない俺は 静かに歩いてた  普通の日々よ どよめきもなく 後悔も悲しみも 飲み込んでしまう時よ  Baby 夜の静寂(しじま) 車の影 通る電車 悲しい訳もない俺が 静かにうたってた Woo yeah!  普通の日々よ 風の向こうで さまざまな想いが 霧のようにひそんでいる  Baby 今日が終わる 外は少し雨が降ってる 風のように 空のように あなたを想った  胸の奥にしまってばかりの 臆病な俺は 心の中いつも描いてた 街を人を時を すべてを 思い出そう  Baby 幕が上がる 俺はきっと普通の日々から あなたを想って うたをうたおう
幸せよ、この指にとまれ昨日今日明日 喜びよオーライ この胸に咲け!  oh please 風にまぎれている幸せよ、この指にとまれ いくつもの後悔引きずり歩く 振り払えない昨日が道標かい?  遠くへもっともっと遠くへ夢追い越してく 目の前あの日の俺揺れて滲むけど  雨のち晴れ 暮れゆく町の空に星が一つ とまどう時を越えて届く明日の光  oh please 風にまぎれている幸せよ、この指にとまれ 道の端にちりばめてある喜び 高鳴る胸今すぐに咲き誇れ!  あの雨の交差点 信号が点滅してたなんて嘘さ 置き去りの俺 迎えにゆけ  自らを求め、ただ歩いてゆく幸せを!  思い込みさ 躊躇しなくていい 「昨日まで」と「この瞬間」とそう「これから」と  雨のち晴れ like a rain 心が閉ざされてる時も 新しくて同じあの風が吹いているんだぜ (本当さ)  雨のち晴れ 暮れゆく町の空に星が一つ とまどう時を越えて届く明日の光   昨日今日明日 喜びよオーライ この胸に咲け!エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次・蔦谷好位置昨日今日明日 喜びよオーライ この胸に咲け!  oh please 風にまぎれている幸せよ、この指にとまれ いくつもの後悔引きずり歩く 振り払えない昨日が道標かい?  遠くへもっともっと遠くへ夢追い越してく 目の前あの日の俺揺れて滲むけど  雨のち晴れ 暮れゆく町の空に星が一つ とまどう時を越えて届く明日の光  oh please 風にまぎれている幸せよ、この指にとまれ 道の端にちりばめてある喜び 高鳴る胸今すぐに咲き誇れ!  あの雨の交差点 信号が点滅してたなんて嘘さ 置き去りの俺 迎えにゆけ  自らを求め、ただ歩いてゆく幸せを!  思い込みさ 躊躇しなくていい 「昨日まで」と「この瞬間」とそう「これから」と  雨のち晴れ like a rain 心が閉ざされてる時も 新しくて同じあの風が吹いているんだぜ (本当さ)  雨のち晴れ 暮れゆく町の空に星が一つ とまどう時を越えて届く明日の光   昨日今日明日 喜びよオーライ この胸に咲け!
ワインディングロード長い道を行く 古えの光 ムーンライト 手探りで何かを探す夢から覚めて  魂は何度死ぬ? 破れしあまたの夢 再び新しい旅が始まる  通り過ぎる風 たたずむ街の中  ああ いつかの遠い夢が 蘇るそんな日にゃあ ありふれた曲がり角 その先へ さあ行こう 今ここから明日へ続く道 手にした一切合切が 移ろい行く定めならば 己をさらして行こう ゴー  消せやしないだろう? 胸の奥の希望は 醒めた顔 でも ふりそそぐ陽の光あびて  目的はどこにある? 働き 暮れゆく日々 言い訳吹き飛ばすため スピードをあげる  吹く風にまかせて 行く先を賭ける  あんたわかるかい? 俺の気持ち 例えれば一切合切だ。 ありふれた曲がり角 時をこえて行こう 俺からあなたへと向かう道 言うなれば愛のかたまりさ 移ろい行く定めならば 今すぐ会いに行こう ゴー  遠い空の青さに鳥が泣いて 街に漂う心と風 そこらに埋もれた光は 揺れる思い出にはじけて消えた  わかるかい? わからない? 立ち止まり見てみろよ 照らすため昇りくる地平をまたぐ太陽 あんたわかるかい? 俺の気持ち 例えりゃ一切合切だ。 両刃で行くぜ 気を付けな 言うなりゃ愛のかたまりさ  今ここから明日へ続く道 手にした一切合切が 移ろい行く定めならば 己をさらして行こう ゴーエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次長い道を行く 古えの光 ムーンライト 手探りで何かを探す夢から覚めて  魂は何度死ぬ? 破れしあまたの夢 再び新しい旅が始まる  通り過ぎる風 たたずむ街の中  ああ いつかの遠い夢が 蘇るそんな日にゃあ ありふれた曲がり角 その先へ さあ行こう 今ここから明日へ続く道 手にした一切合切が 移ろい行く定めならば 己をさらして行こう ゴー  消せやしないだろう? 胸の奥の希望は 醒めた顔 でも ふりそそぐ陽の光あびて  目的はどこにある? 働き 暮れゆく日々 言い訳吹き飛ばすため スピードをあげる  吹く風にまかせて 行く先を賭ける  あんたわかるかい? 俺の気持ち 例えれば一切合切だ。 ありふれた曲がり角 時をこえて行こう 俺からあなたへと向かう道 言うなれば愛のかたまりさ 移ろい行く定めならば 今すぐ会いに行こう ゴー  遠い空の青さに鳥が泣いて 街に漂う心と風 そこらに埋もれた光は 揺れる思い出にはじけて消えた  わかるかい? わからない? 立ち止まり見てみろよ 照らすため昇りくる地平をまたぐ太陽 あんたわかるかい? 俺の気持ち 例えりゃ一切合切だ。 両刃で行くぜ 気を付けな 言うなりゃ愛のかたまりさ  今ここから明日へ続く道 手にした一切合切が 移ろい行く定めならば 己をさらして行こう ゴー
大地のシンフォニー孤独な心に届いたその手紙 「つつがなくやってるぜ、相変わらずだけど」 人生はいつもページェント 自分が主役の そして誰かをしあわせにするため生き抜く 大地のシンフォニー  旅はまだ続くけれど いつも心感じてる 「本当の自分の場所っていったい何処にあるんだろう?」 表にでれば光と風 見上げれば青い空 違うような同じような俺の旅立ち  演じてきたんだろう? 似合わない役わりを なんだい?人ごみの中見渡してる  聞こえる街のシンフォニー とまどいながらも歩いてゆける 心の鐘を鳴らして 相変わらずさ俺は ゆくりなく吹く風と共に 鳴らし続けるぜ 俺の心の中のシンフォニー  おろかなのか? 無邪気なのか? 1日過ぎりゃあ自分が 昨日より少し偉くなったような気がするものさ 薄明かりの中手探りでやっと見つけた愛さえ 流れる時に紛れ消えてしまうのに  地下鉄の駅で誰かとすれちがう 階段のぼりつくしたその先には  孤独の果てのシンフォニー 揺れる思いのまま歩いて来たぜ 心の鐘を鳴らして いわば勇敢なおろかもの たえ間なく吹く風と共に 鳴らし続けるぜ 俺の心の中のシンフォニー  孤独な心に届いたその手紙 「つつがなくやってるぜ、相変わらずだけど」 人生はいつもページェント 自分が主役の そして誰かをしあわせにするため生き抜く 大地のシンフォニーエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次孤独な心に届いたその手紙 「つつがなくやってるぜ、相変わらずだけど」 人生はいつもページェント 自分が主役の そして誰かをしあわせにするため生き抜く 大地のシンフォニー  旅はまだ続くけれど いつも心感じてる 「本当の自分の場所っていったい何処にあるんだろう?」 表にでれば光と風 見上げれば青い空 違うような同じような俺の旅立ち  演じてきたんだろう? 似合わない役わりを なんだい?人ごみの中見渡してる  聞こえる街のシンフォニー とまどいながらも歩いてゆける 心の鐘を鳴らして 相変わらずさ俺は ゆくりなく吹く風と共に 鳴らし続けるぜ 俺の心の中のシンフォニー  おろかなのか? 無邪気なのか? 1日過ぎりゃあ自分が 昨日より少し偉くなったような気がするものさ 薄明かりの中手探りでやっと見つけた愛さえ 流れる時に紛れ消えてしまうのに  地下鉄の駅で誰かとすれちがう 階段のぼりつくしたその先には  孤独の果てのシンフォニー 揺れる思いのまま歩いて来たぜ 心の鐘を鳴らして いわば勇敢なおろかもの たえ間なく吹く風と共に 鳴らし続けるぜ 俺の心の中のシンフォニー  孤独な心に届いたその手紙 「つつがなくやってるぜ、相変わらずだけど」 人生はいつもページェント 自分が主役の そして誰かをしあわせにするため生き抜く 大地のシンフォニー
孤独な太陽ぶらぶらと帰り道 夜空を見上げたら 月の影あなたの面影が 見えたような気がした 公園に 吹く風を この頬に感じながら 何だか知らないけど 涙ホロリ こぼれ落ちた夜さ  Mm…明日しか見えない ah ろくでなし この俺は 孤独な太陽 それが男と思ってた  教えて 教えて 悲しみを いつの日にか やさしさに変えちまう そんな日を あなたとふたり 生きられりゃ  部屋ん中 ひとりで テレビを見てたら 何だか知らないけど あなたのやさしさに包まれたい気がした 冷蔵庫の冷えたビールを 何本か空にして らしくないけどセンチメンタルに なっちまった夜さ  Mm…この町の夜は今日もまた 星より輝くけど 孤独な太陽 男はいつも泣いている  教えて 教えて 悲しみを いつの日にか やさしさに変えちまう そんな日を あなたとふたり 生きられりゃ  Mm…明日しか見えない ah ろくでなし この俺は 孤独な太陽 それが男と思ってた  oh! baby 教えてくれ 悲しみをいつの日にか やさしさに変えちまう そんな日を あなたとふたり 生きられりゃ あなたとふたり 生きられりゃエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次ぶらぶらと帰り道 夜空を見上げたら 月の影あなたの面影が 見えたような気がした 公園に 吹く風を この頬に感じながら 何だか知らないけど 涙ホロリ こぼれ落ちた夜さ  Mm…明日しか見えない ah ろくでなし この俺は 孤独な太陽 それが男と思ってた  教えて 教えて 悲しみを いつの日にか やさしさに変えちまう そんな日を あなたとふたり 生きられりゃ  部屋ん中 ひとりで テレビを見てたら 何だか知らないけど あなたのやさしさに包まれたい気がした 冷蔵庫の冷えたビールを 何本か空にして らしくないけどセンチメンタルに なっちまった夜さ  Mm…この町の夜は今日もまた 星より輝くけど 孤独な太陽 男はいつも泣いている  教えて 教えて 悲しみを いつの日にか やさしさに変えちまう そんな日を あなたとふたり 生きられりゃ  Mm…明日しか見えない ah ろくでなし この俺は 孤独な太陽 それが男と思ってた  oh! baby 教えてくれ 悲しみをいつの日にか やさしさに変えちまう そんな日を あなたとふたり 生きられりゃ あなたとふたり 生きられりゃ
奴隷天国太陽の下 おぼろげなるまま 右往左往であくびして死ね  オロオロと 何にもわからず 夢よ希望と同情を乞うて果てろ  Ah 生まれたときからそう 何をしてきた Ah 生まれたときから そうさ 奴隷天国よ  なんにもようできずによう オロオロオロオロ 茫然と立って果てろ しかばねめ  ああ 無理を承知でまた 繰り返されるしかばねどものいいわけ  Ah 生まれたときからそう いいわけばかりさ Ah 生まれたときから そうさ  奴隷天国よ おめえの天国 奴隷天国よ 奴隷天国よ  生まれたことを悔やんでつらいつらいと 一生懸命同情乞うて果てろ  太陽の下 おぼろげなるまま 右往左往であくびして死ね  生まれたことを悔やんで果てろ つらいつらいと一生懸命同情を乞え  Ah 生まれたときから そう 奴隷天国よ Ah 生まれたときから そうさ 奴隷天国よ 奴隷天国よ おめえの天国 奴隷天国よ  奴隷天国よ 奴隷天国よ 奴隷天国よ 奴隷天国よ  奴隷 奴隷 奴隷 奴隷 天国 天国 天国  何笑ってんだよ 何うなずいてんだよ おめえだよ そこの そこの そこの  おめえだよ おめえだよエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次太陽の下 おぼろげなるまま 右往左往であくびして死ね  オロオロと 何にもわからず 夢よ希望と同情を乞うて果てろ  Ah 生まれたときからそう 何をしてきた Ah 生まれたときから そうさ 奴隷天国よ  なんにもようできずによう オロオロオロオロ 茫然と立って果てろ しかばねめ  ああ 無理を承知でまた 繰り返されるしかばねどものいいわけ  Ah 生まれたときからそう いいわけばかりさ Ah 生まれたときから そうさ  奴隷天国よ おめえの天国 奴隷天国よ 奴隷天国よ  生まれたことを悔やんでつらいつらいと 一生懸命同情乞うて果てろ  太陽の下 おぼろげなるまま 右往左往であくびして死ね  生まれたことを悔やんで果てろ つらいつらいと一生懸命同情を乞え  Ah 生まれたときから そう 奴隷天国よ Ah 生まれたときから そうさ 奴隷天国よ 奴隷天国よ おめえの天国 奴隷天国よ  奴隷天国よ 奴隷天国よ 奴隷天国よ 奴隷天国よ  奴隷 奴隷 奴隷 奴隷 天国 天国 天国  何笑ってんだよ 何うなずいてんだよ おめえだよ そこの そこの そこの  おめえだよ おめえだよ
昔の侍昔の侍は 自ら命を断つことで 自らを生かす道を 自ら知ってたという  戦う術を失う 我らは いたずらにその身体 秋風にさらしている 秋風にさらしている  冬支度済まぬ 寒き町と 夢遠き我が姿 ああ 重ねて消えた 我が姿は重ねて消えた  ああ 紅き空 登り来る朝日よ ああ さよならさ 我らが青き日々よ  さよならさ 夢遠き我が姿 ああ 重ねて消えた 我が姿は重ねて消えた  たなびく雲 沈み行く夕日よ ああ さよならさ 滅びし日本の姿よ さよならさ 我らが青き夢よ さよならさ 我らが青き日々よ  昔の侍は 自ら命を断つことで 自らを生かす道を 自ら知ってたという  さらば遠き我らが日々よ さらば友よエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次昔の侍は 自ら命を断つことで 自らを生かす道を 自ら知ってたという  戦う術を失う 我らは いたずらにその身体 秋風にさらしている 秋風にさらしている  冬支度済まぬ 寒き町と 夢遠き我が姿 ああ 重ねて消えた 我が姿は重ねて消えた  ああ 紅き空 登り来る朝日よ ああ さよならさ 我らが青き日々よ  さよならさ 夢遠き我が姿 ああ 重ねて消えた 我が姿は重ねて消えた  たなびく雲 沈み行く夕日よ ああ さよならさ 滅びし日本の姿よ さよならさ 我らが青き夢よ さよならさ 我らが青き日々よ  昔の侍は 自ら命を断つことで 自らを生かす道を 自ら知ってたという  さらば遠き我らが日々よ さらば友よ
ヒトコイシクテ、アイヲモトメテヒトコイシクテ 眠れない夜は 真夜中の町を さまようのさ 揺れるおもいは 町にあふれて どこまで行っても 消えやしないさ  涙はこぼれるけど 仕方ないさ ヒトコイシクテ 孤独は消えないけど アイヲモトメテ  オオ 町をさまよう男 ヒトコイシクッテサ 夢から醒めない女 ああ アイヲモトメテ  眠れない夜は マクラに顔を 押しつけて 願いかけるのさ 目を閉じるだけで あなたの顔が 光りのように 揺れては消えた  今夜は眠れないよ ねがえりうつけど  オオ どうしようもない男 ヒトコイシクッテサ 夢から醒めない女 オオ 町をさまよう男 ヒトコイシクッテサ 夢から醒めない女 ああ アイヲモトメテ エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次ヒトコイシクテ 眠れない夜は 真夜中の町を さまようのさ 揺れるおもいは 町にあふれて どこまで行っても 消えやしないさ  涙はこぼれるけど 仕方ないさ ヒトコイシクテ 孤独は消えないけど アイヲモトメテ  オオ 町をさまよう男 ヒトコイシクッテサ 夢から醒めない女 ああ アイヲモトメテ  眠れない夜は マクラに顔を 押しつけて 願いかけるのさ 目を閉じるだけで あなたの顔が 光りのように 揺れては消えた  今夜は眠れないよ ねがえりうつけど  オオ どうしようもない男 ヒトコイシクッテサ 夢から醒めない女 オオ 町をさまよう男 ヒトコイシクッテサ 夢から醒めない女 ああ アイヲモトメテ 
赤い薔薇啣え煙草 部屋に帰れば 傷跡ひとつ 赤い薔薇 Oh 真夜中近き町の空には  光り輝くビルの灯り 君はしらけた顔で笑う Oh 星のようにそっと そうさ 笑うだろう  僕はひた走る どんな悲しい思い出も 全て後ろにして  君は赤い薔薇 華やぐ季節 この町に 永遠に咲き続ける花  例えばどこかの森の中 逃げ惑う君を追いかけて Oh 追いかけるのさ 獣のように きっと  オレはビルの光り 見つけて帰る ねぐらへ帰る 今日も啣え煙草  君は赤い薔薇 華やぐ季節 この町に 永遠に咲き続ける花  真夜中 孤独なろくでなし 蹴飛ばしちまえ  僕はひた走る どんなアホらしい人生も 全て喜びに変えて  君は赤い薔薇 どよめくビル そう この町に 永遠に咲き続ける花  僕はひた走る どんな悲しい思い出も 全て後ろにして  君は赤い薔薇 華やぐ季節 この町に 永遠に咲き続ける花エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次啣え煙草 部屋に帰れば 傷跡ひとつ 赤い薔薇 Oh 真夜中近き町の空には  光り輝くビルの灯り 君はしらけた顔で笑う Oh 星のようにそっと そうさ 笑うだろう  僕はひた走る どんな悲しい思い出も 全て後ろにして  君は赤い薔薇 華やぐ季節 この町に 永遠に咲き続ける花  例えばどこかの森の中 逃げ惑う君を追いかけて Oh 追いかけるのさ 獣のように きっと  オレはビルの光り 見つけて帰る ねぐらへ帰る 今日も啣え煙草  君は赤い薔薇 華やぐ季節 この町に 永遠に咲き続ける花  真夜中 孤独なろくでなし 蹴飛ばしちまえ  僕はひた走る どんなアホらしい人生も 全て喜びに変えて  君は赤い薔薇 どよめくビル そう この町に 永遠に咲き続ける花  僕はひた走る どんな悲しい思い出も 全て後ろにして  君は赤い薔薇 華やぐ季節 この町に 永遠に咲き続ける花
友達がいるのさ東京中の電気を消して夜空を見上げてえな かわいがってる ぶざまな魂 さらしてみてえんだ  テレビづけおもちゃづけ こんな感じで一日終わっちまうんだ 明日 飛び立つために 今日はねてしまうんだ  電車の窓にうつる 俺の顔 幸せでも不幸でもなかった くちびるから宇宙 流れてく日々に 本当の俺を見つけてえんだ  ありふれたメロディー ぬけられぬセオリー カバンにつめこんで  俺はまた出かけよう あいつらがいるから 明日もまた出かけよう 友達がいるのさ 俺はまた出かけよう  「おい、あいつまたでっかい事やろうとしてるぜ」  東京中の電気を消して夜空を見上げてえな お祭りの日を待つ子供の様に 待ちつづける俺を笑いてえんだ  サイコーのメロディー おわれねえストーリー 五感にしみこんで  俺はまた出かけよう 街は動き出した 明日もまた出かけよう 俺はうまくやるさ 俺はまた出かけよう あいつらがいるから 明日もまた出かけよう  乱立する文明のはざまを一笑、一蹴、偏執、哀愁 歩いてゆくぜ!  飛び立つぜ! 歩きだすぜ!  東京中の電気を消して夜空を見上げてえな なんてな YEAH!  歩くのはいいぜ! 俺はまた出かけよう 乱立する文明のはざまを一笑、一蹴、偏執、哀愁 出かけよう 明日も あさっても また出かけようエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次東京中の電気を消して夜空を見上げてえな かわいがってる ぶざまな魂 さらしてみてえんだ  テレビづけおもちゃづけ こんな感じで一日終わっちまうんだ 明日 飛び立つために 今日はねてしまうんだ  電車の窓にうつる 俺の顔 幸せでも不幸でもなかった くちびるから宇宙 流れてく日々に 本当の俺を見つけてえんだ  ありふれたメロディー ぬけられぬセオリー カバンにつめこんで  俺はまた出かけよう あいつらがいるから 明日もまた出かけよう 友達がいるのさ 俺はまた出かけよう  「おい、あいつまたでっかい事やろうとしてるぜ」  東京中の電気を消して夜空を見上げてえな お祭りの日を待つ子供の様に 待ちつづける俺を笑いてえんだ  サイコーのメロディー おわれねえストーリー 五感にしみこんで  俺はまた出かけよう 街は動き出した 明日もまた出かけよう 俺はうまくやるさ 俺はまた出かけよう あいつらがいるから 明日もまた出かけよう  乱立する文明のはざまを一笑、一蹴、偏執、哀愁 歩いてゆくぜ!  飛び立つぜ! 歩きだすぜ!  東京中の電気を消して夜空を見上げてえな なんてな YEAH!  歩くのはいいぜ! 俺はまた出かけよう 乱立する文明のはざまを一笑、一蹴、偏執、哀愁 出かけよう 明日も あさっても また出かけよう
穴があったら入いりたい穴があったら入いりたい 俺の人生なんだか 穴があったら入いりたい 俺の人生なんだか 本音と建前せめぎ合い 俺の人生なんだか 穴があったら入いりたい  目覚めろ Goodday しけた Monday ましだぜ Tuesday 行けよ Wednesday もう少し Thursday はじけろ Friday とびだせ Saturday いつも Sunday  穴があったら入いりたい 俺の人生なんだか いつも心の真ん中 様になるようにゃあ決まらねえ 穴があったら入いりたい 俺は天下のラッキーboy 穴があったら入いりたい  目覚めろ Goodday しけた Monday ましだぜ Tuesday 行けよ Wednesday もう少し Thursday はじけろ Friday とびだせ Saturday いつも Sunday  おい うまくやってるつもりだろうが全部ばれてるぜ御同輩 そりゃあ 表通りだけが人生じゃあないだろうが  穴があったら入いりたい 俺の人生なんだか 穴があったら入いりたい 俺の人生なんだか 本音と建前せめぎ合い 俺の人生なんだか 穴があったら入いりたい  目覚めろ Goodday しけた Monday ましだぜ Tuesday 行けよ Wednesday もう少し Thursday はじけろ Friday とびだせ Saturday いつも Sunday  ヘイ 神様もっと光りを木漏れ日の中歩くような そりゃあ 表通りだけが人生じゃあないだろうが  おい うまくやってるつもりだろうが全部ばれてるぜ御同輩 そりゃあ 表通りだけが人生じゃあないだろうが  穴があったら入いりたいエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次穴があったら入いりたい 俺の人生なんだか 穴があったら入いりたい 俺の人生なんだか 本音と建前せめぎ合い 俺の人生なんだか 穴があったら入いりたい  目覚めろ Goodday しけた Monday ましだぜ Tuesday 行けよ Wednesday もう少し Thursday はじけろ Friday とびだせ Saturday いつも Sunday  穴があったら入いりたい 俺の人生なんだか いつも心の真ん中 様になるようにゃあ決まらねえ 穴があったら入いりたい 俺は天下のラッキーboy 穴があったら入いりたい  目覚めろ Goodday しけた Monday ましだぜ Tuesday 行けよ Wednesday もう少し Thursday はじけろ Friday とびだせ Saturday いつも Sunday  おい うまくやってるつもりだろうが全部ばれてるぜ御同輩 そりゃあ 表通りだけが人生じゃあないだろうが  穴があったら入いりたい 俺の人生なんだか 穴があったら入いりたい 俺の人生なんだか 本音と建前せめぎ合い 俺の人生なんだか 穴があったら入いりたい  目覚めろ Goodday しけた Monday ましだぜ Tuesday 行けよ Wednesday もう少し Thursday はじけろ Friday とびだせ Saturday いつも Sunday  ヘイ 神様もっと光りを木漏れ日の中歩くような そりゃあ 表通りだけが人生じゃあないだろうが  おい うまくやってるつもりだろうが全部ばれてるぜ御同輩 そりゃあ 表通りだけが人生じゃあないだろうが  穴があったら入いりたい
孤独な旅人孤独な旅人 いずれ僕ら そんなものだろう 浮雲のように ふわふわと  このまま行こうぜ 夏のある日 旅立って行くだろう 風にまかせて 孤独な旅に出よう  普通の生活 誰か僕を つかまえておくれ 乾いた心を うるおしてくれ  旅に出ようぜ 夏のある日 旅立って行くだろう 風にまかせて 孤独な旅に出よう  振り返れば 誰かの声 誰かの影 どこまでも ついて来る 世間の影 つかまえて 勇気づけて 俺を  孤独な旅人 日々が僕を 連れ去って行くだろう イメージにあるような そんな場所へ  俺は知ってる 誰も未だ 知らない町を 風にまかせて 孤独な旅に出よう  ふり仰げば そう誰かしら 呼んでる声 うれしけりゃ 笑いかけて いつもの顔で どこまでも 追いかけよう 君と  Oh yeah  EVERYBODY 新しい旅に出よう EVERYBODY 夏の風に誘われて行こう EVERYBODY 素晴しい旅に出よう EVERYBODY 愛を探しに行こう  EVERYBODY 新しい旅に出よう EVERYBODY 愛を探しに行こうエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次孤独な旅人 いずれ僕ら そんなものだろう 浮雲のように ふわふわと  このまま行こうぜ 夏のある日 旅立って行くだろう 風にまかせて 孤独な旅に出よう  普通の生活 誰か僕を つかまえておくれ 乾いた心を うるおしてくれ  旅に出ようぜ 夏のある日 旅立って行くだろう 風にまかせて 孤独な旅に出よう  振り返れば 誰かの声 誰かの影 どこまでも ついて来る 世間の影 つかまえて 勇気づけて 俺を  孤独な旅人 日々が僕を 連れ去って行くだろう イメージにあるような そんな場所へ  俺は知ってる 誰も未だ 知らない町を 風にまかせて 孤独な旅に出よう  ふり仰げば そう誰かしら 呼んでる声 うれしけりゃ 笑いかけて いつもの顔で どこまでも 追いかけよう 君と  Oh yeah  EVERYBODY 新しい旅に出よう EVERYBODY 夏の風に誘われて行こう EVERYBODY 素晴しい旅に出よう EVERYBODY 愛を探しに行こう  EVERYBODY 新しい旅に出よう EVERYBODY 愛を探しに行こう
戦う男Hey 戦え男よ 聞こえる あのメッセージ 燃えろよ 静かに 昨日の喜びも 捨てちまう 道端に Oh 走り抜けろ Hey  あのメッセージ 遠くで 聞こえる約束 負けるな 男よ 優しい思い出を 抱きしめて 旅立とう Oh 走れ抜けろ Hey Hey  Oh 愛しい人 そばにいて そっと笑ってくれ Yeah Ah Hey  燃えろ 燃えろ 心よ 燃えろ いつか いつか 炎のように燃え尽きちまえ  戦え男よ 聞こえる このメッセージ 涙を拭うな 未来の喜びを 胸に秘め 旅立とう Oh 愛しい人 そばにいて そっと笑ってくれ  Hey! Ah  飛ばすぜ このまま どこまでも… Oh,Oh,Oh,Yeah,Yeah,エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次Hey 戦え男よ 聞こえる あのメッセージ 燃えろよ 静かに 昨日の喜びも 捨てちまう 道端に Oh 走り抜けろ Hey  あのメッセージ 遠くで 聞こえる約束 負けるな 男よ 優しい思い出を 抱きしめて 旅立とう Oh 走れ抜けろ Hey Hey  Oh 愛しい人 そばにいて そっと笑ってくれ Yeah Ah Hey  燃えろ 燃えろ 心よ 燃えろ いつか いつか 炎のように燃え尽きちまえ  戦え男よ 聞こえる このメッセージ 涙を拭うな 未来の喜びを 胸に秘め 旅立とう Oh 愛しい人 そばにいて そっと笑ってくれ  Hey! Ah  飛ばすぜ このまま どこまでも… Oh,Oh,Oh,Yeah,Yeah,
ファイティングマン黒いバラとりはらい 白い風流しこむ oh yeah 悪い奴らけちらし 本当の自由取り戻すのさ  oh ファイティングマン yeah 正義を気取るのさ oh ファイティングマン yeah oh yeah  権力者の力には 鼻で笑ってこたえろ oh yeah お前の力必要さ 俺を俺を力づけろよ  oh ファイティングマン yeah 正義を気取るのさ oh ファイティングマン yeah  baby ファイティングマン…  自信を全て失っても 誰かがお前を待ってる oh yeah お前の力必要さ 俺を俺を力づけろよ  oh ファイティングマン yeah 正義を気取るのさ oh ファイティングマン yeah  baby ファイティングマン baby ファイティングマン baby ファイティングマン baby ファイティングマンエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次黒いバラとりはらい 白い風流しこむ oh yeah 悪い奴らけちらし 本当の自由取り戻すのさ  oh ファイティングマン yeah 正義を気取るのさ oh ファイティングマン yeah oh yeah  権力者の力には 鼻で笑ってこたえろ oh yeah お前の力必要さ 俺を俺を力づけろよ  oh ファイティングマン yeah 正義を気取るのさ oh ファイティングマン yeah  baby ファイティングマン…  自信を全て失っても 誰かがお前を待ってる oh yeah お前の力必要さ 俺を俺を力づけろよ  oh ファイティングマン yeah 正義を気取るのさ oh ファイティングマン yeah  baby ファイティングマン baby ファイティングマン baby ファイティングマン baby ファイティングマン
俺の道満たされないまま 引きずりまわして歩け 女には言って置け 「オレは退屈なだけさ」って… くだられねぇ明日がはじまってる、ぶざまに 臆病なオレのこの生涯を笑ってる  気迫の無き時間帯 でも 信じることは やめるな 奴らには言って置け 「オレは確かに生きてる」って… 本当は愛してやまない この毎日を いい加減に過こすのは やめなよ  満たされないまま 引きずりまわして歩け  おいオレ、オマエ一体何処行くの? オレか?オレは燃え上がる日を待っている 俺の道を  エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次満たされないまま 引きずりまわして歩け 女には言って置け 「オレは退屈なだけさ」って… くだられねぇ明日がはじまってる、ぶざまに 臆病なオレのこの生涯を笑ってる  気迫の無き時間帯 でも 信じることは やめるな 奴らには言って置け 「オレは確かに生きてる」って… 本当は愛してやまない この毎日を いい加減に過こすのは やめなよ  満たされないまま 引きずりまわして歩け  おいオレ、オマエ一体何処行くの? オレか?オレは燃え上がる日を待っている 俺の道を  
はじまりは今はじまりは今 僕らの目の前にある woo yeah 迎えに行こう 明日ある限り  いつもの町が 鮮やかに見えたのさ woo wow 迎えに行こう 僕らの夢を  悲しみってやつを夏色に変えて  迎えに行くよ 人ゴミの中 新しい町の夢を君に届けよう  はじまりは今  僕らの前に 風になびかせて 行く僕がいる fu…fu fu… hey  許されるなら バカらしくも 鮮やかな夢を追いかけて行こう 明日ある限り Hey Chu chu… Oh yeah… 沈む町の陽を 君は見つめてる 一人  迎えに行くよ 今 風の中 光る町の夢を君に届けるよ  はじまりは今  僕らの前に 髪をなびかせて 行く君がいる  迎えに行くよ 町に咲く花を 君の両手に届けに行こう  fu… fu fu… fu fu… Oh yeah oh yeah…エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次はじまりは今 僕らの目の前にある woo yeah 迎えに行こう 明日ある限り  いつもの町が 鮮やかに見えたのさ woo wow 迎えに行こう 僕らの夢を  悲しみってやつを夏色に変えて  迎えに行くよ 人ゴミの中 新しい町の夢を君に届けよう  はじまりは今  僕らの前に 風になびかせて 行く僕がいる fu…fu fu… hey  許されるなら バカらしくも 鮮やかな夢を追いかけて行こう 明日ある限り Hey Chu chu… Oh yeah… 沈む町の陽を 君は見つめてる 一人  迎えに行くよ 今 風の中 光る町の夢を君に届けるよ  はじまりは今  僕らの前に 髪をなびかせて 行く君がいる  迎えに行くよ 町に咲く花を 君の両手に届けに行こう  fu… fu fu… fu fu… Oh yeah oh yeah…
愛の夢をくれ誰か俺のこと救ってくれるというのか? Ah 短いようで長い毎日をころがり続ける おお この町にゃ愛が溢れてるのに このカラダもてあましてたぜ どうかどうかココロをふるわせる 熱い熱い愛の夢をくれよ それでもそれでもあなたなしではいられない  いられない Oh Fu Ha  シャレにゃならないぜいてもたってもいられない Fu からみつく月の光りの下で 臆病な俺を笑うのさ もっともっと熱い愛をくれよ 神様夢でもココロをふるわせる それでもそれでもあなたなしではいられない いられない Fu…Oh Yeah Uh… エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次誰か俺のこと救ってくれるというのか? Ah 短いようで長い毎日をころがり続ける おお この町にゃ愛が溢れてるのに このカラダもてあましてたぜ どうかどうかココロをふるわせる 熱い熱い愛の夢をくれよ それでもそれでもあなたなしではいられない  いられない Oh Fu Ha  シャレにゃならないぜいてもたってもいられない Fu からみつく月の光りの下で 臆病な俺を笑うのさ もっともっと熱い愛をくれよ 神様夢でもココロをふるわせる それでもそれでもあなたなしではいられない いられない Fu…Oh Yeah Uh… 
もしも願いが叶うならもしも願いが叶うのなら まだ見ぬ知らない知らない街へ つれて行ってよ ああ 朝が来る前に 車窓を流れる街の灯は 俺など構わずに流れて消えた 流れて消えた ああ 流れては消えた この身さえ砕けて消えろと思わずつぶやいて 笑っちまったぜ笑っちまったぜ ああ 笑っちまったぜ  昔夢で見たような 何処かの不思議な街まで 影を求めて走れ走れ 朝が来る前に ヘイ ああ  もしも願いが叶うのなら まだ見ぬ遠い遠い何処かの街へ つれて行ってよ ああ 朝が来る前に  悲しみに顫えた日々を 悲しみに顫えた日々を 振り払い何処までも走れ走れ 朝が来る前に  もしも願いが叶うのなら まだ見ぬ知らない知らない街へ つれて行ってよ ああ 朝が来る前に 朝が来る前にエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次もしも願いが叶うのなら まだ見ぬ知らない知らない街へ つれて行ってよ ああ 朝が来る前に 車窓を流れる街の灯は 俺など構わずに流れて消えた 流れて消えた ああ 流れては消えた この身さえ砕けて消えろと思わずつぶやいて 笑っちまったぜ笑っちまったぜ ああ 笑っちまったぜ  昔夢で見たような 何処かの不思議な街まで 影を求めて走れ走れ 朝が来る前に ヘイ ああ  もしも願いが叶うのなら まだ見ぬ遠い遠い何処かの街へ つれて行ってよ ああ 朝が来る前に  悲しみに顫えた日々を 悲しみに顫えた日々を 振り払い何処までも走れ走れ 朝が来る前に  もしも願いが叶うのなら まだ見ぬ知らない知らない街へ つれて行ってよ ああ 朝が来る前に 朝が来る前に
月夜の散歩君と歩く 月の夜に いつもの川の道を 少しはなれて 俺は遠くを見ていた  春の風が頬に触れて 灯りが揺れて見えた 夜は更けて行く 俺達おいて  ああ 永遠に そうさ 消えないだろう かまわず 時よ 俺達 連れて行けよ  君と歩く 月の夜に 湿った川の匂い 夜は更けて行く 俺達おいて  ああ 君を そっと抱きしめたくなる 流れ行け 時よ 俺達をおいて行け  君が笑う 話ながら 今日の月のように 夜は更けて行く 俺達おいてエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次君と歩く 月の夜に いつもの川の道を 少しはなれて 俺は遠くを見ていた  春の風が頬に触れて 灯りが揺れて見えた 夜は更けて行く 俺達おいて  ああ 永遠に そうさ 消えないだろう かまわず 時よ 俺達 連れて行けよ  君と歩く 月の夜に 湿った川の匂い 夜は更けて行く 俺達おいて  ああ 君を そっと抱きしめたくなる 流れ行け 時よ 俺達をおいて行け  君が笑う 話ながら 今日の月のように 夜は更けて行く 俺達おいて
コール アンド レスポンス生命そう スペーシアス涙流れてても 生活 俺の生活よ 毎日続いてるけど 日本の生命 世間の生命 コールアンドレスポンス 生命 死刑宣言! 俺の人生長くて百年 誕生以来30年 生命死刑宣告さ Powerそう Universe我らに力を! 国家コールアンドレスポンス俺達のこの国よ  嗚呼眠りたい お前の胸のなか甘くて 嗚呼そのままあの世へいっちまえるのなら 世間の常識 うやむやなあいつら 我らの生命 生命 死亡宣告 もっと俺に輝かしい未来を 我らに都合のいい法律を 我らに都合のいい世界を 生命死刑宣言  ”えーご承知のこととは思いますけれども ここで神の意志を発表させて頂きます。 えー発表します。全員死刑です。”  日本の生命 世間の生命 コールアンドレスポンス 生命 死刑宣言! もっと俺に輝かしい未来を! 我らに都合のいい法律を! 我らに都合のいい世界を! 生命死刑宣言! 日本の生命 開闢以来2000年 俺の人生 百年まあ長くて百年死刑宣告 日本の生命 世間の生命... 明日もそう コールアンドレスポンス 楽しもうぜ エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次生命そう スペーシアス涙流れてても 生活 俺の生活よ 毎日続いてるけど 日本の生命 世間の生命 コールアンドレスポンス 生命 死刑宣言! 俺の人生長くて百年 誕生以来30年 生命死刑宣告さ Powerそう Universe我らに力を! 国家コールアンドレスポンス俺達のこの国よ  嗚呼眠りたい お前の胸のなか甘くて 嗚呼そのままあの世へいっちまえるのなら 世間の常識 うやむやなあいつら 我らの生命 生命 死亡宣告 もっと俺に輝かしい未来を 我らに都合のいい法律を 我らに都合のいい世界を 生命死刑宣言  ”えーご承知のこととは思いますけれども ここで神の意志を発表させて頂きます。 えー発表します。全員死刑です。”  日本の生命 世間の生命 コールアンドレスポンス 生命 死刑宣言! もっと俺に輝かしい未来を! 我らに都合のいい法律を! 我らに都合のいい世界を! 生命死刑宣言! 日本の生命 開闢以来2000年 俺の人生 百年まあ長くて百年死刑宣告 日本の生命 世間の生命... 明日もそう コールアンドレスポンス 楽しもうぜ 
彼女は買い物の帰り道彼女は買い物の帰り道 誰かを思ってふと立ち止まり 真っ白に流れる浮き雲に 目の前を過ぎてゆく 小さな頃の思い出たちと 今を生きてく自分の姿重ねる 「でも私は誰かを愛してる」  投げやりな時間だけが過ぎる日は 目を閉じて心に話しかける 「私は何か間違ってるの?」 鮮やかな夕暮れに たったひとつの願いをかける 「明日を誰かのために生きられるように」 きっと彼女は今を祈るのさ  毎日毎日心ぎりぎりミステリー 毎日毎日揺れてる心でIt's all right  「泣かない私は幻の中でまどろむlittle girl 負けない心で立ち上がる…」  街はいつか夕暮れと心のシンフォニー 揺れる胸の奥の面影たちと 今を生きてく自分の姿重ねる 「でも私は誰かを愛してる 愛してる」エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次彼女は買い物の帰り道 誰かを思ってふと立ち止まり 真っ白に流れる浮き雲に 目の前を過ぎてゆく 小さな頃の思い出たちと 今を生きてく自分の姿重ねる 「でも私は誰かを愛してる」  投げやりな時間だけが過ぎる日は 目を閉じて心に話しかける 「私は何か間違ってるの?」 鮮やかな夕暮れに たったひとつの願いをかける 「明日を誰かのために生きられるように」 きっと彼女は今を祈るのさ  毎日毎日心ぎりぎりミステリー 毎日毎日揺れてる心でIt's all right  「泣かない私は幻の中でまどろむlittle girl 負けない心で立ち上がる…」  街はいつか夕暮れと心のシンフォニー 揺れる胸の奥の面影たちと 今を生きてく自分の姿重ねる 「でも私は誰かを愛してる 愛してる」
約束どんな日々も 過ぎ去りゃあ今は昔 燃えるような熱い想い 求めさすらってきた  いつだって本気さ ガキの頃石蹴りながら 帰り道 あの空に誓った日から 「ここじゃあない何処かへ」 「今よりもっと素晴らしい未来へ」 なんて、今日をうそぶいて  俺もいつか振り返る時を迎えて 「なんてこったい」 あの空が遠すぎてやけに眩しいぜ  ベイビーベイビー 馬鹿だね俺は 知らなかったよ ベイビーベイビー 本物の愛が目の前に ベイビーベイビー 輝いているってことを 傷だらけの心が今見つけたぜ  おまえを想ってた 自分の弱さに揺れながら 街を行く 足早に行き交う人をやり過ごして 「どこ行くの?」 「そんなのわかんない」 ただ明日があるから歩いてゆくのさ  俺らしくなんて理想を掲げてばかりで 「変わりゃしないよ」 ふと見ればにじんでる月が輝いてる  ベイビーベイビー 百年でも足りないくらい ベイビーベイビー 約束したな 過ぎて行く ベイビー 時のはざまひとつずつ叶えよう オーベイビー俺の未来は今目の前に  しがない日々 (毎日は) でっかくても ちいさくても (悲しくても) まちがってなんかない 自分との約束を叶えろ  ベイビーベイビー 過ぎて行く ベイビーベイビー 空は青い ベイビーベイビー 何処までも一緒さ オーベイビー決めたぜ 決めたぜエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次どんな日々も 過ぎ去りゃあ今は昔 燃えるような熱い想い 求めさすらってきた  いつだって本気さ ガキの頃石蹴りながら 帰り道 あの空に誓った日から 「ここじゃあない何処かへ」 「今よりもっと素晴らしい未来へ」 なんて、今日をうそぶいて  俺もいつか振り返る時を迎えて 「なんてこったい」 あの空が遠すぎてやけに眩しいぜ  ベイビーベイビー 馬鹿だね俺は 知らなかったよ ベイビーベイビー 本物の愛が目の前に ベイビーベイビー 輝いているってことを 傷だらけの心が今見つけたぜ  おまえを想ってた 自分の弱さに揺れながら 街を行く 足早に行き交う人をやり過ごして 「どこ行くの?」 「そんなのわかんない」 ただ明日があるから歩いてゆくのさ  俺らしくなんて理想を掲げてばかりで 「変わりゃしないよ」 ふと見ればにじんでる月が輝いてる  ベイビーベイビー 百年でも足りないくらい ベイビーベイビー 約束したな 過ぎて行く ベイビー 時のはざまひとつずつ叶えよう オーベイビー俺の未来は今目の前に  しがない日々 (毎日は) でっかくても ちいさくても (悲しくても) まちがってなんかない 自分との約束を叶えろ  ベイビーベイビー 過ぎて行く ベイビーベイビー 空は青い ベイビーベイビー 何処までも一緒さ オーベイビー決めたぜ 決めたぜ
シグナル夜はふけわたり 家までの帰り道 町を見下ろす丘の上立ちどまり はるか、かなた、月青く 俺を照らす 街灯の下 ベンチに座り、自分の影見つめてた。  あの悲しみにひとりで涙した夜もある。 やさしさもとめ、日々をうろつきまわり… なくなよ、男よなくな。子供ら帰りし公園 さうだろ?今さらどこへにげるのさ?  どの道俺は道半ばに命燃やし尽くす その日まで咲きつづける花となれ。  雨上がりビルの向かうには晴れた空。 行けよまん中、太陽がまぶしいぜ。 おのづから歩み進め。 道に咲く花のやうに本当さ、いつかこの空ひとりじめ  あのころキミは もとめつづけ 遠くばかりみてゐた。 今はもうまよはずに行けるさ  悲しみの月日があらたな歴史のシグナル いまからはじまる未来のあなたのシグナル  今宵の月が満ち欠ける、町見下ろす丘に。 「どの道キミは、ひとりの男、心の花咲かせる、人であれよ」と。  どの道俺は…エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次夜はふけわたり 家までの帰り道 町を見下ろす丘の上立ちどまり はるか、かなた、月青く 俺を照らす 街灯の下 ベンチに座り、自分の影見つめてた。  あの悲しみにひとりで涙した夜もある。 やさしさもとめ、日々をうろつきまわり… なくなよ、男よなくな。子供ら帰りし公園 さうだろ?今さらどこへにげるのさ?  どの道俺は道半ばに命燃やし尽くす その日まで咲きつづける花となれ。  雨上がりビルの向かうには晴れた空。 行けよまん中、太陽がまぶしいぜ。 おのづから歩み進め。 道に咲く花のやうに本当さ、いつかこの空ひとりじめ  あのころキミは もとめつづけ 遠くばかりみてゐた。 今はもうまよはずに行けるさ  悲しみの月日があらたな歴史のシグナル いまからはじまる未来のあなたのシグナル  今宵の月が満ち欠ける、町見下ろす丘に。 「どの道キミは、ひとりの男、心の花咲かせる、人であれよ」と。  どの道俺は…
暑中見舞−憂鬱な午後−晴れた日の午後町の光 通り行く人や車の音 今日は俺は部屋の中ひとり 転がったまま考えてたのさ 勝利のことやあなたのことを とりとめもなく浮かんで消えても 世の中はいつでもさりげなく やさしさや孤独を投げかける 俺たちそれなりに生きているけど あなたもきっと気づいてるだろう? 言うなれば俺たちゃ流浪の民よ オーイェー、さすらう魂を  幸せと言えば言える 俺たちの憂鬱を  晴れた日の午後町の光 例えばあなたと町を行けば あなたをそっと抱きしめたくなるけど あなたもきっと気づいてるだろう? 幸せと言えば言えちまう 天国も地獄も知らない果敢なさを 戦う場所求めさすらう俺たちの憂鬱を  晴れた日の午後町の光 通り行く人や車の音 今日は俺は部屋の中ひとり 転がったまま考えてたのさ 勝利のことやあなたのことを とりとめもなく浮かんで消えても… 俺の両腕いまだ勝利無く されどこれという敗北も無く 豊かな国の流浪の民よ 転がったまま考えてたのさ 勝利のことやあなたのことを とりとめもなく浮かんで消えても 幸せと言えば言える 俺たちの憂鬱を 俺たちの憂鬱をエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次晴れた日の午後町の光 通り行く人や車の音 今日は俺は部屋の中ひとり 転がったまま考えてたのさ 勝利のことやあなたのことを とりとめもなく浮かんで消えても 世の中はいつでもさりげなく やさしさや孤独を投げかける 俺たちそれなりに生きているけど あなたもきっと気づいてるだろう? 言うなれば俺たちゃ流浪の民よ オーイェー、さすらう魂を  幸せと言えば言える 俺たちの憂鬱を  晴れた日の午後町の光 例えばあなたと町を行けば あなたをそっと抱きしめたくなるけど あなたもきっと気づいてるだろう? 幸せと言えば言えちまう 天国も地獄も知らない果敢なさを 戦う場所求めさすらう俺たちの憂鬱を  晴れた日の午後町の光 通り行く人や車の音 今日は俺は部屋の中ひとり 転がったまま考えてたのさ 勝利のことやあなたのことを とりとめもなく浮かんで消えても… 俺の両腕いまだ勝利無く されどこれという敗北も無く 豊かな国の流浪の民よ 転がったまま考えてたのさ 勝利のことやあなたのことを とりとめもなく浮かんで消えても 幸せと言えば言える 俺たちの憂鬱を 俺たちの憂鬱を
生きている証父をこえたいココロ 母をもとむるココロ 勝利をめざすココロ それが生きている証  女をもとむるココロ 花を愛ずるココロ 人に愛されたいココロ それが生きている証  古いほこらや ガードレールに漂う 今のおのれを 乗り越えてゆけ  生きて生き抜くチカラ 自由を感ずる瞬間 今以上をめざすココロ それが生きている証  古い秩序は破れて空の彼方 強い思いだけが生きている証  トモよ あなたは思ったことが無いか? 「死ぬまでにどこまでたどりつけるだらう?」  生きて生き抜くココロ おのれの中へ 喜びを求むるココロ それが生きている証  父をこえたいココロ 母をもとむるココロ 勝利をめざすココロ それが生きている証エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次父をこえたいココロ 母をもとむるココロ 勝利をめざすココロ それが生きている証  女をもとむるココロ 花を愛ずるココロ 人に愛されたいココロ それが生きている証  古いほこらや ガードレールに漂う 今のおのれを 乗り越えてゆけ  生きて生き抜くチカラ 自由を感ずる瞬間 今以上をめざすココロ それが生きている証  古い秩序は破れて空の彼方 強い思いだけが生きている証  トモよ あなたは思ったことが無いか? 「死ぬまでにどこまでたどりつけるだらう?」  生きて生き抜くココロ おのれの中へ 喜びを求むるココロ それが生きている証  父をこえたいココロ 母をもとむるココロ 勝利をめざすココロ それが生きている証
珍奇男世間の皆さん 私は誰でしょうね わたくしは珍奇男 通称珍奇男 誰かがぬかした私が寄生虫だと ありがとう皆さん またひとつ勉強しました わたくしを見たならお金を投げて欲しい あわれなる珍奇男みなさんあきれておられる わたしを見たならシャララララ お金をなげてねシャララララ 世間の義理に見はられてオットットイェー ここまで苦労したのに 働いてつかれ 苦労してオッとっと 恐ろしや世間風 わたくしは珍奇男誰にも後ろ指さされず ここまで苦労重ねて来たエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次世間の皆さん 私は誰でしょうね わたくしは珍奇男 通称珍奇男 誰かがぬかした私が寄生虫だと ありがとう皆さん またひとつ勉強しました わたくしを見たならお金を投げて欲しい あわれなる珍奇男みなさんあきれておられる わたしを見たならシャララララ お金をなげてねシャララララ 世間の義理に見はられてオットットイェー ここまで苦労したのに 働いてつかれ 苦労してオッとっと 恐ろしや世間風 わたくしは珍奇男誰にも後ろ指さされず ここまで苦労重ねて来た
星の砂日本の神を中心にして 立派な国を築きたい へなへなで弱い学生に 神の心を育てよう  少しずつ変わる この国は ますます犠牲が多くなる 山に登り 修行するのさ 目にさわる奴は とりあえず うめよう  星の砂 星の砂 星の砂 星の砂…  へなへなで弱い学生に 神の心をうえつけよう  日本の神を中心にして 立派な国を築きたい ハレンチなものは全て隠そう そして民衆は耐えよう  星の砂 星の砂 星の砂 星の砂…エレファントカシマシ宮本浩次エレファントカシマシ日本の神を中心にして 立派な国を築きたい へなへなで弱い学生に 神の心を育てよう  少しずつ変わる この国は ますます犠牲が多くなる 山に登り 修行するのさ 目にさわる奴は とりあえず うめよう  星の砂 星の砂 星の砂 星の砂…  へなへなで弱い学生に 神の心をうえつけよう  日本の神を中心にして 立派な国を築きたい ハレンチなものは全て隠そう そして民衆は耐えよう  星の砂 星の砂 星の砂 星の砂…
やさしさ何をしても どこに行っても 体が重たくて ああ 今日もいつもと同じ  あくせくと働いて 一日が過ぎて行く ああ 今日もいつもと同じ  退屈にのみこまれ 息がつまりそうさ 悲しい気分はもうこりごりさ  ああ お前のやさしさ 頭に思い浮かべて このまま一人で お前の町まで車をとばして  何をしても どこに行っても 体が重たくて ああ 今日もいつもと同じ  ああ お前のやさしさ 頭に思いうかべて このまま行ってしまうなんて  帰る場所はもうお前だけさ そのやさしさ 俺だけにエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次何をしても どこに行っても 体が重たくて ああ 今日もいつもと同じ  あくせくと働いて 一日が過ぎて行く ああ 今日もいつもと同じ  退屈にのみこまれ 息がつまりそうさ 悲しい気分はもうこりごりさ  ああ お前のやさしさ 頭に思い浮かべて このまま一人で お前の町まで車をとばして  何をしても どこに行っても 体が重たくて ああ 今日もいつもと同じ  ああ お前のやさしさ 頭に思いうかべて このまま行ってしまうなんて  帰る場所はもうお前だけさ そのやさしさ 俺だけに
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
真夏の革命本日 目覚めし時点じゃ 正直ほのかに俺 期待して カーテン開け窓の外見たら 当然なの現実 誠実なる町並み風景 俺もいつも通りに朝刊読んだ  俺は独身で そう年齢は危うき35歳 ヘヴィスモーカーで時代に逆行してら  さぁ 仕事行こう 車エンジン掛けまして 五分もゆきゃぁ道渋滞してさ ああ 思えばそう 精神荒くれの十代 孤独と懊悩 二十代 生命延長 勝敗無き今 俺 三十代  あの横断歩道越えりゃぁ あなたの部屋に辿り着くけど あり余る自由 夢も笑いの中に消え行くだろう ニッポンの青春も 悲しみも俺達の胸  おお このまま行く ただ行く しばらくはナミダも流れはしないのさ everybody 勝利の法則なら 見えてる生涯 本当はそんなに むつかしかないだろう?  本当にやるのか実際 ココロ浮き立たない そんなことよりどうだい? 一杯やろうぜ 夏の太陽もそう 奴の無神経もそうさ 結局 ニッポン 現状だって本来最高  オレは今日も 車に乗ってシェルター そう 大小ロマン やっぱ本来ココロの正体 何を探してんだい? やっぱカッコ良く死にたい 結局よ バラより研ぎすましてよ  あの横断歩道越えりゃぁ あなたの部屋に辿り着くけど どうすんだよ? 有り余る愛の行方は そこらの泡 human life 真夏の革命は 笑いの中  おお このまま行く ただ行く しばらくはナミダも流れはしないのさ あなたに会うまでは この町はいつでもBLUE  あの横断歩道越えりゃぁ あなたの部屋に辿り着くけど あり余る自由 夢も笑いの中に消え行くだろう ニッポンの青春も 悲しみも俺達の胸 このまま行く ただ行く あなたに会うまでココロBLUEエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次本日 目覚めし時点じゃ 正直ほのかに俺 期待して カーテン開け窓の外見たら 当然なの現実 誠実なる町並み風景 俺もいつも通りに朝刊読んだ  俺は独身で そう年齢は危うき35歳 ヘヴィスモーカーで時代に逆行してら  さぁ 仕事行こう 車エンジン掛けまして 五分もゆきゃぁ道渋滞してさ ああ 思えばそう 精神荒くれの十代 孤独と懊悩 二十代 生命延長 勝敗無き今 俺 三十代  あの横断歩道越えりゃぁ あなたの部屋に辿り着くけど あり余る自由 夢も笑いの中に消え行くだろう ニッポンの青春も 悲しみも俺達の胸  おお このまま行く ただ行く しばらくはナミダも流れはしないのさ everybody 勝利の法則なら 見えてる生涯 本当はそんなに むつかしかないだろう?  本当にやるのか実際 ココロ浮き立たない そんなことよりどうだい? 一杯やろうぜ 夏の太陽もそう 奴の無神経もそうさ 結局 ニッポン 現状だって本来最高  オレは今日も 車に乗ってシェルター そう 大小ロマン やっぱ本来ココロの正体 何を探してんだい? やっぱカッコ良く死にたい 結局よ バラより研ぎすましてよ  あの横断歩道越えりゃぁ あなたの部屋に辿り着くけど どうすんだよ? 有り余る愛の行方は そこらの泡 human life 真夏の革命は 笑いの中  おお このまま行く ただ行く しばらくはナミダも流れはしないのさ あなたに会うまでは この町はいつでもBLUE  あの横断歩道越えりゃぁ あなたの部屋に辿り着くけど あり余る自由 夢も笑いの中に消え行くだろう ニッポンの青春も 悲しみも俺達の胸 このまま行く ただ行く あなたに会うまでココロBLUE
いつか見た夢をいつか見た夢を正夢にしよう つまり毎日を 行け! 永遠に流れてる 体中巡ってる 俺のこの思いよ 今すぐ さあ行け! OK  自分って言うものが知りたくて 遠いあの星を目指して走る 季節は巡り辿り着いたのさ いつもとおんなじ何にも変わらない俺 鏡に映してこんにちは  だからシグナルが青に変わったら すぐに渡るように さあ 結局気分次第なのさ 瞬間が全てさ 俺の思いよ 今すぐ 輝け!  勇気がない自分に嫌気がさして くすぶる気持ち抱えて暮らす でもどうやらこんな俺の毎日にも 陽はまた昇り 一日は始まる 風が吹いて また 俺を誘う  いつか見た夢を正夢にしよう つまり毎日を 行け! 結局気分次第なのさ 上り下りさ 俺の思いよ 今すぐ さあ輝け!  やり方なら自由 追いかけて転がり続けろ 心が太陽 風に聞け 空に聞け 行く先は自由 何度でもBaby 風に吹かれてさあ飛び出すぜ  いつか見た夢を正夢にしよう つまり毎日を 行け! 街が輝いてる 木々が揺れてる 俺の思いよ 今すぐ さあ行け!エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次いつか見た夢を正夢にしよう つまり毎日を 行け! 永遠に流れてる 体中巡ってる 俺のこの思いよ 今すぐ さあ行け! OK  自分って言うものが知りたくて 遠いあの星を目指して走る 季節は巡り辿り着いたのさ いつもとおんなじ何にも変わらない俺 鏡に映してこんにちは  だからシグナルが青に変わったら すぐに渡るように さあ 結局気分次第なのさ 瞬間が全てさ 俺の思いよ 今すぐ 輝け!  勇気がない自分に嫌気がさして くすぶる気持ち抱えて暮らす でもどうやらこんな俺の毎日にも 陽はまた昇り 一日は始まる 風が吹いて また 俺を誘う  いつか見た夢を正夢にしよう つまり毎日を 行け! 結局気分次第なのさ 上り下りさ 俺の思いよ 今すぐ さあ輝け!  やり方なら自由 追いかけて転がり続けろ 心が太陽 風に聞け 空に聞け 行く先は自由 何度でもBaby 風に吹かれてさあ飛び出すぜ  いつか見た夢を正夢にしよう つまり毎日を 行け! 街が輝いてる 木々が揺れてる 俺の思いよ 今すぐ さあ行け!
i am hungry慣れてるだろう? そんなとこだろうさ にっちもさっちも 仕儀なき 砂漠のheartに活入れ welcomeこの街の あさひの中宴が待ってる 今こそ 最後のcard切って 勝負に出るぜ  頭コチコチmonday ささくれだってるtuesday shyなheartがwednesday あっという間の一週間  i am hungry アンド angry いはば 心が叫ぶのさ もえろ心 飛び立て 未来へ 取り敢えず 行くぜ  「目醒めてlet's go 手を抜くな」 なんて粋なセリフ でも空回りの俺の半生 されど どでかい 明日を夢見て 駆けずり回って あくせくするのも 悪くない  意地で乗り切れthursday 浮き足立ってるfriday 甘いささやきsaturday 調子出て来た一週間  i am hungry アンド angry 心ドキドキ求めてる 目指すぜhappiness 輝ける未来と 自由もとめ 行くぜ  いつの間にやらsunday 暮れゆく空にdandy 神様 俺は 何処行くの?  i am hungry アンド angry いはば 心が叫ぶのさ もえろ心 飛び立て 未来へ 取り敢えず 行くぜエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次慣れてるだろう? そんなとこだろうさ にっちもさっちも 仕儀なき 砂漠のheartに活入れ welcomeこの街の あさひの中宴が待ってる 今こそ 最後のcard切って 勝負に出るぜ  頭コチコチmonday ささくれだってるtuesday shyなheartがwednesday あっという間の一週間  i am hungry アンド angry いはば 心が叫ぶのさ もえろ心 飛び立て 未来へ 取り敢えず 行くぜ  「目醒めてlet's go 手を抜くな」 なんて粋なセリフ でも空回りの俺の半生 されど どでかい 明日を夢見て 駆けずり回って あくせくするのも 悪くない  意地で乗り切れthursday 浮き足立ってるfriday 甘いささやきsaturday 調子出て来た一週間  i am hungry アンド angry 心ドキドキ求めてる 目指すぜhappiness 輝ける未来と 自由もとめ 行くぜ  いつの間にやらsunday 暮れゆく空にdandy 神様 俺は 何処行くの?  i am hungry アンド angry いはば 心が叫ぶのさ もえろ心 飛び立て 未来へ 取り敢えず 行くぜ
月の夜月の夜よ 月の夜よ 一夜の歌を やさしき詩(うた)を 暗黒の夜にひびかしむ はかなき光で  さよなら さよなら今日よ ああ 皆が眠りし月の夜に も少し遊ぼうか  太陽照りし真昼には 俺にくるえや働けや 強き光もて俺をあざ笑う 人の働く真昼には 俺は家にて寝てくらしている  月の夜よ 月の夜よ 今日も我と遊ぼうか 弱くやさしき光もて 我をつつみたまえエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次月の夜よ 月の夜よ 一夜の歌を やさしき詩(うた)を 暗黒の夜にひびかしむ はかなき光で  さよなら さよなら今日よ ああ 皆が眠りし月の夜に も少し遊ぼうか  太陽照りし真昼には 俺にくるえや働けや 強き光もて俺をあざ笑う 人の働く真昼には 俺は家にて寝てくらしている  月の夜よ 月の夜よ 今日も我と遊ぼうか 弱くやさしき光もて 我をつつみたまえ
男は行くああ 男よ行け 男よ勝て さぁ男よ 俺はお前に負けないが お前も俺に負けるなよ  ああ 女の人よ 俺の話を聞いてくれ 世間の風は重たいが 俺はやっぱり戦うよ  さとりすましたこの身には 肌にしみじみ染みてきた 浮世の風が さみしさが 身にしみじみ染みてきた 浮世の風が 俺達は自由な男じゃないか  ああ 男よ行け 男よ勝て 俺はお前に負けないが お前も俺に負けるなよ  さとりすましたこの身には 身にしみじみ染みてきた 男よ 男よ 行け  我ら男たちの楽しき夢は 俺に人のあわれを教え ビルは山の姿を見せ 群れは孤独に気付かしむ ああ  ああ 俺はひとり行く ビルを山に見立てるために 浮世の風を味わいに  ああ 青蝿のごとく小うるさき人達よ 豚に真珠だ貴様らに 聞かせる歌などなくなった  さとりすましたこの身には 肌にしみじみ染みてきた 浮世の風が さみしさが 身にしみじみ染みてきた 浮世の風が 俺達は 俺達は 男じゃないか  男よ行け 男よ勝て 俺はお前に負けないが お前も俺に負けるなよ  男よ 行け 行けエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次ああ 男よ行け 男よ勝て さぁ男よ 俺はお前に負けないが お前も俺に負けるなよ  ああ 女の人よ 俺の話を聞いてくれ 世間の風は重たいが 俺はやっぱり戦うよ  さとりすましたこの身には 肌にしみじみ染みてきた 浮世の風が さみしさが 身にしみじみ染みてきた 浮世の風が 俺達は自由な男じゃないか  ああ 男よ行け 男よ勝て 俺はお前に負けないが お前も俺に負けるなよ  さとりすましたこの身には 身にしみじみ染みてきた 男よ 男よ 行け  我ら男たちの楽しき夢は 俺に人のあわれを教え ビルは山の姿を見せ 群れは孤独に気付かしむ ああ  ああ 俺はひとり行く ビルを山に見立てるために 浮世の風を味わいに  ああ 青蝿のごとく小うるさき人達よ 豚に真珠だ貴様らに 聞かせる歌などなくなった  さとりすましたこの身には 肌にしみじみ染みてきた 浮世の風が さみしさが 身にしみじみ染みてきた 浮世の風が 俺達は 俺達は 男じゃないか  男よ行け 男よ勝て 俺はお前に負けないが お前も俺に負けるなよ  男よ 行け 行け
偶成(ぐうせい)ああ俺には何か足りないと 何が足りぬやらこの俺には 弱き人のその肩に やさしき言葉もかけられず 人を思ううちが花よと わずかに己れをなぐさめた  ああ  ひとりいれば人を思い もてあます時は仕事を思い 道を歩めば人に出会い 町に出ずれば車に出合う ああ平和なるこの生活が なぜに我らを蝕(むしば)むのか  ああ  ああ哀れ 時の力は我が命をいつか食いつくし しかばねとなるまで しかばねになるまで 何が足りぬやら  我が命尽きる その日が来るまでに 時は我が血を吸い身を削り 生活手にす遑(いとま)も無きがままに  ひとりベンチに腰かけて 歩み行く人を眺めやった ああまじりあいたる町の響きを ひとり聞きながら眺めやった ああうち仰ぐ空のかなたに きらりと光る夕陽あり 流るるドブの表を きらりとさせたる夕陽あり 俺はこのため生きていた ドブの夕陽を見るために ドブの夕陽を見るためにエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次ああ俺には何か足りないと 何が足りぬやらこの俺には 弱き人のその肩に やさしき言葉もかけられず 人を思ううちが花よと わずかに己れをなぐさめた  ああ  ひとりいれば人を思い もてあます時は仕事を思い 道を歩めば人に出会い 町に出ずれば車に出合う ああ平和なるこの生活が なぜに我らを蝕(むしば)むのか  ああ  ああ哀れ 時の力は我が命をいつか食いつくし しかばねとなるまで しかばねになるまで 何が足りぬやら  我が命尽きる その日が来るまでに 時は我が血を吸い身を削り 生活手にす遑(いとま)も無きがままに  ひとりベンチに腰かけて 歩み行く人を眺めやった ああまじりあいたる町の響きを ひとり聞きながら眺めやった ああうち仰ぐ空のかなたに きらりと光る夕陽あり 流るるドブの表を きらりとさせたる夕陽あり 俺はこのため生きていた ドブの夕陽を見るために ドブの夕陽を見るために
旅の途中明日がどうなるなんて 想像もできないが 俺の心の中 何かが目覚めはじめる  いってみりゃ人生は いつでも旅の途中 希望を胸につめ込んで 明日に向かうよ  おお よごれたココロも 揺れる想いも この体でどこまで行けるだろう  ああ きっと輝く日がくるだろう 霧の中も 雨の中も光に向かって ああ 僕ら歩いて行くのだろう また 誰も知らぬ明日に向かって  いってみりゃ人生は 偶然の風の中 やさしさを求めさすらう 旅の途中  たとえば おおげさな そう この俺は 嘆きの中沈んでく冬の光 遠い空が呼んでいるぜ  喜びは突き刺さる偶然から 風をはらみ 海原向こう行く船のように 人生はいつでも旅の途中 行こう 誰も知らぬ明日に向かって  雨の夜 部屋にたどり着いた 雨音が遠く聞こえてた 明日もがんばろうぜ  どこかで太陽は燃えている 霧の中も 雨の中も燃えつづけている ああ風が新しい季節運ぶように  誰も知らぬ明日に向かって 誰も知らぬ明日に向かってエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次明日がどうなるなんて 想像もできないが 俺の心の中 何かが目覚めはじめる  いってみりゃ人生は いつでも旅の途中 希望を胸につめ込んで 明日に向かうよ  おお よごれたココロも 揺れる想いも この体でどこまで行けるだろう  ああ きっと輝く日がくるだろう 霧の中も 雨の中も光に向かって ああ 僕ら歩いて行くのだろう また 誰も知らぬ明日に向かって  いってみりゃ人生は 偶然の風の中 やさしさを求めさすらう 旅の途中  たとえば おおげさな そう この俺は 嘆きの中沈んでく冬の光 遠い空が呼んでいるぜ  喜びは突き刺さる偶然から 風をはらみ 海原向こう行く船のように 人生はいつでも旅の途中 行こう 誰も知らぬ明日に向かって  雨の夜 部屋にたどり着いた 雨音が遠く聞こえてた 明日もがんばろうぜ  どこかで太陽は燃えている 霧の中も 雨の中も燃えつづけている ああ風が新しい季節運ぶように  誰も知らぬ明日に向かって 誰も知らぬ明日に向かって
TEKUMAKUMAYAKON帰りたい 帰れないあの頃に 戻りたい 戻れない 行くしかねえ  人生はいつでも敗れし 男たちのバラッド(BALAD) 「振り返りゃあどうだ?」 俺は心に聞いた道端で。 恥づかしくも、ぶざまにも、笑ふしかないこの日々に、 T・E・K・U・M・A・K・U・M・A・Y・A・K・O・N… もっともっと高く飛べ!心よ! 「やさしきサガだね。流す涙は誰のもの?」 晴れた空、街にはいつもの輝く風景、永遠に続きさうさ。  結論は出ないいや、むしろ出さない 答へはかうして、生きてることさ、 T・E・K・U・M・A・K・U・M・A・Y・A・K・O・N、 もっともっと自由たれ!心よ! 「悲しきサガだね、敗れし日々を指をり数へ」 きらめく風、1年365日のバラッド(BALAD) ああ、ヤケにお陽様まぶしい日に、 輝く光を、すべて吸ひ込むで (ある晴れた空の下) 再び歩き出せ。  どこまで行っても人生はわからない ゲットイットダウン エブリバディ若き日から今日まで生きてきたけれど 「いったいなんだい?この世ってヤツは? いったいなんだい?俺ってヤツは? baby」 T・E・K・U・M・A・K・U・M・A・Y・A・K・O・N、 もっともっと輝け!明日よ!  「やさしきサガだね、流す涙は誰のもの? 晴れた空 街にはいつもの輝く風景、永遠に続きさうさ。」 1年365日やっぱり心に光もとめて ああ、ヤケにお陽様まぶしい日に、 輝く光を、すべて吸ひ込むで (ある晴れた空の下) 再び歩き出せ。  帰りたい 帰れないあの頃に 戻りたい 戻れない 行くしかねえエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次帰りたい 帰れないあの頃に 戻りたい 戻れない 行くしかねえ  人生はいつでも敗れし 男たちのバラッド(BALAD) 「振り返りゃあどうだ?」 俺は心に聞いた道端で。 恥づかしくも、ぶざまにも、笑ふしかないこの日々に、 T・E・K・U・M・A・K・U・M・A・Y・A・K・O・N… もっともっと高く飛べ!心よ! 「やさしきサガだね。流す涙は誰のもの?」 晴れた空、街にはいつもの輝く風景、永遠に続きさうさ。  結論は出ないいや、むしろ出さない 答へはかうして、生きてることさ、 T・E・K・U・M・A・K・U・M・A・Y・A・K・O・N、 もっともっと自由たれ!心よ! 「悲しきサガだね、敗れし日々を指をり数へ」 きらめく風、1年365日のバラッド(BALAD) ああ、ヤケにお陽様まぶしい日に、 輝く光を、すべて吸ひ込むで (ある晴れた空の下) 再び歩き出せ。  どこまで行っても人生はわからない ゲットイットダウン エブリバディ若き日から今日まで生きてきたけれど 「いったいなんだい?この世ってヤツは? いったいなんだい?俺ってヤツは? baby」 T・E・K・U・M・A・K・U・M・A・Y・A・K・O・N、 もっともっと輝け!明日よ!  「やさしきサガだね、流す涙は誰のもの? 晴れた空 街にはいつもの輝く風景、永遠に続きさうさ。」 1年365日やっぱり心に光もとめて ああ、ヤケにお陽様まぶしい日に、 輝く光を、すべて吸ひ込むで (ある晴れた空の下) 再び歩き出せ。  帰りたい 帰れないあの頃に 戻りたい 戻れない 行くしかねえ
待つ男ちょっと見てみろ この俺を 何んにも知らないんだ この俺は ぼーっと 働らくやからも おまえ こういう男をわらえるか  今日は おまえ何思う 息子の顔ちらり そういうやからに俺はひとつ言う おまえはただいま幸せかい  ああ 待てど くらせど さっと背すじがさむくなる だれも俺には近よるな  ああ 外をながめれば かすむ空気に人のつぶ なにやってんだ どうした 何をあわてて ぶざまにこける そら ちょっと見りゃ 富士に太陽ちゃんとある  ガタガタと そりゃふれまわる とくいの高慢ちきで そういうやつらに俺は言う きさまに人が信じらりょか  ああ 待てど くらせど さっと背すじがさむくなる だれも俺には近よるな  ああ 外をながめれば かすむ空気と人のつぶ なにやってんだ あんた 何をあわてて ぶざまにこける そら ちょっと見りゃ 富士に太陽ちゃんとあるエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次ちょっと見てみろ この俺を 何んにも知らないんだ この俺は ぼーっと 働らくやからも おまえ こういう男をわらえるか  今日は おまえ何思う 息子の顔ちらり そういうやからに俺はひとつ言う おまえはただいま幸せかい  ああ 待てど くらせど さっと背すじがさむくなる だれも俺には近よるな  ああ 外をながめれば かすむ空気に人のつぶ なにやってんだ どうした 何をあわてて ぶざまにこける そら ちょっと見りゃ 富士に太陽ちゃんとある  ガタガタと そりゃふれまわる とくいの高慢ちきで そういうやつらに俺は言う きさまに人が信じらりょか  ああ 待てど くらせど さっと背すじがさむくなる だれも俺には近よるな  ああ 外をながめれば かすむ空気と人のつぶ なにやってんだ あんた 何をあわてて ぶざまにこける そら ちょっと見りゃ 富士に太陽ちゃんとある
恋人よ怠けてるふりで知らぬ顔 男達は今日も笑うのさ 卑屈なる魂すり減らす 男達の叫ぶ声がした 今宵の月は優しさに溢れて見えたか あの人へ虚ろな笑顔投げかけた いつかのように笑ってくれと  僕達は行くよ どんな悲しくても その胸に抱く いつかあの夢を ココロに秘めて きどって歩き出せ 明日の風よ 俺になびけよと Hey Oh…  優しげな笑顔撒き散らし 女達はため息をついた 闇夜に光る星のように輝いた日々 あなたがくれた優しさは幻なのか 同じ輝きを見ていたはずさ  僕等は行くよ どんな寂しくても その腕に抱く いつかのあの夢を ココロに秘めて きどって歩き出せ 未来の夢よ 二人を照らせと  僕等は行くよ どんな悲しくても 帰りの電車から 見上げる月を見て 恋人よ あなたを思って歩くだろう 未来の夢よ 我らを照らせと 我らを照らせと 我らを照らせと エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次怠けてるふりで知らぬ顔 男達は今日も笑うのさ 卑屈なる魂すり減らす 男達の叫ぶ声がした 今宵の月は優しさに溢れて見えたか あの人へ虚ろな笑顔投げかけた いつかのように笑ってくれと  僕達は行くよ どんな悲しくても その胸に抱く いつかあの夢を ココロに秘めて きどって歩き出せ 明日の風よ 俺になびけよと Hey Oh…  優しげな笑顔撒き散らし 女達はため息をついた 闇夜に光る星のように輝いた日々 あなたがくれた優しさは幻なのか 同じ輝きを見ていたはずさ  僕等は行くよ どんな寂しくても その腕に抱く いつかのあの夢を ココロに秘めて きどって歩き出せ 未来の夢よ 二人を照らせと  僕等は行くよ どんな悲しくても 帰りの電車から 見上げる月を見て 恋人よ あなたを思って歩くだろう 未来の夢よ 我らを照らせと 我らを照らせと 我らを照らせと 
こうして部屋で寝転んでるとまるで死ぬのを待ってるみたいこうして部屋で寝転んでるとまるで死ぬのを待ってるみたい 神様どうかボクの上に強き光を投げてください  天気予報に電話して涙流す  もうボクはこの部屋ごと地の底に沈みそう 心も体も溶けてしまって キミに会いたい  うたた寝していた散らかる部屋は いつの間にやら朝が来てカーテンを開け窓の外は 動き出す世界  もうボクはこの部屋ごと地の底に沈みそう 体も心も溶けてしまって キミに会いたい  うれしいことも 悲しいことも 誰もいない一人のこの部屋じゃ馬鹿馬鹿しいや  もうボクはこの部屋ごと地の底に沈みそう 体も心も溶けてしまって キミに会いたいエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次こうして部屋で寝転んでるとまるで死ぬのを待ってるみたい 神様どうかボクの上に強き光を投げてください  天気予報に電話して涙流す  もうボクはこの部屋ごと地の底に沈みそう 心も体も溶けてしまって キミに会いたい  うたた寝していた散らかる部屋は いつの間にやら朝が来てカーテンを開け窓の外は 動き出す世界  もうボクはこの部屋ごと地の底に沈みそう 体も心も溶けてしまって キミに会いたい  うれしいことも 悲しいことも 誰もいない一人のこの部屋じゃ馬鹿馬鹿しいや  もうボクはこの部屋ごと地の底に沈みそう 体も心も溶けてしまって キミに会いたい
悲しいときには涙なんかこぼれない うれしいときには肩怒らせ世を笑うさ それでいい時間が止まらないで過ぎるだけで  それでいい時間が止まらないで過ぎるだけで 遠くなって近づいて遠くなって過ぎるのさ  悲しいときには涙なんかこぼれない うれしいときには肩怒らせ世を笑うさ んんエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次悲しいときには涙なんかこぼれない うれしいときには肩怒らせ世を笑うさ それでいい時間が止まらないで過ぎるだけで  それでいい時間が止まらないで過ぎるだけで 遠くなって近づいて遠くなって過ぎるのさ  悲しいときには涙なんかこぼれない うれしいときには肩怒らせ世を笑うさ んん
武蔵野俺は空気だけで感じるのさ 東京はかつて木々と川の地平線 恋する人には 輝くビルも 傷ついた男の 背中に見えるよ  武蔵野の坂の上 歩いた二人 そう 遠い幻 遠い幻  悲しい気分じゃないけれど ニヒルなふりして笑う男の 電車にガタゴトゆられてたら まるで夢のように蘇る  武蔵野の川の向こう乾いた土 そう 幻 そんなこたねえか  俺だけ 俺だけ 知ってる  汚れきった魂やら 怠け者の ぶざまな息も あなたの優しいうたも 全部 幻 そんなこたねえか...  俺はただ頭の中 イメージの中笑うだけ 俺はただ 笑うだけさ  武蔵野の川の向こう 乾いた土 俺達は 確かに生きているエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次俺は空気だけで感じるのさ 東京はかつて木々と川の地平線 恋する人には 輝くビルも 傷ついた男の 背中に見えるよ  武蔵野の坂の上 歩いた二人 そう 遠い幻 遠い幻  悲しい気分じゃないけれど ニヒルなふりして笑う男の 電車にガタゴトゆられてたら まるで夢のように蘇る  武蔵野の川の向こう乾いた土 そう 幻 そんなこたねえか  俺だけ 俺だけ 知ってる  汚れきった魂やら 怠け者の ぶざまな息も あなたの優しいうたも 全部 幻 そんなこたねえか...  俺はただ頭の中 イメージの中笑うだけ 俺はただ 笑うだけさ  武蔵野の川の向こう 乾いた土 俺達は 確かに生きている
sweet memory俺の中の魂に物語 小さく君が笑った 遠いスウィート スウィートメモリー 世間のニュースも ざわめきも まるでBGM そう二人だけの世界 遠いスウィート スウィートメモリー  なぜか海を見たくなった俺と なぜかうつろに遠く見てた君と 夕陽をあびた二人のステージ イッツオールライト  泣いてても 笑ってても 時は過ぎて 白けた男の遠いシーサイドストーリー  俺はもっと強くなれるだろうか? 遠い空 浮かぶ水平線に 涙流すな 遠いスウィート スウィートメモリー イッツオールライト  とこしえに冷静になれない俺も 今以上 そうさ もっと もっと強くなって 汗を光らせ ふさわしい恋をしよう!! 涙は流すな 遠いスウィート スウィートメモリー  揺れる岡で眺めた町並も 遠い空 明滅するビルの谷間のキスも いま以上 ふさわしいぼくらの恋をそう 君はロンリー 俺もロンリー そう それで イッツオールライト  俺は突っ走る 真夜中の高速を ビルん中を 風ん中を 山ん中を 星空を 雨ん中を 車に乗って スウィート スウィートメモリー 走る走る車にのって 家の近所を 遠い町を 海浜を 星空を 路地裏を突っ走る スウィート スウィートメモリーエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次俺の中の魂に物語 小さく君が笑った 遠いスウィート スウィートメモリー 世間のニュースも ざわめきも まるでBGM そう二人だけの世界 遠いスウィート スウィートメモリー  なぜか海を見たくなった俺と なぜかうつろに遠く見てた君と 夕陽をあびた二人のステージ イッツオールライト  泣いてても 笑ってても 時は過ぎて 白けた男の遠いシーサイドストーリー  俺はもっと強くなれるだろうか? 遠い空 浮かぶ水平線に 涙流すな 遠いスウィート スウィートメモリー イッツオールライト  とこしえに冷静になれない俺も 今以上 そうさ もっと もっと強くなって 汗を光らせ ふさわしい恋をしよう!! 涙は流すな 遠いスウィート スウィートメモリー  揺れる岡で眺めた町並も 遠い空 明滅するビルの谷間のキスも いま以上 ふさわしいぼくらの恋をそう 君はロンリー 俺もロンリー そう それで イッツオールライト  俺は突っ走る 真夜中の高速を ビルん中を 風ん中を 山ん中を 星空を 雨ん中を 車に乗って スウィート スウィートメモリー 走る走る車にのって 家の近所を 遠い町を 海浜を 星空を 路地裏を突っ走る スウィート スウィートメモリー
なからんあの懐かしき日々よ 鮮やかに輝いた日々よ 誰か俺のために 呼び返してくれ ただ一人俺はここで 心の傷 胸に抱いて 常に繰り返される嘆きの中  流れゆけひたすら 流れゆけ時よ 我が心もはや 楽しき時なからん なからん  彷徨う ひたすら彷徨う 風が吹いている 愛の戯言も 友とのあの語らいも 尊き時が彷徨う  忘れるな 忘れるな心 心よ かくも尊き 心かくも麗しき想い出を 苦しかりしき時も 喜ばしき時も 我が心  流れゆけひたすら 流れゆけ時よ 我が心もはや 楽しき時なからん なからんエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次あの懐かしき日々よ 鮮やかに輝いた日々よ 誰か俺のために 呼び返してくれ ただ一人俺はここで 心の傷 胸に抱いて 常に繰り返される嘆きの中  流れゆけひたすら 流れゆけ時よ 我が心もはや 楽しき時なからん なからん  彷徨う ひたすら彷徨う 風が吹いている 愛の戯言も 友とのあの語らいも 尊き時が彷徨う  忘れるな 忘れるな心 心よ かくも尊き 心かくも麗しき想い出を 苦しかりしき時も 喜ばしき時も 我が心  流れゆけひたすら 流れゆけ時よ 我が心もはや 楽しき時なからん なからん
おまえとふたりきり今夜ここでお前と夢の話しよう 窓から差してくる月の光で  どこかへ出かけようぜ 見慣れすぎた町を 通り抜けていまだ誰も知らない町へ  胸にきらめいてる真っ赤なバラと いつも揺らめいてるキミのまなざし  明日は何処へゆこうかBaby おまえとふたりきり まだ夜が明けないうちに どこか遠くの町へ  ひとりで部屋の中 今すぐあいたくて このままどうかなりそうさ 眠れない夜  いつか輝くはずのココロひとつで いつも揺らめいてるキミのまなざし  ひとしきり涙流したら おまえとふたりきり まだ夜が明けないうちに そうさ 遠くの町へエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次今夜ここでお前と夢の話しよう 窓から差してくる月の光で  どこかへ出かけようぜ 見慣れすぎた町を 通り抜けていまだ誰も知らない町へ  胸にきらめいてる真っ赤なバラと いつも揺らめいてるキミのまなざし  明日は何処へゆこうかBaby おまえとふたりきり まだ夜が明けないうちに どこか遠くの町へ  ひとりで部屋の中 今すぐあいたくて このままどうかなりそうさ 眠れない夜  いつか輝くはずのココロひとつで いつも揺らめいてるキミのまなざし  ひとしきり涙流したら おまえとふたりきり まだ夜が明けないうちに そうさ 遠くの町へ
さよならパーティー消えないココロの古キズに染みるぜ 立ちつくす 賑やかなこの町で  いつでもそうさ 夢ってヤツを 見つけた気になって飛びついちゃあ ゴマカシて笑った  さよならパーティー もう抜けようよ だってこんなのはつまんない ココロってヤツはゴマカセねえな...  胸の奥にある古キズに染みるぜ 眺めてる いつもの電車で  ウー もう抜けようよ パーティー だってこんなのつまんない ウー もう抜けようぜ パーティー だってこんなのつまんねえ  誇れるモノが今は無くってもいい ココロに水を少しかけてやればいい 胸の奥にある古キズに少しだけ なぜだろう? 涙がこぼれる  ウー もう抜けようよ パーティー だってこんなのつまんない ウー もう抜けようぜ パーティー だってこんなのつまんねえ  ねぐらへ帰ればいつもの部屋で眠る 月の光窓から差す部屋で眠る  さよならパーティー もう抜けようよ だってこんなのつまんない なんか今日はちょっとつらい さよならパーティー もう抜けようよ 外じゃ光るよサンシャイン 再び飛び出して行こう  なんどもなんども繰り返してきた さよなら オレの未来へとつづく道 こころから そう言える日が来る  ウー もう抜けようよ パーティー だってこんなのつまんねえ ウー 輝くため傷つきそして再び飛び出せエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次消えないココロの古キズに染みるぜ 立ちつくす 賑やかなこの町で  いつでもそうさ 夢ってヤツを 見つけた気になって飛びついちゃあ ゴマカシて笑った  さよならパーティー もう抜けようよ だってこんなのはつまんない ココロってヤツはゴマカセねえな...  胸の奥にある古キズに染みるぜ 眺めてる いつもの電車で  ウー もう抜けようよ パーティー だってこんなのつまんない ウー もう抜けようぜ パーティー だってこんなのつまんねえ  誇れるモノが今は無くってもいい ココロに水を少しかけてやればいい 胸の奥にある古キズに少しだけ なぜだろう? 涙がこぼれる  ウー もう抜けようよ パーティー だってこんなのつまんない ウー もう抜けようぜ パーティー だってこんなのつまんねえ  ねぐらへ帰ればいつもの部屋で眠る 月の光窓から差す部屋で眠る  さよならパーティー もう抜けようよ だってこんなのつまんない なんか今日はちょっとつらい さよならパーティー もう抜けようよ 外じゃ光るよサンシャイン 再び飛び出して行こう  なんどもなんども繰り返してきた さよなら オレの未来へとつづく道 こころから そう言える日が来る  ウー もう抜けようよ パーティー だってこんなのつまんねえ ウー 輝くため傷つきそして再び飛び出せ
冬の朝冬の朝 君と二人で駅へ行く かじかんだ手のやり場なくポケットに 吐く息も白く 空はやけに青く  神社を横切り近道を足早に行く人  ふざけて君は駆け出して俺を追い越して笑ってる  あの坂を下りたら駅の改札口で 乾いた空気 今日一日が始まるエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次冬の朝 君と二人で駅へ行く かじかんだ手のやり場なくポケットに 吐く息も白く 空はやけに青く  神社を横切り近道を足早に行く人  ふざけて君は駆け出して俺を追い越して笑ってる  あの坂を下りたら駅の改札口で 乾いた空気 今日一日が始まる
雨の日も風の日も雨の日も 風の日も 晴れの日も 霧の日も 歩みを歩みを とめません 歩みを歩みを とめません ひらけてる道の途中 さぐり足 よろけながら 歩いています 輝いて 輝いて 俺は思っただけのことは はやくしてしまいたいんだ 俺は思っただけのことは はやくしてしまいたいんだ  悲しみの時も 喜びの時も 歩みを歩みを とめません あのまぶしい夏の日も 枯れ葉散るさみしい秋の日も 輝いて輝いて 俺は自分が認識しただけのものは 全てこの手に握りたいんだ 俺は自分が認識しただけのものは 全てこの手に握りたいんだ 俺はいつのまにやら 傷ついちまった心を 解き放ちたいのさ 俺はいつのまにやら 傷ついちまった心をもう一度 解き放ちたいのさ  消すな涙よ わがこころの灯を 消すな涙よ わがこころの灯をエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次雨の日も 風の日も 晴れの日も 霧の日も 歩みを歩みを とめません 歩みを歩みを とめません ひらけてる道の途中 さぐり足 よろけながら 歩いています 輝いて 輝いて 俺は思っただけのことは はやくしてしまいたいんだ 俺は思っただけのことは はやくしてしまいたいんだ  悲しみの時も 喜びの時も 歩みを歩みを とめません あのまぶしい夏の日も 枯れ葉散るさみしい秋の日も 輝いて輝いて 俺は自分が認識しただけのものは 全てこの手に握りたいんだ 俺は自分が認識しただけのものは 全てこの手に握りたいんだ 俺はいつのまにやら 傷ついちまった心を 解き放ちたいのさ 俺はいつのまにやら 傷ついちまった心をもう一度 解き放ちたいのさ  消すな涙よ わがこころの灯を 消すな涙よ わがこころの灯を
悪魔メフィスト悪魔メフィストフェレス どっかにいるのなら  俺をこの世から連れ去って見せてくれ  円を描く犬と変じたお前にまたがって 毒喰らう罠さえ俺は甘んじて受けよう  悪魔メフィストフェレス 俺はこの街の男 涙にむせぶ 人生の機微にふれた人情自慢 人類史上未だ空さえ飛べない俺と 未来以上の未来 旅して共に果てよう  俺の歴史は傷だらけフリーダム  光る太陽、揺れる木漏れ陽、近所の公園、輝く子供ら 散歩する人、行き交う女、窓に映る街、拡がる青空  光 闇 縦横上下 空 大地 裏表 陰陽 月 太陽 俺 お前 イエー  本屋 公園 友達 労働 休息 携帯 テレビ パソコン ギター 車 タバコ 恋人 メシ 水 風 空 木々 街 人 俺  俺は何処行こう 悪魔メフィストよ  春の足音、通り行く車、駅前の賑わい、交わる思い出、よく通う本屋 ろくでなしフリーダム、風通う街、拡がる青空エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次悪魔メフィストフェレス どっかにいるのなら  俺をこの世から連れ去って見せてくれ  円を描く犬と変じたお前にまたがって 毒喰らう罠さえ俺は甘んじて受けよう  悪魔メフィストフェレス 俺はこの街の男 涙にむせぶ 人生の機微にふれた人情自慢 人類史上未だ空さえ飛べない俺と 未来以上の未来 旅して共に果てよう  俺の歴史は傷だらけフリーダム  光る太陽、揺れる木漏れ陽、近所の公園、輝く子供ら 散歩する人、行き交う女、窓に映る街、拡がる青空  光 闇 縦横上下 空 大地 裏表 陰陽 月 太陽 俺 お前 イエー  本屋 公園 友達 労働 休息 携帯 テレビ パソコン ギター 車 タバコ 恋人 メシ 水 風 空 木々 街 人 俺  俺は何処行こう 悪魔メフィストよ  春の足音、通り行く車、駅前の賑わい、交わる思い出、よく通う本屋 ろくでなしフリーダム、風通う街、拡がる青空
俺の心に火を灯す 熱い思い探す旅路さ 旅に出るのさ 空の太陽 俺の心を照らしてよ  ゆきすぎる ゆきゆきすぎる そう 毎日に 俺は旅に出る 真ん中で 心の旅さ そうbaby 見ててくれ! わかってる わかりすぎている 毎日は心の旅さ そう 町中で 俺は旅に出る  空に太陽 ぶざまな俺をさらしたいな 俺の心に火を灯す 熱い思い探す旅路さ  わからない 結局わからない 祈りさえ風に流されて 遠回り どこまで行っても baby  一瞬が永遠 ゆきすぎる ゆきゆきすぎる そう 毎日に 悪魔のささやき 真実を俺に突きつける  空にmoonlight 俺の心は眠らないよ 探し続ける 火を灯せ 熱い思い探す旅路へ  ぶざまなツラで言い訳なんかしたくないのさ やってやろうぜ 俺の心に火を灯す 熱い思い探す旅路さ  ああ それでどうなるわけもなく 町はいつもの顔で俺を迎えにくるけど… ああ いつみても揺れる もどかしく 行く先は定めず 定まる  空の太陽 俺の心を照らしてよ 旅に出るのさ 火を灯す 熱い思い探す旅路さ  baby baby baby 見ててくれ!  ゆきすぎる ゆきゆきすぎる そう 毎日に 俺は旅に出る 真実を 心受け止める  空に太陽 俺の心を照らしてよ 旅に出るのさ 火を灯す 熱い思い探す旅路さ  俺の心に灯を灯す 熱い思い探す旅路さ 旅に出るのさ 空の太陽 俺の行く先照らせsunshineエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次俺の心に火を灯す 熱い思い探す旅路さ 旅に出るのさ 空の太陽 俺の心を照らしてよ  ゆきすぎる ゆきゆきすぎる そう 毎日に 俺は旅に出る 真ん中で 心の旅さ そうbaby 見ててくれ! わかってる わかりすぎている 毎日は心の旅さ そう 町中で 俺は旅に出る  空に太陽 ぶざまな俺をさらしたいな 俺の心に火を灯す 熱い思い探す旅路さ  わからない 結局わからない 祈りさえ風に流されて 遠回り どこまで行っても baby  一瞬が永遠 ゆきすぎる ゆきゆきすぎる そう 毎日に 悪魔のささやき 真実を俺に突きつける  空にmoonlight 俺の心は眠らないよ 探し続ける 火を灯せ 熱い思い探す旅路へ  ぶざまなツラで言い訳なんかしたくないのさ やってやろうぜ 俺の心に火を灯す 熱い思い探す旅路さ  ああ それでどうなるわけもなく 町はいつもの顔で俺を迎えにくるけど… ああ いつみても揺れる もどかしく 行く先は定めず 定まる  空の太陽 俺の心を照らしてよ 旅に出るのさ 火を灯す 熱い思い探す旅路さ  baby baby baby 見ててくれ!  ゆきすぎる ゆきゆきすぎる そう 毎日に 俺は旅に出る 真実を 心受け止める  空に太陽 俺の心を照らしてよ 旅に出るのさ 火を灯す 熱い思い探す旅路さ  俺の心に灯を灯す 熱い思い探す旅路さ 旅に出るのさ 空の太陽 俺の行く先照らせsunshine
生命賛歌そいつは立ってた。 そして 突然現れた。 「オマエハナンダ? ココハドコダ?」吃驚したぜ。 風が吹いてた。荒野の感じがした。におい立つ 真夏の草の果てにある オマエは正しく、ウチュウ。  ヒトの歴史または情け以上。 暴力とずる賢こさのたどった栄華の極致。 世俗の信仰の権化ゆえに ヒトハダノニホイ渦まいて 俺・逃げ出した、何して馬鹿だね。結局俺、オドルんだ。  ひょうろく玉のドタマブッ飛ぶトチの愛。 オレは突っ立って 泣いた。 太陽がおちてヒトカゲ無くて 遠くで鳴ってる 生活の音が 人口の多い、この国の俺を彼方へ飛ばす。 「オマエ・デッケェナ。」  オレがミツメテるのはバケモノと決まった!! オレ、オマエのまわり恐る恐る辿ってまわってまわった。 「オ・レ・ニ・チ・カ・ラ・ヲ」「オ・レ・ニ・ュ・ウ・キ・ヲ」 あ~あ、馬鹿馬鹿しいね、オレ 祈ってら  恐らくは日本人と呼ばれる以前の死に絶えしヒトビトの 祈り有りて、オンボロの想いを乗せた“インテリジェンス” の亡霊を、オマエ嘲笑う。 精一杯の ヒトの生命賛歌を。  ひょうろく玉のドタマブッ飛ぶトチの愛。 オレは突っ立って泣いた。   恐らくは日本人と呼ばれる以前の祈り有りて、 オンボロの想いを乗せた現代人の、生命賛歌よ。 セイメイサンカヨ。エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次そいつは立ってた。 そして 突然現れた。 「オマエハナンダ? ココハドコダ?」吃驚したぜ。 風が吹いてた。荒野の感じがした。におい立つ 真夏の草の果てにある オマエは正しく、ウチュウ。  ヒトの歴史または情け以上。 暴力とずる賢こさのたどった栄華の極致。 世俗の信仰の権化ゆえに ヒトハダノニホイ渦まいて 俺・逃げ出した、何して馬鹿だね。結局俺、オドルんだ。  ひょうろく玉のドタマブッ飛ぶトチの愛。 オレは突っ立って 泣いた。 太陽がおちてヒトカゲ無くて 遠くで鳴ってる 生活の音が 人口の多い、この国の俺を彼方へ飛ばす。 「オマエ・デッケェナ。」  オレがミツメテるのはバケモノと決まった!! オレ、オマエのまわり恐る恐る辿ってまわってまわった。 「オ・レ・ニ・チ・カ・ラ・ヲ」「オ・レ・ニ・ュ・ウ・キ・ヲ」 あ~あ、馬鹿馬鹿しいね、オレ 祈ってら  恐らくは日本人と呼ばれる以前の死に絶えしヒトビトの 祈り有りて、オンボロの想いを乗せた“インテリジェンス” の亡霊を、オマエ嘲笑う。 精一杯の ヒトの生命賛歌を。  ひょうろく玉のドタマブッ飛ぶトチの愛。 オレは突っ立って泣いた。   恐らくは日本人と呼ばれる以前の祈り有りて、 オンボロの想いを乗せた現代人の、生命賛歌よ。 セイメイサンカヨ。
to youto you…  鳥が空舞う青空の下 アスファルトの上を歩いてく俺がいる 四月の風とゆるい日射しあびながら たまに光る世界はいつでも瞬間の夢 ああ前を見ても振り返っても 行き場探しの堂々巡り しなやかに揺れる 通りの向こう木々の緑がまぶしい  俺の明日は何処だろう? 足元に咲く小さな花か? それとも… 風が運ぶ街の声 揺れる想い 引きずり回して進め! to you  半分マジで雑誌の占いを覗けば 俺の近い未来は上昇気流で 都会のマストさ 高いビルが 今日も光と青空に照り返されて輝き放つ ああ右を見ても左見ても 幸せ探しの堂々巡り しなやかに感じる響きあう世界を そう 求めてる  俺の明日は何処だろう? ああ鳥が舞うあの大空か? それとも… 風が運ぶ街の声 揺れる想い 引きずり回して進め!  俺の明日は何処だろう? 足元に咲く小さな花か? それとも… 風が運ぶ街の声 揺れる想い 引きずり回して進め!  俺の明日は何処だろう? 雨のち晴れ 晴れのち雨 旅立ちなら今すぐ 流れて行く風と共に走れ! to you…エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次・YANAGIMANto you…  鳥が空舞う青空の下 アスファルトの上を歩いてく俺がいる 四月の風とゆるい日射しあびながら たまに光る世界はいつでも瞬間の夢 ああ前を見ても振り返っても 行き場探しの堂々巡り しなやかに揺れる 通りの向こう木々の緑がまぶしい  俺の明日は何処だろう? 足元に咲く小さな花か? それとも… 風が運ぶ街の声 揺れる想い 引きずり回して進め! to you  半分マジで雑誌の占いを覗けば 俺の近い未来は上昇気流で 都会のマストさ 高いビルが 今日も光と青空に照り返されて輝き放つ ああ右を見ても左見ても 幸せ探しの堂々巡り しなやかに感じる響きあう世界を そう 求めてる  俺の明日は何処だろう? ああ鳥が舞うあの大空か? それとも… 風が運ぶ街の声 揺れる想い 引きずり回して進め!  俺の明日は何処だろう? 足元に咲く小さな花か? それとも… 風が運ぶ街の声 揺れる想い 引きずり回して進め!  俺の明日は何処だろう? 雨のち晴れ 晴れのち雨 旅立ちなら今すぐ 流れて行く風と共に走れ! to you…
我が祈り心のポケットにしまった秘密シークレット 誰にも見せずに閉じたままあの世まで… 恋人よふたりは黒い猫 月夜にじゃれてる 街の片隅で…  我が祈り 我が恋 我が明日 我が命 全てを手に入れるのがルールさ いくつもある勝利への道筋なら 魂の中本当の自分を見つけろ  いたづらすぎる時が過ぎたら ふたりは静に眠りにつくでしょう おおマイライフ! ひとりひとりの嘆きがとけこむ 街の空の下  我が道 我が夢 我が恋人 全てを手に入れるのがルールさ いくつもある勝利への道筋なら 心の中裸の自分を見つめろ  涙は何処から流れるのかな? 忘れていた本当の自分の声  我が道 我が夢 我が恋人 全てを手に入れるのがルールさ いくつもある勝利への道筋なら 魂の中本当の自分を見つけろ  我が祈り 我が恋 我が明日 我が命 全てを手に入れるのがルールさ いくつもある勝利への道筋なら 魂の中本当の自分を見つけろエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次心のポケットにしまった秘密シークレット 誰にも見せずに閉じたままあの世まで… 恋人よふたりは黒い猫 月夜にじゃれてる 街の片隅で…  我が祈り 我が恋 我が明日 我が命 全てを手に入れるのがルールさ いくつもある勝利への道筋なら 魂の中本当の自分を見つけろ  いたづらすぎる時が過ぎたら ふたりは静に眠りにつくでしょう おおマイライフ! ひとりひとりの嘆きがとけこむ 街の空の下  我が道 我が夢 我が恋人 全てを手に入れるのがルールさ いくつもある勝利への道筋なら 心の中裸の自分を見つめろ  涙は何処から流れるのかな? 忘れていた本当の自分の声  我が道 我が夢 我が恋人 全てを手に入れるのがルールさ いくつもある勝利への道筋なら 魂の中本当の自分を見つけろ  我が祈り 我が恋 我が明日 我が命 全てを手に入れるのがルールさ いくつもある勝利への道筋なら 魂の中本当の自分を見つけろ
いつか通ったとおりを辿り来た気がする 「いいのかい?」なんてさ 「いいのかい?」なんてさ  友達に聞いたのさ 見なれてるアスファルト タバコ屋のあの親父も 風通う公園も  いつか通ったとおりを辿り来ただけなのかい? 「いいのかい?」なんてさ 死ぬのかい? オレは...  あと百年を生き長らえても 今のこのオレを抜けられやしまい  いつか通ったとおりを辿り来た気がする 「いいのかい?」なんてさ 「いいのかい?」なんてさ  恋人に聞いたのさ 吹く風に聞いたのさ たちならぶ家並みも 喜びを探す人達も あと五分しか生きられぬのなら 今のこのオレをこえられるというの  いつか通ったとおりを辿り来た気がする 「いいのかい?」なんてさ 死ぬのかい? オレはエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次いつか通ったとおりを辿り来た気がする 「いいのかい?」なんてさ 「いいのかい?」なんてさ  友達に聞いたのさ 見なれてるアスファルト タバコ屋のあの親父も 風通う公園も  いつか通ったとおりを辿り来ただけなのかい? 「いいのかい?」なんてさ 死ぬのかい? オレは...  あと百年を生き長らえても 今のこのオレを抜けられやしまい  いつか通ったとおりを辿り来た気がする 「いいのかい?」なんてさ 「いいのかい?」なんてさ  恋人に聞いたのさ 吹く風に聞いたのさ たちならぶ家並みも 喜びを探す人達も あと五分しか生きられぬのなら 今のこのオレをこえられるというの  いつか通ったとおりを辿り来た気がする 「いいのかい?」なんてさ 死ぬのかい? オレは
It's my lifeだから今日はもういいや考えない 彼氏真夏の部屋高鳴る胸 終日(ひねもす)悩み尽きない とどのつまりは労働と恋の エブリデイ朝も早うから結局分からねぇ Still life だから頭空っぽで 午前0時過ぎ首都高ドライブ  助手席には誰も居ない あいつとならどこまでも 例えば海まで一直線 今宵はビルの合間緩いカーブを曲がってく のろいトラック追い越して走りゃあ ハンドル軽いぜ トンネルくぐって ぐるぐる回るのさ環状線  どんなに大人になっても エブリデイ朝も早うから結局わからねぇ Still life だからドタマflatで 午前2時過ぎ首都高ドライブ  ああバックミラーに映っている まばゆい都会の夜景と浮かぶ東京タワー 行く先照らせヘッドライト 流れゆく思い出たち さあアクセル踏み込むぜ  高く強く DO IT  もういいや関係ねぇ とどのつまり生きて行くように出来てる そんなIt's my life 夜が明ければ真夏の太陽 エブリデイ 今居るココがオレのテリトリィ True life 行くぜドタマ空っぽで 高く強く飛べ! big my life 高く強く飛べ! It's my lifeエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次だから今日はもういいや考えない 彼氏真夏の部屋高鳴る胸 終日(ひねもす)悩み尽きない とどのつまりは労働と恋の エブリデイ朝も早うから結局分からねぇ Still life だから頭空っぽで 午前0時過ぎ首都高ドライブ  助手席には誰も居ない あいつとならどこまでも 例えば海まで一直線 今宵はビルの合間緩いカーブを曲がってく のろいトラック追い越して走りゃあ ハンドル軽いぜ トンネルくぐって ぐるぐる回るのさ環状線  どんなに大人になっても エブリデイ朝も早うから結局わからねぇ Still life だからドタマflatで 午前2時過ぎ首都高ドライブ  ああバックミラーに映っている まばゆい都会の夜景と浮かぶ東京タワー 行く先照らせヘッドライト 流れゆく思い出たち さあアクセル踏み込むぜ  高く強く DO IT  もういいや関係ねぇ とどのつまり生きて行くように出来てる そんなIt's my life 夜が明ければ真夏の太陽 エブリデイ 今居るココがオレのテリトリィ True life 行くぜドタマ空っぽで 高く強く飛べ! big my life 高く強く飛べ! It's my life
おはよう こんにちはおはよう こんにちは さようなら 言葉じり合わせ 日がくれた  頭かかえて そこらの芝生に寝ころんで 空 見上げて 何もかもが同じ  新聞でも読んで ひまつぶし もの知り 博学 秀才 文化人  頭かかえて そこらの芝生に寝ころんで 空 見上げて 何もかもが同じ  おはよう こんにちは さようなら 言葉じり合わせ 日がくれた  ふらり ふらふら ちらりと時計をのぞいたら 空 見上けて 明日 会おう バイバイバイエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次おはよう こんにちは さようなら 言葉じり合わせ 日がくれた  頭かかえて そこらの芝生に寝ころんで 空 見上げて 何もかもが同じ  新聞でも読んで ひまつぶし もの知り 博学 秀才 文化人  頭かかえて そこらの芝生に寝ころんで 空 見上げて 何もかもが同じ  おはよう こんにちは さようなら 言葉じり合わせ 日がくれた  ふらり ふらふら ちらりと時計をのぞいたら 空 見上けて 明日 会おう バイバイバイ
「序曲」夢のちまた世を上げて 春の景色を語るとき 暗き自部屋の机上にて 暗くなるまで過ごし行き ただ漫然と思いいく春もある  いい季節だ どこへ行こう 不忍池など楽しかろう 雨になれば水が増して さぞ 水鳥もおどろくだろう  忘れるだろう 忘れるだろう 今日一日のできごとなど 何をなしても 忘れ行くのみで 忘れ行くさ 夢のちまたへ  明日は晴れか 雨になるだろうか 明日こそは町へくりだそうか 明日になればわかるだろう 明日もたぶん生きてるだろう  春の一日が通り過ぎていく ああ 今日も夢か幻か ああ 夢のちまたエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次世を上げて 春の景色を語るとき 暗き自部屋の机上にて 暗くなるまで過ごし行き ただ漫然と思いいく春もある  いい季節だ どこへ行こう 不忍池など楽しかろう 雨になれば水が増して さぞ 水鳥もおどろくだろう  忘れるだろう 忘れるだろう 今日一日のできごとなど 何をなしても 忘れ行くのみで 忘れ行くさ 夢のちまたへ  明日は晴れか 雨になるだろうか 明日こそは町へくりだそうか 明日になればわかるだろう 明日もたぶん生きてるだろう  春の一日が通り過ぎていく ああ 今日も夢か幻か ああ 夢のちまた
眠れない夜そんなに慌てたらダメですよ 日本国の歴史は結構これでも長いのさ I said 正論だったら誠実に響けば だいたいみんな大歓迎だけど 変な知恵つけてるあいつら相手にしてても No~ Yes I do Yes I do  ああ見えてもあいつらのバックボーンは結構広くてさ なんてたって歴史と伝統振りかざされちゃ痛いのよ I said 慌てるこたね 我等の時代はまだ始まったばかりで 変な知恵つけてるあいつら相手にしてても No~ Yes I do Yes I do  眠れない夜 涙の種 女なのさ 考えてもみな我等の人生なんて全員平均的なのさ 難しいけど正論だったら 多少過激でもだいたいみんなは大歓迎なのさ 変な知恵つけてるあいつら相手にしてても No~ Yes I do Yes I do  負ける訳ないさあいつらにインチキくせいぜあいつらは 奴等が何言ってもなんだか 本当の気がしないさ だいたいこうやって生活してりゃ どうやらこうやら生きてるさ 勇気をおくれよ 明日のために Yes I do  俺は時々戦う前から勝負を避けて奴等に勝利をもたらす チクショウ~  眠れない夜に 月が出て 表じゃ なんとかなっちまってさ あの世までエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次そんなに慌てたらダメですよ 日本国の歴史は結構これでも長いのさ I said 正論だったら誠実に響けば だいたいみんな大歓迎だけど 変な知恵つけてるあいつら相手にしてても No~ Yes I do Yes I do  ああ見えてもあいつらのバックボーンは結構広くてさ なんてたって歴史と伝統振りかざされちゃ痛いのよ I said 慌てるこたね 我等の時代はまだ始まったばかりで 変な知恵つけてるあいつら相手にしてても No~ Yes I do Yes I do  眠れない夜 涙の種 女なのさ 考えてもみな我等の人生なんて全員平均的なのさ 難しいけど正論だったら 多少過激でもだいたいみんなは大歓迎なのさ 変な知恵つけてるあいつら相手にしてても No~ Yes I do Yes I do  負ける訳ないさあいつらにインチキくせいぜあいつらは 奴等が何言ってもなんだか 本当の気がしないさ だいたいこうやって生活してりゃ どうやらこうやら生きてるさ 勇気をおくれよ 明日のために Yes I do  俺は時々戦う前から勝負を避けて奴等に勝利をもたらす チクショウ~  眠れない夜に 月が出て 表じゃ なんとかなっちまってさ あの世まで
曙光まったくよ うまくいかねえよ この世の暮らし 俺の暮らしは ただ漫然と時は過ぎた またぞろ一つ年を重ねた つれづれと日々楽しみて つれづれと日々悲しみて 日が暮れた、夜になったよ またぞろ一つ年を重ねてた 見ろよ今日も高き太陽が俺達を照らす ああ忘れ去られたり 朝焼けの中立っていた 熱き血潮燃えていた  俺のよ 人生はよ 朝 目が覚めた 夜 疲れて寝たよ まったくもってしょうがねえ 熱き想いのこみあぐる日々は 優しき家庭の姿が去勢の砦(とりで) ああ忘れ去られたり 朝焼けの中立っていた 熱き血潮燃えていた 朝焼けの中立っていた 熱き血潮が燃えていた  見ろよ 暮らす世々の姿 思え 曙光の時を!!  ああ見ろよ今日も高き太陽が我等を照らす ああ忘れ去られたり 朝焼けの中立っていた 朝焼けの中立っていた 熱き血潮燃えていた 朝焼けの中立っていた  打ち過ぎる日々暮らしていたよ 思え 曙光の時をエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次まったくよ うまくいかねえよ この世の暮らし 俺の暮らしは ただ漫然と時は過ぎた またぞろ一つ年を重ねた つれづれと日々楽しみて つれづれと日々悲しみて 日が暮れた、夜になったよ またぞろ一つ年を重ねてた 見ろよ今日も高き太陽が俺達を照らす ああ忘れ去られたり 朝焼けの中立っていた 熱き血潮燃えていた  俺のよ 人生はよ 朝 目が覚めた 夜 疲れて寝たよ まったくもってしょうがねえ 熱き想いのこみあぐる日々は 優しき家庭の姿が去勢の砦(とりで) ああ忘れ去られたり 朝焼けの中立っていた 熱き血潮燃えていた 朝焼けの中立っていた 熱き血潮が燃えていた  見ろよ 暮らす世々の姿 思え 曙光の時を!!  ああ見ろよ今日も高き太陽が我等を照らす ああ忘れ去られたり 朝焼けの中立っていた 朝焼けの中立っていた 熱き血潮燃えていた 朝焼けの中立っていた  打ち過ぎる日々暮らしていたよ 思え 曙光の時を
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
真夜中のヒーローそうさ この毎日を全て引き連れてさ 行こう 新しい日々へと 風 町の風が頬をなでて過ぎた いつか 全てを抱きしめるさ 愛する人よ 俺は いつまで 何処まで走りゆくの? 町の星空に孤独な誓いをたてるだろう この世の果てまで 真夜中のヒーロー 戦い続けると  道 その長く険しい道の中で やさしさを見せてくれよ 老いさらぼいし体も 女を愛するそのココロも 永遠の涙 奴らにとっちゃそうレクイエム 戦い続ける 真夜中のヒーロー さあ立ちあがれ  町の星空に孤独な誓いをたてるだろう 俺がヒーローさ いつだってオレが くだらねえ日々を シャレたふりでそっとすり抜ける いつの日か全てを 真夜中のヒーロー 抱きしめるさ エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次そうさ この毎日を全て引き連れてさ 行こう 新しい日々へと 風 町の風が頬をなでて過ぎた いつか 全てを抱きしめるさ 愛する人よ 俺は いつまで 何処まで走りゆくの? 町の星空に孤独な誓いをたてるだろう この世の果てまで 真夜中のヒーロー 戦い続けると  道 その長く険しい道の中で やさしさを見せてくれよ 老いさらぼいし体も 女を愛するそのココロも 永遠の涙 奴らにとっちゃそうレクイエム 戦い続ける 真夜中のヒーロー さあ立ちあがれ  町の星空に孤独な誓いをたてるだろう 俺がヒーローさ いつだってオレが くだらねえ日々を シャレたふりでそっとすり抜ける いつの日か全てを 真夜中のヒーロー 抱きしめるさ 
愛の日々時が過ぎれば誰もが大人になるの ふたり いずれ傷つけ合い どこへ行くのか 教えてくれ  急ごう 時が俺たち置いて行かぬように 悲しみさえ胸に突き刺さるような ふたりだけの愛の日々を  時が俺たちをいつか救いに来るのか 窓辺 君はうつむいて 何を思うの 教えてくれ  黄昏 空を行き交う鳥たちのように 涙さえも まるで輝くような ふたりだけの愛の日々を  風に吹かれていたいよ このまま俺を抱きしめて  俺は まるで何もわかっちゃないだろう 明日のこともてんで知りゃしないだろう さがしに行こう 愛の日々を  君が笑う 俺達の部屋の中で いつもの場所 いつも通りの顔で 傷つけ合おう 愛の日々を  風に吹かれていたいよ このまま俺を抱きしめてエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次時が過ぎれば誰もが大人になるの ふたり いずれ傷つけ合い どこへ行くのか 教えてくれ  急ごう 時が俺たち置いて行かぬように 悲しみさえ胸に突き刺さるような ふたりだけの愛の日々を  時が俺たちをいつか救いに来るのか 窓辺 君はうつむいて 何を思うの 教えてくれ  黄昏 空を行き交う鳥たちのように 涙さえも まるで輝くような ふたりだけの愛の日々を  風に吹かれていたいよ このまま俺を抱きしめて  俺は まるで何もわかっちゃないだろう 明日のこともてんで知りゃしないだろう さがしに行こう 愛の日々を  君が笑う 俺達の部屋の中で いつもの場所 いつも通りの顔で 傷つけ合おう 愛の日々を  風に吹かれていたいよ このまま俺を抱きしめて
シャララああ この世に生まれて暇と酔狂の繰り返し。 「やることがない。」 ああ かけぬけにゃならぬ。 ただただかけぬけにゃならぬ。  ああ 涙ホロホロといつの間にか落ちていた。 「どうしたんだろう。」 ああ タバコを吸い吸い帰り道、 澄みわたる空に星がキラキラまたたいていた。  望むべくはただ平和なる日常の日々。 恋をせにゃならぬ。メシ食わにゃならぬ。 すぎゆく日々ただありて。  ああ 常識と共に俺は心中するつもりだ。 鼻の穴広げ「恋人の笑顔。」 ただただ俺の生活は、恋人の笑顔と暇つぶし。  ああ 望むべくはただ平和の日々。 恋をせにゃならぬ。メシ食わにゃならぬ。 すぎゆく日々ただありて、すぎゆく日々ただありて、 静かにすぎゆき身をけずる。  シャララ、シャララ…俺の生活は… 望むべくはただ平和の日々。 恋をせにゃならぬ。メシ食わにゃならぬ。 すぎゆく日々ただありて、すぎゆく日々ただありて、 静かにすぎゆき身をけずる。 シャララ、シャララ…俺の生活は…  ああ この世に生まれて暇と酔狂の繰り返し。 「やることがない。」 ああ かけぬけにゃならぬ。 ただただかけぬけなきゃならぬ。 ただただ、この世のくらしは、ただただかけぬけなきゃならぬ。エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次ああ この世に生まれて暇と酔狂の繰り返し。 「やることがない。」 ああ かけぬけにゃならぬ。 ただただかけぬけにゃならぬ。  ああ 涙ホロホロといつの間にか落ちていた。 「どうしたんだろう。」 ああ タバコを吸い吸い帰り道、 澄みわたる空に星がキラキラまたたいていた。  望むべくはただ平和なる日常の日々。 恋をせにゃならぬ。メシ食わにゃならぬ。 すぎゆく日々ただありて。  ああ 常識と共に俺は心中するつもりだ。 鼻の穴広げ「恋人の笑顔。」 ただただ俺の生活は、恋人の笑顔と暇つぶし。  ああ 望むべくはただ平和の日々。 恋をせにゃならぬ。メシ食わにゃならぬ。 すぎゆく日々ただありて、すぎゆく日々ただありて、 静かにすぎゆき身をけずる。  シャララ、シャララ…俺の生活は… 望むべくはただ平和の日々。 恋をせにゃならぬ。メシ食わにゃならぬ。 すぎゆく日々ただありて、すぎゆく日々ただありて、 静かにすぎゆき身をけずる。 シャララ、シャララ…俺の生活は…  ああ この世に生まれて暇と酔狂の繰り返し。 「やることがない。」 ああ かけぬけにゃならぬ。 ただただかけぬけなきゃならぬ。 ただただ、この世のくらしは、ただただかけぬけなきゃならぬ。
地元の朝ある日 目覚めて電車を乗りついできた 育った町へやってきた そう地元の朝  「フタ親に会いに行こう (そう)一年振りさ」 去年以上に学校が古ぼけて見えたんだ 坂を登り商店街を横切って 親の家の前に立った そしてボンヤリと自問自答したのさ  アイセイ 「人生なんて人情盗坊 助けを乞うて人助け 助けたつもりが裏切りの果敢ないサガ」  玄関の前で奮い立って笑顔をつくった 母は喜びと心配をないまぜた表情で見ていた  「お母さん、この通り、元気でやっているよ おまけに強い男だから僕は大丈夫さ…(云々)」  意味も無く得意気に上っ調子で母親に語りつづける そしてボンヤリと自問自答をしていたんだ  アイセイ 「立派な大人になりたいな 立派な大人になりたいな 確かな仕事をしとげたいもんだな、ああ」  父はすごく嬉しそうに迎えてくれた そして笑いながら野球の話などしたものさ  二親ともすでに七十に近いんだ ああ 結局その日は実家でメシを食って 色んなものをもらって外へ出た 外へ出た 外はもう夜だった  そしてイメージのない頭で自問自答したものさ  アイセイ 「人間なんて人情ドロボウ 二親に捧げられし愛を 一体どうやって返そうか?返そうか?」  渇いた風が吹いた 地元の夜 帰りの道を急ぎ足で歩いていた  「トモダチを探してる トモダチを探してる 仲間達を探してるんだ」 アイセイ 「立派な大人になりたいな 立派な大人になりたいな 体の全て使い尽くして死にたい」  「今日は月がちょっときれいじゃん」 「めぐる ちょっとしたことで めぐる めぐる めぐる」ああ  (んん)七色の (んん)七色の ココロに虹をかけて (んん)できるだろう? (んん)できるのさ 体の全て使い尽くして死にたい 俺は死にたい 俺は死にたいエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次ある日 目覚めて電車を乗りついできた 育った町へやってきた そう地元の朝  「フタ親に会いに行こう (そう)一年振りさ」 去年以上に学校が古ぼけて見えたんだ 坂を登り商店街を横切って 親の家の前に立った そしてボンヤリと自問自答したのさ  アイセイ 「人生なんて人情盗坊 助けを乞うて人助け 助けたつもりが裏切りの果敢ないサガ」  玄関の前で奮い立って笑顔をつくった 母は喜びと心配をないまぜた表情で見ていた  「お母さん、この通り、元気でやっているよ おまけに強い男だから僕は大丈夫さ…(云々)」  意味も無く得意気に上っ調子で母親に語りつづける そしてボンヤリと自問自答をしていたんだ  アイセイ 「立派な大人になりたいな 立派な大人になりたいな 確かな仕事をしとげたいもんだな、ああ」  父はすごく嬉しそうに迎えてくれた そして笑いながら野球の話などしたものさ  二親ともすでに七十に近いんだ ああ 結局その日は実家でメシを食って 色んなものをもらって外へ出た 外へ出た 外はもう夜だった  そしてイメージのない頭で自問自答したものさ  アイセイ 「人間なんて人情ドロボウ 二親に捧げられし愛を 一体どうやって返そうか?返そうか?」  渇いた風が吹いた 地元の夜 帰りの道を急ぎ足で歩いていた  「トモダチを探してる トモダチを探してる 仲間達を探してるんだ」 アイセイ 「立派な大人になりたいな 立派な大人になりたいな 体の全て使い尽くして死にたい」  「今日は月がちょっときれいじゃん」 「めぐる ちょっとしたことで めぐる めぐる めぐる」ああ  (んん)七色の (んん)七色の ココロに虹をかけて (んん)できるだろう? (んん)できるのさ 体の全て使い尽くして死にたい 俺は死にたい 俺は死にたい
赤き空よ!赤き空よ!この空の下俺の全てがあるさ 燃ゆる心 奮わせて今 振り返らずに前を見るよ  照らせムーンライト いつかの思い出 町に咲いている花 ひとしきり涙を流したら さあ 出かけてゆくぜ 暮らす世間へ  いつも感じてる俺の心には 甘く切なく未来があって 悲しくもないのに何故だか涙こぼれ落ちる夕暮れさ  燃えろ心 あの頃の俺は 町にまぎれて消えた されどルールない この空の下 今の俺が暮らしているぜ Let's go 明日へ  されどルールない この空の下 今の俺が暮らしているぜ  いつも夢見てきた俺の歴史には 優しく悲しい歌が一緒で 歩いてゆくしかないのに立ち尽くす 胸を掻きむしる思い出に  行き交う車のヘッドライト ふと見上げればもう空には星が 古くて新しい明日を運んで来たぜ  赤き空よ!この空の下俺の全てがあるさ ひとしきり涙を流したら さあ 出かけてゆくぜ 暮らす世間へ 出かけてゆくぜ 明日の空へエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次赤き空よ!この空の下俺の全てがあるさ 燃ゆる心 奮わせて今 振り返らずに前を見るよ  照らせムーンライト いつかの思い出 町に咲いている花 ひとしきり涙を流したら さあ 出かけてゆくぜ 暮らす世間へ  いつも感じてる俺の心には 甘く切なく未来があって 悲しくもないのに何故だか涙こぼれ落ちる夕暮れさ  燃えろ心 あの頃の俺は 町にまぎれて消えた されどルールない この空の下 今の俺が暮らしているぜ Let's go 明日へ  されどルールない この空の下 今の俺が暮らしているぜ  いつも夢見てきた俺の歴史には 優しく悲しい歌が一緒で 歩いてゆくしかないのに立ち尽くす 胸を掻きむしる思い出に  行き交う車のヘッドライト ふと見上げればもう空には星が 古くて新しい明日を運んで来たぜ  赤き空よ!この空の下俺の全てがあるさ ひとしきり涙を流したら さあ 出かけてゆくぜ 暮らす世間へ 出かけてゆくぜ 明日の空へ
パワー・イン・ザ・ワールド何度目の太陽だ 何度目の月だ 伊達や酔狂じゃねえ パワー・イン・ザ・ワールド  これは冗談じゃねぇ 戦いの歌だ 枯れ果てた大地の一輪の花  ここは一体何処だ? 21世紀の ここは東京だ パワー・イン・ザ・ワールド  全て受け止めろ ライフ・イズ・クール 全て受け止めろ パワー・イン・ザ・ワールド  気に入った場所は何処だ 何度も探し辿り着いた やっぱり飽き足らない  何度目の太陽だ 何度目の落胆だ 伊達や酔狂じゃねえ パワー・イン・ザ・ワールド  これは冗談じゃねぇ うってつけの歌だ 枯れ果てた大地の一輪の花  傷だらけの自由 山の手線の中 行く手はまだ先だ パワー・イン・ザ・ピープル  順番を放棄せよ 出番は今だ 順番を放棄せよ パワー・イン・ザ・ワールド  何度も山を越えた 結局ハートブレイクのイッツマイライフ やっぱり飽き足らない 死ぬまで俺走るんだ  何度目の太陽だ 何度目の落胆だ 伊達や酔狂じゃねえ パワー・イン・ザ・ワールド  これは冗談じゃねぇ 怒りの歌だ 枯れ果てた大地の一輪の花  気に入った場所は何処だ 何度も探し辿り着いた やっぱり飽き足らない やれやれ俺また探すんだ 全部使い尽くせ おのれの全部使い果たせ やっぱり飽き足らない 死ぬまで俺走るんだ  何度目の太陽だ 何度目の月だ 伊達や酔狂じゃねえ パワー・イン・ザ・ワールド これは冗談じゃねぇ 戦いの歌だ 枯れ果てた大地の一輪の花  パワー・イン・ザ・ワールドエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次何度目の太陽だ 何度目の月だ 伊達や酔狂じゃねえ パワー・イン・ザ・ワールド  これは冗談じゃねぇ 戦いの歌だ 枯れ果てた大地の一輪の花  ここは一体何処だ? 21世紀の ここは東京だ パワー・イン・ザ・ワールド  全て受け止めろ ライフ・イズ・クール 全て受け止めろ パワー・イン・ザ・ワールド  気に入った場所は何処だ 何度も探し辿り着いた やっぱり飽き足らない  何度目の太陽だ 何度目の落胆だ 伊達や酔狂じゃねえ パワー・イン・ザ・ワールド  これは冗談じゃねぇ うってつけの歌だ 枯れ果てた大地の一輪の花  傷だらけの自由 山の手線の中 行く手はまだ先だ パワー・イン・ザ・ピープル  順番を放棄せよ 出番は今だ 順番を放棄せよ パワー・イン・ザ・ワールド  何度も山を越えた 結局ハートブレイクのイッツマイライフ やっぱり飽き足らない 死ぬまで俺走るんだ  何度目の太陽だ 何度目の落胆だ 伊達や酔狂じゃねえ パワー・イン・ザ・ワールド  これは冗談じゃねぇ 怒りの歌だ 枯れ果てた大地の一輪の花  気に入った場所は何処だ 何度も探し辿り着いた やっぱり飽き足らない やれやれ俺また探すんだ 全部使い尽くせ おのれの全部使い果たせ やっぱり飽き足らない 死ぬまで俺走るんだ  何度目の太陽だ 何度目の月だ 伊達や酔狂じゃねえ パワー・イン・ザ・ワールド これは冗談じゃねぇ 戦いの歌だ 枯れ果てた大地の一輪の花  パワー・イン・ザ・ワールド
クレッシェンド・デミネンド-陽気なる逃亡者たる君へ-世の中にあるもの全てがメッセージよ すなわち俺の行動も全てが必然よ 好むと好まざるにかかわらず逃げられない そんな 時代の精神て奴ァ確かにあるけれどよ  でも感じてるだろう? ココロの奥の真実の声を それがメッセージ 世の中変わるんだ 昼から夜 でも好きなんだろう? 生きてることがよ  陰気にして勇気ある生存者へ俺は言う 大切なものは胸の奥のやさしさ 俺真錦にくるまれてるこの精神 引きずりまわしてまた出かける 大した意味などないこの人生 上機嫌のインチキなら満点  陽気なる逃亡者たる君へ言う 疲れた時には孤独になれ 感じるべきなんだ ココロの奥の真実の声を それがメッセージ  鼓動が聴こえるくらい 憧れし孤独の闇へ行け 静寂の部屋に籠もりいて 俺ひとり本を読んでた  感じろ、考えろ、思え、そのメッセージを やめるな、戦え、もう一度出かけてゆけ  陽気なる逃亡者たる君へ言う 疲れた時には孤独になれ この世を越えてゆくものあるとせば ココロの奥のやさしさ それがメッセージ それがメッセージ  時を越えてゆくために休め 静寂の部屋に籠もりいて もう一度 出かけてゆくエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次世の中にあるもの全てがメッセージよ すなわち俺の行動も全てが必然よ 好むと好まざるにかかわらず逃げられない そんな 時代の精神て奴ァ確かにあるけれどよ  でも感じてるだろう? ココロの奥の真実の声を それがメッセージ 世の中変わるんだ 昼から夜 でも好きなんだろう? 生きてることがよ  陰気にして勇気ある生存者へ俺は言う 大切なものは胸の奥のやさしさ 俺真錦にくるまれてるこの精神 引きずりまわしてまた出かける 大した意味などないこの人生 上機嫌のインチキなら満点  陽気なる逃亡者たる君へ言う 疲れた時には孤独になれ 感じるべきなんだ ココロの奥の真実の声を それがメッセージ  鼓動が聴こえるくらい 憧れし孤独の闇へ行け 静寂の部屋に籠もりいて 俺ひとり本を読んでた  感じろ、考えろ、思え、そのメッセージを やめるな、戦え、もう一度出かけてゆけ  陽気なる逃亡者たる君へ言う 疲れた時には孤独になれ この世を越えてゆくものあるとせば ココロの奥のやさしさ それがメッセージ それがメッセージ  時を越えてゆくために休め 静寂の部屋に籠もりいて もう一度 出かけてゆく
見果てぬ夢人の思いは十人十色 やさしき言葉かけるもいい  道端でたたずんで遠くを見てる 何が映った その目には  この世に何があるのやら 見果てぬ夢を追い求め  やさしい言葉が浮かんだら だれかにそっと言ってやれ  これも浮世と生きるなら 生きてくのなら 笑顔たやさず行くもいい  我も彼らに負けまいと やさしい日本の四季を見て  これも浮世とあきらめて すずしげに  人の思いは十人十色 やさしき言葉かけるもいいエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次人の思いは十人十色 やさしき言葉かけるもいい  道端でたたずんで遠くを見てる 何が映った その目には  この世に何があるのやら 見果てぬ夢を追い求め  やさしい言葉が浮かんだら だれかにそっと言ってやれ  これも浮世と生きるなら 生きてくのなら 笑顔たやさず行くもいい  我も彼らに負けまいと やさしい日本の四季を見て  これも浮世とあきらめて すずしげに  人の思いは十人十色 やさしき言葉かけるもいい
晩秋の一夜ある夜ひとりで火鉢に手をかざし くもった空気の部屋のうち あわれ ああ いまだに生き残る はかなき虫の鳴き声と共(とも)にいた ああ ひとり動かず部屋にいた ある秋の夜長に  過ぎたる月日も若きこの身には惜しくはないけれど 残った余生には希望を持とうか  老いたる姿は若きこの俺の懐かしい姿よ いずれは死ぬる身の懐かしい遊びよ  日々のくらしに背中をつつかれて それでも生きようか 死ぬまでは……  ある秋の夜 ひとりで火鉢を抱(だ)き くもった部屋の空気で息をした  いまだに死ねぬ哀れなる虫の音と 秋の夜長を共に遊んでいた ああ ひとり動かず部屋にいた ある秋の夜長にエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次ある夜ひとりで火鉢に手をかざし くもった空気の部屋のうち あわれ ああ いまだに生き残る はかなき虫の鳴き声と共(とも)にいた ああ ひとり動かず部屋にいた ある秋の夜長に  過ぎたる月日も若きこの身には惜しくはないけれど 残った余生には希望を持とうか  老いたる姿は若きこの俺の懐かしい姿よ いずれは死ぬる身の懐かしい遊びよ  日々のくらしに背中をつつかれて それでも生きようか 死ぬまでは……  ある秋の夜 ひとりで火鉢を抱(だ)き くもった部屋の空気で息をした  いまだに死ねぬ哀れなる虫の音と 秋の夜長を共に遊んでいた ああ ひとり動かず部屋にいた ある秋の夜長に
明日を行け明日を行け 心奮い立たせろ 悲しみかきわけ からみつく憂いをふりほどいて おおベイビー 俺の好きな場所へ  空を見ろ 輝くこの空の下 生きてきた俺さ 去来している 勝つために生まれてきた 戦い 敗れし日々の歴史が…  大事なモノだけ抱きしめたいのに うまくゆかないそのとまどい 快不快なら 快に向かいたいのに 向かえないそのためらい されど たどりつきゃあ 新たに求めつづけるのが 人生のならいなら 友よ 胸を張って足を高く鳴らして行け まだ見ぬ 明日を行け  明日を行け CRY かきわけ まだ見ぬ明日へ ああ信じてきた自分を らしく生きてく その道をよ  明日を行け 心奮い立たせろ おおベイビー 悲しみかきわけ  あなたに会うための人生が いつしか しかつめらしい 言い訳のしつらい 大した物語さ いくつもの思い出と一緒に 時の中さまよい 未だ意義の見出せぬ 俺の生涯に輝く瞬間抱きしめたい 友よ 胸を張って足を高く鳴らして行け まだ見ぬ 明日を行けエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次明日を行け 心奮い立たせろ 悲しみかきわけ からみつく憂いをふりほどいて おおベイビー 俺の好きな場所へ  空を見ろ 輝くこの空の下 生きてきた俺さ 去来している 勝つために生まれてきた 戦い 敗れし日々の歴史が…  大事なモノだけ抱きしめたいのに うまくゆかないそのとまどい 快不快なら 快に向かいたいのに 向かえないそのためらい されど たどりつきゃあ 新たに求めつづけるのが 人生のならいなら 友よ 胸を張って足を高く鳴らして行け まだ見ぬ 明日を行け  明日を行け CRY かきわけ まだ見ぬ明日へ ああ信じてきた自分を らしく生きてく その道をよ  明日を行け 心奮い立たせろ おおベイビー 悲しみかきわけ  あなたに会うための人生が いつしか しかつめらしい 言い訳のしつらい 大した物語さ いくつもの思い出と一緒に 時の中さまよい 未だ意義の見出せぬ 俺の生涯に輝く瞬間抱きしめたい 友よ 胸を張って足を高く鳴らして行け まだ見ぬ 明日を行け
遁生これから先は死ぬるまで 表へ出ないでくらす人。 たまに表へ出るときも タバコと散歩に日をつぶす。 働く妻の横顔に力のぬけた目を向ける 鳴るのはテレビの音ばかり…。  「生活」無き身のはかなさは くるむふとんの温かさ ゴロリと寝ころぶ頭上には 積み上げられた本の山 苦しみ無き身のむなしさよ 浮かぶ未来は苦しげで…。  コツコツ鳴ってる火鉢を間に 誰かが俺に聞いている。 「お前はなぜに 引きこもる?」 俺は何も答えずに 引きつる笑顔を向けていた。  これから先は死ぬるまで 表へ出ないでくらす人。 コツコツ鳴ってる火鉢を間に 誰かが俺に聞いている。  「体の調子は何うなんだ?」 「寄生虫にやられてる。」 「お前に女は必要か?」 「ペットのようなら飼ってもいい。」 「車に乗って出かけよう。」 「俺はふとんで寝ていよう。」 「それじゃテレビを見るとしようか?」 「悲しすぎて見てられぬ。」 「お前は何が欲しいのだ?」 「夕陽に浮かぶ富士の山。」 「お前はなぜに生きている?」 「小さき花を見るために。 小さき花を見るために。」  歌を誰か知らないか? つまらぬときに口ずさむ、 やさしい歌を知らないか? 金のために何をする? 女のために何をする? 人のために何をする? それでお前は何処に行く? それで俺は何処へ行く? ラ・ラ・ラ…。  どうだ貴様もくらさぬか? 俺と一緒に寝てくらそう。エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次これから先は死ぬるまで 表へ出ないでくらす人。 たまに表へ出るときも タバコと散歩に日をつぶす。 働く妻の横顔に力のぬけた目を向ける 鳴るのはテレビの音ばかり…。  「生活」無き身のはかなさは くるむふとんの温かさ ゴロリと寝ころぶ頭上には 積み上げられた本の山 苦しみ無き身のむなしさよ 浮かぶ未来は苦しげで…。  コツコツ鳴ってる火鉢を間に 誰かが俺に聞いている。 「お前はなぜに 引きこもる?」 俺は何も答えずに 引きつる笑顔を向けていた。  これから先は死ぬるまで 表へ出ないでくらす人。 コツコツ鳴ってる火鉢を間に 誰かが俺に聞いている。  「体の調子は何うなんだ?」 「寄生虫にやられてる。」 「お前に女は必要か?」 「ペットのようなら飼ってもいい。」 「車に乗って出かけよう。」 「俺はふとんで寝ていよう。」 「それじゃテレビを見るとしようか?」 「悲しすぎて見てられぬ。」 「お前は何が欲しいのだ?」 「夕陽に浮かぶ富士の山。」 「お前はなぜに生きている?」 「小さき花を見るために。 小さき花を見るために。」  歌を誰か知らないか? つまらぬときに口ずさむ、 やさしい歌を知らないか? 金のために何をする? 女のために何をする? 人のために何をする? それでお前は何処に行く? それで俺は何処へ行く? ラ・ラ・ラ…。  どうだ貴様もくらさぬか? 俺と一緒に寝てくらそう。
今はここが真ん中さ!寂しがりや今日もメソメソしてるのは誰? 夢の中の迷路に迷って 抜け出せないぞ  飲んだくれ 自分自身をだます人は誰? 饒舌な言葉裏腹 パンクしちゃうぞ  ヘイヘイ ドゥダ ドゥダ 冷静じゃいられないような声を聴かせて  1,2,3 そう 今からがショウタイム  回ってる世界の今はここが真ん中だぜ 輝けるbaby光ある場所さ いわば心はいつも燃えてる炎さ きれいな炎  ままにならぬ今日の情勢それ誰かのせい? 君が笑えば誰かも笑う そんなもんだぞ  ヘイヘイ握ってた サイコロを投げるのさ ドーンと解き放て 沸き上がるのさ純なエモーション  ひょんなことから始まる ワクワクで気分上昇 解き放てbaby光ある場所さ 魂ってヤツはどこでも燃えてる炎なのさ  不思議だね心ってヤツは 山越え 谷越え 時に空さえ越え行く  回ってる世界の今はここがド真ん中! 輝けるbaby光のある場所 ひょんなことからメラメラ気分は上昇 回ってる世界のド真ん中 輝けるbaby陽はまた昇る いわばキミはいつでも燃えてる炎さエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次寂しがりや今日もメソメソしてるのは誰? 夢の中の迷路に迷って 抜け出せないぞ  飲んだくれ 自分自身をだます人は誰? 饒舌な言葉裏腹 パンクしちゃうぞ  ヘイヘイ ドゥダ ドゥダ 冷静じゃいられないような声を聴かせて  1,2,3 そう 今からがショウタイム  回ってる世界の今はここが真ん中だぜ 輝けるbaby光ある場所さ いわば心はいつも燃えてる炎さ きれいな炎  ままにならぬ今日の情勢それ誰かのせい? 君が笑えば誰かも笑う そんなもんだぞ  ヘイヘイ握ってた サイコロを投げるのさ ドーンと解き放て 沸き上がるのさ純なエモーション  ひょんなことから始まる ワクワクで気分上昇 解き放てbaby光ある場所さ 魂ってヤツはどこでも燃えてる炎なのさ  不思議だね心ってヤツは 山越え 谷越え 時に空さえ越え行く  回ってる世界の今はここがド真ん中! 輝けるbaby光のある場所 ひょんなことからメラメラ気分は上昇 回ってる世界のド真ん中 輝けるbaby陽はまた昇る いわばキミはいつでも燃えてる炎さ
真冬のロマンチック真冬のひとりロマンチック消えゆく影街かどの憂欝 遅れてきた名曲部屋はポカポカストーヴ聞き覚えがあるぜ  くわえタバコ冬枯れのヒーローかすかに街の音もう夜中なのに 遅れてきた名曲聞き覚えがあるやつさ真夜中のロマンチック ヘイ!  全部忘れちまった全部すっとんじまった冬枯れ木枯し こうなりゃみんなで昇天さもうこうなりゃみんなで昇天さ  真冬のひとりロマンチック消えゆく影街かどの憂欝 遅れてきた名曲聞き覚えがあるやつさ  クリスマス正月こうなりゃみんなで昇天さ もうこうなりゃみんなで昇天さ  豆まき雛祭りこうなりゃみんなで昇天さ もうこうなりゃみんなで昇天もうこうなりゃみんなで昇天 もうこうなりゃみんなで昇天さ ああ ああ んん んんエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次真冬のひとりロマンチック消えゆく影街かどの憂欝 遅れてきた名曲部屋はポカポカストーヴ聞き覚えがあるぜ  くわえタバコ冬枯れのヒーローかすかに街の音もう夜中なのに 遅れてきた名曲聞き覚えがあるやつさ真夜中のロマンチック ヘイ!  全部忘れちまった全部すっとんじまった冬枯れ木枯し こうなりゃみんなで昇天さもうこうなりゃみんなで昇天さ  真冬のひとりロマンチック消えゆく影街かどの憂欝 遅れてきた名曲聞き覚えがあるやつさ  クリスマス正月こうなりゃみんなで昇天さ もうこうなりゃみんなで昇天さ  豆まき雛祭りこうなりゃみんなで昇天さ もうこうなりゃみんなで昇天もうこうなりゃみんなで昇天 もうこうなりゃみんなで昇天さ ああ ああ んん んん
FLYERあの水平線をたどって たぐり寄せたら 明日が笑いかけてくれるだろう  オレは右へ オマエは左へ 素晴らしい思い感じたら落ち合おう  光射す丘の上で あふれる熱き涙  聞こえるだろう? 日々のメロディー 心向かう場所ならどこまでも行こう  オレは右から オマエは左から そうしていつの日にか落ち合おう  光射す丘の上で あふれる熱き涙  今日を越え明日へ 遠回りでいい あふれる熱き涙求めさすらう  素晴らしい思い感じたなら 素敵な明日を垣間見たなら  光射す丘の上で その時は落ち合おう  今日を越え明日へ 遠回りでいい あふれる熱き涙求めさすらうエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次あの水平線をたどって たぐり寄せたら 明日が笑いかけてくれるだろう  オレは右へ オマエは左へ 素晴らしい思い感じたら落ち合おう  光射す丘の上で あふれる熱き涙  聞こえるだろう? 日々のメロディー 心向かう場所ならどこまでも行こう  オレは右から オマエは左から そうしていつの日にか落ち合おう  光射す丘の上で あふれる熱き涙  今日を越え明日へ 遠回りでいい あふれる熱き涙求めさすらう  素晴らしい思い感じたなら 素敵な明日を垣間見たなら  光射す丘の上で その時は落ち合おう  今日を越え明日へ 遠回りでいい あふれる熱き涙求めさすらう
星の降るような夜に星の降るような夜に互い肩でも組んで 歩こうぜ歩こうぜ星の降る夜に  ブラブラ行くとしよう何處まで行けるだろうか 時には励ましあって時にはそう手を取り合って 歩こうぜ歩こうぜ長い坂道を  楽しかったこと辛い思い出諦めはしないぜ たとえ月日が流れようと歩こうぜ歩こうぜ長い坂道を  見慣れた場所いつもの連中 何處へ行けるか歩いて行こうぜ  もうすぐ朝だな。どうしようか。 もうタバコもきれたぜ 歩こうぜ 歩こうぜ 歩こうぜ  坂を登りゃ 眺めのいい秘蔵の場所 何處まで行ける 歩こうぜ歩こうぜ歩こうぜ 歩こうぜ歩こうぜ歩こうぜ長い坂道を  星の降るような夜に互い肩でも組んで ブラブラ行くとしよう何處まで行けるだろうか 星の降る夜さエレファントカシマシ高緑成治・宮本浩次高緑成治・宮本浩次星の降るような夜に互い肩でも組んで 歩こうぜ歩こうぜ星の降る夜に  ブラブラ行くとしよう何處まで行けるだろうか 時には励ましあって時にはそう手を取り合って 歩こうぜ歩こうぜ長い坂道を  楽しかったこと辛い思い出諦めはしないぜ たとえ月日が流れようと歩こうぜ歩こうぜ長い坂道を  見慣れた場所いつもの連中 何處へ行けるか歩いて行こうぜ  もうすぐ朝だな。どうしようか。 もうタバコもきれたぜ 歩こうぜ 歩こうぜ 歩こうぜ  坂を登りゃ 眺めのいい秘蔵の場所 何處まで行ける 歩こうぜ歩こうぜ歩こうぜ 歩こうぜ歩こうぜ歩こうぜ長い坂道を  星の降るような夜に互い肩でも組んで ブラブラ行くとしよう何處まで行けるだろうか 星の降る夜さ
ふわふわ何にも見えない ふわふわの生活 どれがほんとか わからない 不思議さ  衣服は着るものと 決められて 裸で歩けば おこられる 逮捕される  何にもわからない ふわふわの頭 決まりきった常識が 不思議さ  追いかけまわされて くたくたさ 自分の姿が わからない わからない  この世の決まりはみんな 正しいと信じられて 身動き一つとれない  金 金 金 金 金 金  ウソ ウソ ウソ ウソ ウソだろ  ああ 人の目ばかり目について 自分の姿がわからない ぐちゃぐちゃさ  この世の決まりはみんな 正しいと信じられて 身動き一つとれない  うるせぇ だまれ ボケなす 俺に命令するな 言われた逆をやってやる  道徳も常識も法律もみんな 俺を追いこんだ動けないよ 何が自由だ  この世の決まりはみんな 正しいと信じられて 身動き一つとれないエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次何にも見えない ふわふわの生活 どれがほんとか わからない 不思議さ  衣服は着るものと 決められて 裸で歩けば おこられる 逮捕される  何にもわからない ふわふわの頭 決まりきった常識が 不思議さ  追いかけまわされて くたくたさ 自分の姿が わからない わからない  この世の決まりはみんな 正しいと信じられて 身動き一つとれない  金 金 金 金 金 金  ウソ ウソ ウソ ウソ ウソだろ  ああ 人の目ばかり目について 自分の姿がわからない ぐちゃぐちゃさ  この世の決まりはみんな 正しいと信じられて 身動き一つとれない  うるせぇ だまれ ボケなす 俺に命令するな 言われた逆をやってやる  道徳も常識も法律もみんな 俺を追いこんだ動けないよ 何が自由だ  この世の決まりはみんな 正しいと信じられて 身動き一つとれない
季節はずれの男雨の中俺は遠くへ出かけよう またひとつさよならを言おう 「俺は勝つ」まじめな顔で俺は言う 「俺は勝つ」俺の口癖さ おのれに言い訳するな ダサいぜ 季節はずれの男よ ひとり歩め 今夜は俺はズブ濡れさ 夏の町をウロウロと ウロつくネコを見つめてた  朝起きて俺はいったい何しよう ロック歌手が俺の仕事だが いつものヤツラと俺今日もつるんで したり顔して歌ってるけど パロディよりも悲しいおどけ者 努力を忘れた男のナミダは汚い 言い訳するなよ おのれを愛せよ 鳥が飛ぶように俺よ歩け ライバルで無き友よ さらば  雨の中俺は遠くへ出かけよう またひとつさよならを言おう 遠い記憶じゃ 遠い記憶じゃ 親に抱かれた男よ ひとり歩め 年月が滲む 怠け者 季節はずれの男よ ひとり歩め 言い訳するなよ おのれを愛せよ 鳥が飛ぶように俺よ生きろ  ライバルで無き友よ さらば エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次雨の中俺は遠くへ出かけよう またひとつさよならを言おう 「俺は勝つ」まじめな顔で俺は言う 「俺は勝つ」俺の口癖さ おのれに言い訳するな ダサいぜ 季節はずれの男よ ひとり歩め 今夜は俺はズブ濡れさ 夏の町をウロウロと ウロつくネコを見つめてた  朝起きて俺はいったい何しよう ロック歌手が俺の仕事だが いつものヤツラと俺今日もつるんで したり顔して歌ってるけど パロディよりも悲しいおどけ者 努力を忘れた男のナミダは汚い 言い訳するなよ おのれを愛せよ 鳥が飛ぶように俺よ歩け ライバルで無き友よ さらば  雨の中俺は遠くへ出かけよう またひとつさよならを言おう 遠い記憶じゃ 遠い記憶じゃ 親に抱かれた男よ ひとり歩め 年月が滲む 怠け者 季節はずれの男よ ひとり歩め 言い訳するなよ おのれを愛せよ 鳥が飛ぶように俺よ生きろ  ライバルで無き友よ さらば 
始まりはいつも始まりはいつも 静かなものだった 見えざるその毎日に 何かが始まってる  気付かない内に 素通りしていくのさ 浮づいたる声だけが 今日も響いてくるぜ そうさいつだって 静かに始まってた そうさ今だって 始まってるさ  納まり返って 偉く気取ってみても 裸足でそう 駆け出すぜ そうさ弾丸みたいに そうさどうかすりゃ 天国へまっしぐらさ そうさどうかすりゃ 天国へまっしぐら  始まりはいつも 静かなものだった この国じゃそう みんな大統領 いつも蚊帳の外だぜ そうさいつだって 静かに始まってた そうさ今だって 始まってるのさ そうさいつだって やりてえこたあるのさ そうさそれだけは 間違いなさそうだ  始まりはいつも 静かなものだった  俺たちゃそう 俺たちゃそう 俺たちゃそう 俺たちゃそうエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次始まりはいつも 静かなものだった 見えざるその毎日に 何かが始まってる  気付かない内に 素通りしていくのさ 浮づいたる声だけが 今日も響いてくるぜ そうさいつだって 静かに始まってた そうさ今だって 始まってるさ  納まり返って 偉く気取ってみても 裸足でそう 駆け出すぜ そうさ弾丸みたいに そうさどうかすりゃ 天国へまっしぐらさ そうさどうかすりゃ 天国へまっしぐら  始まりはいつも 静かなものだった この国じゃそう みんな大統領 いつも蚊帳の外だぜ そうさいつだって 静かに始まってた そうさ今だって 始まってるのさ そうさいつだって やりてえこたあるのさ そうさそれだけは 間違いなさそうだ  始まりはいつも 静かなものだった  俺たちゃそう 俺たちゃそう 俺たちゃそう 俺たちゃそう
何度でも立ち上がれ胸に手を当ててみりゃ 本当は簡単なことだ でもありもしない幻影に 浮かれ身を窶してきた俺  この短い人生において 生活の安易さと怠惰 致仕方のないことだが 病となり散りゆく身体をむしばむ  でも見てみなよ 太陽は昇りくる 何度でも立ち上がれよ 更に大きな理想を掲げて行け 何度でも立ち上がれ  飼い慣らされた猫よりも劣る 我々のぶざまな日々を思え 卑屈なこころを思え  何故なら我らは行く先知ってる 生きることの結末を 責任の苛烈さを この日々の歯がゆさを  でも見てみなよ 見てみなよ 太陽は昇りくる 何度でも立ち上がれよ 更に大きなぶざまを掲げて行け 何度でも立ち上がれ  結局走り出すぜ baby 俺の生活の中へ 俺の理想の中へ この喜劇的なる悲劇の中へ  俺の明日はどこだ 俺の生活はここだ 何度でも立ち上がれよ 全ての感情を手なずけて  でも見てみなよ 太陽は昇りくる 何度でも立ち上がれよ 更に大きなぶざまを掲げて行け 何度でも立ち上がれエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次胸に手を当ててみりゃ 本当は簡単なことだ でもありもしない幻影に 浮かれ身を窶してきた俺  この短い人生において 生活の安易さと怠惰 致仕方のないことだが 病となり散りゆく身体をむしばむ  でも見てみなよ 太陽は昇りくる 何度でも立ち上がれよ 更に大きな理想を掲げて行け 何度でも立ち上がれ  飼い慣らされた猫よりも劣る 我々のぶざまな日々を思え 卑屈なこころを思え  何故なら我らは行く先知ってる 生きることの結末を 責任の苛烈さを この日々の歯がゆさを  でも見てみなよ 見てみなよ 太陽は昇りくる 何度でも立ち上がれよ 更に大きなぶざまを掲げて行け 何度でも立ち上がれ  結局走り出すぜ baby 俺の生活の中へ 俺の理想の中へ この喜劇的なる悲劇の中へ  俺の明日はどこだ 俺の生活はここだ 何度でも立ち上がれよ 全ての感情を手なずけて  でも見てみなよ 太陽は昇りくる 何度でも立ち上がれよ 更に大きなぶざまを掲げて行け 何度でも立ち上がれ
Sky is blue自分を把握できずに悩んで メッセージは往来に降り注ぐ光のシャワー 俺に昇れる太陽 往来の光の粒のシャワー …  さして強くもない この街の朝の光が 昨日の俺を 結局洗い流して行く 新しく生まれかわる 行動に駆り立つ太陽  「魂を引きずりまわせ!」  青春の血たぎる少年の頃俺は あんなにも物狂わしく憂鬱だった  俺に昇れる太陽 今日も昇れる太陽 未来へと俺をいざなう 悲しいときは行き過ぎて うれしいときは流れ 見上げれば sky is blue  ごらん雲はゆったりと流れて 鳥は何処までも高く舞い上がる 俺に昇れる太陽  「今日も そう、動かぬ空!」  分別を知り初むる少壮の頃俺は あんなにももがいて優しさを求めた  今日も昇れる太陽 俺を駆り立つ太陽 未来へと俺をいざなう 悲しいときは行き過ぎて うれしいときは流れ 見上げれば sky is blueエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次自分を把握できずに悩んで メッセージは往来に降り注ぐ光のシャワー 俺に昇れる太陽 往来の光の粒のシャワー …  さして強くもない この街の朝の光が 昨日の俺を 結局洗い流して行く 新しく生まれかわる 行動に駆り立つ太陽  「魂を引きずりまわせ!」  青春の血たぎる少年の頃俺は あんなにも物狂わしく憂鬱だった  俺に昇れる太陽 今日も昇れる太陽 未来へと俺をいざなう 悲しいときは行き過ぎて うれしいときは流れ 見上げれば sky is blue  ごらん雲はゆったりと流れて 鳥は何処までも高く舞い上がる 俺に昇れる太陽  「今日も そう、動かぬ空!」  分別を知り初むる少壮の頃俺は あんなにももがいて優しさを求めた  今日も昇れる太陽 俺を駆り立つ太陽 未来へと俺をいざなう 悲しいときは行き過ぎて うれしいときは流れ 見上げれば sky is blue
ああ流浪の民よ朝 目だまあけたら ノビひとつ おかしくなったら 大笑い  いかりがおこれば 大ケンマクで おまえの その血は忘れないでくれ  このままでナミダ見せて かっこつけるもいい 生まれついた 民族の血は 忘れたくはない いじけた ああ流浪の民よ  いつも何かが背中に立ってる ああ 心ここにあらず 彼は影法師  このままでナミダ見せて かっこつけるもいい 生まれついた民族の血は 忘れたくはない いじけた ああ流浪の民よエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次朝 目だまあけたら ノビひとつ おかしくなったら 大笑い  いかりがおこれば 大ケンマクで おまえの その血は忘れないでくれ  このままでナミダ見せて かっこつけるもいい 生まれついた 民族の血は 忘れたくはない いじけた ああ流浪の民よ  いつも何かが背中に立ってる ああ 心ここにあらず 彼は影法師  このままでナミダ見せて かっこつけるもいい 生まれついた民族の血は 忘れたくはない いじけた ああ流浪の民よ
東京の空ああ 街の空は晴れて ああ 人の心晴れず 尽きやらぬ悩みごと 何処へやら 山越えて谷越えて そう ああ 人の心晴れず ああ ぶざまであればあるほどに んん わが身かわいや愛おしや 山の中 深い森の中 古き社のその中は 眠り続けた願いごと 皆が知ってる願いごと おお あの夏の思い出は 何処へやら 山越えて谷越えて そう ああ 何処へ行ったのやら やさしすぎるぜ  んん 人の心にほろほろり んん 涙こぼれるほろほろと 街の空 今日も晴れたようだ 窓の外は明るいよ 誰かがそっと囁いた ここには誰もいないのに ああ 相応しくくらせれば それがいい ありふれたことがいい ああ ありふれたことがいい さみしすぎるよ 悲しすぎるぜ  俺には解るぜ最後のチャンスは ああ 100度も訪れた 解らない叶わない聞こえない届かない 望まない望めない頼りない 解らない叶わない心はここにもそこにも無い ああ… ああ… ああ 街の空晴れて ああ 人の心晴れず  ありふれたことがいい そうさ いつもと同じならいい さりげない方がいい 花に水をやればいい ああ ああ 涙は見せぬ方がいい ああ そう望みは高い方がいい ああ 涙は見せぬ方がいい ああ ふさわしすぎるぜ ああ 涙は枯れ果てた (解らない 叶わない聞こえない届かない) ああ 笑いは忘れ果てた (望まない望めない頼りない) 悲しい芝居さ 似合のセリフさ (解らない叶わない心はここにもそこにも無い ああ…) 俺にはわかるぜ 最後のチャンスは ああ 100度も訪れた ああ 100度も訪れた  ああ 街の空晴れて ああ 街の空晴れて 必ずや叶うだろう 夢とやら 必ずや届くだろう そう ああ あの夏の思い出は何処へやら 山越えて谷越えて そう ああ ああ 街の空は晴れてエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次ああ 街の空は晴れて ああ 人の心晴れず 尽きやらぬ悩みごと 何処へやら 山越えて谷越えて そう ああ 人の心晴れず ああ ぶざまであればあるほどに んん わが身かわいや愛おしや 山の中 深い森の中 古き社のその中は 眠り続けた願いごと 皆が知ってる願いごと おお あの夏の思い出は 何処へやら 山越えて谷越えて そう ああ 何処へ行ったのやら やさしすぎるぜ  んん 人の心にほろほろり んん 涙こぼれるほろほろと 街の空 今日も晴れたようだ 窓の外は明るいよ 誰かがそっと囁いた ここには誰もいないのに ああ 相応しくくらせれば それがいい ありふれたことがいい ああ ありふれたことがいい さみしすぎるよ 悲しすぎるぜ  俺には解るぜ最後のチャンスは ああ 100度も訪れた 解らない叶わない聞こえない届かない 望まない望めない頼りない 解らない叶わない心はここにもそこにも無い ああ… ああ… ああ 街の空晴れて ああ 人の心晴れず  ありふれたことがいい そうさ いつもと同じならいい さりげない方がいい 花に水をやればいい ああ ああ 涙は見せぬ方がいい ああ そう望みは高い方がいい ああ 涙は見せぬ方がいい ああ ふさわしすぎるぜ ああ 涙は枯れ果てた (解らない 叶わない聞こえない届かない) ああ 笑いは忘れ果てた (望まない望めない頼りない) 悲しい芝居さ 似合のセリフさ (解らない叶わない心はここにもそこにも無い ああ…) 俺にはわかるぜ 最後のチャンスは ああ 100度も訪れた ああ 100度も訪れた  ああ 街の空晴れて ああ 街の空晴れて 必ずや叶うだろう 夢とやら 必ずや届くだろう そう ああ あの夏の思い出は何処へやら 山越えて谷越えて そう ああ ああ 街の空は晴れて
男餓鬼道空っ風耳慣れたことばかりだぜ 右から左へ抜けてくよ うれしいこともそう悲しいことさえ 全部が全部たいくつのもとさ ヘィ 無念の想いもないかわり 喉ばかりやたら渇くのさ 三途の川までは見えないが 明日の無事だきゃ見えすぎなのさ  今日もなんかねえよ なんかたりねえよ 男餓鬼道空っ風 今日もなんかねえよ なんかたりねえよ そろそろ御飯の時間だよ ホゥッ  胸を焦がすような願いごとは 知らないうちに通り過ぎ 凄いこともあった気がするが なんだかもはや忘れちまったぜ ああ おいおい誰か見せてくれ 胸のすくような冒険を 夢だきゃたくさん持ってるぜ やりたいことがたくさんあるのさ  ああ畜生め こん畜生め 刹那 爆笑 空元気 ああ畜生め こん畜生め ほらほら おねむの時間だよ ヘィ  耳慣れたことばかりだぜ 右から左へ抜けてくよ うれしいこともそう 悲しいことさえ 全部が全部そうたいくつのもと 無念の想いもないかわり 喉ばかりやたら渇くのさ 三途の川までは見えないが 明日の無事だきゃ見えすぎなのさ  ああ なんかねえよ なんかたりねえよ 男畜生空元気 今日もなんかねえよ なんかたりねえよ 男餓鬼道空っ風だぜ  ああ畜生め こん畜生め 刹那 爆笑 空元気 ああ畜生め こん畜生め 男餓鬼道空っ風 男餓鬼道空っ風 男餓鬼道空っ風 男餓鬼道空っ風 よエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次耳慣れたことばかりだぜ 右から左へ抜けてくよ うれしいこともそう悲しいことさえ 全部が全部たいくつのもとさ ヘィ 無念の想いもないかわり 喉ばかりやたら渇くのさ 三途の川までは見えないが 明日の無事だきゃ見えすぎなのさ  今日もなんかねえよ なんかたりねえよ 男餓鬼道空っ風 今日もなんかねえよ なんかたりねえよ そろそろ御飯の時間だよ ホゥッ  胸を焦がすような願いごとは 知らないうちに通り過ぎ 凄いこともあった気がするが なんだかもはや忘れちまったぜ ああ おいおい誰か見せてくれ 胸のすくような冒険を 夢だきゃたくさん持ってるぜ やりたいことがたくさんあるのさ  ああ畜生め こん畜生め 刹那 爆笑 空元気 ああ畜生め こん畜生め ほらほら おねむの時間だよ ヘィ  耳慣れたことばかりだぜ 右から左へ抜けてくよ うれしいこともそう 悲しいことさえ 全部が全部そうたいくつのもと 無念の想いもないかわり 喉ばかりやたら渇くのさ 三途の川までは見えないが 明日の無事だきゃ見えすぎなのさ  ああ なんかねえよ なんかたりねえよ 男畜生空元気 今日もなんかねえよ なんかたりねえよ 男餓鬼道空っ風だぜ  ああ畜生め こん畜生め 刹那 爆笑 空元気 ああ畜生め こん畜生め 男餓鬼道空っ風 男餓鬼道空っ風 男餓鬼道空っ風 男餓鬼道空っ風 よ
ハロー人生!!ハロー人生!! オレ這いつくばって、ただならぬ気配漂わせて前に進め。 ハロー人生!! この「のれんに腕押し」。ギラつくまなじりで睥睨して歩め。  21世紀今日現在この東京じゃあ、 さほどオレの出番望んじゃないようだが、 かまわねぇ オレはまだ生きている。そうさオレはまだ生きている。  ハロー人生!! オレ這いつくばって、 この脳髄のすみずみに知恵をつめこめ。 ハロー人生!! この体ひとつ、弱々しいオレの魂にオレは火をともすぜ (ひをともせ!!)  オレの人生、(まるで) 無い物ねだりだった。 階級のない島国のやさしさに抱かれ、 オレの人生、この浮き草生命、円熟して飽和状態の明治文化の亡霊。  赤くそまった あの夕陽をあびて オレは育ったこの渋き精神の国で。 「オレは何なんだ、一体何者なんだ?」そうさ オレは一体何者なんだ?  ハロー人生!! オレこの場所に立って、カラダのすみずみに強き光放て ハロー人生!! この体ひとつ バカバカしいオレの人生に オレは火をともすぜ 火をともせ!!  21世紀今日現在このニッポンじゃあ、 さほどオレの出番望んじゃないようだが、 どいこい オレは未だ生きている、そうさオレはまだ生きている  ハロー人生!!… 火をともせ!!エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次ハロー人生!! オレ這いつくばって、ただならぬ気配漂わせて前に進め。 ハロー人生!! この「のれんに腕押し」。ギラつくまなじりで睥睨して歩め。  21世紀今日現在この東京じゃあ、 さほどオレの出番望んじゃないようだが、 かまわねぇ オレはまだ生きている。そうさオレはまだ生きている。  ハロー人生!! オレ這いつくばって、 この脳髄のすみずみに知恵をつめこめ。 ハロー人生!! この体ひとつ、弱々しいオレの魂にオレは火をともすぜ (ひをともせ!!)  オレの人生、(まるで) 無い物ねだりだった。 階級のない島国のやさしさに抱かれ、 オレの人生、この浮き草生命、円熟して飽和状態の明治文化の亡霊。  赤くそまった あの夕陽をあびて オレは育ったこの渋き精神の国で。 「オレは何なんだ、一体何者なんだ?」そうさ オレは一体何者なんだ?  ハロー人生!! オレこの場所に立って、カラダのすみずみに強き光放て ハロー人生!! この体ひとつ バカバカしいオレの人生に オレは火をともすぜ 火をともせ!!  21世紀今日現在このニッポンじゃあ、 さほどオレの出番望んじゃないようだが、 どいこい オレは未だ生きている、そうさオレはまだ生きている  ハロー人生!!… 火をともせ!!
この世は最高!この世がどうにもならないぐらいは誰もしってらぁ それでもやめられねぇぜ殺されるまでは お前のウソもあいつのウソも全部見通しだ かまわねぇやってくれなんでもいいから俺を踊らせろ  最高最高 この世は最高死ぬまでやめられねぇ 最高最高 この世は最高さ  手当たり次第に夢をつないでやってりゃいいんだ 明日もあさってもくたばりゃしねぇぜ お前の心もあいつの心も全部見通しさ 俺にはやめられねぇぜこの世はこの世はこの世は最高さ  最高最高 殺られるまではくたばりゃしねぇぜ 最高最高 この世は最高死ぬまでやめられねぇ 最高最高 この世は最高さ  この世がどうにもならねぇぐらいは俺でも知ってるよ それでもやめられねぇぜ殺されるまでは お前の心もあいつの心も全部見通しさ かまわねぇやってくれこの世はこの世はこの世は最高さ  最高最高 この世は最高死ぬまでやめられない 最高最高 殺られるまではくたばりゃしねぇぜ 最高最高 この世は最高さ  この世は最高…最高さエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次この世がどうにもならないぐらいは誰もしってらぁ それでもやめられねぇぜ殺されるまでは お前のウソもあいつのウソも全部見通しだ かまわねぇやってくれなんでもいいから俺を踊らせろ  最高最高 この世は最高死ぬまでやめられねぇ 最高最高 この世は最高さ  手当たり次第に夢をつないでやってりゃいいんだ 明日もあさってもくたばりゃしねぇぜ お前の心もあいつの心も全部見通しさ 俺にはやめられねぇぜこの世はこの世はこの世は最高さ  最高最高 殺られるまではくたばりゃしねぇぜ 最高最高 この世は最高死ぬまでやめられねぇ 最高最高 この世は最高さ  この世がどうにもならねぇぐらいは俺でも知ってるよ それでもやめられねぇぜ殺されるまでは お前の心もあいつの心も全部見通しさ かまわねぇやってくれこの世はこの世はこの世は最高さ  最高最高 この世は最高死ぬまでやめられない 最高最高 殺られるまではくたばりゃしねぇぜ 最高最高 この世は最高さ  この世は最高…最高さ
七色の虹の橋ポケットにゃあいつも文庫本 胸には偉大な未来抱いて ああいつも待ち合わせはなぜか古本屋 本の背文字目で追いながら 未来を透視してた俺と インテリアの雑貨かなんか 退屈そうにながめてた君がいた場所  きっと世界で一番幸せだったふたり 空の下それぞれの思い出の中  今を生きてく君の道 毎日をせわしなく過ごしてる俺 思い出はセピア色なんかじゃあない 明日へ向かう七色の虹の橋  仕事に追いかけ回されてた春の日 ふと思いついて街のざわめきすり抜けて 辿り着いたあの頃と変わらないあの古本屋 思わず手にとったボードレールの 「パリの憂鬱」鞄にしまい込んで 青空の下足早にざわめきの方へ紛れてゆく俺  きっと世界で一番幸せだったふたり 空の下それぞれの思い出の中  「誰の人生だってMasterpieceさ」 たわむれに君に言って笑ったけど 思い出はセピア色なんかじゃあない 明日へ向かう七色の虹の橋エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次ポケットにゃあいつも文庫本 胸には偉大な未来抱いて ああいつも待ち合わせはなぜか古本屋 本の背文字目で追いながら 未来を透視してた俺と インテリアの雑貨かなんか 退屈そうにながめてた君がいた場所  きっと世界で一番幸せだったふたり 空の下それぞれの思い出の中  今を生きてく君の道 毎日をせわしなく過ごしてる俺 思い出はセピア色なんかじゃあない 明日へ向かう七色の虹の橋  仕事に追いかけ回されてた春の日 ふと思いついて街のざわめきすり抜けて 辿り着いたあの頃と変わらないあの古本屋 思わず手にとったボードレールの 「パリの憂鬱」鞄にしまい込んで 青空の下足早にざわめきの方へ紛れてゆく俺  きっと世界で一番幸せだったふたり 空の下それぞれの思い出の中  「誰の人生だってMasterpieceさ」 たわむれに君に言って笑ったけど 思い出はセピア色なんかじゃあない 明日へ向かう七色の虹の橋
明日があるのさ夜になったらもうくよくよしないさ そうさ俺たちには明日があるのさ 昔の人もみんな そう同じおもいさ そうさ俺たちには明日があるのさ つまらなかった今日はもうすぐおしまい そう明日が そう明日が そう明日が そう明日があるのさ  そう明日が そう明日が そう明日があるんだろう  そう明日が そう明日が そう明日があるのさ  そう明日が そう明日が そう明日があるのさ  夜が更けたらくよくよしないさ そうさ俺たちには明日があるのさエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次夜になったらもうくよくよしないさ そうさ俺たちには明日があるのさ 昔の人もみんな そう同じおもいさ そうさ俺たちには明日があるのさ つまらなかった今日はもうすぐおしまい そう明日が そう明日が そう明日が そう明日があるのさ  そう明日が そう明日が そう明日があるんだろう  そう明日が そう明日が そう明日があるのさ  そう明日が そう明日が そう明日があるのさ  夜が更けたらくよくよしないさ そうさ俺たちには明日があるのさ
優しい川優しい川の流れる岸辺には 光をあびて輝く姿あり ひらきなおる態度もあからさま まばたきの他には動かず  諸人 生きる場所さえ せばまって 裸足で固い地面を ふみならす とどのつまりは すみに追いやられ わけもわからず ただ泣き寝入り  Ah 清らなる川よ Ah 清らなる川よ 震える姿よ  優しい川の流れる岸辺には 光をあびて輝く姿あり もくずと消えた日々など 俺の目にゃまるで止まらず  Ah 諸人よ Ah 清らなる川よ  強がるうしろから ちらりのぞいたら ナミダの顔が見える ナミダの顔がエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次優しい川の流れる岸辺には 光をあびて輝く姿あり ひらきなおる態度もあからさま まばたきの他には動かず  諸人 生きる場所さえ せばまって 裸足で固い地面を ふみならす とどのつまりは すみに追いやられ わけもわからず ただ泣き寝入り  Ah 清らなる川よ Ah 清らなる川よ 震える姿よ  優しい川の流れる岸辺には 光をあびて輝く姿あり もくずと消えた日々など 俺の目にゃまるで止まらず  Ah 諸人よ Ah 清らなる川よ  強がるうしろから ちらりのぞいたら ナミダの顔が見える ナミダの顔が
誰かのささやきいつまでそうして意地を張るのさ街の灯こんな綺麗なのに くよくよしてても始まらないよ手を延ばせばそうさ届きそうさ 泣いてばかりいちゃわからないだろ見てみろよ夕陽が綺麗じゃないか やりたいことそうさ沢山あると昨日もおとといも言ってたろ  今宵はこの街で一番お気に入りあの場所で待ち合わせ そうさ春夏秋冬いつだって何処にいたって そうさ明日のことなど誰にもわかりはしないさ  (いつまでそうして) (意地を張るのさ) (くよくよしてても) いつまでそうして意地を張るのさくよくよしてても始まらないぜ 泣いてばかりいちゃわからないだろう手を延ばせばそうさ届きそうさ 聞こえるよ誰かの声が誰かの声が 聞こえるよ誰かのささやきが聞こえるよエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次いつまでそうして意地を張るのさ街の灯こんな綺麗なのに くよくよしてても始まらないよ手を延ばせばそうさ届きそうさ 泣いてばかりいちゃわからないだろ見てみろよ夕陽が綺麗じゃないか やりたいことそうさ沢山あると昨日もおとといも言ってたろ  今宵はこの街で一番お気に入りあの場所で待ち合わせ そうさ春夏秋冬いつだって何処にいたって そうさ明日のことなど誰にもわかりはしないさ  (いつまでそうして) (意地を張るのさ) (くよくよしてても) いつまでそうして意地を張るのさくよくよしてても始まらないぜ 泣いてばかりいちゃわからないだろう手を延ばせばそうさ届きそうさ 聞こえるよ誰かの声が誰かの声が 聞こえるよ誰かのささやきが聞こえるよ
真夏の星空は少しブルー静かに暮れてゆく町の光りを 僕は君とふたりで見つめてた 町も夢も木々も全てを忘れて 遠い遠い町まで走りゆく ふたりだけの小さな旅へゆこう ビルも夏も風も全てを忘れて 忘れて  優しい歌を聴いた 夕日に照らされてる 光る波を見ていた ふたりの影が揺れた ながく揺れていた  遠い遠い空へ 吸い込まれてゆくよ 僕らは手を繋いで このまま少し眠ろう このまま眠ろう  真夏の星空は少しブルー 静かに流れゆく小さく囁いて  遠い遠い町まで走りゆく あてのないまますべるようにゆくよ 町も夢も木々も全てを忘れてエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次静かに暮れてゆく町の光りを 僕は君とふたりで見つめてた 町も夢も木々も全てを忘れて 遠い遠い町まで走りゆく ふたりだけの小さな旅へゆこう ビルも夏も風も全てを忘れて 忘れて  優しい歌を聴いた 夕日に照らされてる 光る波を見ていた ふたりの影が揺れた ながく揺れていた  遠い遠い空へ 吸い込まれてゆくよ 僕らは手を繋いで このまま少し眠ろう このまま眠ろう  真夏の星空は少しブルー 静かに流れゆく小さく囁いて  遠い遠い町まで走りゆく あてのないまますべるようにゆくよ 町も夢も木々も全てを忘れて
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
東京からまんまで宇宙光目指すのはなぜ? 蜃気楼が揺れる 今年も似合いの夏 必ずまた帰ってくる ああ 頭にくるぜ  ココから三丁目まで 歩いて歩いた気がした ジリジリ額にゃあ汗 行く手阻む俺の重み ああ 気絶しそうさ  心はぐるぐる地平線 交わる期待と不安に押しつぶされそう 東京からまんまで宇宙へ 瞬間で全て愛する 俺は今を生きる  賑やかが止まらない されどその目にゃあ涙 今年もしびれる冬 消せやしない孤独の闇 ああ やりきれないぜ  ああ 何とする? ため息の人生ならば頼りにならぬ 東京からまんまで宇宙へ 瞬間で全て愛する 俺が舞い上がる  東京からまんまで宇宙 東京からまんまで宇宙へ 東京からまんまで宇宙 東京からまんまで宇宙へ  朝から誘われて 今年も期待の春 必ずまた帰ってくる ああ 頭にくるぜ  心はぐるぐる地平線 東京からまっすぐ世界へ  ああ 何とする? (心はぐるぐる地平線) ギリギリの思いだけでおまえをつらぬく 東京からまんまで宇宙へ (ああ まだ見ぬ明日へ) 全てが今始まる 俺が舞い上がるエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次光目指すのはなぜ? 蜃気楼が揺れる 今年も似合いの夏 必ずまた帰ってくる ああ 頭にくるぜ  ココから三丁目まで 歩いて歩いた気がした ジリジリ額にゃあ汗 行く手阻む俺の重み ああ 気絶しそうさ  心はぐるぐる地平線 交わる期待と不安に押しつぶされそう 東京からまんまで宇宙へ 瞬間で全て愛する 俺は今を生きる  賑やかが止まらない されどその目にゃあ涙 今年もしびれる冬 消せやしない孤独の闇 ああ やりきれないぜ  ああ 何とする? ため息の人生ならば頼りにならぬ 東京からまんまで宇宙へ 瞬間で全て愛する 俺が舞い上がる  東京からまんまで宇宙 東京からまんまで宇宙へ 東京からまんまで宇宙 東京からまんまで宇宙へ  朝から誘われて 今年も期待の春 必ずまた帰ってくる ああ 頭にくるぜ  心はぐるぐる地平線 東京からまっすぐ世界へ  ああ 何とする? (心はぐるぐる地平線) ギリギリの思いだけでおまえをつらぬく 東京からまんまで宇宙へ (ああ まだ見ぬ明日へ) 全てが今始まる 俺が舞い上がる
かけだす男かけだす 俺の向こうには 雨が降りだして ずぶぬれのまま かけぬけた ずぶぬれのままで  悲しみけむる町中を 会いにゆきたくて 踏切こえて 川こえて 環八をこえて  Baby Baby もう俺たちは もう戻れない 明日しかみえない Baby Baby 雨の中を おまえの町へ おまえの町へ かけてゆくよ かけてゆくよ  腹立ちまぎれ 蹴とばして 眺めていたのさ 町を見おろす 公園の てすりにもたれて  Baby Baby もう一度だけ 俺のことを つかまえてくれよ Baby Baby 雨の中を おまえのもとへ おまえのもとへ かけてゆくよ かけてゆくよ  もう一度 かけてゆくよ  Baby Baby Baby Baby もう俺たちは 明日しか見えない Baby Baby あたりまえの そんな夜さ そんな夜さ かけてゆくよ かけてゆくよ  かけだす 俺の向こうには 雨が降りだして ずぶぬれのまま かけぬけた ずぶぬれのままで  Baby Baby Baby Baby  Baby Baby もう一度だけ おまえの町へ おまえの町へ  雨は降り続いてた 雨の向こうに見えるのさエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次かけだす 俺の向こうには 雨が降りだして ずぶぬれのまま かけぬけた ずぶぬれのままで  悲しみけむる町中を 会いにゆきたくて 踏切こえて 川こえて 環八をこえて  Baby Baby もう俺たちは もう戻れない 明日しかみえない Baby Baby 雨の中を おまえの町へ おまえの町へ かけてゆくよ かけてゆくよ  腹立ちまぎれ 蹴とばして 眺めていたのさ 町を見おろす 公園の てすりにもたれて  Baby Baby もう一度だけ 俺のことを つかまえてくれよ Baby Baby 雨の中を おまえのもとへ おまえのもとへ かけてゆくよ かけてゆくよ  もう一度 かけてゆくよ  Baby Baby Baby Baby もう俺たちは 明日しか見えない Baby Baby あたりまえの そんな夜さ そんな夜さ かけてゆくよ かけてゆくよ  かけだす 俺の向こうには 雨が降りだして ずぶぬれのまま かけぬけた ずぶぬれのままで  Baby Baby Baby Baby  Baby Baby もう一度だけ おまえの町へ おまえの町へ  雨は降り続いてた 雨の向こうに見えるのさ
旅立ちの朝旅立ちの朝 いつもと変わらぬ空 されど我が心は軽く 最高の笑いと夢 胸に秘めて旅に出る 幼い日々に目指してた憧れの場所 橋を渡り山を越えて今 俺よ もう一度起て  青春の思い出に 来たるべく未来の日々に そして流れてゆく時に 乾杯 乾杯 俺は決して忘れないだろう 美しい夕焼けを 希望に満ちたあの夏を 橋を渡り山を越えて今 俺よ もう一度起て  旅立ちの朝 いつもと変わらぬ空 橋を渡り山を越えて今 俺よ もう一度起て  旅立ちの朝 いつもと変わらぬ空 最高の笑いと夢 胸に抱き俺は行くエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次旅立ちの朝 いつもと変わらぬ空 されど我が心は軽く 最高の笑いと夢 胸に秘めて旅に出る 幼い日々に目指してた憧れの場所 橋を渡り山を越えて今 俺よ もう一度起て  青春の思い出に 来たるべく未来の日々に そして流れてゆく時に 乾杯 乾杯 俺は決して忘れないだろう 美しい夕焼けを 希望に満ちたあの夏を 橋を渡り山を越えて今 俺よ もう一度起て  旅立ちの朝 いつもと変わらぬ空 橋を渡り山を越えて今 俺よ もう一度起て  旅立ちの朝 いつもと変わらぬ空 最高の笑いと夢 胸に抱き俺は行く
永遠の旅人お陽(ひ)さまよ なぜキミは昇る?  いづれにせよ 俺は、ゆかなきゃあならぬ! どこへ? ああ 永遠の旅人よ ゆくぜ ゆくぜ ゆくぜ  流れてゆく時のはざまに 自分の足跡を残せたかい? ああ 永遠の旅人よ とりあえず足の向くまま 今日も再び出かけゆく ゆくぜ ゆくぜ ゆくぜ  ああ いづれにせよ オレはゆかなきゃあならぬ ならねえ ああ 永遠の旅人よ とりあえず足の向くまま 今日も何かを目指してゆく ゆくぜ ゆくぜ ゆくぜ  流れてゆく時の間隙(はざま)に  涙こぼれても 誰もいなくても あなたがいても全部 幻でもいい 今とは違うどこかへと旅立とう  お陽(ひ)さまよ なぜキミは昇る?  いづれにせよ 俺は、ゆかなきゃあならぬ! 友よ キミはなぜ立ちあがる? いずれにせよ キミはゆかなきゃあならぬ ならねえ  ああ 永遠の旅人よ ゆくぜ ゆくぜ ゆくぜエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次お陽(ひ)さまよ なぜキミは昇る?  いづれにせよ 俺は、ゆかなきゃあならぬ! どこへ? ああ 永遠の旅人よ ゆくぜ ゆくぜ ゆくぜ  流れてゆく時のはざまに 自分の足跡を残せたかい? ああ 永遠の旅人よ とりあえず足の向くまま 今日も再び出かけゆく ゆくぜ ゆくぜ ゆくぜ  ああ いづれにせよ オレはゆかなきゃあならぬ ならねえ ああ 永遠の旅人よ とりあえず足の向くまま 今日も何かを目指してゆく ゆくぜ ゆくぜ ゆくぜ  流れてゆく時の間隙(はざま)に  涙こぼれても 誰もいなくても あなたがいても全部 幻でもいい 今とは違うどこかへと旅立とう  お陽(ひ)さまよ なぜキミは昇る?  いづれにせよ 俺は、ゆかなきゃあならぬ! 友よ キミはなぜ立ちあがる? いずれにせよ キミはゆかなきゃあならぬ ならねえ  ああ 永遠の旅人よ ゆくぜ ゆくぜ ゆくぜ
平成理想主義ヘイヘイ 其處なるヒトよ 俺んちに来ないか? 悲しい面持ちすな! 全てを知ってるくせに  まあ長く生きてきたなあ おかげで闇を知った さらぬだに風を感じ 愛さえわかりはじめた  オイオイ この街もノリがなくてつまらねえな だが おかげで何かを感じ 夢さえ抱きはじめた  きっと簡単なことさ まだ歩みとまらないさ 平成理想主義の人 はて?いつ目醒めることやら...  I like airplane I like flower I like flower 空・宇宙...  ヘイヘイ お前だよ、お前 何處かへ行かねえか? さらぬだに着飾って 一緒に行かねえか?  もっと単純なことさ まだ風 感じつづけるさ 平成理想主義の人 はてさて、いつまで寝たふりするやら...  平成理想主義の人いつ起きんの?いつ目醒めるの?  いい風吹いて、オイ いい風吹いた。行け 行け。 はてさて、いつまで寝たふりするの  ヘイヘイ 行こう月の浜辺へ。夜中星空の下歩こうよ二人で... さらぬだに風を感じ 波の音聞こえる浜辺に、 世界で一番大切な君と...。ああ 出かけよう...。ああ  平成理想主義の人いつ目醒める事やら? いつまで寝たふりするやら?エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次ヘイヘイ 其處なるヒトよ 俺んちに来ないか? 悲しい面持ちすな! 全てを知ってるくせに  まあ長く生きてきたなあ おかげで闇を知った さらぬだに風を感じ 愛さえわかりはじめた  オイオイ この街もノリがなくてつまらねえな だが おかげで何かを感じ 夢さえ抱きはじめた  きっと簡単なことさ まだ歩みとまらないさ 平成理想主義の人 はて?いつ目醒めることやら...  I like airplane I like flower I like flower 空・宇宙...  ヘイヘイ お前だよ、お前 何處かへ行かねえか? さらぬだに着飾って 一緒に行かねえか?  もっと単純なことさ まだ風 感じつづけるさ 平成理想主義の人 はてさて、いつまで寝たふりするやら...  平成理想主義の人いつ起きんの?いつ目醒めるの?  いい風吹いて、オイ いい風吹いた。行け 行け。 はてさて、いつまで寝たふりするの  ヘイヘイ 行こう月の浜辺へ。夜中星空の下歩こうよ二人で... さらぬだに風を感じ 波の音聞こえる浜辺に、 世界で一番大切な君と...。ああ 出かけよう...。ああ  平成理想主義の人いつ目醒める事やら? いつまで寝たふりするやら?
てって自分を高く見せてがんばるのは 結局無理してつぶれてしまうよ もっと気楽に思うままにやれば 結局すごく楽になるだろう  楽して楽してするりとくぐりぬけよう 楽して楽して自由を求めてやろうよ 体が軽くなるまで  頭コチコチのまま生きてると そのうちどっかが こわれてしまうよ かあさんの胸の赤んぼを見なよ お前とどっかが ちがってるはずさ  楽して楽してするりとくぐりぬけよう 楽して楽して自由を求めてやろうよ 体が軽くなるまで 自分を高く見せてがんばるのは 結局無理してつぶれてしまうよ もっと気楽に思うままにやれば 結局すごく楽になるだろう 楽して楽してするりとくぐりぬけよう 楽して楽して自由を求めてやろうよ 体が軽くなるまで  もっと もっと気楽に 体が軽くなるまで 体が軽くなるまでエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次自分を高く見せてがんばるのは 結局無理してつぶれてしまうよ もっと気楽に思うままにやれば 結局すごく楽になるだろう  楽して楽してするりとくぐりぬけよう 楽して楽して自由を求めてやろうよ 体が軽くなるまで  頭コチコチのまま生きてると そのうちどっかが こわれてしまうよ かあさんの胸の赤んぼを見なよ お前とどっかが ちがってるはずさ  楽して楽してするりとくぐりぬけよう 楽して楽して自由を求めてやろうよ 体が軽くなるまで 自分を高く見せてがんばるのは 結局無理してつぶれてしまうよ もっと気楽に思うままにやれば 結局すごく楽になるだろう 楽して楽してするりとくぐりぬけよう 楽して楽して自由を求めてやろうよ 体が軽くなるまで  もっと もっと気楽に 体が軽くなるまで 体が軽くなるまで
流れ星のやうな人生遠い空からおちてきた 流れ星のやうな人生 何でぇ、行きあたりばったりだね びっくりすることばかり多かった  空から急におちてきた 流れ星のやうな人生 どでかい“何か”にあこがれて 若い頃から生きてきた。 いはば夢から夢へと綱わたり いつでも明日を追ひかけ回し 辿り着けない夜空の向かう いつの間にか随分遠くまで来た。  いい気になったり 落ち込んだりして 陽がしづみまた陽が昇る 「何でぇ、結局 何も変はりゃしねえ」 流れ星のやうな人生  空から急におちてきた 流れ星のやうな人生 自分といふものが知りたくて でも明日へ明日へ先のばし いはば流されてしまふこの毎日が いつしか重たくのしかかり 四の五の言はさず時は流れ 過ぎてゆく 神様ぼくを見て。  いい気になったり 落ち込んだりして 陽がしづみまた陽が昇る 「何でぇ、結局 何も分かりゃしねえ」 流れ星のやうな人生  空から急におちてきた 流れ星のやうな人生 何でぇ、行きあたりばったりだね びっくりすることばかり多かった いはば夢から夢へと綱わたり いつでも明日を追ひかけ回し 辿り着けない夜空の向かう いつの間にか随分遠くまで来た  いい気になったり 落ち込んだりして 陽がしづみまた陽が昇る 「今の自分を信じてみなよ」 流れ星のやうな人生 「今の自分を信じてみなよ」 流れ星のやうな人生 流れ星のやうな人生エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次遠い空からおちてきた 流れ星のやうな人生 何でぇ、行きあたりばったりだね びっくりすることばかり多かった  空から急におちてきた 流れ星のやうな人生 どでかい“何か”にあこがれて 若い頃から生きてきた。 いはば夢から夢へと綱わたり いつでも明日を追ひかけ回し 辿り着けない夜空の向かう いつの間にか随分遠くまで来た。  いい気になったり 落ち込んだりして 陽がしづみまた陽が昇る 「何でぇ、結局 何も変はりゃしねえ」 流れ星のやうな人生  空から急におちてきた 流れ星のやうな人生 自分といふものが知りたくて でも明日へ明日へ先のばし いはば流されてしまふこの毎日が いつしか重たくのしかかり 四の五の言はさず時は流れ 過ぎてゆく 神様ぼくを見て。  いい気になったり 落ち込んだりして 陽がしづみまた陽が昇る 「何でぇ、結局 何も分かりゃしねえ」 流れ星のやうな人生  空から急におちてきた 流れ星のやうな人生 何でぇ、行きあたりばったりだね びっくりすることばかり多かった いはば夢から夢へと綱わたり いつでも明日を追ひかけ回し 辿り着けない夜空の向かう いつの間にか随分遠くまで来た  いい気になったり 落ち込んだりして 陽がしづみまた陽が昇る 「今の自分を信じてみなよ」 流れ星のやうな人生 「今の自分を信じてみなよ」 流れ星のやうな人生 流れ星のやうな人生
傷だらけの夜明けもう 二度と泣かなくていいように 夜空の星を全て君にあげやう  夜と朝のあいだに浮かんだ雲を 青く澄んだ遠いあの山波を そして真冬の この町の空を ふさわしい 傷だらけの夜明けに  行く先は 誰も知らない たぶん幾世代にもわたる長い 人の歴史の そのまた果てにたたずむぼくら 古くて、新しい この気持ち 言ってみりゃ そんなとこだらう ふさわしい 傷だらけの夜明けに  行く先は 誰も知らない ふさわしい 傷だらけの夜明けに  鳥が空に飛び立つように 僕らも再び山を越えゆこう  もう 二度と泣かなくていいように 夜空の星を全て君にあげやう 夜と朝のあいだに浮かんだ雲を ふさわしい 傷だらけの夜明けに  もうぼくらは トビラを叩いてしまった 鋭き真冬の風感じながら 生と死の間を行き交うココロ ふさわしい 傷だらけの夜明けにエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次もう 二度と泣かなくていいように 夜空の星を全て君にあげやう  夜と朝のあいだに浮かんだ雲を 青く澄んだ遠いあの山波を そして真冬の この町の空を ふさわしい 傷だらけの夜明けに  行く先は 誰も知らない たぶん幾世代にもわたる長い 人の歴史の そのまた果てにたたずむぼくら 古くて、新しい この気持ち 言ってみりゃ そんなとこだらう ふさわしい 傷だらけの夜明けに  行く先は 誰も知らない ふさわしい 傷だらけの夜明けに  鳥が空に飛び立つように 僕らも再び山を越えゆこう  もう 二度と泣かなくていいように 夜空の星を全て君にあげやう 夜と朝のあいだに浮かんだ雲を ふさわしい 傷だらけの夜明けに  もうぼくらは トビラを叩いてしまった 鋭き真冬の風感じながら 生と死の間を行き交うココロ ふさわしい 傷だらけの夜明けに
あの風のように風が春を街に運ぶその瞬間 一、二、三で目覚めはじけてオーライ  解き放てよ!時の流れを!心の全てを 遠い記憶よ!俺の歌を!あの風のように  長い時間この世をうろうろついて やっと見つけた花はもう枯れちまったぜ  解き放てよ!時の流れを!心の全てを 遠い記憶よ!俺の歌を!あの風のように  あの風のように 解き放てよ!時の流れを!祈りのときを超えて  使いふるし 擦り切れてる 昔なじみの悩み事? 放っておけよ 新しい太陽が昇り来るぜ  氷が溶けて流れてくその瞬間 一、二、三で目覚めはじけてオーライ  解き放てよ!時の流れを!心の全てを 遠い記憶よ!俺の歌を!あの風のように  唐突に俺は気がついた 俺も季節を彩っていることに… 音楽を鳴らしてくれ!Music on!エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次風が春を街に運ぶその瞬間 一、二、三で目覚めはじけてオーライ  解き放てよ!時の流れを!心の全てを 遠い記憶よ!俺の歌を!あの風のように  長い時間この世をうろうろついて やっと見つけた花はもう枯れちまったぜ  解き放てよ!時の流れを!心の全てを 遠い記憶よ!俺の歌を!あの風のように  あの風のように 解き放てよ!時の流れを!祈りのときを超えて  使いふるし 擦り切れてる 昔なじみの悩み事? 放っておけよ 新しい太陽が昇り来るぜ  氷が溶けて流れてくその瞬間 一、二、三で目覚めはじけてオーライ  解き放てよ!時の流れを!心の全てを 遠い記憶よ!俺の歌を!あの風のように  唐突に俺は気がついた 俺も季節を彩っていることに… 音楽を鳴らしてくれ!Music on!
脱コミュニケーション脱コミュニケーション 窓の外拡がる 街のあかり 夢も希望も「いつかな」  脱コミュニケーション 引き裂かれる 俺の心 光と闇 泣かないでbaby 仕方ないさ  なんてこった 終わりと始まりが重なって とどまることない世界に 心だけ夜空飛んで 見つめる夜ランデブー  欲張りな愚か者に幸あれ 泣かないでbaby行くぜ  なんてこった 永遠に日々そのつれづれ とまらないなんてつまんない 全て心にあつめ、今が俺の終わり  行くぜ なんてこった 終わりと始まりが重なって とどまることない世界に 心に全てをあつめ 今が俺の始まりエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次脱コミュニケーション 窓の外拡がる 街のあかり 夢も希望も「いつかな」  脱コミュニケーション 引き裂かれる 俺の心 光と闇 泣かないでbaby 仕方ないさ  なんてこった 終わりと始まりが重なって とどまることない世界に 心だけ夜空飛んで 見つめる夜ランデブー  欲張りな愚か者に幸あれ 泣かないでbaby行くぜ  なんてこった 永遠に日々そのつれづれ とまらないなんてつまんない 全て心にあつめ、今が俺の終わり  行くぜ なんてこった 終わりと始まりが重なって とどまることない世界に 心に全てをあつめ 今が俺の始まり
凡人−散歩き−うらやましきはカラス共に 我が肉食えやと言いたる詩人よ ああ なぜに俺は家の中で暖まりながら またゴロゴロとしてあくびして 不真面目にこの俺はいつも 「おお、我が余命いく日なりや。」と 老爺を気取りて指おり数え、 ああ俺はあわれな凡人よ  ―明日も笑顔で人と話し―  座る電車の座席の前に 手すりにもたるる老婆がひとり ああ 恐ろしき世間の前に 俺は座席を立つものよ  楽しげに ああ 人と会い、笑い、 希望は失せたが死ねぬ身の せめては余命いくばくなりや、と老爺を気取り、 ふとんで涙をしぼりて 町に出、笑い、凡人ああここに有り  この俺はいつも 「おお、我が余命 いく日なりや。」と いつか老爺となる日を待つ身となった この俺はあわれな凡人よ  俺は生活を追い求む、 世間に食われ命をけずり、 孤高のうちに死すより 俗なる我が世間に遊ぶものよ、 今日も町に出、手足取られ導びかれ、 我が同類と もたれ合い、あざけり合いて、 凡人の意地と意地、 命がけなるそぞろ歩きよ  死んだら、俺が死んだら 立派な墓を 人のあわれを誘う悲しい墓を建ててくれ  俺は歩く「金」と「平和」と「女」と「虚名」を求め 世間と手を取り合いて散歩き 今日も世間を散歩きよエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次うらやましきはカラス共に 我が肉食えやと言いたる詩人よ ああ なぜに俺は家の中で暖まりながら またゴロゴロとしてあくびして 不真面目にこの俺はいつも 「おお、我が余命いく日なりや。」と 老爺を気取りて指おり数え、 ああ俺はあわれな凡人よ  ―明日も笑顔で人と話し―  座る電車の座席の前に 手すりにもたるる老婆がひとり ああ 恐ろしき世間の前に 俺は座席を立つものよ  楽しげに ああ 人と会い、笑い、 希望は失せたが死ねぬ身の せめては余命いくばくなりや、と老爺を気取り、 ふとんで涙をしぼりて 町に出、笑い、凡人ああここに有り  この俺はいつも 「おお、我が余命 いく日なりや。」と いつか老爺となる日を待つ身となった この俺はあわれな凡人よ  俺は生活を追い求む、 世間に食われ命をけずり、 孤高のうちに死すより 俗なる我が世間に遊ぶものよ、 今日も町に出、手足取られ導びかれ、 我が同類と もたれ合い、あざけり合いて、 凡人の意地と意地、 命がけなるそぞろ歩きよ  死んだら、俺が死んだら 立派な墓を 人のあわれを誘う悲しい墓を建ててくれ  俺は歩く「金」と「平和」と「女」と「虚名」を求め 世間と手を取り合いて散歩き 今日も世間を散歩きよ
浮雲男ああ ぷかりたばこを くゆらす男がひとり ああ いつもうしろを ふり向きゃ タバコを吸ってる よせよ 飯のときにも いっつも煙を吐いて 彼はやめない ひとり頷き たばこをくゆらす  ぷかり ぷかり 煙雲になる ぷかり ぷかり 浮雲男  吸いすぎだから おやめなさいと 人は言うけど そんなときだけ ちょいと笑って そっとつぶやく  ぷかり ぷかり 煙雲になる ぷかり ぷかり 浮雲男  煙が雲になるわけないよ みんなは笑う すずしい目をして この男も ニッコリ笑う 見ろよ 空じゃ ふわり ふわりと 雲が流れ 見ろよ ここじゃ ぷかりくゆらす煙が揺れてる  ぷかり ぷかり 煙雲になる ぷかり ぷかり 浮雲男  ぷかり ぷかり 煙雲になる ぷかり ぷかり 浮雲男エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次ああ ぷかりたばこを くゆらす男がひとり ああ いつもうしろを ふり向きゃ タバコを吸ってる よせよ 飯のときにも いっつも煙を吐いて 彼はやめない ひとり頷き たばこをくゆらす  ぷかり ぷかり 煙雲になる ぷかり ぷかり 浮雲男  吸いすぎだから おやめなさいと 人は言うけど そんなときだけ ちょいと笑って そっとつぶやく  ぷかり ぷかり 煙雲になる ぷかり ぷかり 浮雲男  煙が雲になるわけないよ みんなは笑う すずしい目をして この男も ニッコリ笑う 見ろよ 空じゃ ふわり ふわりと 雲が流れ 見ろよ ここじゃ ぷかりくゆらす煙が揺れてる  ぷかり ぷかり 煙雲になる ぷかり ぷかり 浮雲男  ぷかり ぷかり 煙雲になる ぷかり ぷかり 浮雲男
ココロをノックしてくれ何かが違う俺のこのごろよ 走り続けて来たこの日々 自分の弱さを知って人はきっと 新しい明日を手に入れるんだろう  夜っぴて悲しみを振り払いあの丘へ 街には眠るいくつもの宝石の思いの数々  ココロをノックするだけ ココロノックするだけ あとはいつも通りでオーライ オーライ オーライ オーライ オーライ  数えきれないくらい お前と見つけて来た (夢のかけら) 輝きが胸にあふれてるぜ 車に乗ってあの空ひたすら 追いかけよう (何処までも) コンビニでサンドイッチでも買ってさ  カーステから流れてくるなじみのメロくちずさみ あくまでも景色なぞ見る余裕無く明日へゆく  ココロをノックしてくれ ココロノックしてくれ 時間が無いんだ俺には俺には俺には俺には俺には  あの場所まで駆け抜けろ!! オーイエー オーイエー オーイエー オーイエー  ココロをノックするだけ ココロノックするだけ あとはいつも通りでオーライ オーライ オーライ オーライ オーライエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次何かが違う俺のこのごろよ 走り続けて来たこの日々 自分の弱さを知って人はきっと 新しい明日を手に入れるんだろう  夜っぴて悲しみを振り払いあの丘へ 街には眠るいくつもの宝石の思いの数々  ココロをノックするだけ ココロノックするだけ あとはいつも通りでオーライ オーライ オーライ オーライ オーライ  数えきれないくらい お前と見つけて来た (夢のかけら) 輝きが胸にあふれてるぜ 車に乗ってあの空ひたすら 追いかけよう (何処までも) コンビニでサンドイッチでも買ってさ  カーステから流れてくるなじみのメロくちずさみ あくまでも景色なぞ見る余裕無く明日へゆく  ココロをノックしてくれ ココロノックしてくれ 時間が無いんだ俺には俺には俺には俺には俺には  あの場所まで駆け抜けろ!! オーイエー オーイエー オーイエー オーイエー  ココロをノックするだけ ココロノックするだけ あとはいつも通りでオーライ オーライ オーライ オーライ オーライ
世界伝統のマスター馬鹿どうしたんだ おまえ何やってんだ もうお終いかい Come on Come on もうお終いかい  今日は世界開闢以来No.1 sky is blue Come on Come on さあゆくぜ  おい嘘つきめ  成る程どうした それからどうした 心デリケートなんだよね  帰れば、ヒステリーのかあちゃん ボケナス野郎はおまえだ 隠れてコソコソコソ、よ  中年が太陽見て 眩しがってるぜ Come on Come on さあゆくぜ  いわば世界伝統のマスター馬鹿 Come on Come on さあゆくぜ  隅にゃあおけない  女の尻を新聞の脇からチラチラ 妄想が膨らめば 誰だってかまわないよね  どうしたんだおまえは 心傷だらけのくせによ 素知らぬ顔してさ 逃げちまえよ 高飛び どこまでも、そう  金輪際人生見切りつけたつもりになって Come on Come on Come on どうしたって世界伝統のマスター馬鹿 Come on で~い  なにやってんだおまえは 心傷だらけのくせによ 気づかないふりしてさ 逃げちまえよ 高飛び どこまでも、そう  壊れた時計ぐるぐるしてる 長い道のりさ  ゆくぜ兄弟 何年経っても一切合切馬鹿だぜ さあゆけよ友よ 何処まで行ってもGo Go Go Go  どうしたんだ おまえ何やってんだ もうお終いかい Come on Come on もうお終いかい  今日は世界開闢以来No.1 sky is blue Come on Come on さあゆくぜ Goエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次どうしたんだ おまえ何やってんだ もうお終いかい Come on Come on もうお終いかい  今日は世界開闢以来No.1 sky is blue Come on Come on さあゆくぜ  おい嘘つきめ  成る程どうした それからどうした 心デリケートなんだよね  帰れば、ヒステリーのかあちゃん ボケナス野郎はおまえだ 隠れてコソコソコソ、よ  中年が太陽見て 眩しがってるぜ Come on Come on さあゆくぜ  いわば世界伝統のマスター馬鹿 Come on Come on さあゆくぜ  隅にゃあおけない  女の尻を新聞の脇からチラチラ 妄想が膨らめば 誰だってかまわないよね  どうしたんだおまえは 心傷だらけのくせによ 素知らぬ顔してさ 逃げちまえよ 高飛び どこまでも、そう  金輪際人生見切りつけたつもりになって Come on Come on Come on どうしたって世界伝統のマスター馬鹿 Come on で~い  なにやってんだおまえは 心傷だらけのくせによ 気づかないふりしてさ 逃げちまえよ 高飛び どこまでも、そう  壊れた時計ぐるぐるしてる 長い道のりさ  ゆくぜ兄弟 何年経っても一切合切馬鹿だぜ さあゆけよ友よ 何処まで行ってもGo Go Go Go  どうしたんだ おまえ何やってんだ もうお終いかい Come on Come on もうお終いかい  今日は世界開闢以来No.1 sky is blue Come on Come on さあゆくぜ Go
はてさてこの俺ははてさてこの俺は かれこれ何十年 時には適当に 時には気合いいれて あらずもがなの仕事やら 憧れの何かを追い求め そのくせ何にもしなかった昔より ちっとも偉くなってない 偉くなってない なんて ああ馬鹿な俺さ  そりゃあそこらの阿呆どもに比べれば 俺の方がいくらか気が利いてるだろうが 金も品物も持っていないさ 世間の栄華や名誉も何にも持ってない この上こうして生きてろなんて 誰だって頭(かぶり)を振るだろう ああ 頭を振るだろう  遠くなって 眠くなって 今夜はこのまま寝ちまうかい?  訳もなく胸が痛むぜ 広い世界へ逃げ出したいぜ どこか遠くまで飛んでっちまいたい 心急くまで詰め込んだ 俺のこの部屋のように 積み重なった様々な物から裸になって 飛んでっちまいたい ああ飛んでっちまいたい  人は心で感じ取って 流れ出る思いだけじゃあもったいない 友よ 自ら 解き放つぜ 力よ 目覚めよエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次はてさてこの俺は かれこれ何十年 時には適当に 時には気合いいれて あらずもがなの仕事やら 憧れの何かを追い求め そのくせ何にもしなかった昔より ちっとも偉くなってない 偉くなってない なんて ああ馬鹿な俺さ  そりゃあそこらの阿呆どもに比べれば 俺の方がいくらか気が利いてるだろうが 金も品物も持っていないさ 世間の栄華や名誉も何にも持ってない この上こうして生きてろなんて 誰だって頭(かぶり)を振るだろう ああ 頭を振るだろう  遠くなって 眠くなって 今夜はこのまま寝ちまうかい?  訳もなく胸が痛むぜ 広い世界へ逃げ出したいぜ どこか遠くまで飛んでっちまいたい 心急くまで詰め込んだ 俺のこの部屋のように 積み重なった様々な物から裸になって 飛んでっちまいたい ああ飛んでっちまいたい  人は心で感じ取って 流れ出る思いだけじゃあもったいない 友よ 自ら 解き放つぜ 力よ 目覚めよ
甘き絶望夢も希望もまどろんでる 甘く切ない絶望 夕陽色した町の中に取り残された子供のやう 闇の彼方に初めて見えるおぼろな光 希望 ゴミ箱蹴った闇の向かう 蒼き光の月のやう  足りない何かを探してた 心の中に今の自分を描く旅 日々を越えて さあ  コンクリートのビルの下に飼ひ慣らされた野望 駅のホームで浮かんだイメージ 逃れられない甘いささやき  日めくりカレンダーに印付けたのは 命の灯を燃え立たせるため 時を越えて さあ  電話のベルに驚かされてふと目を上げた。  夢も希望もまどろんでる 甘く切ない絶望 夕陽色した町の中に取り残された子供 闇の彼方に初めて見えるおぼろな光 希望 ゴミ箱蹴った闇の向かう 蒼き光の月のやう 月のやうエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次夢も希望もまどろんでる 甘く切ない絶望 夕陽色した町の中に取り残された子供のやう 闇の彼方に初めて見えるおぼろな光 希望 ゴミ箱蹴った闇の向かう 蒼き光の月のやう  足りない何かを探してた 心の中に今の自分を描く旅 日々を越えて さあ  コンクリートのビルの下に飼ひ慣らされた野望 駅のホームで浮かんだイメージ 逃れられない甘いささやき  日めくりカレンダーに印付けたのは 命の灯を燃え立たせるため 時を越えて さあ  電話のベルに驚かされてふと目を上げた。  夢も希望もまどろんでる 甘く切ない絶望 夕陽色した町の中に取り残された子供 闇の彼方に初めて見えるおぼろな光 希望 ゴミ箱蹴った闇の向かう 蒼き光の月のやう 月のやう
上野の山天気は上々散歩にと上野の山を訪のうた 上野の桜は八分咲そこらでみんな大さわぎ 花見なんぞのどこがいい 笑い顔さえひきつった  ああ短か夜の夢のよう明日になれば忘れ行く ああ今日の日は何なのか ああ今日の日は何だろう  朝はからっと午後からは雲りがちなる春の午後 楽しいことをひろいたくそこらを回っちゃ考える されどぐちやら文句やら あたりは次第に暗くなる  ああ短か夜の夢のよう明日になれば忘れ行く ああ今日の日は何だろね ああ今日の日は何だろう  花など見たくはないんだけれど何やら少しさわぎたく 俺も花見に入れてくれ 俺も花見に入れとくれ 森の向こうは黒々と 夕陽に浮かんだ五重塔  ああ短か夜の夢のよう 何を見てきた五重塔 明日になれば忘れ行く 明日になれば忘れ行く  夜もだんだん深けてきてひとりふたりと帰る人 するとさわぎのあとだけに するとさわぎのあとだけに 春の夜風が冷たくて ちょっぴりさみしくなってきた  ああ短か夜の夢だよう 明日になれば忘れ行く ああ今日の日は何だろね ああ今日の日は何だろう  思えば浮世の脂汗 俺も少しは流したか 短かき夜の夢のよう 明日になれば忘れ行く はぁっと大きなため息と 仕事のことが目に浮かぶ  ああ明日からがんばろう また明日からがんばろう ああ明日からがんばろぜ また明日からがんばろうエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次天気は上々散歩にと上野の山を訪のうた 上野の桜は八分咲そこらでみんな大さわぎ 花見なんぞのどこがいい 笑い顔さえひきつった  ああ短か夜の夢のよう明日になれば忘れ行く ああ今日の日は何なのか ああ今日の日は何だろう  朝はからっと午後からは雲りがちなる春の午後 楽しいことをひろいたくそこらを回っちゃ考える されどぐちやら文句やら あたりは次第に暗くなる  ああ短か夜の夢のよう明日になれば忘れ行く ああ今日の日は何だろね ああ今日の日は何だろう  花など見たくはないんだけれど何やら少しさわぎたく 俺も花見に入れてくれ 俺も花見に入れとくれ 森の向こうは黒々と 夕陽に浮かんだ五重塔  ああ短か夜の夢のよう 何を見てきた五重塔 明日になれば忘れ行く 明日になれば忘れ行く  夜もだんだん深けてきてひとりふたりと帰る人 するとさわぎのあとだけに するとさわぎのあとだけに 春の夜風が冷たくて ちょっぴりさみしくなってきた  ああ短か夜の夢だよう 明日になれば忘れ行く ああ今日の日は何だろね ああ今日の日は何だろう  思えば浮世の脂汗 俺も少しは流したか 短かき夜の夢のよう 明日になれば忘れ行く はぁっと大きなため息と 仕事のことが目に浮かぶ  ああ明日からがんばろう また明日からがんばろう ああ明日からがんばろぜ また明日からがんばろう
RESTART俺は日本生まれの 夢見る男 胸には理想が渦巻き 見上げる空はどこまでも高かった  傷つき悩み幾年(いくとせ)おとぎ話のページを繰るように 我が来し方を思った そして今朝の空を占いじみた目で見上げた  行こう お陽様は東から 俺はこの場所から RESTART やっぱり本気な方がいい いずれ滅びる命なら  嘘が誠か 誠が嘘なのか 俺の生涯の歴史絵巻は まだ巻を閉じるわけにはいかない  パラドックスまみれ ハートは破れし日々を枕に 窓の外 輝く月を見ながら 俺は明日を思った  行こう 今日の俺が俺の証 ならばこの場所から RESTART やっぱり勝負をしてみたい 勝利の女神は気まぐれだが  行こう お陽様は東から 俺はこの場所から RESTART 素直に生きてみたい どうせ一度の人生なら  俺は日本で生まれた夢見る男心には理想渦巻いて ありもせぬおとぎ話追いかけまわしてここまでたどり着いた 御日様は東から昇り月は西から俺はこの場所から時空超えて 時に今に立ち返れ立ち向かえここからがRESTARTエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次俺は日本生まれの 夢見る男 胸には理想が渦巻き 見上げる空はどこまでも高かった  傷つき悩み幾年(いくとせ)おとぎ話のページを繰るように 我が来し方を思った そして今朝の空を占いじみた目で見上げた  行こう お陽様は東から 俺はこの場所から RESTART やっぱり本気な方がいい いずれ滅びる命なら  嘘が誠か 誠が嘘なのか 俺の生涯の歴史絵巻は まだ巻を閉じるわけにはいかない  パラドックスまみれ ハートは破れし日々を枕に 窓の外 輝く月を見ながら 俺は明日を思った  行こう 今日の俺が俺の証 ならばこの場所から RESTART やっぱり勝負をしてみたい 勝利の女神は気まぐれだが  行こう お陽様は東から 俺はこの場所から RESTART 素直に生きてみたい どうせ一度の人生なら  俺は日本で生まれた夢見る男心には理想渦巻いて ありもせぬおとぎ話追いかけまわしてここまでたどり着いた 御日様は東から昇り月は西から俺はこの場所から時空超えて 時に今に立ち返れ立ち向かえここからがRESTART
果てしなき日々疲れた 疲れ果てたぜ 疲れ果てた いつとなく口癖となり果てたる 呆然と立ち尽くしていた いつまでも 果てしなき日々よ  明日(あす)には 明日(あす)には何か 高ぶる気持ち 遣場(やりば)のない 心たらだらたれ流し したり顔全てに頷いた此頃よ 果てしなき日々よ  毎日を 毎日を 毎日を 毎日を 今日びは何があるのやら 果てしなき毎日よ  男と 男と生まれ しけたざまよ 物欲しげ 爆発なき尻つぼみ とつおいつ抜けた髪ながめたていたらく 果てしなき日々よ  世を恐れはかなみて ぶつぶつ格好つけたふり 毎日を立ち尽くすいつまでも いつも いついつまでも  疲れた 疲れ果てたぜ 疲れ果てた いつとなく 口癖となり果てたる 呆然と立ち尽くしていた いつまでも 果てしなき日々よ  毎日を 毎日を 楽しいこともあるだろうが 毎日を立ち尽くすいつまでも いつも いついつまでも  毎日を立ち尽くす ああいつまでも いつも いついつまでもエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次疲れた 疲れ果てたぜ 疲れ果てた いつとなく口癖となり果てたる 呆然と立ち尽くしていた いつまでも 果てしなき日々よ  明日(あす)には 明日(あす)には何か 高ぶる気持ち 遣場(やりば)のない 心たらだらたれ流し したり顔全てに頷いた此頃よ 果てしなき日々よ  毎日を 毎日を 毎日を 毎日を 今日びは何があるのやら 果てしなき毎日よ  男と 男と生まれ しけたざまよ 物欲しげ 爆発なき尻つぼみ とつおいつ抜けた髪ながめたていたらく 果てしなき日々よ  世を恐れはかなみて ぶつぶつ格好つけたふり 毎日を立ち尽くすいつまでも いつも いついつまでも  疲れた 疲れ果てたぜ 疲れ果てた いつとなく 口癖となり果てたる 呆然と立ち尽くしていた いつまでも 果てしなき日々よ  毎日を 毎日を 楽しいこともあるだろうが 毎日を立ち尽くすいつまでも いつも いついつまでも  毎日を立ち尽くす ああいつまでも いつも いついつまでも
九月の雨ヨロレイン ヨロレイン 泣かない鳥 この手を この手を すり抜ける影  春が過ぎて 夏が過ぎて そして秋になりました 冷たい冷たい九月の雨  それでいい それでいい 降りしきる雨 それでいい それでいい 洗い流す雨  春が過ぎて 夏が過ぎて そして秋になりました 冷たい冷たい九月の雨  そして歩め そして歩め いつか空が晴れました あなたにあなたに二つの顔  春が過ぎて 夏が過ぎて そして秋になりました それでいい それでいい 歩めばいいエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次ヨロレイン ヨロレイン 泣かない鳥 この手を この手を すり抜ける影  春が過ぎて 夏が過ぎて そして秋になりました 冷たい冷たい九月の雨  それでいい それでいい 降りしきる雨 それでいい それでいい 洗い流す雨  春が過ぎて 夏が過ぎて そして秋になりました 冷たい冷たい九月の雨  そして歩め そして歩め いつか空が晴れました あなたにあなたに二つの顔  春が過ぎて 夏が過ぎて そして秋になりました それでいい それでいい 歩めばいい
遠い浜辺いつもの部屋 俺の傷跡だらけ どうでもいいことを 考えてるのさ  いつか ふたり行った 海までゆこう 車の窓開けて そう 走り続けよう  あぁ これから始まる 男達の夢は あぁ 崩れ傷ついた 心からさ おまえだけを 信じて  飛ばそう おまえとなら そうさ どこまでも そう 遠い 遠い町へ いつか ついたなら そっと そっと 抱きしめたい  部屋に辿りつけば いつものままさ 抜け殻の魂 ひきずりまわした  あぁ 働き続ける 男達の日々は あぁ 涙 枯れ果てた 心からさ この体を 信じて  遠い 浮き雲 フワフワと 飛んでくよ 遠い 遠い町へ いつか ついたなら そのまま 眠っちまおう  涙なんぞ 流れたけれど…  遠く 未だ誰も知らぬ ところまで  飛ばそう 南風吹いたら そのままで  飛ばそう おまえとなら きっと どこまでも  遠い 遠い町へ いつか ついたなら そっと そっと 抱きしめたいエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次いつもの部屋 俺の傷跡だらけ どうでもいいことを 考えてるのさ  いつか ふたり行った 海までゆこう 車の窓開けて そう 走り続けよう  あぁ これから始まる 男達の夢は あぁ 崩れ傷ついた 心からさ おまえだけを 信じて  飛ばそう おまえとなら そうさ どこまでも そう 遠い 遠い町へ いつか ついたなら そっと そっと 抱きしめたい  部屋に辿りつけば いつものままさ 抜け殻の魂 ひきずりまわした  あぁ 働き続ける 男達の日々は あぁ 涙 枯れ果てた 心からさ この体を 信じて  遠い 浮き雲 フワフワと 飛んでくよ 遠い 遠い町へ いつか ついたなら そのまま 眠っちまおう  涙なんぞ 流れたけれど…  遠く 未だ誰も知らぬ ところまで  飛ばそう 南風吹いたら そのままで  飛ばそう おまえとなら きっと どこまでも  遠い 遠い町へ いつか ついたなら そっと そっと 抱きしめたい
歩く男「満ち足りているのかい?」 「満ち足りているのかい?」 歩く速度じゃあ迷子の生活 夕陽が街中をやさしくつつむ頃 歩く男に風が囁くのさ  夕暮れってヤツは美しい 何とか歌にしたいもんだな 孤独 彷徨 さらには希望 「間にあってるかい?」 「間にあってるかい?」 俺に空が聞くのさ  夕暮れってヤツは心に 静かにしみるものらしい 今日一日の俺の姿と 交じりあって 交じりあって 甘くけだるい俺の時間  「間違っているのかい?俺は」 「間違っているのかい?俺は」 繰り返すのさ靴音のリズムで  昨日から今日へ 今日から明日へ 歩く速度じゃあ迷子の子猫さ  一瞬がすべてだなんてBaby 近頃気がついたぜ 光に満ちた思い出が証拠さ 今がすべて 今が光なんて わかっちゃあいるけど…  イェイェイ Let's Go 黄昏 電車から降りて家に着くまでのそう 俺の手に負えない 甘美な瞬間  満ち足りているのかい? 秋の夕暮れ 満ち足りているのかい? 冬の夕暮れ 歩く速度じゃあ迷子の生活 春の夕暮れ 今がすべてなのさ 夏の夕暮れ 今が光なのさ 歩く男に街が囁くけど… 駅前の道 こんなのは俺じゃない 商店街ぬけたら 俺を見てくれよ 歩く速度じゃあ迷子の生活 いつかおまえと歩いた公園 昨日から今日へ 今日から明日へ ビルの向こう… 俺は何かを目指して歩いて行くぜエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次「満ち足りているのかい?」 「満ち足りているのかい?」 歩く速度じゃあ迷子の生活 夕陽が街中をやさしくつつむ頃 歩く男に風が囁くのさ  夕暮れってヤツは美しい 何とか歌にしたいもんだな 孤独 彷徨 さらには希望 「間にあってるかい?」 「間にあってるかい?」 俺に空が聞くのさ  夕暮れってヤツは心に 静かにしみるものらしい 今日一日の俺の姿と 交じりあって 交じりあって 甘くけだるい俺の時間  「間違っているのかい?俺は」 「間違っているのかい?俺は」 繰り返すのさ靴音のリズムで  昨日から今日へ 今日から明日へ 歩く速度じゃあ迷子の子猫さ  一瞬がすべてだなんてBaby 近頃気がついたぜ 光に満ちた思い出が証拠さ 今がすべて 今が光なんて わかっちゃあいるけど…  イェイェイ Let's Go 黄昏 電車から降りて家に着くまでのそう 俺の手に負えない 甘美な瞬間  満ち足りているのかい? 秋の夕暮れ 満ち足りているのかい? 冬の夕暮れ 歩く速度じゃあ迷子の生活 春の夕暮れ 今がすべてなのさ 夏の夕暮れ 今が光なのさ 歩く男に街が囁くけど… 駅前の道 こんなのは俺じゃない 商店街ぬけたら 俺を見てくれよ 歩く速度じゃあ迷子の生活 いつかおまえと歩いた公園 昨日から今日へ 今日から明日へ ビルの向こう… 俺は何かを目指して歩いて行くぜ
too fine life雨が降り続き けだるさが残った はやく時間よ過ぎてくれ 力も出てこない too fine life この先何がおこるやら 悪いようにはならないと 疲れた身体 無理矢理に 何かいいことを探し  この先どうなるのか この雨がやんだら きっと気分も晴れてくる この雨がやんだら too fine life この先何がおこるやら 悪いようにはならないと 疲れた身体 無理矢理に たたきおこし考える 明るき未来を つらき今日を 俺はここで考える  雨が降り続き けだるさが残った はやく時間よ過ぎてくれ 力も出てこない too fine life この先何がおこるやら 俺は俺で好きにやるさ  疲れた身体 無理矢理に 何かいいことを探し 疲れた身体 無理矢理に たたきおこし考える 明るき未来を つらき今日を  この先何がおこるやら 悪いようにはならないさエレファントカシマシ石森敏行・宮本浩次石森敏行・宮本浩次雨が降り続き けだるさが残った はやく時間よ過ぎてくれ 力も出てこない too fine life この先何がおこるやら 悪いようにはならないと 疲れた身体 無理矢理に 何かいいことを探し  この先どうなるのか この雨がやんだら きっと気分も晴れてくる この雨がやんだら too fine life この先何がおこるやら 悪いようにはならないと 疲れた身体 無理矢理に たたきおこし考える 明るき未来を つらき今日を 俺はここで考える  雨が降り続き けだるさが残った はやく時間よ過ぎてくれ 力も出てこない too fine life この先何がおこるやら 俺は俺で好きにやるさ  疲れた身体 無理矢理に 何かいいことを探し 疲れた身体 無理矢理に たたきおこし考える 明るき未来を つらき今日を  この先何がおこるやら 悪いようにはならないさ
涙を流す男団欒(まどい)の席 皆は楽しげなのに 友よ 君はなぜ悲しげに泣く? 「俺が泣くのはひとりの悲しみさ 涙の甘さに心軽くなるから」  大切な希望無くしたにしても 友よ その切なさ打ち明けてくれ 「今の皆には俺の気持ちはわかるまい 俺は決して何も無くしはしなかった」  ああ 涙を流す男よ イエー ああ 涙を流す男よ 皆が陽気に集う団欒(まどい)の席で 一人涙を流す男よ  友よ すぐに勇気を出したまえ 希望果たすべく さあ 立ち上がれ 「希望ってヤツはいつも俺には遠すぎる 夜空の星のように高くきらめいている」  友よ 星を獲ろうなぞと思いはすまい われらは 星の光をよろこび 晴れた夜毎に空を仰ぎ見て 大きなよろこびを身体中に感じる  俺が泣きたいだけ泣かせてくれ ベイベー イエー 俺が泣きたいだけ泣かせてくれよベイビー 陽気に集うこの場所で どうか俺を泣きたいだけ泣かせてくれよベイベー  団欒(まどい)の席 皆は楽しげなのに 友よ 君はなぜ悲しげに泣く? 「俺が泣くのはひとりの悲しみさ 涙の甘さに心軽くなるから」  大切な希望無くしたにしても 友よ その切なさ打ち明けてくれ 「今の皆には俺の気持ちわかるまい 憐れなこの俺の悲しい気持ちは」  ああ 涙を流す男よ イエー ああ 涙を流す男よ  ああ 涙を流す男よ ああ 涙を流す男よ 皆が陽気に集う団欒(まどい)の席で 一人涙を流す男よ 一人涙を流す男よ  涙を流す男よエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次団欒(まどい)の席 皆は楽しげなのに 友よ 君はなぜ悲しげに泣く? 「俺が泣くのはひとりの悲しみさ 涙の甘さに心軽くなるから」  大切な希望無くしたにしても 友よ その切なさ打ち明けてくれ 「今の皆には俺の気持ちはわかるまい 俺は決して何も無くしはしなかった」  ああ 涙を流す男よ イエー ああ 涙を流す男よ 皆が陽気に集う団欒(まどい)の席で 一人涙を流す男よ  友よ すぐに勇気を出したまえ 希望果たすべく さあ 立ち上がれ 「希望ってヤツはいつも俺には遠すぎる 夜空の星のように高くきらめいている」  友よ 星を獲ろうなぞと思いはすまい われらは 星の光をよろこび 晴れた夜毎に空を仰ぎ見て 大きなよろこびを身体中に感じる  俺が泣きたいだけ泣かせてくれ ベイベー イエー 俺が泣きたいだけ泣かせてくれよベイビー 陽気に集うこの場所で どうか俺を泣きたいだけ泣かせてくれよベイベー  団欒(まどい)の席 皆は楽しげなのに 友よ 君はなぜ悲しげに泣く? 「俺が泣くのはひとりの悲しみさ 涙の甘さに心軽くなるから」  大切な希望無くしたにしても 友よ その切なさ打ち明けてくれ 「今の皆には俺の気持ちわかるまい 憐れなこの俺の悲しい気持ちは」  ああ 涙を流す男よ イエー ああ 涙を流す男よ  ああ 涙を流す男よ ああ 涙を流す男よ 皆が陽気に集う団欒(まどい)の席で 一人涙を流す男よ 一人涙を流す男よ  涙を流す男よ
神様俺をいつの間にか私は歳を重ねて 空はあんなに青い 光はあふれてるのに  楽しげに歌えば風にかき消されちまった 迷惑かけないように道の端を歩いています  神様俺を見て いつか深い皺が顔に刻まれし永遠の少年を 神様俺を どうか見捨てないで 祈りを捧げるから 明日を歩むから  いつの間にか私は歳を重ねて 月はあんなに美しく 町は笑いさざめくのに  神様俺を見て いつかうすいごましお頭に目をショボつかせた俺を 神様どうか 俺を見捨てないで 祈りを捧げるから 明日を歩むから 祈りを捧げるから 明日を歩むから  いつの間にか私は歳を重ねて  神様俺を見て 俺を見捨てないでエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次いつの間にか私は歳を重ねて 空はあんなに青い 光はあふれてるのに  楽しげに歌えば風にかき消されちまった 迷惑かけないように道の端を歩いています  神様俺を見て いつか深い皺が顔に刻まれし永遠の少年を 神様俺を どうか見捨てないで 祈りを捧げるから 明日を歩むから  いつの間にか私は歳を重ねて 月はあんなに美しく 町は笑いさざめくのに  神様俺を見て いつかうすいごましお頭に目をショボつかせた俺を 神様どうか 俺を見捨てないで 祈りを捧げるから 明日を歩むから 祈りを捧げるから 明日を歩むから  いつの間にか私は歳を重ねて  神様俺を見て 俺を見捨てないで
ふたりの冬君が笑えば 町も笑うさ そう 輝く季節の中で きらり 尖った 冬の空気が もう ふたりを突き刺すような  ああ 季節は そうさ ふたりを連れてゆくよ ああ 枯れ葉踏んでゆこう そうさ 冬の町へ  武蔵野のあと 赤く染まった空 静かに 暮れゆく町で ふたり いつもの場所にすわって もう カラスも帰っちまった  ああ オレたちを置いて そうさ 時間は過ぎてゆくよ ああ 枯れ葉踏んでゆこう そうさ 冬の町へ  君が どこかで呼んだ気がした もう 輝く季節は過ぎて  ああ このまま そうさ どこへも行けやしないさ ああ 枯れ葉踏んでゆこう そうさ ふたりの町へ  かじかんだ手を繋いだら 君が少しだけ笑った気がしたエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次君が笑えば 町も笑うさ そう 輝く季節の中で きらり 尖った 冬の空気が もう ふたりを突き刺すような  ああ 季節は そうさ ふたりを連れてゆくよ ああ 枯れ葉踏んでゆこう そうさ 冬の町へ  武蔵野のあと 赤く染まった空 静かに 暮れゆく町で ふたり いつもの場所にすわって もう カラスも帰っちまった  ああ オレたちを置いて そうさ 時間は過ぎてゆくよ ああ 枯れ葉踏んでゆこう そうさ 冬の町へ  君が どこかで呼んだ気がした もう 輝く季節は過ぎて  ああ このまま そうさ どこへも行けやしないさ ああ 枯れ葉踏んでゆこう そうさ ふたりの町へ  かじかんだ手を繋いだら 君が少しだけ笑った気がした
君がここにいる町は変わるけど ココロは変わらない 今確かにそう感じるのさ 小さな部屋にも 大きな町にも 今確かに君がいるのさ  さっきまでそこらでないてた猫も いなくなったのさ 真夜中ビルの灯りだけが 遠く揺れていた  涙が止まらない時は 僕がそばにいて 握った手を離さないで 僕はここにいるよ  憂鬱な雨の日も 輝ける明日も 今確かに君がいるのさ  昨日の喜びを 優しい驚きを 今全て僕に伝えて 君はひとりじゃない 僕はここにいる 今確かに君がいるのさ  雨上がり風が吹いてきたこの部屋の中に 煙草に火をつけて 俺は おもてを見ていた  どこかへ逃げ出そうなんて 言いたくないのさ 握った手を離さないで 探しに行くのさ  町は変わるけど ココロは変わらない 今確かにそう感じるのさ 憂鬱な雨の日も 輝ける明日も 今確かに君がいるのさ  君がここにいるエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次町は変わるけど ココロは変わらない 今確かにそう感じるのさ 小さな部屋にも 大きな町にも 今確かに君がいるのさ  さっきまでそこらでないてた猫も いなくなったのさ 真夜中ビルの灯りだけが 遠く揺れていた  涙が止まらない時は 僕がそばにいて 握った手を離さないで 僕はここにいるよ  憂鬱な雨の日も 輝ける明日も 今確かに君がいるのさ  昨日の喜びを 優しい驚きを 今全て僕に伝えて 君はひとりじゃない 僕はここにいる 今確かに君がいるのさ  雨上がり風が吹いてきたこの部屋の中に 煙草に火をつけて 俺は おもてを見ていた  どこかへ逃げ出そうなんて 言いたくないのさ 握った手を離さないで 探しに行くのさ  町は変わるけど ココロは変わらない 今確かにそう感じるのさ 憂鬱な雨の日も 輝ける明日も 今確かに君がいるのさ  君がここにいる
化ケモノ青年「おい 今夜は酒もってこい いいから酒もってこい こいよ もってこいよ いいから酒もってこい  テレビを消しとくれ 部屋の調度品を捨ててくれ 本を捨てとくれ 新聞を捨ててくれ  おい 今夜は酒もってこい いいから酒もってこい そこらにおいてくれ、 考えごとをしてるんだ  テレビを消してくれ 部屋の調度品を捨ててくれ 電気を消してくれ 月を見てたんだ」  「『あら お父さん、今夜は機嫌が悪いわ』 と 母は思っただろう。」  Hey アノ19世紀以来 今日に至るまで この国の男の魂は いつだって右往左往 アノ19世紀以来 化ケモノ青年よ この国の男は 化ケモノ青年  青春の残像がフイをついてやってくる 悪魔の慟哭 こっちへおいでよ 我々をおとしめる 我々を泣かせてしまう 青春の慟哭 悪魔の囁き  「そう人生の役割 演じられぬヤツはクズだ」男は首を振った  Hey アノ19世紀以来 今日に至るまで この国の男の魂は右往左往 アノ19世紀以来 化ケモノ青年よ この国の男は 化ケモノ青年  「アイスル人にのみ 笑顔を捧げろ」つぶやいて泣いた 化ケモノ青年  「おい 今夜は酒もってこい いいから いいから 酒もってこい こいよ 酒もってこい いいから酒もってこい  アノ19世紀以来 男の歴史とは 己のイメージと相克の歴史 アノ19世紀以来 男の歴史とは 己のイメージと相克の歴史 アノ19世紀以来 男の歴史とは 己のイメージと相克の歴史 アノ19世紀以来…エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次「おい 今夜は酒もってこい いいから酒もってこい こいよ もってこいよ いいから酒もってこい  テレビを消しとくれ 部屋の調度品を捨ててくれ 本を捨てとくれ 新聞を捨ててくれ  おい 今夜は酒もってこい いいから酒もってこい そこらにおいてくれ、 考えごとをしてるんだ  テレビを消してくれ 部屋の調度品を捨ててくれ 電気を消してくれ 月を見てたんだ」  「『あら お父さん、今夜は機嫌が悪いわ』 と 母は思っただろう。」  Hey アノ19世紀以来 今日に至るまで この国の男の魂は いつだって右往左往 アノ19世紀以来 化ケモノ青年よ この国の男は 化ケモノ青年  青春の残像がフイをついてやってくる 悪魔の慟哭 こっちへおいでよ 我々をおとしめる 我々を泣かせてしまう 青春の慟哭 悪魔の囁き  「そう人生の役割 演じられぬヤツはクズだ」男は首を振った  Hey アノ19世紀以来 今日に至るまで この国の男の魂は右往左往 アノ19世紀以来 化ケモノ青年よ この国の男は 化ケモノ青年  「アイスル人にのみ 笑顔を捧げろ」つぶやいて泣いた 化ケモノ青年  「おい 今夜は酒もってこい いいから いいから 酒もってこい こいよ 酒もってこい いいから酒もってこい  アノ19世紀以来 男の歴史とは 己のイメージと相克の歴史 アノ19世紀以来 男の歴史とは 己のイメージと相克の歴史 アノ19世紀以来 男の歴史とは 己のイメージと相克の歴史 アノ19世紀以来…
おかみさん2100年 宇宙旅行 空気清澄 自動歩行器 おかみさん 布団干す 南向きに 布団干す  2100年 世界政府 生命延長 人口減少 おかみさん 布団干す ベランダに おかみさん  電気自動車擦れ違う 静かなその往来 木々の緑 目に眩しい 清潔な公園 ウーイエー  ヘイヘイエイ 胸には恋の花 ヘイ 夕方取り込む 鼻歌交じり おかみさん  2100年 空中散歩 気温上昇 巨大イチゴ おやじさん 涙流す 月見て おやじさん…  日暮れて 大きな赤い月浮かんだ東京 廃墟とも見まごう 静寂の青山通り ウーイエー  ヘイへイエイ 胸には敗れし野望 ヘイ おやじさん あんた 辛抱強いな 進歩しねえな  熱帯夜の月 不気味なシルエットの東京タワー 振り仰ぐ者無き いにしえの光の残像 ウーイエー  ヘイへイエイ 胸には敗れし野望 ヘイ おやじさん あんた 辛抱強いな 進歩しねえな  ヘイへイエイ 今日も東からお日様昇って 広がった青空 布団干す おかみさんエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次2100年 宇宙旅行 空気清澄 自動歩行器 おかみさん 布団干す 南向きに 布団干す  2100年 世界政府 生命延長 人口減少 おかみさん 布団干す ベランダに おかみさん  電気自動車擦れ違う 静かなその往来 木々の緑 目に眩しい 清潔な公園 ウーイエー  ヘイヘイエイ 胸には恋の花 ヘイ 夕方取り込む 鼻歌交じり おかみさん  2100年 空中散歩 気温上昇 巨大イチゴ おやじさん 涙流す 月見て おやじさん…  日暮れて 大きな赤い月浮かんだ東京 廃墟とも見まごう 静寂の青山通り ウーイエー  ヘイへイエイ 胸には敗れし野望 ヘイ おやじさん あんた 辛抱強いな 進歩しねえな  熱帯夜の月 不気味なシルエットの東京タワー 振り仰ぐ者無き いにしえの光の残像 ウーイエー  ヘイへイエイ 胸には敗れし野望 ヘイ おやじさん あんた 辛抱強いな 進歩しねえな  ヘイへイエイ 今日も東からお日様昇って 広がった青空 布団干す おかみさん
勉強オレ現在・過去・未来・宇宙・空・ニッポン・町・人・そしてオレ 明日までの宿題だ 克己心をもって勝負だ  ああ 死ぬまでの宿題だ 物欲と同等以上の勝利の証を 今すぐ探せ  とどまらないオレのこの生命力 言い訳・弱体・卑屈・妄想・祈り・怠惰・退屈・無知… おのれと勝負するのさ 勉強だ 勉強 勉強しろ 勉強オレ  不可思議・浅薄・甘美・興醒め・魔力・本能・そして女 明日までの宿題だ 女をよく観察しろ  女たちの中には オレ以上のオレが確かに住んでいるが ちょっと待て 観察だ  やつらも相当本気で生きてる 恋愛魂・玉碎精神・夢・愛・歓喜・人生… 魅惑的かつ文学的 されど観察 距離をおいて哲学オレ  現在・過去・未来・宇宙・空・ニッポン・町・人・そしてオレ  ああ 死ぬまでの宿題だ 物欲と同等以上の勝利の証を 今すぐ探せ 勝負だ  とどまらないオレのこの生命力 言い訳・弱体・卑屈・妄想・祈り・怠惰・退屈・無知… おのれと勝負するのさ 勉強だ 勉強 勉強しろ 勉強オレ  勉強オレエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次現在・過去・未来・宇宙・空・ニッポン・町・人・そしてオレ 明日までの宿題だ 克己心をもって勝負だ  ああ 死ぬまでの宿題だ 物欲と同等以上の勝利の証を 今すぐ探せ  とどまらないオレのこの生命力 言い訳・弱体・卑屈・妄想・祈り・怠惰・退屈・無知… おのれと勝負するのさ 勉強だ 勉強 勉強しろ 勉強オレ  不可思議・浅薄・甘美・興醒め・魔力・本能・そして女 明日までの宿題だ 女をよく観察しろ  女たちの中には オレ以上のオレが確かに住んでいるが ちょっと待て 観察だ  やつらも相当本気で生きてる 恋愛魂・玉碎精神・夢・愛・歓喜・人生… 魅惑的かつ文学的 されど観察 距離をおいて哲学オレ  現在・過去・未来・宇宙・空・ニッポン・町・人・そしてオレ  ああ 死ぬまでの宿題だ 物欲と同等以上の勝利の証を 今すぐ探せ 勝負だ  とどまらないオレのこの生命力 言い訳・弱体・卑屈・妄想・祈り・怠惰・退屈・無知… おのれと勝負するのさ 勉強だ 勉強 勉強しろ 勉強オレ  勉強オレ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
昨日よ我らは心安らかに歩みて ふたりきりだと信じ合った ああ ふたりは新緑の中を歩んでた 定めは違ってた 昨日よ 誠に気持のいい眺めさ それゆえ生きてる 美しい部分が フイに麻痺して感激をもつきおとす 共に失う昨日 魅力的な昨日 昨日 昨日のふたり  過去はいっさいを美しくしてしまうなら  生きてるもっとも美しい瞬間(とき)が  過去にあるなら… 夏の日の夜 春の新緑の季節を… ふたり感じ合ってた日々 心の幸をここにして 覚ゆるこの全ての静寂に  実(げ)に楽しき 限りなく限りなく ああ昨日よエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次我らは心安らかに歩みて ふたりきりだと信じ合った ああ ふたりは新緑の中を歩んでた 定めは違ってた 昨日よ 誠に気持のいい眺めさ それゆえ生きてる 美しい部分が フイに麻痺して感激をもつきおとす 共に失う昨日 魅力的な昨日 昨日 昨日のふたり  過去はいっさいを美しくしてしまうなら  生きてるもっとも美しい瞬間(とき)が  過去にあるなら… 夏の日の夜 春の新緑の季節を… ふたり感じ合ってた日々 心の幸をここにして 覚ゆるこの全ての静寂に  実(げ)に楽しき 限りなく限りなく ああ昨日よ
何も無き一夜何も無き一夜 部屋の中 ねころびながら ひとりでうたっていた  昼間見た世間を 働く人の姿を思い 部屋の中で 今日も ひとり  何もない一夜のなぐさみよ タバコを吸いながら はなうたをうたっていた  この世にはわが身ばかりがありて 沈沈と更ける夜と遊び 得意を机上にばらまいてくらした 働く人々を横目でながめた  何もない一夜のなぐさみよ 机に身をよせて はなうたをうたっていた  働いた 疲れて寝た 働いた 疲れて寝た ああ 夢を追わなきゃならない  何も無き夜 一夜のなぐさみに 机に身をよせて はなうたをうたっていたエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次何も無き一夜 部屋の中 ねころびながら ひとりでうたっていた  昼間見た世間を 働く人の姿を思い 部屋の中で 今日も ひとり  何もない一夜のなぐさみよ タバコを吸いながら はなうたをうたっていた  この世にはわが身ばかりがありて 沈沈と更ける夜と遊び 得意を机上にばらまいてくらした 働く人々を横目でながめた  何もない一夜のなぐさみよ 机に身をよせて はなうたをうたっていた  働いた 疲れて寝た 働いた 疲れて寝た ああ 夢を追わなきゃならない  何も無き夜 一夜のなぐさみに 机に身をよせて はなうたをうたっていた
めんどくせい面倒くさいなんて台詞は 僕は口癖にしたくなかったけど  山と積まれたこの仕事が ああ嫌になっちゃうぜ 今日も続くよ  何てえこったい バカバカしい こんな気持ちで頭にきても  ああ嫌になっちゃうぜ そのうち俺も 空を見て 鼻がキューンとなって 夢を見て 鼻がキューンとなって  何てこった 何てこった 神よ魔王よ この不幸な男を 憐れみたまえ 憐れみたまえ 何てこった 何てこった 何てこった 何てこった 何てこった (神よ魔王よ この不幸な男を) 何てこった 何てこった 何てこった (憐れみたまえ 憐れみたまえ)  面倒くさいのが人生だなんて ああ嫌になっちゃうぜ どこまでも続くよ  ああ嫌になっちゃうぜ このまま俺は 空を見て 鼻がキューンとなって 夢を見て 鼻がキューンとなって  嫌になっちゃうぜ そのうち俺も 夢を見て 鼻がキューンとなって  俺も そのうち俺もエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次面倒くさいなんて台詞は 僕は口癖にしたくなかったけど  山と積まれたこの仕事が ああ嫌になっちゃうぜ 今日も続くよ  何てえこったい バカバカしい こんな気持ちで頭にきても  ああ嫌になっちゃうぜ そのうち俺も 空を見て 鼻がキューンとなって 夢を見て 鼻がキューンとなって  何てこった 何てこった 神よ魔王よ この不幸な男を 憐れみたまえ 憐れみたまえ 何てこった 何てこった 何てこった 何てこった 何てこった (神よ魔王よ この不幸な男を) 何てこった 何てこった 何てこった (憐れみたまえ 憐れみたまえ)  面倒くさいのが人生だなんて ああ嫌になっちゃうぜ どこまでも続くよ  ああ嫌になっちゃうぜ このまま俺は 空を見て 鼻がキューンとなって 夢を見て 鼻がキューンとなって  嫌になっちゃうぜ そのうち俺も 夢を見て 鼻がキューンとなって  俺も そのうち俺も
過ぎゆく日々笑顔もてやさしげに この俺は言葉をかけた。 ひからびた情熱は、ただ過ぎるくらしの中へ消えた。 涙もて目を上げた。この俺は高きを見つめ、 うちふりし情熱は、ただ過ぎるくらしの中へ 消えた。  人の世にありて、過ぎゆく日々に身をおけば、 太陽俺に照りて、日々ゆくくらしがあった。  笑顔もてやさしげに この俺に言葉をかけていた、 強き人のまなざしはただ、うちすぎる くらしのなかへ消えた。  うちすぎるくらしの中俺は日々過ごした。 過ぎる日々よ、教えてくれよ。 この俺にも生活をどうか。 教えてくれよ。おれには待ちのぞむ日々のありしことを。 さあ、待ちのぞむ人があると。 希望ありしことを。  過ぎゆく日々よ。いかり、喜び、死にゆくのか。 俺は。  笑顔もてやさしげに この俺は言葉をかけた。 ひからびし情熱は、ただ過ぎるくらしの中へ 消えた。  うちすぎるくらしの中俺は日々過ごした。 過ぎる日々よ、教えてくれよ。  この俺には待ちのぞむ日々のありしことを。 俺は働く。日々過ごすため、くらしゆくため。 過ぎる日々よ。享楽のときを、苦しきときを 飲み込んでゆく。  過ぎる日々よ。やさしき日々よ。  酒を飲んだ。本を読み散らした。 過ぎゆく日々を俺は過ごしゆくために。 過ぎゆく日々に君は何をしてるだろうか。エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次笑顔もてやさしげに この俺は言葉をかけた。 ひからびた情熱は、ただ過ぎるくらしの中へ消えた。 涙もて目を上げた。この俺は高きを見つめ、 うちふりし情熱は、ただ過ぎるくらしの中へ 消えた。  人の世にありて、過ぎゆく日々に身をおけば、 太陽俺に照りて、日々ゆくくらしがあった。  笑顔もてやさしげに この俺に言葉をかけていた、 強き人のまなざしはただ、うちすぎる くらしのなかへ消えた。  うちすぎるくらしの中俺は日々過ごした。 過ぎる日々よ、教えてくれよ。 この俺にも生活をどうか。 教えてくれよ。おれには待ちのぞむ日々のありしことを。 さあ、待ちのぞむ人があると。 希望ありしことを。  過ぎゆく日々よ。いかり、喜び、死にゆくのか。 俺は。  笑顔もてやさしげに この俺は言葉をかけた。 ひからびし情熱は、ただ過ぎるくらしの中へ 消えた。  うちすぎるくらしの中俺は日々過ごした。 過ぎる日々よ、教えてくれよ。  この俺には待ちのぞむ日々のありしことを。 俺は働く。日々過ごすため、くらしゆくため。 過ぎる日々よ。享楽のときを、苦しきときを 飲み込んでゆく。  過ぎる日々よ。やさしき日々よ。  酒を飲んだ。本を読み散らした。 過ぎゆく日々を俺は過ごしゆくために。 過ぎゆく日々に君は何をしてるだろうか。
I am happyいつもの人生 けっこう目玉を開けたら その日の気分の良し悪し この後何年続くか知らねえが そう  あいつら憎らし 豊かに暮らして 俺達そこそこ元気に暮らして インチキ 金もち 無限にいるけどよ そう  後は いつもの人生 baby many tired でも 一緒に遊ぼう very very happy 何だか知らねえけど 明日もがんばりましょう  今日も総理大臣 アホ面こいて 説得力ないけど エラそうなフリして 俺はあんなの好きじゃないけどよ そう  あいつら憎らし 豊かにお暮らし 俺達そこそこ元気に暮らして インチキ野郎が エラそうにしてるけどよ そう  後は いつもの人生 baby many tired でも 一緒に遊ぼう very very happy 何だか知らねえけど 明日もがんばりましょう  後は いつもの人生 baby many tired でも 一緒に遊ぼう very very happy 何だか知らねえけど 明日もがんばりましょう  I am happy あいつら関係なかったよ そう ニッポン国 tired 我等の時代を そう そう  でも死んじゃうのよ...  いつもの人生1200人 どいつもこいつも生まれてきてから ない知恵絞って快楽人生をめざして 何だかわかんないけどお迎えくるまで まっしぐらに休む暇なく生きてるけどさ  いつもの人生こんなのありかよ 日本一億 日の玉いじけて 小ずるい奴等がおとなの面してよ 俺にはぜんぜん関係ないんだ 実際まったくおかまいないんだ 我等のルールで これから Go!  あとは10年たったら good-bye リーダーで あなたの時代を懐かしんで 我等の時代を生きて行くでしょう  そういう訳なの人生 very very tired でも 一緒に遊ぼう very very happy 何だか知らねえけど 明日もがんばりましょうエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次いつもの人生 けっこう目玉を開けたら その日の気分の良し悪し この後何年続くか知らねえが そう  あいつら憎らし 豊かに暮らして 俺達そこそこ元気に暮らして インチキ 金もち 無限にいるけどよ そう  後は いつもの人生 baby many tired でも 一緒に遊ぼう very very happy 何だか知らねえけど 明日もがんばりましょう  今日も総理大臣 アホ面こいて 説得力ないけど エラそうなフリして 俺はあんなの好きじゃないけどよ そう  あいつら憎らし 豊かにお暮らし 俺達そこそこ元気に暮らして インチキ野郎が エラそうにしてるけどよ そう  後は いつもの人生 baby many tired でも 一緒に遊ぼう very very happy 何だか知らねえけど 明日もがんばりましょう  後は いつもの人生 baby many tired でも 一緒に遊ぼう very very happy 何だか知らねえけど 明日もがんばりましょう  I am happy あいつら関係なかったよ そう ニッポン国 tired 我等の時代を そう そう  でも死んじゃうのよ...  いつもの人生1200人 どいつもこいつも生まれてきてから ない知恵絞って快楽人生をめざして 何だかわかんないけどお迎えくるまで まっしぐらに休む暇なく生きてるけどさ  いつもの人生こんなのありかよ 日本一億 日の玉いじけて 小ずるい奴等がおとなの面してよ 俺にはぜんぜん関係ないんだ 実際まったくおかまいないんだ 我等のルールで これから Go!  あとは10年たったら good-bye リーダーで あなたの時代を懐かしんで 我等の時代を生きて行くでしょう  そういう訳なの人生 very very tired でも 一緒に遊ぼう very very happy 何だか知らねえけど 明日もがんばりましょう
moonlight magicいつか退屈な毎日に沈み込んでゆく 憂鬱な魂に押しつぶされそうな男が探してる 「魂よ旅へ行こう!」 机の上に地図を拡げて 北の方かそれとも東へ?  心はいつも駆け巡る ココじゃあない知らない場所へ 夜の帳(とばり)がおりた 部屋の中暗くて 窓の外 月が街中照らしてる  いっそ裸の心ではしゃぎまわれたら 「空さえ飛べるかもしれない」なんて彼女は夢見てる 何をしててもどっか物思わしげな素振りで 逃れられないひとりの孤独の中へ帰ってゆく  「息をひそめ連れ去ってよ 過去も未来も無い世界へ 生きてる今のすべてが感じられる場所」 窓の外 月が街中照らしてる  moonlight magic moonlight magic moonlight magic 雲の切れ間に 青い月の光 明日は晴れるだろう  いつか懶惰(らんだ)な生活に沈み込んでしまったのかい? 思い出ばかりが胸を焦がす夜に求めてる 「魂よ旅へ行こう!」 頭の中に地図を描いて 西の方かそれとも南へ?  心はいつも駆け巡る ココじゃあない知らない場所へ 夜の帳がおり明日を夢見て眠る 窓の外 月が街中照らしてる  moonlight magic moonlight magicエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次いつか退屈な毎日に沈み込んでゆく 憂鬱な魂に押しつぶされそうな男が探してる 「魂よ旅へ行こう!」 机の上に地図を拡げて 北の方かそれとも東へ?  心はいつも駆け巡る ココじゃあない知らない場所へ 夜の帳(とばり)がおりた 部屋の中暗くて 窓の外 月が街中照らしてる  いっそ裸の心ではしゃぎまわれたら 「空さえ飛べるかもしれない」なんて彼女は夢見てる 何をしててもどっか物思わしげな素振りで 逃れられないひとりの孤独の中へ帰ってゆく  「息をひそめ連れ去ってよ 過去も未来も無い世界へ 生きてる今のすべてが感じられる場所」 窓の外 月が街中照らしてる  moonlight magic moonlight magic moonlight magic 雲の切れ間に 青い月の光 明日は晴れるだろう  いつか懶惰(らんだ)な生活に沈み込んでしまったのかい? 思い出ばかりが胸を焦がす夜に求めてる 「魂よ旅へ行こう!」 頭の中に地図を描いて 西の方かそれとも南へ?  心はいつも駆け巡る ココじゃあない知らない場所へ 夜の帳がおり明日を夢見て眠る 窓の外 月が街中照らしてる  moonlight magic moonlight magic
GT走りなれたるこの道を 車走らっせ 急ぎ走らっせ あんな所に木が立ってたのか ああ気づかず まったく気づかず  ああっと言う暇ありゃ今日になる ああ知らなんだ まったく知らなんだ ぼうっとするのも忘れてた 日が沈んでた 涙ためたる笑い顔 今夜急ぎ車走らせる  肩を並べて歩くのは なぜか本当に久しぶりだね 映画でも見るのもいいし とりあえず ぷらぷらしてよう 涙ためたる笑い顔 つかの間の夢さえも すり減らす  涙ためたる笑い顔 つかの間の夢さえも 今夜急ぎ車走らせる 走らせるエレファントカシマシ高緑成治・宮本浩次高緑成治走りなれたるこの道を 車走らっせ 急ぎ走らっせ あんな所に木が立ってたのか ああ気づかず まったく気づかず  ああっと言う暇ありゃ今日になる ああ知らなんだ まったく知らなんだ ぼうっとするのも忘れてた 日が沈んでた 涙ためたる笑い顔 今夜急ぎ車走らせる  肩を並べて歩くのは なぜか本当に久しぶりだね 映画でも見るのもいいし とりあえず ぷらぷらしてよう 涙ためたる笑い顔 つかの間の夢さえも すり減らす  涙ためたる笑い顔 つかの間の夢さえも 今夜急ぎ車走らせる 走らせる
極楽大将生活賛歌極楽大将生活賛歌元気な大将生活賛歌 哀れな大将全てが希望極楽大将生活賛歌 老いも若きもお前も俺もみんなで仲良く極楽大将 楽しくやろうぜ極楽世界極楽大将生活賛歌 はいいってみよう  真暗闇だよこの世は闇よ無能の故か不努力の果てか この世の無情のためとやら青白大将生活賛歌  極楽仲間と無力な愚痴でご機嫌野郎が生活賛歌 思いやり大将こずるい大将極悪大将も生活賛歌  (セリフ) 貧乏だって無力だって何だってこの世のエキス  極楽大将何処へ行くとどまらぬその生命力 極楽大将何処へ行く  木枯らしの吹く中吹く中に血と涙忘れずに 仲間と協力を惜しまずに 進め極楽大将前へ前へと進め  極楽大将何処へ行くとどまらぬその生命力 極楽大将何処へ行く  (セリフ) お前が死んだって何やったって誰も何にも言わないよ やれるもんならやってみろ 何処へ行く 極楽大将生活賛歌元気な大将生活賛歌 憐れな大将全てが希望 にいちゃんもねえちゃんもとうちゃんもかあちゃんも 老いも若きもおめえも俺もみんなまとめて極楽大将 楽しくやろうぜ極楽世界望みは高いぜ あの世の極楽浄土 あの世の極楽浄土 あの世の極楽浄土エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次極楽大将生活賛歌元気な大将生活賛歌 哀れな大将全てが希望極楽大将生活賛歌 老いも若きもお前も俺もみんなで仲良く極楽大将 楽しくやろうぜ極楽世界極楽大将生活賛歌 はいいってみよう  真暗闇だよこの世は闇よ無能の故か不努力の果てか この世の無情のためとやら青白大将生活賛歌  極楽仲間と無力な愚痴でご機嫌野郎が生活賛歌 思いやり大将こずるい大将極悪大将も生活賛歌  (セリフ) 貧乏だって無力だって何だってこの世のエキス  極楽大将何処へ行くとどまらぬその生命力 極楽大将何処へ行く  木枯らしの吹く中吹く中に血と涙忘れずに 仲間と協力を惜しまずに 進め極楽大将前へ前へと進め  極楽大将何処へ行くとどまらぬその生命力 極楽大将何処へ行く  (セリフ) お前が死んだって何やったって誰も何にも言わないよ やれるもんならやってみろ 何処へ行く 極楽大将生活賛歌元気な大将生活賛歌 憐れな大将全てが希望 にいちゃんもねえちゃんもとうちゃんもかあちゃんも 老いも若きもおめえも俺もみんなまとめて極楽大将 楽しくやろうぜ極楽世界望みは高いぜ あの世の極楽浄土 あの世の極楽浄土 あの世の極楽浄土
漂う人の性(さが)夢から醒めし人よ 生まれたばかりの人 見渡す街の灯りは変わらなく見えても 昨日までとは違う よろこびに飢えた人 潜みしそのプライドに かけて歩み出せよ  さあ出かけよう 五分先へ行こう 支配者たる時が 息の音を止めるまで 帰らない過去が 無情への扉 今すぐ辿り着ける明日へ 漂う 明日へ  全てを知ってるくせに 動けぬまま引きずった 見渡す人の情けは 悪魔のように優しく まるで死への誘(いざな)い まるで自然の摂理 ただくるまれしプライドを かけて歩み出せよ  昇り来るぶざまな太陽 一瞬で彩り変える大地に俺は聞いた 素直であるとは戦わぬことなのか? やけにはしゃぎたがるその胸が 死に抗(あらが)う人の魂なのか?  明け方の空赤く滲んで まるで俺を死に誘(いざな)うように  夢から醒めし人よ 生まれたばかりの人 見渡す街の気配は変わらなく見えても 刹那の光射して よろこびに飢えた人 潜みしそのプライドに かけて歩み出せよ  さあ滅びよう まどろみつつゆこう 支配者たる時が息の根を止めるまで 帰らない過去は 無情への扉 今すぐ辿り着ける明日は 漂う 人の性(さが)  時からのメッセージ それは破滅を遥か臨むより 俺が破滅へ向かって力強く歩むこと 潜みしそのプライドにかけて歩み出せよエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次夢から醒めし人よ 生まれたばかりの人 見渡す街の灯りは変わらなく見えても 昨日までとは違う よろこびに飢えた人 潜みしそのプライドに かけて歩み出せよ  さあ出かけよう 五分先へ行こう 支配者たる時が 息の音を止めるまで 帰らない過去が 無情への扉 今すぐ辿り着ける明日へ 漂う 明日へ  全てを知ってるくせに 動けぬまま引きずった 見渡す人の情けは 悪魔のように優しく まるで死への誘(いざな)い まるで自然の摂理 ただくるまれしプライドを かけて歩み出せよ  昇り来るぶざまな太陽 一瞬で彩り変える大地に俺は聞いた 素直であるとは戦わぬことなのか? やけにはしゃぎたがるその胸が 死に抗(あらが)う人の魂なのか?  明け方の空赤く滲んで まるで俺を死に誘(いざな)うように  夢から醒めし人よ 生まれたばかりの人 見渡す街の気配は変わらなく見えても 刹那の光射して よろこびに飢えた人 潜みしそのプライドに かけて歩み出せよ  さあ滅びよう まどろみつつゆこう 支配者たる時が息の根を止めるまで 帰らない過去は 無情への扉 今すぐ辿り着ける明日は 漂う 人の性(さが)  時からのメッセージ それは破滅を遥か臨むより 俺が破滅へ向かって力強く歩むこと 潜みしそのプライドにかけて歩み出せよ
ネヴァーエンディングストーリーネヴァーエンディングストーリー 朝迎えて 何気ない君の言葉 胸に突き刺さる  鳥が空舞うように 俺も生きられりゃあ いくつも追い越してきた希望 再び目醒めるかな?  もうすぐさbaby! まぶしい朝の光 一切がビューティフル! やがて日々の義務に駆り立てる  もう二度と戻らないこの時を 俺の全部精一杯でふたりいろに染める旅へ  ネヴァーエンディングストーリー 君が笑った 今日はきっと昨日よりも素敵になりそうさ  日曜日の街 人波にもまれ 聳えるビル もう君を二度と 見失なわないように  もうすぐさbaby! 夕暮れが街赤くする 一切がワンダフル! やがて人は家路へと急ぐ  もう二度と戻らない今日一日を 俺の全部精一杯でふたりいろに染める旅へ  もうすぐさbaby! 闇が涙さえ覆い尽くす 一切がダイヤモンド! やがて目覚める世界を待つ  夜の沈黙(しじま)に浮かぶ都会の星は 点滅するビルの光より果敢なくて  過ぎ去れば帰らない毎日を 俺の全部精一杯で君に捧げる そんな明日へ  ネヴァーエンディングストーリー…エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次ネヴァーエンディングストーリー 朝迎えて 何気ない君の言葉 胸に突き刺さる  鳥が空舞うように 俺も生きられりゃあ いくつも追い越してきた希望 再び目醒めるかな?  もうすぐさbaby! まぶしい朝の光 一切がビューティフル! やがて日々の義務に駆り立てる  もう二度と戻らないこの時を 俺の全部精一杯でふたりいろに染める旅へ  ネヴァーエンディングストーリー 君が笑った 今日はきっと昨日よりも素敵になりそうさ  日曜日の街 人波にもまれ 聳えるビル もう君を二度と 見失なわないように  もうすぐさbaby! 夕暮れが街赤くする 一切がワンダフル! やがて人は家路へと急ぐ  もう二度と戻らない今日一日を 俺の全部精一杯でふたりいろに染める旅へ  もうすぐさbaby! 闇が涙さえ覆い尽くす 一切がダイヤモンド! やがて目覚める世界を待つ  夜の沈黙(しじま)に浮かぶ都会の星は 点滅するビルの光より果敢なくて  過ぎ去れば帰らない毎日を 俺の全部精一杯で君に捧げる そんな明日へ  ネヴァーエンディングストーリー…
星くずの中のジパング明日また会おう 今日は帰らう もう寝よう ああ 星空で ああ明日は晴れ きっと晴れ そうだよ晴れ ああ ラ・ラ・ラ・空…  ″義によって死んだヒーロー″ 星くずの中のジパング しじまのコミュニケーション ニューヒーローが生まれてる  んん、町の隅々から感じらる強いオーラ話しかける 「未来は何処」ぼくらまだ なぜか答えられないんだ  ″義によって死んだヒーロー″ 星くずの中のジパング ウー 強いあこがれの場所 ああ 星くずの中のパラダイス  明日また会おう 今日は帰らう もう寝よう ああ 星空で 風が吹いて きっと晴れ そうだよ晴れ ああ ラ・ラ・ラ・空…  ″義によって死んだヒーロー″ 星くずの中のジパング しじまのコミュニケーション ニューヒーローが生まれてる  ウー 未来と一緒に 生きている 歩んでる ウー 強い男に 強い男にならう  (さあいってみよう)  星くずの中のジパング ニューヒーローは生まれてる…エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次明日また会おう 今日は帰らう もう寝よう ああ 星空で ああ明日は晴れ きっと晴れ そうだよ晴れ ああ ラ・ラ・ラ・空…  ″義によって死んだヒーロー″ 星くずの中のジパング しじまのコミュニケーション ニューヒーローが生まれてる  んん、町の隅々から感じらる強いオーラ話しかける 「未来は何処」ぼくらまだ なぜか答えられないんだ  ″義によって死んだヒーロー″ 星くずの中のジパング ウー 強いあこがれの場所 ああ 星くずの中のパラダイス  明日また会おう 今日は帰らう もう寝よう ああ 星空で 風が吹いて きっと晴れ そうだよ晴れ ああ ラ・ラ・ラ・空…  ″義によって死んだヒーロー″ 星くずの中のジパング しじまのコミュニケーション ニューヒーローが生まれてる  ウー 未来と一緒に 生きている 歩んでる ウー 強い男に 強い男にならう  (さあいってみよう)  星くずの中のジパング ニューヒーローは生まれてる…
なぜだか、俺は祈ってゐた。子供の頃俺は、毎日精一杯生きて、いつの日か誰かの為に 格好よく死にたいと、そればかり思って、 涙流してゐた。 涙を流してた。  季節は過ぎて、いつしか俺はそんなこと忘れてゐた。  さよなら、愛しき日々よ。 さよなら、愛しき今日よ。  素直に今を生きられりゃあ、どんなに、どんなにいいだらう。 素直に生きてゆけりゃあ。  遠くビルの向かうに、光る星に願ひをかけよう。 俺は祈った。忘れてしまった 遠い遠い月日に。 俺は祈った。めぐり合ひし人々に、感謝したのさ。 なぜだか、そんなそんな気分だった。  さよなら、愛しき今日よ。 さよなら、愛しき日々よ。  素直に今を生きられりゃあ、どんなに、どんなにいいだらう。 素直に生きてゆけりゃあ。  丘の上にのぼって見下ろす町の景色。 なぜだか俺は祈ってゐた。 今この瞬間を。エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次子供の頃俺は、毎日精一杯生きて、いつの日か誰かの為に 格好よく死にたいと、そればかり思って、 涙流してゐた。 涙を流してた。  季節は過ぎて、いつしか俺はそんなこと忘れてゐた。  さよなら、愛しき日々よ。 さよなら、愛しき今日よ。  素直に今を生きられりゃあ、どんなに、どんなにいいだらう。 素直に生きてゆけりゃあ。  遠くビルの向かうに、光る星に願ひをかけよう。 俺は祈った。忘れてしまった 遠い遠い月日に。 俺は祈った。めぐり合ひし人々に、感謝したのさ。 なぜだか、そんなそんな気分だった。  さよなら、愛しき今日よ。 さよなら、愛しき日々よ。  素直に今を生きられりゃあ、どんなに、どんなにいいだらう。 素直に生きてゆけりゃあ。  丘の上にのぼって見下ろす町の景色。 なぜだか俺は祈ってゐた。 今この瞬間を。
夜の道街灯の影 二つ揺れる 街はいつか秋で 月の光さへ昨日よりもっと冴えてる気がするね  話かける君の声に 俺はうなずきながら うわの空で生きて死ぬ人生の事なんか考えていた 俺は今日を重ね日々のいろんな思い 昔からのシナリオ通りに歩むだけなのに…ああ  街灯の影 二つ揺れる 街はいつか秋で 風が吹いて秋のにおい運ぶ夜の道  遠くから近くから時は流れる  ゆれてる風に雲の形面白いねなんてさ 話してたら…ああ  街灯の影 二つ揺れる 街はいつか秋で 部屋に帰ろう 少し寄り添う二つの影 夜の道 夜の道エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次街灯の影 二つ揺れる 街はいつか秋で 月の光さへ昨日よりもっと冴えてる気がするね  話かける君の声に 俺はうなずきながら うわの空で生きて死ぬ人生の事なんか考えていた 俺は今日を重ね日々のいろんな思い 昔からのシナリオ通りに歩むだけなのに…ああ  街灯の影 二つ揺れる 街はいつか秋で 風が吹いて秋のにおい運ぶ夜の道  遠くから近くから時は流れる  ゆれてる風に雲の形面白いねなんてさ 話してたら…ああ  街灯の影 二つ揺れる 街はいつか秋で 部屋に帰ろう 少し寄り添う二つの影 夜の道 夜の道
いつものとおり友と会えばいつもの調子 話し合うよいつもの話題を こもりおる部屋はいつもの様子 蝉鳴きしきる真夏の暑さよ 金のためだろが 女のためだろが 酔いある暮らしの楽しさよ 酔い醒(ざ)めし頭 醒め果てた姿の ひとりぼっちの哀しさよ  いつものとおり 目を開ければいつもの部屋の中にいた ああ今日もいずれ ああ今日もいずれ いつものとおりだろう  彼女と会えばいつもの調子 仕事に出づればいつもの様子 休日となればいつものとおり 散歩に出る いつものとおり  何處(どこ)へ行くやら 何處でも そう何處でも歩き回ることだ 空染まるまで歩いたら 話のたねのひとつはあるだろう  友と会えばいつものとおり 親を見れば長生きを望み いつもどおりなる通りを いつもどおりの時間に いつもどおりに通り行く  いつものとおり 目を開ければいつもの部屋の中にいた お前に会えば 調子はどうだと俺は言うのだろう そういつものとおり いつもの時間に眠たくなってきた ああいつものとおり 明日からまた いつものとおりだろうエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次友と会えばいつもの調子 話し合うよいつもの話題を こもりおる部屋はいつもの様子 蝉鳴きしきる真夏の暑さよ 金のためだろが 女のためだろが 酔いある暮らしの楽しさよ 酔い醒(ざ)めし頭 醒め果てた姿の ひとりぼっちの哀しさよ  いつものとおり 目を開ければいつもの部屋の中にいた ああ今日もいずれ ああ今日もいずれ いつものとおりだろう  彼女と会えばいつもの調子 仕事に出づればいつもの様子 休日となればいつものとおり 散歩に出る いつものとおり  何處(どこ)へ行くやら 何處でも そう何處でも歩き回ることだ 空染まるまで歩いたら 話のたねのひとつはあるだろう  友と会えばいつものとおり 親を見れば長生きを望み いつもどおりなる通りを いつもどおりの時間に いつもどおりに通り行く  いつものとおり 目を開ければいつもの部屋の中にいた お前に会えば 調子はどうだと俺は言うのだろう そういつものとおり いつもの時間に眠たくなってきた ああいつものとおり 明日からまた いつものとおりだろう
この円環のなかをこの円環のなかを どうどうめぐりするのはやめよう 俺を俺の流儀でゆかせてくれ  燃えている心を取り戻すのさ go go go ゆこうぜベイビーゆかせてくれ  よそう うおお とにかく会議ってヤツはもうたくさんだ  気苦労 取り越し苦労 俺を幸福にしてくれ その気がないなら せめて俺を せめて俺を ああ りこうにしてくれ もう一丁  この円環のなかを どうどうめぐりするのはやめだ 俺を俺の流儀でゆかせてくれ  逃げればいいか 掴めばいいか とにかく懐疑ってヤツはもうたくさんだエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次この円環のなかを どうどうめぐりするのはやめよう 俺を俺の流儀でゆかせてくれ  燃えている心を取り戻すのさ go go go ゆこうぜベイビーゆかせてくれ  よそう うおお とにかく会議ってヤツはもうたくさんだ  気苦労 取り越し苦労 俺を幸福にしてくれ その気がないなら せめて俺を せめて俺を ああ りこうにしてくれ もう一丁  この円環のなかを どうどうめぐりするのはやめだ 俺を俺の流儀でゆかせてくれ  逃げればいいか 掴めばいいか とにかく懐疑ってヤツはもうたくさんだ
ドビッシャー男新聞を読んで メシをかき込んで 出かけてゆくぜ 今日も爽やかに  正義のためさ 悪業のためさ 漂うロマンチック ああ 男の涙  昔の侍は 食わねど高楊枝さ プライドのためだけに ああ 死んじまうらしいぜ  女には 自由と愛が宿るという 男には その日暮らしと間抜けが宿る  男は侍さ 食わねど高楊枝さ 喜びも悲しみも ああ 体にあびて  真夜中過ぎに 都会の月を見て 涙流すという 本当さ 俺は知ってる  酔っぱらってんだ 腹が立ってんだ 顔だけ笑ってんだ 正義のためさ  男は侍さ 食わねど高楊枝さ 喜びも 悲しみも ああ 心にあびて  正義の味方 今だってそうさ 気取ってるらしいぜ 悪業きどり 堕天使きどり 滅びゆくものなのか  男は侍さ 食わねど高楊枝さ 俺たちは 俺たちは ああ ドビッシャー男エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次新聞を読んで メシをかき込んで 出かけてゆくぜ 今日も爽やかに  正義のためさ 悪業のためさ 漂うロマンチック ああ 男の涙  昔の侍は 食わねど高楊枝さ プライドのためだけに ああ 死んじまうらしいぜ  女には 自由と愛が宿るという 男には その日暮らしと間抜けが宿る  男は侍さ 食わねど高楊枝さ 喜びも悲しみも ああ 体にあびて  真夜中過ぎに 都会の月を見て 涙流すという 本当さ 俺は知ってる  酔っぱらってんだ 腹が立ってんだ 顔だけ笑ってんだ 正義のためさ  男は侍さ 食わねど高楊枝さ 喜びも 悲しみも ああ 心にあびて  正義の味方 今だってそうさ 気取ってるらしいぜ 悪業きどり 堕天使きどり 滅びゆくものなのか  男は侍さ 食わねど高楊枝さ 俺たちは 俺たちは ああ ドビッシャー男
starting over「どれくらい長い時間こうして俺たち過ごしただろうか?」 そこらのカセットかけて車は走る夏の白い道を 風が吹き込む車内 「暑いぜ」  遠い空 青い海 それぞれの思い頭かけ巡る 行く先が晴れなのか? それとも雨か? それさえ知らずに  そうしていつか町は変わり果て 取り残された浜辺の So many people, So many time  あのメロディー あの祈り 汗をかきながら車は走る 木陰で小休止 すごいくらいの夕焼けのシルエット  そうしてもう二度と戻りゃあしねぇ 言葉無く遠い空見上げる So many people, So many time  神様教えて俺のレゾリューション 夕立が過ぎ去って 鳴らすクラクション 「さあ行くか」  そして再び走り出す 夕立過ぎ去って 心 Don't let me down  そしてもう二度と戻りゃあしねえ 鐘が鳴る さぁ行くぜ So many people, So many people So many 最高の時を刻み付ける旅へエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次「どれくらい長い時間こうして俺たち過ごしただろうか?」 そこらのカセットかけて車は走る夏の白い道を 風が吹き込む車内 「暑いぜ」  遠い空 青い海 それぞれの思い頭かけ巡る 行く先が晴れなのか? それとも雨か? それさえ知らずに  そうしていつか町は変わり果て 取り残された浜辺の So many people, So many time  あのメロディー あの祈り 汗をかきながら車は走る 木陰で小休止 すごいくらいの夕焼けのシルエット  そうしてもう二度と戻りゃあしねぇ 言葉無く遠い空見上げる So many people, So many time  神様教えて俺のレゾリューション 夕立が過ぎ去って 鳴らすクラクション 「さあ行くか」  そして再び走り出す 夕立過ぎ去って 心 Don't let me down  そしてもう二度と戻りゃあしねえ 鐘が鳴る さぁ行くぜ So many people, So many people So many 最高の時を刻み付ける旅へ
人間って何だ人間って何だ?戦う存在。 いってみりゃあ自分を超えていく存在。 人間って何だ?未来の存在。 いうなりゃあ、安住にたてつく存在。  人間って何だ?勝利へ向かう存在。 凱歌挙ぐべく、邁進する存在。 人間って何だ?極める存在。 どの道なりと、堂々たる存在。  人間って何だ?叡智の存在。 喜びのため開拓する存在。 人間って何だ?希望の存在。 未来の友へ、架け橋たる存在。  「まってくれ、ヘイ スーパーマンになるしかないかい? スーパーマンになるしかないかい?」  人間って何だ?卑屈な存在。 惨敗して無感覚装う存在。 人間って何だ?みじめな存在。 維持するためだけこびへつらう存在。  人間って何だ?知っていながら、 ニセモノの誇り、後生大事にして 人間って何だ?憐れな存在。 あの世まで 自分だましつづけて  「まってくれ、ヘイ スーパーマンに なるしかないかい? スーパーマンになるしかないかい?」  ああ...  希望を 希望を 希望を 希望を  人間って何だ?戦う存在。 いってみりゃあ自分を 越えていく存在。 人間って何だ?希望の存在。 未来の友へ、架け橋たる存在。  「ヘイ深くて強い、仕事をよ、やりぬけよ。 ヘイ スーパーマンを目指すしかあるまい! スーパーマン目指すしかあるまい!」  ああ...エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次人間って何だ?戦う存在。 いってみりゃあ自分を超えていく存在。 人間って何だ?未来の存在。 いうなりゃあ、安住にたてつく存在。  人間って何だ?勝利へ向かう存在。 凱歌挙ぐべく、邁進する存在。 人間って何だ?極める存在。 どの道なりと、堂々たる存在。  人間って何だ?叡智の存在。 喜びのため開拓する存在。 人間って何だ?希望の存在。 未来の友へ、架け橋たる存在。  「まってくれ、ヘイ スーパーマンになるしかないかい? スーパーマンになるしかないかい?」  人間って何だ?卑屈な存在。 惨敗して無感覚装う存在。 人間って何だ?みじめな存在。 維持するためだけこびへつらう存在。  人間って何だ?知っていながら、 ニセモノの誇り、後生大事にして 人間って何だ?憐れな存在。 あの世まで 自分だましつづけて  「まってくれ、ヘイ スーパーマンに なるしかないかい? スーパーマンになるしかないかい?」  ああ...  希望を 希望を 希望を 希望を  人間って何だ?戦う存在。 いってみりゃあ自分を 越えていく存在。 人間って何だ?希望の存在。 未来の友へ、架け橋たる存在。  「ヘイ深くて強い、仕事をよ、やりぬけよ。 ヘイ スーパーマンを目指すしかあるまい! スーパーマン目指すしかあるまい!」  ああ...
ココロのままにどこか遠くまで出かけてこうぜ ココロひとつで 寝てもさめても いつまでも ぼくらの夢は はじまる はじまる 今からはじまってる 戦おう 戦おう ココロのままに  手当り次第さ いつだってそうさ お互い様さ 戦おう 戦おう 夢からさめる日まで はじまる はじまる 今からはじまってる  目玉開けたら今日だってそうさ 見慣れた部屋さ はじまる はじまる 今から はじまってる 戦おう 戦おう ココロのままに  はじまる はじまる 今からはじまってる 戦おう 戦おう ココロのままにエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次どこか遠くまで出かけてこうぜ ココロひとつで 寝てもさめても いつまでも ぼくらの夢は はじまる はじまる 今からはじまってる 戦おう 戦おう ココロのままに  手当り次第さ いつだってそうさ お互い様さ 戦おう 戦おう 夢からさめる日まで はじまる はじまる 今からはじまってる  目玉開けたら今日だってそうさ 見慣れた部屋さ はじまる はじまる 今から はじまってる 戦おう 戦おう ココロのままに  はじまる はじまる 今からはじまってる 戦おう 戦おう ココロのままに
生存者は今日も笑う誠実に生きてりゃ babe そうさ ドタマ悩んじまってよ 時に八方塞がって そう 頑固にうまくゆかねえ 己笑う  どうしようもないことだってよ わかっちゃいるけどよ  男は笑っちまうぜ そう 陽気な顔してよ 悪い悪いbabyそんなバカな奴さ 孤独嫌いの  みっともねえことだってよ わかっちゃいるけどよ  やめるわけにゃいかねえ お迎えくるまで 世の中悪く無いさ たぶん俺が悪いのさ baby yes  また歌を歌ってくれよ 寝っころがって聞くからさ 寝ても醒めても けっこういい歌だったぜ 感動したよ  生存者は今日も笑う  おのれの美学に反してさ女の胸で泣いてさ 俺は今日も笑う快楽少なきこの世の地獄の中で  言い訳 寝ても醒めても 身の保全  生存者は今日も笑うエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次誠実に生きてりゃ babe そうさ ドタマ悩んじまってよ 時に八方塞がって そう 頑固にうまくゆかねえ 己笑う  どうしようもないことだってよ わかっちゃいるけどよ  男は笑っちまうぜ そう 陽気な顔してよ 悪い悪いbabyそんなバカな奴さ 孤独嫌いの  みっともねえことだってよ わかっちゃいるけどよ  やめるわけにゃいかねえ お迎えくるまで 世の中悪く無いさ たぶん俺が悪いのさ baby yes  また歌を歌ってくれよ 寝っころがって聞くからさ 寝ても醒めても けっこういい歌だったぜ 感動したよ  生存者は今日も笑う  おのれの美学に反してさ女の胸で泣いてさ 俺は今日も笑う快楽少なきこの世の地獄の中で  言い訳 寝ても醒めても 身の保全  生存者は今日も笑う
未来の生命体突き刺す真冬の風 この東京で オレは一体何を見てたんだろう? あらゆる時代 あらゆる国の いわば文明のはざまの悲しき生命体 現代人のオレはよう 悲しき生命体 いわゆる叡智(えいち)に飼い慣らされたブタよ この人生は全て惰性  全てを未来に預けてきた オレの信頼裏切る36年 でも停滞と病癖て今 自ら墜ちてゆく我が身を見る好条件 オレいたって冷静さ 退屈さえ手の内で飼い慣らしている オレはオレを生きてる そうこの人生は惰性  まあいいさ どうだっていいさ行けオレよ 強さやら弱さやらその全てを従えて まあいいさ どうだっていいさホラ行けオレよ 逃げて行け 逃げて行け もっともっと深くオレのココロへ  突き刺す真冬の風 この東京で オレ一体何を見てたんだろう? でも停滞と病を経て今 オレはいたって冷静さ オレは掘り下げて行く 身を守る防衛さ オレはオレを知って行く いわゆる未来の生命体  まあいいさ どうだっていいさ行けオレよ オレビルの角あたりに日本人の情緒感じて嫌さ どうやら体力もおちてゆくオレは やさしさや悲しみや飼い殺しの鬱屈をためたこの病を も一度解き放ってやらなきゃなるめい 墜ちてゆくこの日々を越えて 越えろエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次突き刺す真冬の風 この東京で オレは一体何を見てたんだろう? あらゆる時代 あらゆる国の いわば文明のはざまの悲しき生命体 現代人のオレはよう 悲しき生命体 いわゆる叡智(えいち)に飼い慣らされたブタよ この人生は全て惰性  全てを未来に預けてきた オレの信頼裏切る36年 でも停滞と病癖て今 自ら墜ちてゆく我が身を見る好条件 オレいたって冷静さ 退屈さえ手の内で飼い慣らしている オレはオレを生きてる そうこの人生は惰性  まあいいさ どうだっていいさ行けオレよ 強さやら弱さやらその全てを従えて まあいいさ どうだっていいさホラ行けオレよ 逃げて行け 逃げて行け もっともっと深くオレのココロへ  突き刺す真冬の風 この東京で オレ一体何を見てたんだろう? でも停滞と病を経て今 オレはいたって冷静さ オレは掘り下げて行く 身を守る防衛さ オレはオレを知って行く いわゆる未来の生命体  まあいいさ どうだっていいさ行けオレよ オレビルの角あたりに日本人の情緒感じて嫌さ どうやら体力もおちてゆくオレは やさしさや悲しみや飼い殺しの鬱屈をためたこの病を も一度解き放ってやらなきゃなるめい 墜ちてゆくこの日々を越えて 越えろ
地元のダンナディンドン ボクはひとりで連日連夜 いろんなものと戦ってゐる。 世界や日本の歴史や、世間の常識や歯がゆさと。 ボクはひとりで連日連夜 いろんなものと戦ってゐる。 文明やあらゆる偉人や 友情や恋のかけひきと。 ヘヘイヘイ、なんてな。 いつでも高みをのぞんでは敗れゆくのが、ボクのクセらしい。  ボクはひとりで連日連夜 いろんなものと戦ってゐる。 世界や日本の歴史や、最近じゃあ自分の歴史とも。 いつでもさうさなにかと戦った気分で生きてゐる。 文明やあらゆる偉人や 友情や恋のかけひきと。 ヘヘイヘイ、なんてな。 素直に、素直に生きられりゃあ、どんなにいいだらう?  ああ 歴史上では、なんてちっぽけな 生涯 生涯。 ああ でも世界中で たったひとつだけの 人生 人生。 ああ 運命がおれを かりたててゐる。 ああ まだまだ行かなきゃ ならないんだ。  地元のボウズ かつてはどでかい何かを追ひかけて。 地元のボウズ 愛情と友情と道徳の全てをうけもった。 地元のダンナ どこやら卑屈な笑顔でしみじみと。 地元のダンナ どこやら卑屈な笑顔でしみじみと。 結局何にもしてねえ。 高みをのぞんでは敗れゆくのが…  ああ 歴史上では、なんてちっぽけな 生涯 生涯。 ああ でも世界中で たったひとつだけの 人生 人生。 ああ 運命がおれを かりたててゐる。 ああ まだまだ行かなきゃ ならないんだ。  行かなきゃあ、行かなきゃあならない。エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次ディンドン ボクはひとりで連日連夜 いろんなものと戦ってゐる。 世界や日本の歴史や、世間の常識や歯がゆさと。 ボクはひとりで連日連夜 いろんなものと戦ってゐる。 文明やあらゆる偉人や 友情や恋のかけひきと。 ヘヘイヘイ、なんてな。 いつでも高みをのぞんでは敗れゆくのが、ボクのクセらしい。  ボクはひとりで連日連夜 いろんなものと戦ってゐる。 世界や日本の歴史や、最近じゃあ自分の歴史とも。 いつでもさうさなにかと戦った気分で生きてゐる。 文明やあらゆる偉人や 友情や恋のかけひきと。 ヘヘイヘイ、なんてな。 素直に、素直に生きられりゃあ、どんなにいいだらう?  ああ 歴史上では、なんてちっぽけな 生涯 生涯。 ああ でも世界中で たったひとつだけの 人生 人生。 ああ 運命がおれを かりたててゐる。 ああ まだまだ行かなきゃ ならないんだ。  地元のボウズ かつてはどでかい何かを追ひかけて。 地元のボウズ 愛情と友情と道徳の全てをうけもった。 地元のダンナ どこやら卑屈な笑顔でしみじみと。 地元のダンナ どこやら卑屈な笑顔でしみじみと。 結局何にもしてねえ。 高みをのぞんでは敗れゆくのが…  ああ 歴史上では、なんてちっぽけな 生涯 生涯。 ああ でも世界中で たったひとつだけの 人生 人生。 ああ 運命がおれを かりたててゐる。 ああ まだまだ行かなきゃ ならないんだ。  行かなきゃあ、行かなきゃあならない。
DEAD OR ALIVEもう何時間も部屋の中にいて 移ろい易き時を ただ茫然と過ごしていた ああ  電気をつけて まだ生きている まだ進んでる おもむろに俺テレビをつけた 暮れゆく空  メシを掻き込んで 読みかけの本読んでいたら 眠くなるのさ 流れゆく時の向こう… 奈落の底まで堕ちてく生命  本当は何も変わっちゃないのに この町や人が変わりゆく景色に見えるのはなぜ?  終わりなきこの時の向こうに 本当は ただただ俺の心が傷付いただけ 時を重ねて (消えゆくこの身に光を見たんだ)  男はひとりゆかなきゃならん時がある 今がその時 終わりなき明日の向こう… 奈落の底まで 堕ちてく生命  冷たい空気 切り裂き車で 輝く空 真冬の山まで きらり まぶたに涙が光って  信じろ、この世はすべてがステージ  仕事から帰って バカに緻密なコンピューターゲームを 俺は夜なべして冬の夜 終わらせちまった  流れゆくこの時の流れに まだまだオレ体の全部を使っちゃいない 明日へ 明日へ  メシを掻き込んで 読みかけの本覗いたら 眠くなるのさ 流れゆく時の向こう  おまえ今宵はどうだい いずれ堕ちてゆく瞬間に 歌でもどうだい 流れゆく時の向こう… 明日は今よりもっともっと遠くへエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次もう何時間も部屋の中にいて 移ろい易き時を ただ茫然と過ごしていた ああ  電気をつけて まだ生きている まだ進んでる おもむろに俺テレビをつけた 暮れゆく空  メシを掻き込んで 読みかけの本読んでいたら 眠くなるのさ 流れゆく時の向こう… 奈落の底まで堕ちてく生命  本当は何も変わっちゃないのに この町や人が変わりゆく景色に見えるのはなぜ?  終わりなきこの時の向こうに 本当は ただただ俺の心が傷付いただけ 時を重ねて (消えゆくこの身に光を見たんだ)  男はひとりゆかなきゃならん時がある 今がその時 終わりなき明日の向こう… 奈落の底まで 堕ちてく生命  冷たい空気 切り裂き車で 輝く空 真冬の山まで きらり まぶたに涙が光って  信じろ、この世はすべてがステージ  仕事から帰って バカに緻密なコンピューターゲームを 俺は夜なべして冬の夜 終わらせちまった  流れゆくこの時の流れに まだまだオレ体の全部を使っちゃいない 明日へ 明日へ  メシを掻き込んで 読みかけの本覗いたら 眠くなるのさ 流れゆく時の向こう  おまえ今宵はどうだい いずれ堕ちてゆく瞬間に 歌でもどうだい 流れゆく時の向こう… 明日は今よりもっともっと遠くへ
太陽ギラギラ太陽ギラギラ ビルの谷間 働く人たち せわしげに あそこを見てみろ 一人の男 首をうなだれて ナミダ顔  どうした その顔 みんな楽しそうだよ ああ 俺にはわからない ああ ほんとうに楽しいの  俺にはやつらが バカをすて わざと全てを 知った顔 あきらめきった アホウヅラ そんなこんなで下を見る  どうした その顔 みんな楽しそうだよ ああ 俺にはわからない ああ ほんとうに楽しいの  ふと ふりかえると彼はいない 太陽ギラギラ ビルの谷間 みんなといっしょに歩いたら あれは夢だと 気がついた  ララララ ララララ  空を飛ぶトリ 楽しげで ああ おそらく 俺は幸せさエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次太陽ギラギラ ビルの谷間 働く人たち せわしげに あそこを見てみろ 一人の男 首をうなだれて ナミダ顔  どうした その顔 みんな楽しそうだよ ああ 俺にはわからない ああ ほんとうに楽しいの  俺にはやつらが バカをすて わざと全てを 知った顔 あきらめきった アホウヅラ そんなこんなで下を見る  どうした その顔 みんな楽しそうだよ ああ 俺にはわからない ああ ほんとうに楽しいの  ふと ふりかえると彼はいない 太陽ギラギラ ビルの谷間 みんなといっしょに歩いたら あれは夢だと 気がついた  ララララ ララララ  空を飛ぶトリ 楽しげで ああ おそらく 俺は幸せさ
今を歌え今日という日は 昨日の続きで 頑是(がんぜ)ない 子供の日も 空は青かった  わたしは何度も生まれ変わり そして 歩いてきたのさ 歩いてきたのさ 夢を追う小さな子供の私が いつの間にか大人の顔 すまして町を行くけど ああ 心よ求めろ 心よ 今を歌えよ ああ 夕暮れの町を行く わたしの心が時に叫ぶのさ  電車乗り継いで いつかの町まで あの頃も風は木々をゆらし あなたの面影 たどった 変わりゆく町 わたしは何度も生まれ変わり そして  ああ 今、飛び立て 今、輝け 今、戦え 心よ ああ 今、羽ばたけ 今を歌え 心よ 私の ああ 今、輝け 今を歌え 今、飛び立て だれか私を祝福してくれ、空よエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次今日という日は 昨日の続きで 頑是(がんぜ)ない 子供の日も 空は青かった  わたしは何度も生まれ変わり そして 歩いてきたのさ 歩いてきたのさ 夢を追う小さな子供の私が いつの間にか大人の顔 すまして町を行くけど ああ 心よ求めろ 心よ 今を歌えよ ああ 夕暮れの町を行く わたしの心が時に叫ぶのさ  電車乗り継いで いつかの町まで あの頃も風は木々をゆらし あなたの面影 たどった 変わりゆく町 わたしは何度も生まれ変わり そして  ああ 今、飛び立て 今、輝け 今、戦え 心よ ああ 今、羽ばたけ 今を歌え 心よ 私の ああ 今、輝け 今を歌え 今、飛び立て だれか私を祝福してくれ、空よ
太陽の季節あてなき気迫たれ流し 動かぬ体もてあまし じわりとくるぜ年ごとに 太陽の季節 無駄な努力いつまでも 太陽の季節 お前いつでもどこでも物欲しげ  知ってるぜ俺はそんなことは 知らねぇでかそんなことは つらき本日あてなき気迫 力なき日々生身の体 失せ行く気力 太陽の季節 遠き真実 太陽の季節 俺はいつでもどこでも物欲しげ  金持ちになるのがお前の夢だった えらくなるのがお前の夢だった ああそうだろう そりゃあそうだろうよ 無能を盾とする我らが情熱  おめえは若い 若過ぎる 経験だこの世は 苦し悲しと添い寝を重ね 太陽の季節 失せ行く気力 敗れた野望 太陽の季節 我らが造るこの世の晴れ姿  萎(な)えた心を引きずり引きずって 男のロマンが聞いて呆(あき)れるぜ ああそうだろう そりゃそうだろう アホウを旨とするお前の情熱  敗れ果てたる日々を 数えいとおしむ姿 暮らすだけなら そりゃいくらも暮らせるさ お前が造るこの世の晴れ姿  あてなき日々をたれ流し 指をくわえてたれ流し 老いて体のくち果てるまで  太陽の季節 ボケゆく頭 動かぬ体 太陽の季節 自由な世界 太陽の季節 太陽の季節 太陽の季節  知ってて愕然(がくぜん) 目と目で合図さ 我らが季節 太陽の季節  我らが季節 太陽の季節エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次あてなき気迫たれ流し 動かぬ体もてあまし じわりとくるぜ年ごとに 太陽の季節 無駄な努力いつまでも 太陽の季節 お前いつでもどこでも物欲しげ  知ってるぜ俺はそんなことは 知らねぇでかそんなことは つらき本日あてなき気迫 力なき日々生身の体 失せ行く気力 太陽の季節 遠き真実 太陽の季節 俺はいつでもどこでも物欲しげ  金持ちになるのがお前の夢だった えらくなるのがお前の夢だった ああそうだろう そりゃあそうだろうよ 無能を盾とする我らが情熱  おめえは若い 若過ぎる 経験だこの世は 苦し悲しと添い寝を重ね 太陽の季節 失せ行く気力 敗れた野望 太陽の季節 我らが造るこの世の晴れ姿  萎(な)えた心を引きずり引きずって 男のロマンが聞いて呆(あき)れるぜ ああそうだろう そりゃそうだろう アホウを旨とするお前の情熱  敗れ果てたる日々を 数えいとおしむ姿 暮らすだけなら そりゃいくらも暮らせるさ お前が造るこの世の晴れ姿  あてなき日々をたれ流し 指をくわえてたれ流し 老いて体のくち果てるまで  太陽の季節 ボケゆく頭 動かぬ体 太陽の季節 自由な世界 太陽の季節 太陽の季節 太陽の季節  知ってて愕然(がくぜん) 目と目で合図さ 我らが季節 太陽の季節  我らが季節 太陽の季節
覚醒(オマエに言った)オマエに昨日の夜中話したことは 別にオレが急に偉くなった訳じゃなく 三十七なり。オレの青春は終わったけれど 明日もあさってもオレはやって行くから  ひとりでいる時には様々なことを考えようとしている 偉大な人たちの考えを辿った気になって  オレの部屋には理解を超えた本と むなしい気分がつきまとってる 感じろ 思え おのれ自身のココロで そんなことをオマエに話した  タバコをふかしながら町を歩いた 失われてく情熱をオレは歩きながら感じた  車が過ぎて オレを通り越してゆく タバコをふかすオレを  汗さえ流れぬ町を行くオレ 天国でも地獄でもなき今を 三十七のオレが歩いていた そんなことをオマエに言った エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次オマエに昨日の夜中話したことは 別にオレが急に偉くなった訳じゃなく 三十七なり。オレの青春は終わったけれど 明日もあさってもオレはやって行くから  ひとりでいる時には様々なことを考えようとしている 偉大な人たちの考えを辿った気になって  オレの部屋には理解を超えた本と むなしい気分がつきまとってる 感じろ 思え おのれ自身のココロで そんなことをオマエに話した  タバコをふかしながら町を歩いた 失われてく情熱をオレは歩きながら感じた  車が過ぎて オレを通り越してゆく タバコをふかすオレを  汗さえ流れぬ町を行くオレ 天国でも地獄でもなき今を 三十七のオレが歩いていた そんなことをオマエに言った 
うつら うつらベランダに飛んでくる雀のそのかわいさに 微笑むものだろうか 羨むものだろうか ああ 車にて眺めやるきらめく町の姿と 歩みにて通り過ぐ 殺伐の姿思う 炬燵にくるまって小鳥の声に遊べば 遥かに森が見える ああ うつらうつら  山まで車で行った 屋上から富士を見た 町の谷間にポツリ 箱庭の愚か思う 炬燵にくるまって小鳥の声に遊べば 遥かに森が見える ああ うつらうつら  小鳥の囀る声 ベランダで微笑みながら 今日は何処へ行こうか 今日は何処に出かけようか  ベランダに飛んで来た雀のそのかわいさに 微笑むものだろか 羨むものだろか 何をしよう浮世の夢 ふさぐ 目をふさぎ聞いている ああ ひとり部屋の中で ああ うつらうつら  小鳥の囀る声 ベランダで微笑みながら 今日は何処へ行こうか 今日は何処に出かけようかエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次ベランダに飛んでくる雀のそのかわいさに 微笑むものだろうか 羨むものだろうか ああ 車にて眺めやるきらめく町の姿と 歩みにて通り過ぐ 殺伐の姿思う 炬燵にくるまって小鳥の声に遊べば 遥かに森が見える ああ うつらうつら  山まで車で行った 屋上から富士を見た 町の谷間にポツリ 箱庭の愚か思う 炬燵にくるまって小鳥の声に遊べば 遥かに森が見える ああ うつらうつら  小鳥の囀る声 ベランダで微笑みながら 今日は何処へ行こうか 今日は何処に出かけようか  ベランダに飛んで来た雀のそのかわいさに 微笑むものだろか 羨むものだろか 何をしよう浮世の夢 ふさぐ 目をふさぎ聞いている ああ ひとり部屋の中で ああ うつらうつら  小鳥の囀る声 ベランダで微笑みながら 今日は何処へ行こうか 今日は何処に出かけようか
自宅にて頭たたいても なにもでない 心にもない うそをならべながら ぽつんと一人 部屋の中 だれも俺の事はしらない  もえたぎる血潮 忘れたふりをして 気づいた時には おそかりし  ささやかな幸せ そいつを つかみ取ろう つつましく生きよう  頭たたいても でないだろう ふり上げられたこぶし 行き場しらず ぽつんと一人 部屋の中 だれも君の事はしらない  もえたぎりでた 血潮 忘れたふり 気づいた時には おそかりし  ささやかな幸せ そいつを つかみ取ろう つつましく生きようエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次頭たたいても なにもでない 心にもない うそをならべながら ぽつんと一人 部屋の中 だれも俺の事はしらない  もえたぎる血潮 忘れたふりをして 気づいた時には おそかりし  ささやかな幸せ そいつを つかみ取ろう つつましく生きよう  頭たたいても でないだろう ふり上げられたこぶし 行き場しらず ぽつんと一人 部屋の中 だれも君の事はしらない  もえたぎりでた 血潮 忘れたふり 気づいた時には おそかりし  ささやかな幸せ そいつを つかみ取ろう つつましく生きよう
今をかきならせ「平家」の序文ぢゃないけれど この世は夢か? so busy 大きな喜び悲しみさへも いづれ消えてしまう 春の夜の夢か? いづれ消えてしまう。  さういやあ俺は昨日まで 何と戦ひ、何を求めて生きて来たのかさへもう忘れてしまった。 春の夜の夢か? 富士が霞んでらあ  夢も希望もいらねえよ あるだけ全部で行け!! とりあへず行け!! 今を、今をかきならせ。  なんでもかまはない 今をかきならせ イェイ イェイ イェイ イェイ イェイ おまへをよんでる。 今をかきならせ。  浦島太郎ぢゃあないけれど この世は夢か? さう、イージー。 どでかい何かを追ひ求めてる気がしてただけか? 遠い日のメロディー、全てまぼろしか?  胸をかきならすのは遠い日の思ひ出… 行け!!そのままで行け!! 今を、今をかきならせ。  なんでもかまはない 今をかきならせ イェイ イェイ イェイ イェイ イェイ おまへをよんでる。 今をかきならせ。  夢も希望もいらねえよ あるだけ全部で行け!! とりあへず行け!! 今を、今をかきならせ。  なんでもかまはない 今をかきならせ イェイ イェイ イェイ イェイ イェイ おまへをよんでる。 今をかきならせ。  今をかきならせ。 今をかきならせ。  おまへをよんでる。 今をかきならせ。エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次「平家」の序文ぢゃないけれど この世は夢か? so busy 大きな喜び悲しみさへも いづれ消えてしまう 春の夜の夢か? いづれ消えてしまう。  さういやあ俺は昨日まで 何と戦ひ、何を求めて生きて来たのかさへもう忘れてしまった。 春の夜の夢か? 富士が霞んでらあ  夢も希望もいらねえよ あるだけ全部で行け!! とりあへず行け!! 今を、今をかきならせ。  なんでもかまはない 今をかきならせ イェイ イェイ イェイ イェイ イェイ おまへをよんでる。 今をかきならせ。  浦島太郎ぢゃあないけれど この世は夢か? さう、イージー。 どでかい何かを追ひ求めてる気がしてただけか? 遠い日のメロディー、全てまぼろしか?  胸をかきならすのは遠い日の思ひ出… 行け!!そのままで行け!! 今を、今をかきならせ。  なんでもかまはない 今をかきならせ イェイ イェイ イェイ イェイ イェイ おまへをよんでる。 今をかきならせ。  夢も希望もいらねえよ あるだけ全部で行け!! とりあへず行け!! 今を、今をかきならせ。  なんでもかまはない 今をかきならせ イェイ イェイ イェイ イェイ イェイ おまへをよんでる。 今をかきならせ。  今をかきならせ。 今をかきならせ。  おまへをよんでる。 今をかきならせ。
土手ああ このまま眠ってしまうの 草のにおいの 土手のところで 土手のところで そばにいて 笑って そばにいて 眠る  ああ 今夜はすいこまれていく 同じ時間がすぎているのか すぎているのか そばにいて 笑って そばにいて 眠る  ああ めまぐるしい朝がくる 向うの空がかすむころ 風の音も消えて また まっ白からはじまる  そばにいて そばにいて  ああ めまぐるしい朝がくる 向うの空がかすむころ 風の音も消えて また まっ白から また まっ白から また まっ白から はじまる また まっ白から はじまるエレファントカシマシ冨永義之冨永義之ああ このまま眠ってしまうの 草のにおいの 土手のところで 土手のところで そばにいて 笑って そばにいて 眠る  ああ 今夜はすいこまれていく 同じ時間がすぎているのか すぎているのか そばにいて 笑って そばにいて 眠る  ああ めまぐるしい朝がくる 向うの空がかすむころ 風の音も消えて また まっ白からはじまる  そばにいて そばにいて  ああ めまぐるしい朝がくる 向うの空がかすむころ 風の音も消えて また まっ白から また まっ白から また まっ白から はじまる また まっ白から はじまる
イージーイージー 真夏の雲 イージー 真冬の空気 なんてな つぶやいてみたんだ あしたの駅へと向かう道で  結論 結論 結論 イェー 結論 結論 それが結論  ノートに書き込んである 日々のまなざしから 「ヒトをことごとく詩人にしてやまない日本の冬」  結論 結論 それが イェー 結論 結論 今日の結論  この広い空の全てを背に 町を行くヒト 生命の限りをムネに ムネにいだいて ゆっくりとゆっくり歩みをすすめてゆく 男 男 それが男 それがイメージ  女? 女はそうさ 男の強いイメージ イメージにだかれてねむる イメージにだかれてねむる ねむる ねむる だかれてねむる 女 女 それが女  イージー 死は今もここに イージー おとずれている 鮮やかな笑顔のうちに イージー 共存している  あなたを あなたを もっと知りたい でも 結論 結論 それが結論エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次イージー 真夏の雲 イージー 真冬の空気 なんてな つぶやいてみたんだ あしたの駅へと向かう道で  結論 結論 結論 イェー 結論 結論 それが結論  ノートに書き込んである 日々のまなざしから 「ヒトをことごとく詩人にしてやまない日本の冬」  結論 結論 それが イェー 結論 結論 今日の結論  この広い空の全てを背に 町を行くヒト 生命の限りをムネに ムネにいだいて ゆっくりとゆっくり歩みをすすめてゆく 男 男 それが男 それがイメージ  女? 女はそうさ 男の強いイメージ イメージにだかれてねむる イメージにだかれてねむる ねむる ねむる だかれてねむる 女 女 それが女  イージー 死は今もここに イージー おとずれている 鮮やかな笑顔のうちに イージー 共存している  あなたを あなたを もっと知りたい でも 結論 結論 それが結論
精神暗黒街I'm always feeling high 俺は anything too high What the hell high all the time 俺は anything too high  合い言葉は いつでも俺はhigh 悲しくても いつでも俺はhigh いつでもhigh どこでもhigh 心の合い言葉  喜んでりゃ当然 俺はhigh 君といればドキドキ 俺はhigh 不格好でもhigh どうなったってhigh みんなの合い言葉  I'm always feeling high 俺は anything too high What the hell all the time 俺は anything too high  実際の話 何となく人生blue 楽しくても 何となく人生blue いつでもblue どこでもblue 心の合い言葉  俺の人生なんて feelingさ あなたはどう思う? でも俺 精神暗黒街  高揚してる 喜ばしき時も 悲しき時も 俺 高揚している  I'm always feeling blue 俺は anything too blue What the hell all the time 俺は anything too blue  朝がきたようだ 活気があるねえ 光を浴びて… ああ…  女のことで男はいつでもblue 東京の夜はとても明るいblue  I'm always feeling blue 俺は anything too blue What the hell all the time 俺は anything too blue anything too blueエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次I'm always feeling high 俺は anything too high What the hell high all the time 俺は anything too high  合い言葉は いつでも俺はhigh 悲しくても いつでも俺はhigh いつでもhigh どこでもhigh 心の合い言葉  喜んでりゃ当然 俺はhigh 君といればドキドキ 俺はhigh 不格好でもhigh どうなったってhigh みんなの合い言葉  I'm always feeling high 俺は anything too high What the hell all the time 俺は anything too high  実際の話 何となく人生blue 楽しくても 何となく人生blue いつでもblue どこでもblue 心の合い言葉  俺の人生なんて feelingさ あなたはどう思う? でも俺 精神暗黒街  高揚してる 喜ばしき時も 悲しき時も 俺 高揚している  I'm always feeling blue 俺は anything too blue What the hell all the time 俺は anything too blue  朝がきたようだ 活気があるねえ 光を浴びて… ああ…  女のことで男はいつでもblue 東京の夜はとても明るいblue  I'm always feeling blue 俺は anything too blue What the hell all the time 俺は anything too blue anything too blue
good morning朝まで オレ マシュマロ ふわふわで地球上 朝まで オレ マッシロよ 車で everyday good morning 朝まで オレ マシュマロふわふわで地球上 朝まで オレ マッシロよ 車で everyday good morning 朝まで オレ マシュマロふわふわで地球上 朝まで オレ マッシロよ 車で everyday good morning  ギラギラに にらみあって 東京スピンで ドタマがマッシロ 忘れちまったよ武蔵野台地  東京Cityhunter everyday オレはオレは存在してるよ この東京に 東京Cityhunter everyday  もうわざと 朝までオレ マッシロよ一番不勉強 金輪際 文句いわない baby オレ 正直 heartbreaker  朝まで オレ マシュマロ 朝まで heartbreaker 朝まで オレ マッシロよ 朝まで break 化け物じみて  東京Cityhunter everyday なぜだ なぜだ オレの 存在理由探して 思考停止 everyday everyday Let's drive!  朝まで オレ マシュマロ クリスティーヌ お目覚め 朝まで オレ マッシロよ クリスティーヌ 思考停止で  体操してるのbaby クリスティーヌ 純粋ね オレ ドタマ 混乱してるの はっきり 思考停止で  朝まで オレ マシュマロ クリスティーヌ お目覚め(オレのオレの体内時計カチカチ) 朝まで オレ マッシロよ クリスティーヌ Let's dancing  bye-byeクリスティーヌ Goodbye good morningで bye-byeクリスティーヌ Goodbye good morning オレは オレは まさに 現実の東京で  bye-byeクリスティーヌ Goodbye everyday 朝はそう ヒトを ずるにするでしょう  bye-bye クリスティーヌ Goodbye good morning  good morning で バイバイ バイバイ yesterday good morning で バイバイ Good morning everydayエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次朝まで オレ マシュマロ ふわふわで地球上 朝まで オレ マッシロよ 車で everyday good morning 朝まで オレ マシュマロふわふわで地球上 朝まで オレ マッシロよ 車で everyday good morning 朝まで オレ マシュマロふわふわで地球上 朝まで オレ マッシロよ 車で everyday good morning  ギラギラに にらみあって 東京スピンで ドタマがマッシロ 忘れちまったよ武蔵野台地  東京Cityhunter everyday オレはオレは存在してるよ この東京に 東京Cityhunter everyday  もうわざと 朝までオレ マッシロよ一番不勉強 金輪際 文句いわない baby オレ 正直 heartbreaker  朝まで オレ マシュマロ 朝まで heartbreaker 朝まで オレ マッシロよ 朝まで break 化け物じみて  東京Cityhunter everyday なぜだ なぜだ オレの 存在理由探して 思考停止 everyday everyday Let's drive!  朝まで オレ マシュマロ クリスティーヌ お目覚め 朝まで オレ マッシロよ クリスティーヌ 思考停止で  体操してるのbaby クリスティーヌ 純粋ね オレ ドタマ 混乱してるの はっきり 思考停止で  朝まで オレ マシュマロ クリスティーヌ お目覚め(オレのオレの体内時計カチカチ) 朝まで オレ マッシロよ クリスティーヌ Let's dancing  bye-byeクリスティーヌ Goodbye good morningで bye-byeクリスティーヌ Goodbye good morning オレは オレは まさに 現実の東京で  bye-byeクリスティーヌ Goodbye everyday 朝はそう ヒトを ずるにするでしょう  bye-bye クリスティーヌ Goodbye good morning  good morning で バイバイ バイバイ yesterday good morning で バイバイ Good morning everyday
無事なる男うち過ぎる毎日を 暮らし行く男あり 毎日いそいそと仕事へ出かけ 休日には家族と 心からくつろいだ 「学生の無駄話」忘れたようだ 奥さんにプレゼント 照れながらわたした この男にして口ぐせがある 俺にいつも言ってた  「だってそうだろう。こんなもんじゃねえだろうこの世の暮らしは。 もっとなんだか、きっとなんだか、ありそうな気がしてるんだ。」  うち過ぎる毎日を 暮らし行く男あり 毎日いそいそと仕事へ出かけ  俺は日々の暮らしを 重き空想で過ごす 恋の始まりは終わりの始め この世は闇の始め 道徳を枷にした恋人を敵にした この俺にしても妙な口ぐせ 俺はいつも言ってた  「こんなもんかよ。こんなもんじゃねえだろうこの世の暮らしは。 もっとなんだか、きっとなんだか、ありそうな気がしてるんだ。」  俺は日々の暮らしを 重き空想で過ごす 恋の始まりは終わりの始め この世は闇の始め  無事なる男よエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次うち過ぎる毎日を 暮らし行く男あり 毎日いそいそと仕事へ出かけ 休日には家族と 心からくつろいだ 「学生の無駄話」忘れたようだ 奥さんにプレゼント 照れながらわたした この男にして口ぐせがある 俺にいつも言ってた  「だってそうだろう。こんなもんじゃねえだろうこの世の暮らしは。 もっとなんだか、きっとなんだか、ありそうな気がしてるんだ。」  うち過ぎる毎日を 暮らし行く男あり 毎日いそいそと仕事へ出かけ  俺は日々の暮らしを 重き空想で過ごす 恋の始まりは終わりの始め この世は闇の始め 道徳を枷にした恋人を敵にした この俺にしても妙な口ぐせ 俺はいつも言ってた  「こんなもんかよ。こんなもんじゃねえだろうこの世の暮らしは。 もっとなんだか、きっとなんだか、ありそうな気がしてるんだ。」  俺は日々の暮らしを 重き空想で過ごす 恋の始まりは終わりの始め この世は闇の始め  無事なる男よ
飛べない俺何処まで行っても飛べない俺が 雨の中今日も探してる  確かに感じる この世の中には 心ふるわせる 明日がある  いつか大人になってた俺が ある日立ちどまり空を見る  確かに感じる 輝く瞬間(とき)を そうさ俺は今生きている  俺の魂がしみ込む街 風が吹きわたり雨は上がったけど  何処まで行っても飛べない俺を お天道様が笑ってるエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次何処まで行っても飛べない俺が 雨の中今日も探してる  確かに感じる この世の中には 心ふるわせる 明日がある  いつか大人になってた俺が ある日立ちどまり空を見る  確かに感じる 輝く瞬間(とき)を そうさ俺は今生きている  俺の魂がしみ込む街 風が吹きわたり雨は上がったけど  何処まで行っても飛べない俺を お天道様が笑ってる
オレを生きるオレは今日をゆく オレは今日を生きる さらば昨日の夢 オレよオレを笑え どうやったってオレは“らしく”生きるしかねえ 時として涙 クライ  のぼりの道の時やら くだりの道の時やら 忘られぬ思い出胸に来るぜ 今日は ああ ヤケに ああ  暮れてゆく町 風に吹かれ オレは町を行く ただ町を行くのさ  悲しいなんて言ってられねえ そうさ 笑いと夢抱いて 都会の風に吹かれ町をゆく 賑やかな たぶんオレと同じ 風に吹かれ 自らの足どりを確かめながら 流れ流れてゆく たまさか感ずる 最高の瞬間(とき)を オレはオレを生きるエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次オレは今日をゆく オレは今日を生きる さらば昨日の夢 オレよオレを笑え どうやったってオレは“らしく”生きるしかねえ 時として涙 クライ  のぼりの道の時やら くだりの道の時やら 忘られぬ思い出胸に来るぜ 今日は ああ ヤケに ああ  暮れてゆく町 風に吹かれ オレは町を行く ただ町を行くのさ  悲しいなんて言ってられねえ そうさ 笑いと夢抱いて 都会の風に吹かれ町をゆく 賑やかな たぶんオレと同じ 風に吹かれ 自らの足どりを確かめながら 流れ流れてゆく たまさか感ずる 最高の瞬間(とき)を オレはオレを生きる
まぬけなJohnnyああ まぬけなJohnny オレは ああ まぬけなJohnny  女に「将来どうするの?私たち」 なんてマジでせまられ 「その話なら先日も何度か繰り返して説明したつもりだけど」 ヘイヘイしどろもどろ カーテンの隙間から光射す朝 暮らしはじめて2年目 オレどうすんの? 女の視線避けてオーライ  ああ まぬけなJohnny オレは ああ まぬけなJohnny 逃げ出したヒーロー まぬけなJohnny 燈台はもと暗し まぬけなJohnny  いろんな女に電話かけまくって今日もジゴロ気取り 夜更けて部屋に帰りついたらいつもより静かすぎる 何か変な感じさ テーブルの上に置手紙「さよならゴメンネ」 オレ飛び出して探し歩いたけど見つかる訳もない 空は満天の星でオーライ  ああ こんなものかい? 結局ああ こんなものかい? 思い出の映像駈け巡るJohnny ああ 後悔は先に立たず まぬけなJohnny  とんでもねえなエブリデイ 何とかなるさエブリデイ  ああ まぬけなJohnny ハレルヤ ああ  池袋でタクシー拾って東西もわからず走らせJohnny  ファミレスでコーヒー飲んで ああ お前が好きだった まぬけなJohnny まぬけなJohnnyエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次ああ まぬけなJohnny オレは ああ まぬけなJohnny  女に「将来どうするの?私たち」 なんてマジでせまられ 「その話なら先日も何度か繰り返して説明したつもりだけど」 ヘイヘイしどろもどろ カーテンの隙間から光射す朝 暮らしはじめて2年目 オレどうすんの? 女の視線避けてオーライ  ああ まぬけなJohnny オレは ああ まぬけなJohnny 逃げ出したヒーロー まぬけなJohnny 燈台はもと暗し まぬけなJohnny  いろんな女に電話かけまくって今日もジゴロ気取り 夜更けて部屋に帰りついたらいつもより静かすぎる 何か変な感じさ テーブルの上に置手紙「さよならゴメンネ」 オレ飛び出して探し歩いたけど見つかる訳もない 空は満天の星でオーライ  ああ こんなものかい? 結局ああ こんなものかい? 思い出の映像駈け巡るJohnny ああ 後悔は先に立たず まぬけなJohnny  とんでもねえなエブリデイ 何とかなるさエブリデイ  ああ まぬけなJohnny ハレルヤ ああ  池袋でタクシー拾って東西もわからず走らせJohnny  ファミレスでコーヒー飲んで ああ お前が好きだった まぬけなJohnny まぬけなJohnny
面影雨上がりの町を 寝静まった 真夜中の町を 海の方へ  息がつまる位 あなたを信じてた 奇跡を呼ぶ位 研ぎ澄まされてた  陽はまた昇る 俺たちの上に 浮かぶ面影 あなたが笑うあの夏の日と同じ面影さざめく  悲しみもなぜか感じなくて タフになったオレが人ゴミの中へ  負け犬にさえもなれない 今の俺 あなたの愛はもう届きはしないのか?  求める気持ちを手繰り寄せている ただの男になって あなたのぬくもりあの夏の陽と同じ面影きらめく  陽はまた昇る 俺たちの上に 浮かぶ面影 あなたが笑うあの夏の日と同じ面影  今より遠くへ俺は行くのさ きっとあなたを連れてエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次雨上がりの町を 寝静まった 真夜中の町を 海の方へ  息がつまる位 あなたを信じてた 奇跡を呼ぶ位 研ぎ澄まされてた  陽はまた昇る 俺たちの上に 浮かぶ面影 あなたが笑うあの夏の日と同じ面影さざめく  悲しみもなぜか感じなくて タフになったオレが人ゴミの中へ  負け犬にさえもなれない 今の俺 あなたの愛はもう届きはしないのか?  求める気持ちを手繰り寄せている ただの男になって あなたのぬくもりあの夏の陽と同じ面影きらめく  陽はまた昇る 俺たちの上に 浮かぶ面影 あなたが笑うあの夏の日と同じ面影  今より遠くへ俺は行くのさ きっとあなたを連れて
おまえと突っ走る涙がこぼれ落ちた 俺はほっぱらかし いつものことさ Baby このまま突っ走る  喜びも悲しみも 全て俺をつつめ いつものことさ Baby このまま突っ走るぜ  あの船で おまえと遠くの国へ 行けたなら 優しさにたどりつけそうさ  車とばしてきたぜ 港の見える町 遠い記憶をたどり 揺れる波を見てたぜ  あの船で おまえと遠くの国へ 行けたなら あの頃の俺に帰れそうさ  あの船で おまえと遠くの国へ 行けたなら 優しさにたどりつけそうさ  帰る場所はいつでも おまえの胸 ひとつだけ欲しいのは おまえだけさ  涙がこぼれ落ちた 俺はほっぱらかし いつものことさ Baby このまま突っ走る  喜びも悲しみも 全て俺をつつめ いつものことさ Baby このまま突っ走るエレファントカシマシガンダーラコンビネーション(石森敏行・宮本浩次)ガンダーラコンビネーション(石森敏行・宮本浩次)涙がこぼれ落ちた 俺はほっぱらかし いつものことさ Baby このまま突っ走る  喜びも悲しみも 全て俺をつつめ いつものことさ Baby このまま突っ走るぜ  あの船で おまえと遠くの国へ 行けたなら 優しさにたどりつけそうさ  車とばしてきたぜ 港の見える町 遠い記憶をたどり 揺れる波を見てたぜ  あの船で おまえと遠くの国へ 行けたなら あの頃の俺に帰れそうさ  あの船で おまえと遠くの国へ 行けたなら 優しさにたどりつけそうさ  帰る場所はいつでも おまえの胸 ひとつだけ欲しいのは おまえだけさ  涙がこぼれ落ちた 俺はほっぱらかし いつものことさ Baby このまま突っ走る  喜びも悲しみも 全て俺をつつめ いつものことさ Baby このまま突っ走る
ゴッドファーザー悪辣な魂は オールナイトロング 無邪気な習慣にやどり 弱い心の内部俺の それは死を恐れる本能  君笑えば俺笑う 俺怒れば君泣いて これ気脈通ずる男女 世界共通の法則  悲しいよなんか baby むなしいよなんか baby 楽しけりゃいいよ baby Everybody 生命は カンバセーション  女の愛 枕にして 肥太る男 化け物 出会う男女 幸少なきは 残虐な原初の法則  そこにいるだけ baby ただ寂しいだけ baby ここだけの話 baby 俺泣いちゃうよ メソメソ  没落を望む俺は でも中庸に生きるオールナイトロング 車から見える街は まるでhappy birthdayのロウソク  半人前なの baby 永遠に俺 baby 俺アイツキライ baby Everybody 生命はコミュニケーション  悲しいよなんか baby むなしいよなんか baby 楽しけりゃいいよ baby Everybody 生命は カンバセーション 悪辣な魂は オールナイトロング 無邪気な習慣にやどり 弱い心の内部俺の それは死を恐れる本能エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次悪辣な魂は オールナイトロング 無邪気な習慣にやどり 弱い心の内部俺の それは死を恐れる本能  君笑えば俺笑う 俺怒れば君泣いて これ気脈通ずる男女 世界共通の法則  悲しいよなんか baby むなしいよなんか baby 楽しけりゃいいよ baby Everybody 生命は カンバセーション  女の愛 枕にして 肥太る男 化け物 出会う男女 幸少なきは 残虐な原初の法則  そこにいるだけ baby ただ寂しいだけ baby ここだけの話 baby 俺泣いちゃうよ メソメソ  没落を望む俺は でも中庸に生きるオールナイトロング 車から見える街は まるでhappy birthdayのロウソク  半人前なの baby 永遠に俺 baby 俺アイツキライ baby Everybody 生命はコミュニケーション  悲しいよなんか baby むなしいよなんか baby 楽しけりゃいいよ baby Everybody 生命は カンバセーション 悪辣な魂は オールナイトロング 無邪気な習慣にやどり 弱い心の内部俺の それは死を恐れる本能
ロック屋(五月雨東京)五月雨東京でオレ心に痛み されど不思議 むしろ気分はうかれ気味 アスファルト濡れてきて喫茶店でオレは雨宿り 布張りの椅子にもたれつつ うかれ気分で考えた  「人生においては何をやったって構わないが オレの心と相談して嫌だなと思ったら立ち向かえ」  この明快な結論を頭で得たから…  タラタラ油汗流しては踊る 必死の形相で糸のような細い生命をつないで百年 オレそんな人生にアコガレを抱いたこともある(ダメだった) オレは小学校五年の時 仲間から取り残されて 無意味なる気遣いの習慣を得た 雲の切れ間の陽の光あびて テリトリーの違いが身にしみた  オノレの道を行け オノレの道を行け オノレの道を行け オノレの道を行け オレはロック屋(川の中の岩となれ!!) オレはロック屋 オレはロック屋  オレはロック歌手  「人生においちゃ何やったって構わないが オレの心と相談して嫌だなと思ったら立ち向かえ 立ち向かえ」  五月雨東京  エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次五月雨東京でオレ心に痛み されど不思議 むしろ気分はうかれ気味 アスファルト濡れてきて喫茶店でオレは雨宿り 布張りの椅子にもたれつつ うかれ気分で考えた  「人生においては何をやったって構わないが オレの心と相談して嫌だなと思ったら立ち向かえ」  この明快な結論を頭で得たから…  タラタラ油汗流しては踊る 必死の形相で糸のような細い生命をつないで百年 オレそんな人生にアコガレを抱いたこともある(ダメだった) オレは小学校五年の時 仲間から取り残されて 無意味なる気遣いの習慣を得た 雲の切れ間の陽の光あびて テリトリーの違いが身にしみた  オノレの道を行け オノレの道を行け オノレの道を行け オノレの道を行け オレはロック屋(川の中の岩となれ!!) オレはロック屋 オレはロック屋  オレはロック歌手  「人生においちゃ何やったって構わないが オレの心と相談して嫌だなと思ったら立ち向かえ 立ち向かえ」  五月雨東京  
ベイベー明日は俺の夢さあ行くぜ明日へ 旅はまだまだ続きそうさ 心は大きく持ちたいもんだぜ たとえ胸にはナミダ溢れてても  ベイべー明日は俺の夢 行くぜまたあの丘を登り切れば そうさベイべー何かが見えて来るはず 準備もそこそこに今すぐ出かけよう どうせならオレは笑いたい  Hold me tight 神様 願いが叶うのなら 新しい扉を開けて 行ったことのないマチまで行きたいのさ  ベイべー明日はどの空の下 オレは行くだろう 夜の街越え行けば そうさベイべーやがて朝がやってくる 今いる場所がオレのすべてだとしても 勝利の美酒にオレは酔いたい  真夏の蜃気楼 追いかけて揺れるアスファルト さようならナミダよ オレにはやることがあるのさ  さあ行くぜ明日へ 今日の続きの明日へ ココロには薔薇を 見果てぬ空を  ベイべー明日はきっと晴れ 行くぜまたあの丘を登り切れば そうさベイべー何かが見えて来るはずさ 準備ならとっくの昔にできてるぜ どうせならオレは笑いたいエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次さあ行くぜ明日へ 旅はまだまだ続きそうさ 心は大きく持ちたいもんだぜ たとえ胸にはナミダ溢れてても  ベイべー明日は俺の夢 行くぜまたあの丘を登り切れば そうさベイべー何かが見えて来るはず 準備もそこそこに今すぐ出かけよう どうせならオレは笑いたい  Hold me tight 神様 願いが叶うのなら 新しい扉を開けて 行ったことのないマチまで行きたいのさ  ベイべー明日はどの空の下 オレは行くだろう 夜の街越え行けば そうさベイべーやがて朝がやってくる 今いる場所がオレのすべてだとしても 勝利の美酒にオレは酔いたい  真夏の蜃気楼 追いかけて揺れるアスファルト さようならナミダよ オレにはやることがあるのさ  さあ行くぜ明日へ 今日の続きの明日へ ココロには薔薇を 見果てぬ空を  ベイべー明日はきっと晴れ 行くぜまたあの丘を登り切れば そうさベイべー何かが見えて来るはずさ 準備ならとっくの昔にできてるぜ どうせならオレは笑いたい
夜と朝のあいだに...窓の外には まばらに 車通りすぎ 真夏の東京 午前三時、 夜と朝のあいだに。  順番で行きゃあ もう、じき朝だ。 めくる めく はやさ。  そして、目醒めろ。月おちて、太陽のぼるまえ 逃げない勝負、かけのぼろう。 こんなに脆くも、人生やってくか ああ、解せないよ。生き方に、何か、きまり、あるかい?  いいぜ、何処へでもゆくぜ、エッセンスでもいいぜ いっそう深く行こうぜ。 夜と朝のあいだ、眠らない東京 夜と朝のあいだ、微妙な空いいぜ、ほらみてごらん  たぶん、あのあたりから、白々と空明るくなるよ 眠らないぼく向こうにして、 今日も一日あつくなりそうさ  窓の外高いビル、 灯(あかり)ついたり消えたり 熱帯夜の東京 午前三時、 夜と朝のあいだに。  夜と朝のあいだに、ひっそりと町歩いた。 擦れちがう人、緊張する位、まばらで、  コンビニの電燈、異様にまぶしくて、目をそらした。 眠らない人、けっこういるらしい 午前三時、夜と朝のあいだ、  遙か首都高の、車往来する光だけ見える、 夜と朝のあいだ、町歩いたんだ。 いっそう遠く、行こうぜ。 奇妙な空いいぜ、ほらみてごらん。  たぶん、あのあたりから、白々と空明るくなるよ ほらだんだん動き出した 今日も、一日、あつくなりそうさ。  夜と朝のあいだに...エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次窓の外には まばらに 車通りすぎ 真夏の東京 午前三時、 夜と朝のあいだに。  順番で行きゃあ もう、じき朝だ。 めくる めく はやさ。  そして、目醒めろ。月おちて、太陽のぼるまえ 逃げない勝負、かけのぼろう。 こんなに脆くも、人生やってくか ああ、解せないよ。生き方に、何か、きまり、あるかい?  いいぜ、何処へでもゆくぜ、エッセンスでもいいぜ いっそう深く行こうぜ。 夜と朝のあいだ、眠らない東京 夜と朝のあいだ、微妙な空いいぜ、ほらみてごらん  たぶん、あのあたりから、白々と空明るくなるよ 眠らないぼく向こうにして、 今日も一日あつくなりそうさ  窓の外高いビル、 灯(あかり)ついたり消えたり 熱帯夜の東京 午前三時、 夜と朝のあいだに。  夜と朝のあいだに、ひっそりと町歩いた。 擦れちがう人、緊張する位、まばらで、  コンビニの電燈、異様にまぶしくて、目をそらした。 眠らない人、けっこういるらしい 午前三時、夜と朝のあいだ、  遙か首都高の、車往来する光だけ見える、 夜と朝のあいだ、町歩いたんだ。 いっそう遠く、行こうぜ。 奇妙な空いいぜ、ほらみてごらん。  たぶん、あのあたりから、白々と空明るくなるよ ほらだんだん動き出した 今日も、一日、あつくなりそうさ。  夜と朝のあいだに...
ジョニーの彷徨やり切れないよ いつまでも求めてばかりいるオレのエモーション 己惚れ屋ひとり 放り出されて日々のリズムに溶けゆくストーリー  心うきうき 浮き立つ日には いかしたジョニーが今お出ましさ 時にめそめそ 突っ伏して涙こらえる部屋はまるでスローモーション  光の輪をまき散らす 燃え盛る太陽 うけとめろ くすぶる心 窓の外はスカイブルー  いつか見た夢 いつも見る夢 とらわれ彷徨うオレの魂 心どきどき ふるえる日には 悲しきジョニーがまた探してる  上に目をやりゃ 煙草の煙 たゆたい空に消え行くモーション 明日はどこへ行こう? 父母に見守られ遊ぶ子等に問うイリュージョン  光の輪をまきちらす 燃え盛る太陽 うけとめろ くすぶる心 見上げればスカイ スカイブルー…  ミスユー キスユー ウオンチュー 二ーヂュー…  光の輪をまき散らす 燃え盛る太陽 うけとめろ くすぶる心 見上げればスカイブルー  やり切れないよ いつまでも求めてばかりいるオレのエモーション 心うきうき 浮き立つ日には いかしたジョニーが今お出ましさ いつか見た夢 いつも見る夢 とらわれ彷徨うオレの魂 心どきどき 心うきうき また探してる…エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次やり切れないよ いつまでも求めてばかりいるオレのエモーション 己惚れ屋ひとり 放り出されて日々のリズムに溶けゆくストーリー  心うきうき 浮き立つ日には いかしたジョニーが今お出ましさ 時にめそめそ 突っ伏して涙こらえる部屋はまるでスローモーション  光の輪をまき散らす 燃え盛る太陽 うけとめろ くすぶる心 窓の外はスカイブルー  いつか見た夢 いつも見る夢 とらわれ彷徨うオレの魂 心どきどき ふるえる日には 悲しきジョニーがまた探してる  上に目をやりゃ 煙草の煙 たゆたい空に消え行くモーション 明日はどこへ行こう? 父母に見守られ遊ぶ子等に問うイリュージョン  光の輪をまきちらす 燃え盛る太陽 うけとめろ くすぶる心 見上げればスカイ スカイブルー…  ミスユー キスユー ウオンチュー 二ーヂュー…  光の輪をまき散らす 燃え盛る太陽 うけとめろ くすぶる心 見上げればスカイブルー  やり切れないよ いつまでも求めてばかりいるオレのエモーション 心うきうき 浮き立つ日には いかしたジョニーが今お出ましさ いつか見た夢 いつも見る夢 とらわれ彷徨うオレの魂 心どきどき 心うきうき また探してる…
せいので飛び出せ!雨上がり輝く空と 俺は行く友を誘って 変わり行く街並みも 変わらないこの部屋も  雨上がりこの空のように 強く 強く 飛び出そうぜ 理由なんて誰も知らねえよ 笑って そう すませるさ  そうさ そうさ 毎日を そうさ そうさ 捕まえろ  甘い囁きいつの日か お前がくれたやさしさが宝物さ 宝物さ  せいので せいので せいので 飛び出せ Baby せいので せいので せいので 飛び出せ Baby Oh Yeah  雨上がり輝く空と 俺は行く友を誘って 休まない電車のように 走り行く車のように 行け  そうさ そうさ 毎日を そうさ そうさ 捕まえろ  いつかそうさお前がくれた やさしさが俺の宝物さ 宝物さ  せいので せいので せいので 飛び出そう Baby せいので せいので せいので 飛び出そう Baby せいので せいので せいので 飛び出そう Baby せいので せいので せいので 飛び出そう Baby Oh Yeahエレファントカシマシダンディーブラザーズダンディーブラザーズ雨上がり輝く空と 俺は行く友を誘って 変わり行く街並みも 変わらないこの部屋も  雨上がりこの空のように 強く 強く 飛び出そうぜ 理由なんて誰も知らねえよ 笑って そう すませるさ  そうさ そうさ 毎日を そうさ そうさ 捕まえろ  甘い囁きいつの日か お前がくれたやさしさが宝物さ 宝物さ  せいので せいので せいので 飛び出せ Baby せいので せいので せいので 飛び出せ Baby Oh Yeah  雨上がり輝く空と 俺は行く友を誘って 休まない電車のように 走り行く車のように 行け  そうさ そうさ 毎日を そうさ そうさ 捕まえろ  いつかそうさお前がくれた やさしさが俺の宝物さ 宝物さ  せいので せいので せいので 飛び出そう Baby せいので せいので せいので 飛び出そう Baby せいので せいので せいので 飛び出そう Baby せいので せいので せいので 飛び出そう Baby Oh Yeah
雨の日に…雨の日に僕は道に迷ってる びしょ濡れのくつで坂道をたどった。 「いいことないかな?」僕のそんなつぶやきは 雨にけぶる町に すひこまれてしまった。  雨は降る、町にそしてココロに。 また雨は降る、傷だらけの旅人。  若き日のあこがれひとつひとつを 捨てさりゆく歴史。それが人生だった。 雨の日に、僕は道に迷ってる ひゃうし抜けするくらゐ、町はしづかだった。  バスがゆく、僕の目の前通りすぎて。 目的地に向かって行ったり来たりしてゐる。  道に迷ってさまよふ旅人 ココロの隙間に雨がシトシト  雨は降る、町にそしてココロに。 また雨が降る、傷だらけの旅人。  道に迷ってさまよふ旅人 ココロの隙間に雨がシトシト  カラスが一羽「アホウ」とないて飛んだ。 目の前の日々が僕の全てか  バスに乗り、僕は揺られてゆくよ。 目の前の日々が僕の全てだった 僕の全てだった 傷だらけの旅人エレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次雨の日に僕は道に迷ってる びしょ濡れのくつで坂道をたどった。 「いいことないかな?」僕のそんなつぶやきは 雨にけぶる町に すひこまれてしまった。  雨は降る、町にそしてココロに。 また雨は降る、傷だらけの旅人。  若き日のあこがれひとつひとつを 捨てさりゆく歴史。それが人生だった。 雨の日に、僕は道に迷ってる ひゃうし抜けするくらゐ、町はしづかだった。  バスがゆく、僕の目の前通りすぎて。 目的地に向かって行ったり来たりしてゐる。  道に迷ってさまよふ旅人 ココロの隙間に雨がシトシト  雨は降る、町にそしてココロに。 また雨が降る、傷だらけの旅人。  道に迷ってさまよふ旅人 ココロの隙間に雨がシトシト  カラスが一羽「アホウ」とないて飛んだ。 目の前の日々が僕の全てか  バスに乗り、僕は揺られてゆくよ。 目の前の日々が僕の全てだった 僕の全てだった 傷だらけの旅人
定め陽ざし照りつける あの坂道で 行くあて無いことに気づいたんだ。 茫然 車のあいま立ちつくす。 「どこへ行こう?」  陽ざし照り返すアスファルトの道で 行くあて無いことに気づいたんだ。 「生きて、行き抜いて果てるだけさ行け!」 「生きて、行き抜いて果てるだけさ」  ココロで繰り返しながら 少しだけ歩み速めたのさ  定め、がんばってゲームの状態が去るまで 長らく、おかげさんで、down down だ。 「なんだい?現代は、あてなき旅中、 歩かざるをえないな。」  ココロで繰り返しながら 少しだけ歩み速めたのさ 次に来た電車に乗ってさ 次に来た電車に乗って行こう  今日はヤケに暑いぜ、汗止めどもなく流れた  「たとえば もう僕はあれほど好きだった 本屋通いをやめてしまったんだ。 何万回もいってきたからね。 でも、倦きたんじゃないんだ、 本屋にいくという行為が 目的化しているのに気がついたんだ。 こんなまぬけなことってないよな、 大思想・大思潮にあこがれていたのに、 今は もう、張り合いがないんだ。」  ココロで繰り返しながら 少しだけ歩み速めたのさ ココロで繰り返しながら 少しだけ歩み速めたのさ  「おどろくにゃあ たらないぜ」 少しだけ歩み速めりゃいいエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次陽ざし照りつける あの坂道で 行くあて無いことに気づいたんだ。 茫然 車のあいま立ちつくす。 「どこへ行こう?」  陽ざし照り返すアスファルトの道で 行くあて無いことに気づいたんだ。 「生きて、行き抜いて果てるだけさ行け!」 「生きて、行き抜いて果てるだけさ」  ココロで繰り返しながら 少しだけ歩み速めたのさ  定め、がんばってゲームの状態が去るまで 長らく、おかげさんで、down down だ。 「なんだい?現代は、あてなき旅中、 歩かざるをえないな。」  ココロで繰り返しながら 少しだけ歩み速めたのさ 次に来た電車に乗ってさ 次に来た電車に乗って行こう  今日はヤケに暑いぜ、汗止めどもなく流れた  「たとえば もう僕はあれほど好きだった 本屋通いをやめてしまったんだ。 何万回もいってきたからね。 でも、倦きたんじゃないんだ、 本屋にいくという行為が 目的化しているのに気がついたんだ。 こんなまぬけなことってないよな、 大思想・大思潮にあこがれていたのに、 今は もう、張り合いがないんだ。」  ココロで繰り返しながら 少しだけ歩み速めたのさ ココロで繰り返しながら 少しだけ歩み速めたのさ  「おどろくにゃあ たらないぜ」 少しだけ歩み速めりゃいい
習わぬ経を読む男昔の友に言わせると 俺は変わっちまったそうさ 人ゴミにからだを任せて 流れに乗ってきたせいさ  人ゴミにのまれて流れに流れてく 自由なんて 俺にゃ必要ないね  女とタバコと不自由を とても大事にしてるそうだ  理屈のために理屈こねにこねてた 俺はいやらしい人さ  裁判所じゃbaby 俺のこと死刑さきっとそうさ あー俺はなんて幸せな 幸せな奴なんだ  君とどこが違うの 君と君とどこが違うの  昔の友に言わせると 俺は変わっちまったそうだ  人ゴミに流されて 俺はやらしい人になった  裁判所じゃbaby 俺のこと死刑さきっとそうさ あー俺はなんて幸せな 幸せな奴なんだエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次昔の友に言わせると 俺は変わっちまったそうさ 人ゴミにからだを任せて 流れに乗ってきたせいさ  人ゴミにのまれて流れに流れてく 自由なんて 俺にゃ必要ないね  女とタバコと不自由を とても大事にしてるそうだ  理屈のために理屈こねにこねてた 俺はいやらしい人さ  裁判所じゃbaby 俺のこと死刑さきっとそうさ あー俺はなんて幸せな 幸せな奴なんだ  君とどこが違うの 君と君とどこが違うの  昔の友に言わせると 俺は変わっちまったそうだ  人ゴミに流されて 俺はやらしい人になった  裁判所じゃbaby 俺のこと死刑さきっとそうさ あー俺はなんて幸せな 幸せな奴なんだ
good-bye-mamagood-bye-mama もう僕はもう決して泣かない 優しさも愛も全て胸に抱いて 僕は行くよ誰にも負けないように 全てが今始まっている  good-bye-mama この世はひとりぼっちの世界 手当り次第さやけくその愛を 金と自由と正義に替えに行こう すべてが今僕の前にある  good-bye-mama もう僕はもう決して泣かない 優しさも愛も全て胸に抱いて 僕は行くよ誰にも負けないように 全てが今始まっている  金と自由と正義に替えに行こう すべてが今僕の前にあるエレファントカシマシ宮本浩次宮本浩次good-bye-mama もう僕はもう決して泣かない 優しさも愛も全て胸に抱いて 僕は行くよ誰にも負けないように 全てが今始まっている  good-bye-mama この世はひとりぼっちの世界 手当り次第さやけくその愛を 金と自由と正義に替えに行こう すべてが今僕の前にある  good-bye-mama もう僕はもう決して泣かない 優しさも愛も全て胸に抱いて 僕は行くよ誰にも負けないように 全てが今始まっている  金と自由と正義に替えに行こう すべてが今僕の前にある
全2ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Tot Musica
  2. ウタカタララバイ
  3. 新時代
  4. ジャンケンポンGO!!
  5. Hello, my friend

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. ベルベットの詩
  2. BF is...
  3. Scream
  4. Move On
  5. 3636

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照