緑黄色社会

ボーカルの長屋晴子には、こんな説明はしていません。

 2021年8月25日に“緑黄色社会”がニューシングル「LITMUS」をリリースしました。タイトル曲は、木曜ドラマ『緊急取調室』の主題歌として書き下ろされた楽曲で、作詞を小林壱誓(Gt.)、作曲を小林壱誓・穴見真吾(Ba.)が担当。劇中で真摯に目の前の事件と向き合い、容疑者の動機解明にまい進していくキントリメンバー。そのキントリの世界に彩りを添えるのが、緑黄色社会の「LITMUS」です。
 
 さて、今日のうたコラムではそんな最新作を放った“緑黄色社会”の小林壱誓による歌詞エッセイをお届け!綴っていただいたのは、自身の作詞理念と新曲「LITMUS」のお話です。いつもはあまり歌詞については説明したくないという彼ですが、今回は歌詞に込めた意図、そしてアフターストーリー考察まで、明かしてくださいました。是非、歌詞と併せてエッセイをお楽しみください…!

~歌詞エッセイ:「LITMUS」~

はじめまして。緑黄色社会、ギターの小林壱誓です。今回は新曲「LITMUS」の歌詞について書いていきたいと思います。


まず、先日、霜降り明星のせいやさんとテレビ番組の企画で一緒に作詞をしたのですが、自分以外の目線を曲に取り入れるという、今までやってこなかった作業を通して様々な気づきがありました。


せいやさんとの共作過程で、「作詞は漫才と似ている」とおっしゃっていたのを強く覚えています。ゴールから考えて、そこに対して肉付けをしていく。その過程が漫才のネタ作りに似ていると。


たしかに、間の使い方、耳に残るワードチョイス、オチの作り方、言い出したら切りがないほど似ている点が多いと思いながらも、「漫才の方がもっと高度なことをしているよなぁ」なんて思いながら聞いていました。


さて、せいやさんとの制作を経て、自分の書き方とより向き合えた気がする小林壱誓の歌詞エッセイ(韻踏んでます)、スタートです。


僕の作詞の理念は、
「余白を持たせて、でも具体的に。」


「具体的に」というのは“説明をする”ではなく、聴き手の視覚・嗅覚・触覚、そして記憶にコネクトするということです。

たとえば、新曲「LITMUS」においては、まさにリトマス紙というアイテムを使って、赤と青を視覚的に表現しています。具体性とは僕にとってそういうことです。

(“白黒”はっきりさせるということの比喩表現で“赤青”のリトマス紙を“緑黄色社会”が歌ってるのですから色渋滞極まりないんですけども…。)


余白をもたせるというのは、言い換えれば多くを語りすぎないということで、「秘密」をテーマにした『LITMUS』ではそれがどんな秘密なのかは語っていません。


歌詞について本当はあまり明かしたくないのですが、こういう機会も中々ないので今回はいつもより少し説明をしたいと思います(歌詞考察サイトみたいなテイストでいきます)。


想えば想うほど隠れてしまう
いつぞやの朧月の背中へと



「朧月」というのは、雲や霧で霞んで薄く光るような月のことですが、これは“秘密”の隠喩であると同時に、薄い布団をまとった女性の姿を重ねていました。



その手を その目を
その輝きをそのままに



怒涛の「その」攻め。



別れも告げずに
離れてしまえたらいいのに



主人公は、かなり後ろめたいことをしてしまったんです。取り返しのつかないこと。でももし隠し通すことができたなら、目の前の「あなた」は変わらずに済む。とても馬鹿です。でも、とても人間です。



どれほどあなたを想っていても
リトマスの紙は翳せないまま
わたしはそれでも
あなたの側に居てしまう



卑怯です。どうすべきかは分かっているのに、自分の愛した“輝き”ともいえるその無垢な姿を壊したくない、という言い訳を盾に、秘密を明かさない選択を続けていきます。



何も言わずに 何も触れずに
全て透かされているかのような夜だ



本当は知られているのかもしれないと思ってしまうほど、何も聞いてこない。触れてこない。これは、曲の最後へ繋がります。



嘘はついてない
本当にも触れない
あなたにだけ言えない
秘密がある



「あなた」が何も聞いてこないから、嘘をつく必要もないんです。こういった経験のある人は分かると思うのですが、とても恐ろしいことです。これからこの主人公はどんな選択をしていくのか…。



ここからは前代未聞、作者による曲のアフターストーリー考察です。


きっと、主人公の口から“秘密”を打ち明けることはできません。しかし打ち明けずとも、何かを呼び水に、全てが明るみに出てしまいます。そして何もかもが音を立てて壊れる。一度ついた大きな傷は消えない。一生許されることもない。一生「あなた」に信じてもらえることはない。物語は深い絶望へと沈んでいきます。



ただ、そこからどうなっていくかは、
主人公と「あなた」次第かな。




はい。
かいつまんだ説明にはなりましたが、「LITMUS」ではそんなことを書いています。歌詞の中で答えを出さないのも、余白です。


ボーカルの長屋晴子には、こんな説明はしていません。長屋晴子の歌にしてほしいからです。だから、この記事は長屋には絶対に読まれたくないです(笑)。

みんなとの秘密ができましたね。
バレないように祈ります。

では!

<緑黄色社会・小林壱誓>

◆紹介曲「LITMUS
作詞:小林壱誓
作曲:小林壱誓・穴見真吾

このトピックをシェアする
  • LINEで送る