試聴する

子連れ狼

この曲の表示回数 12,224
歌手:

加藤登紀子


作詞:

小池一雄


作曲:

吉田正


「小高い丘の城跡のくずれかけた東家で
その子は父を待っていた。
この日の朝には帰るはずの父であった。
それが三ッ目の朝となり、四ッ目の夜が来て、
五ッ目の朝が雨だった。」

しとしとぴっちゃん・しとぴっちゃん・しとぴっちゃん
しとしとぴっちゃん・しとぴっちゃん・しとぴっちゃん

哀しく冷たい 雨すだれ
おさない心を 凍てつかせ
帰らぬ 父(ちゃん)を待っている
父(ちゃん)の仕事は 刺客ぞな

しとしとぴっちゃん・しとぴっちゃん
しとしとぴっちゃん・しとぴっちゃん

涙かくして 人を斬る
帰りゃあいいが 帰らんときゃあ
この子も雨ン中 骨になる
この子も雨ン中 骨になる
あ…大五郎まだ三才(みっつ)

しとしとぴっちゃん・しとぴっちゃん
しとしとぴっちゃん・しとぴっちゃん

しとしとぴっちゃん・しとぴっちゃん
しとしとぴっちゃん・しとぴっちゃん

さびしくひもじい 北風
こけし頭を なでていく
帰らぬ 父(ちゃん)はいまどこに
父(ちゃん)の仕事は 刺客ぞな

ひょうひょうしゅるる・ひょうしゅるる
ひょうひょうしゅるる・ひょうしゅるる
涙かくして 人を斬る
帰りゃあいいが 帰らんときゃあ
この子も風ン中 土になる
この子も風ン中 土になる
あ…大五郎まだ三才(みっつ)

ひょうひょうしゅるる・ひょうしゅるる
ひょうひょうしゅるる・ひょうしゅるる

ひょうひょうしゅるる・ひょうしゅるる
ひょうひょうしゅるる・ひょうしゅるる

「六ッ目の朝、霜がおりた。
季節の変わり目をつげる別れ霜が…」

雨風凍って 別れ霜
霜踏む足が かじかんで
父(ちゃん)をさがしに 出ていく子
父(ちゃん)の仕事は 刺客ぞな

ぱきぱきぴきんこ・ぱきぴんこ
ぱきぱきぴきんこ・ぱきぴんこ

涙かくして 人を斬る
帰りゃあいいが 帰らんときゃあ
この子も霜ン中 こごえ死ぬ
この子も霜ン中 こごえ死ぬ
あ…大五郎まだ三才(みっつ)

ぱきぱきぴきんこ・ぱきぴんこ
ぱきぱきぴきんこ・ぱきぴんこ……
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:子連れ狼 歌手:加藤登紀子

加藤登紀子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-08-04
商品番号:UICZ-5010
ユニバーサル インターナショナル

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP