GOLD LYLIC 

琵琶湖周航の歌

この曲の表示回数 129,575
歌手:

加藤登紀子


作詞:

小口太郎


作曲:

小口太郎


我は湖(うみ)の子 放浪(さすらい)の
旅にしあれば しみじみと
昇る狭霧や さざなみの
滋賀の都よ いざさらば

松は緑に 砂白き
雄松が里の 乙女子は
赤い椿の 森蔭に
はかない恋に 泣くとかや

波のまにまに 漂えば
赤い泊火(とまりび) 懐しみ
行方定めぬ 浪枕
今日は今津か 長浜か

瑠璃の花園 珊瑚の宮
古い伝えの 竹生(ちくぶ)島
仏のみ手に いだかれて
眠れ乙女子 安らけく
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:琵琶湖周航の歌 歌手:加藤登紀子

加藤登紀子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-11-26
商品番号:POCH-1417
ポリドール

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP