試聴する

憂愁平野

この曲の表示回数 9,104
歌手:

伍代夏子


作詞:

吉岡治


作曲:

弦哲也


遠く野末に 夜汽車のあかり
闇に流れて 溶けてゆく
思い出だけの 蛍火を
抱いて宛ない おんなの旅は
夜が夜が 淋しすぎます
憂愁(ゆうしゅう)平野

恋のぬけ殻 湯舟に沈め
寒い心を あたためる
ひと冬きりの 薄氷
しのぎ切れない おんなの宿は
じんとじんと 酒が沁みます
憂愁(ゆうしゅう)平野

春のレールを 辿ってゆけば
いつか涙も 花になる
抱かれたことが 夢ならば
夢に逢いたい おんなの旅路
雪が雪が 空に連れ舞う
憂愁(ゆうしゅう)平野
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:憂愁平野 歌手:伍代夏子

伍代夏子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-11-01
商品番号:SRCL-4103
ソニー・ミュージックレコーズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP