風の兄弟

この曲の表示回数 7,118
歌手:

加山雄三


作詞:

谷村新司


作曲:

弾厚作


少年の汗光らせたまま 儚(はかな)き恋を運びゆく風
乙女の肌に触れる夢さえ 見れない程に遠く
涙の跡を消してゆくもの それもまぎれない風だけど
口唇に青 心に嵐 青嵐の樹は風に舞う
今なつかしく 心に熱く よみがえる日々は 風の彼方

旅の支度に明け暮れていた 洗いざらしの心はいつか
旅の重さに少し汚れて 引き返せない道の途中
白さも混じる短い髪を乱して過ぎるそれは風
口唇に歌 心に祈り 白秋の樹は風に散る
今なつかしく 心に熱く よみがえる日々は 風の彼方

父が愛した遥かな旅を辿る背中に一塵の風
口唇に詩 心には愛 玄冬(げんとう)の樹は風を知る
草木をゆらし季節を渡る人の命は風の兄弟
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:風の兄弟 歌手:加山雄三

加山雄三の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1986-11-21
商品番号:32FD-1044
ファンハウス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP