まさかの女

この曲の表示回数 7,696
歌手:

瀬川瑛子


作詞:

秋元康


作曲:

後藤次利


北のはずれの 小さな街で
道にはずれた 恋をしたの
風の噂に 追われるように
夜明けの汽車は
息を潜め 逃げ出す

そういうことって よくあるけれど
自分がするとは 思いもよらずに…
そういうことって よくあるけれど
私は 私は まさかの女よ

魔がさしたとか なりゆきなんて
きれいごとなど 言いたくない

命を賭けて 愛し合ったわ
どこかの海で 死のうなんて思った

悲しい話は よく聞くけれど
あふれる涙が 正夢みたいに…
悲しい話は よく聞くけれど
私は 私は まさかの女よ

そういうことって よくあるけれど
自分がするとは 思いもよらずに…
そういうことって よくあるけれど
私は 私は まさかの女よ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:まさかの女 歌手:瀬川瑛子

瀬川瑛子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-01-22
商品番号:CRDN-361
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP