酔いれんぼ

この曲の表示回数 15,361
歌手:

堀内孝雄


作詞:

荒木とよひさ


作曲:

堀内孝雄


あんたの心が 寂しいときは
隣りで この手で 暖めるから
世の中なんかは 悲しみばかり
せめて 身体を よせ合いながら
泣きなさい こらえないで
肩の荷物を 降ろしたら
泣きなさい 声をあげて
そばで 抱いてて あげるから…あんた

お酒で心が 休まるならば
子供の昔が 恋しいならば
母親みたいに ついててあげる
何処か ひとりで 行きそうだから
酔いなさい 雨の夜は
たった この世で ふたりきり
酔いなさい 涙ためて
眠り疲れて しまうまで…あんた

泣きなさい こらえないで
肩の荷物を 降ろしたら
泣きなさい 声をあげて
そばで 抱いてて あげるから…あんた
あんた
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:酔いれんぼ 歌手:堀内孝雄

堀内孝雄の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-05-21
商品番号:EPCE-4013
ZETIMA

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP