夢登り

この曲の表示回数 11,828
歌手:

秋岡秀治


作詞:

星野哲郎


作曲:

野田ひさ志


人は七つの 迷いを捨てて
たった一つに 山をはる
右や左へ ゆれたがる
浮気ごころを おしのけて
しょせん男の 人生は
ひとりぼっちの 夢登り

楽がしたけりゃ 苦労をなめろ
バカをみたけりゃ 楽をしろ
ここの道理を 知りながら
生身裂かれりゃ つい弱気
しゃがみこんだら その背を
時は無情に ふみつぶす

勝てば親戚 負ければ他人
それが世間と いうものさ
あてにするから 腹が立つ
酒がのみたきゃ 買うてのめ
しょせん男の ゆく道は
ひとりぼっちの 夢登り
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夢登り 歌手:秋岡秀治

秋岡秀治の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-10-23
商品番号:CRCN-40226
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP