翔歌(しょうか)

この曲の表示回数 6,937
歌手:

島津亜矢


作詞:

山田孝雄


作曲:

岡千秋


おなごは泣いても 許してくれる
だけど男は 泣いたらいかん
七つに成る日を 待ってた父が
鮒釣り川の 向岸(むこう)で呼んだ
翔ぼうかい 泣こうかい
どうせ泣くなら 背中見せるな

浮き世はうつろう 漂うままに
回れ右すりゃ 尻尾が頭
躓き転んだ 路傍の石が
野に咲く花を 教えてくれる
翔ぼうかい 泣こうかい
どうせ泣くなら 逃げて生きるな

おなごは負けても 愛嬌ひとつ
だけど男は 負けたらいかん
いつもは無口で 優しい母が
そっと握った 拳が道標(しるべ)
翔ぼうかい 泣こうかい
どうせ泣くなら 勝負にかけろ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:翔歌(しょうか) 歌手:島津亜矢

島津亜矢の新着情報

  •  / ♪誰もほんとはないものねだり
  • 恋花彩々 / ♪色のいの字と命のいの字
  • 命の別名 / ♪知らない言葉を覚えるたびに
  • 最後の雨 / ♪さよなら呟く君が僕の傘残して
  • じれったい / ♪わからずやの濡れたくちびるで

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-10-21
商品番号:TECE-30880
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP