新無法松の一生

この曲の表示回数 9,823
歌手:

沢竜二


作詞:

吉田旺


作曲:

弦哲也


啖呵切るより 手のほうが早い
無法松よと なじらば なじれ
小倉祇園の どまぐれ酒に
募る思いを呑みくだしゃ
男涙に 男涙に 血が混じる

「ぼんぼん なしてな なしてぼんぼんに ぼんぼんちゅうたら いけんとな
なしてぼんぼんに 吉岡君とか吉岡殿って 云わにゃいけんとな
おいさんはのぉ ぼんぼんがこげゃん小まかぁとっから 育てちきたっとぞ
そりゃぁ確かに ぼんぼんは大きゅうなった
ばってん幾つになっても おいさんからみたら ぼんぼんは やっぱり
ぼんぼんばい」
響灘から 吹く風に
度胸 もろ肌 さらしつつ
口に含んだ 柄杓酒
パっと 両手に吹きかけて
ドっと打ち出す 撥捌き
暴れ打ちから 勇み駒 恋も未練も噛み殺し
腕も折れよと 打ちならしゃ さすが富島松五郎と
小倉雀も聴き惚れる 男四十路の命歌

「生まれて初めて 恋っちゅうもんばした
相手が 人の奥さん これだけはどげんもならん ばってんおいは泣かんぞ
落ちる涙を 瞼でこらえ 玄界灘を睨みつけ 叩く太鼓の撥捌き
ぼっちゃん 男っちゅうもんは一生にいっぺん 泣きゃぁ よかつばい
そいよりも 見ときなせい 松五郎一世一代
これが小倉の乱れ打ちですばい」

修羅場 渡世の 荒くれもんが
惚れた腫れたと 云うてはすまぬ
夏がゆくゆく 神嶽川に
投げて弔う 夢ひとつ
これが男ぞ これが男ぞ 無法松
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:新無法松の一生 歌手:沢竜二

沢竜二の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-11-18
商品番号:TECE-30886
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP