昭和ブルース

この曲の表示回数 5,051
歌手:

沢竜二


作詞:

山上路夫


作曲:

佐藤勝


「ネヴァダ州 ラスヴェガス 一九九九年
アメリカ建国記念日に 何故か居た… 俺
田んぼの中の 掛小屋 昭和一四年
初舞台を踏んでた… 俺
今、東京の片隅で 故郷(ふるさと)を思い出し乍ら
タバコを踏みつぶしてる… 俺」

うまれた時が 悪いのか
それとも俺が 悪いのか
何もしないで 生きてゆくなら
それはたやすい ことだけど

この世に生んだ お母さん
あなたの愛に 包まれて
何も知らずに 生きてゆくなら
それはやさしい ことだけど

なんにもせずに 死んでゆく
俺にはそれが つらいのさ
とめてくれるな 可愛いひとよ
涙ながれて 来るけれど

見えない鎖が 重いけど
行かなきゃならぬ 俺なのさ
だれも探しに 行かないものを
俺は求めて ひとりゆく

俺は求めて ひとりゆく
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:昭和ブルース 歌手:沢竜二

沢竜二の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-11-18
商品番号:TECE-30886
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP