この曲の表示回数 5,662
歌手:

堀内孝雄


作詞:

荒木とよひさ


作曲:

堀内孝雄


あなたにふれて 抱かれるたびに
綺麗な顔に なるけれど
心にひそむ 涙がいつか
ひとりの夜明けに ならないように

せめて 夢の中だけは
悲しい女に させないで
せめて 夢の中だけは
この世に 最後の人だから

あなたの匂い 恋しくなれば
悲しい顔に なるけれど
小雨の晩は 灯りをともし
どこかで迷子に ならにように

せめて 夢の中だけは
不幸な女に させないで
せめて 夢の中だけは
この世に ひとりの人だから

せめて 夢の中だけは
不幸な女に させないで
せめて 夢の中だけは
この世に ひとりの人だから

この世に ひとりの人だから
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:顔 歌手:堀内孝雄

堀内孝雄の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-04-25
商品番号:PSCR-5301
ポリスター

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP