祖谷の恋唄

この曲の表示回数 11,578
歌手:

松原のぶえ


作詞:

たかたかし


作曲:

船村徹


祖谷の七谷
今年も暮れて
空がふるえて 雪になる
この胸の この胸の
抱いてはもらえぬ 淋しさよ

(セリフ)白い薄氷(うすごおり)もはり
夜が深く沈む頃
熱い吐息が風となって
今日も里へ吹きおろします

お乳はなせば この子がぐずる
わたしゃ涙で 枕抱く
あの人は あの人は
一冬越さなきゃ 帰らない

山の吹雪に とじこめられて
女いつ泣く 夜に泣く
春よ来て 早く来て
死ぬほどわたしを 抱きに来て
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:祖谷の恋唄 歌手:松原のぶえ

松原のぶえの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-05-21
商品番号:COCA-13332
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP