試聴する

Jの彼女

この曲の表示回数 9,924
歌手:

稲垣潤一


作詞:

秋元康


作曲:

木戸やすひろ


夜明け間近の ダンス ホール
一人踊ってるだけでも
赤いヒールが 描いた
恋のサインは 素敵さ
気まぐれな ステップが
彼女の 性格らしい
パラシュートみたいに 風まかせで…

Jの彼女だと 知っていたけれど
何も 言わないね
オレの右肩に 急に手をまわし
いたずらな顔をして
くちづけした…

朝になってた バック ストリート
迎えに来ていた 白い T・バード
ヘッドライト パッシングして
いつものように 待ってる
それなのに 背を向けて
反対に 歩いて行く
オレの腕 つかんで どこへいくの?

Jの彼女だと 聞いていたけれど
分からなくなった
オレのJeansの鍵を取り上げて
手のひらに載せながら
笑っている

気まぐれなステップに
つきあわされた男は
ダンスホールの数より多いらしい

Jの彼女でも まるで構わない
どうでもいいのさ
Jの彼女でも まるで構わない
どうでもいいのさ
次の週末がやってくるまでは
そばにいてくれそうな
気がするから
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Jの彼女 歌手:稲垣潤一

稲垣潤一の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-03-25
商品番号:FHCF-9501
ファンハウス

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP