夏服 最後の日

杉山清貴

夏服 最後の日

作詞:松井五郎
作曲:杉山清貴
発売日:1992/09/25
この曲の表示回数:13,670回

夏服 最後の日
汚れた船が眠った桟橋
なじみのBARも 店を閉めるよ
こんなに好きな YOKOHAMAなのにね
そばにいたいと 君は泣いた

潮風(かぜ)の匂いがする
古着を着て
海を見てた
季節が終わる

愛を抱きしめても
愛に傷ついて
ふたりは 想い出から
遠ざかるのさ

せめて 微笑みだけ
ぼくにくれないか
夏服 最後の日だから

工場跡の星屑 まぎれて
きりがないほど KISSをした夜
ノイズだらけのラジオのBALLAD
いまでは誰も もう聴かない

なにも変わらないと
信じたのは
決して嘘じゃ
なかったけれど

どんな夏を過ぎて
どんな夢を見て
心は さみしさまで
許せるのだろう

今夜 ふりむくのは
一度きりでいい
なにもかも幻だから

失うものばかりが まぶしい
海の色に 瞳を閉じる

愛を抱きしめても
愛に傷ついて
ふたりは 想い出から
遠ざかるけど

せめて 微笑みだけ
ぼくにくれないか
夏服 最後の日を
忘れたくない

愛を抱きしめても
愛に傷ついて
ふたりは 想い出から
遠ざかるけど

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません