試聴する

波紋

この曲の表示回数 12,196
歌手:

椿屋四重奏


作詞:

中田裕二


作曲:

中田裕二


また ひとつ 其方が口に出した
余が ひとつ 其方に受け返した
汲んだ水が 流砂に姿を変へる

たなごころの隙間より 滑り落つその様を
朧げに 想ひ返す 夕月よ

燃ゆる幻に 現は死せり
帰路無き旅路へと
されど穏やかに 横たふそれは
惑ひを知らざる様子

また ひとつ 天道が海に落ちた
また ひとつ 虚実が共に落ちた
己んだ鼓動 生まれし波紋 震へた

心憂しき五月雨に 濡れまひと傘差した
朧げに 想ひ返す 艶姿
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:波紋 歌手:椿屋四重奏

椿屋四重奏の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-08-27
商品番号:UKDZ-029
UK.PROJECT

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP