試聴する

手つかずの世界

この曲の表示回数 66,441
歌手:

椿屋四重奏


作詞:

中田裕二


作曲:

中田裕二


その気配が感ぜられた 四六時中を思い出しては
空の色さえ変えた 心の変わり様に呆れた

二人にだけ聞こえるよな 囁きを絶えず繰り返して
誰の目にも見えない 手つかずの場所へ迷い込んだ

次の迎えを待つのは 野暮だと心得ていた
いずれにせよ あなた以外に望みは無いから

構わずに 構わずに 話を続けてよ

身に覚えが無いでしょうけど 知らぬ間にいくつも傷ついた
人づての喜びに 蓋をする私を見届けて

また拾い物 気休めの切れ端を
少しずつ 千切ってしのいだ

まだ見ぬ幸せなど 野暮だと心得ていた
どちらにせよ あなた以外に

次の迎えを待つのは 野暮だと心得ていた
いずれにせよ あなた以外に望みは無いから

構わずに 構わずに 話を聞かせてよ

誰もいない場所へ
私を連れ出して
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:手つかずの世界 歌手:椿屋四重奏

椿屋四重奏の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005/09/14
商品番号:UKDZ-0045
UK.PROJECT

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP