試聴する

LOOK AROUND

この曲の表示回数 18,258
歌手:

椿屋四重奏


作詞:

中田裕二


作曲:

中田裕二


少しずつ何かが 明かされていくような
気配のする朝の日差しを浴びて

長い夜の底で 試された孤独と
見違える様な明日の姿を並べた

歯止めのきかない 僕の中の魔物が
夢を貪っていた

またいつかが今日になり
僕は何を手にしたのかさえ
わからないけれど

またいつかは今日になり
僕は何故かこの手に触れるすべてを
愛しく思える

立ち尽くすばかりの 嵐の入り口に
束の間の静けさを見つけて飛び込む

振り帰らずに来たよ 僕はまだ弱さを
笑い飛ばせる程に強くは無いから

息を止めるように その心が決まれば
迷い振りほどいて

またいつかが今日になり
僕は何を手にしたのかさえ
わからないけれど

またいつかは今日になり
僕は何故かこの手に触れるすべてを
愛しく思える

横たわる儚さに
僕はいつも 腕を掴まれて
見失うけれど

鳴り止まぬ鐘の音が
呼び覚ますのさ
溢れるほどのイメージと希望を巡らせ

またいつかが今日になり
僕は何を手にしたのかさえ
わからないけれど

またいつかは今日になり
僕は何故かこの手に触れるすべてを
愛しく思える
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:LOOK AROUND 歌手:椿屋四重奏

椿屋四重奏の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-08-04
商品番号:WPCL-10843
ワーナーミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP