試聴する

舌足らず

この曲の表示回数 18,538
歌手:

椿屋四重奏


作詞:

中田裕二


作曲:

中田裕二


円かに削がれて紐解けた 鎮めた望みは数知れず
ほつれた御髪に気は漫ろ そこかしこ転げた悪ふざけ

頷ひて閉づる目に 切先を向けた

面を晒す裏側に 謀は無きに等しく
只 その胸で雨宿り 物に成らぬ振舞よ

軽きに見受けし手振りには 燻る因果を宿す声
日和に委ねて仕舞ふ足 思ひ出が体に通ひ出す

敷き詰めたひもすがら 蓋を為て燃した

いつぞやの日々が焚き付けた 心模様吹き消しながら
たなびかす罪の後先に 儘に成らぬ余の言葉
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:舌足らず 歌手:椿屋四重奏

椿屋四重奏の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-08-27
商品番号:UKDZ-029
UK.PROJECT

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP