鉄のひきがね

この曲の表示回数 4,206
歌手:

STANCE PUNKS


作詞:

TSURU


作曲:

TSURU


真夜中の反対側で 背筋が凍りついている
安っぽい正義の顔は 黙殺された錬金術
支配者達が眠る間に あの娘の笑顔が消えてった
意味も無く眠くなったよ そんな事考えながら

真夜中の反対側で 本当と嘘の半分
暗闇にビンが飛んでく 誰の声も聞こえないよ
真実が欠けているのは 別にあんたのせいじゃない
言いたい事も言わないで ふざけた世界を開いた

真夜中の反対側で サイレンが鳴り響く
スピードをつけたガラスが 今日も誰かを狙ってる

瞬間のその瞬間に 真っ赤に染まっていったよ

鉄のひきがねを引きやがったのは誰の仕業だ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:鉄のひきがね 歌手:STANCE PUNKS

STANCE PUNKSの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-03-24
商品番号:ESCL-5001
エピックレコードジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP