八月の詩

この曲の表示回数 7,837
歌手:

山根康広


作詞:

山根康広


作曲:

山根康広


夏の匂いが遠い記憶を呼び起こす
あれから幾つの季節を歩いてきただろう
この世に確かなこと 何処にもありはしない
だけど まぎれもなく あなたは今もここに
八月の空を見上げ夢にあふれた僕たちは
揺るぎなき まなざしで
赤く赤く染まる風に立ってた

何度も何度も夢に破れて傷ついて
気付けば嘘を吐き 言い訳並べる僕がいた
人は大人になり 蒼い空を忘れてく
だけど胸震わせてた あなたは今もここに
八月の空の下で
自由と絆 胸に飾り
突き動かす情熱を
熱く熱く放っていた

八月の空を見上げ
夢にあふれた僕たちは
揺るぎなき まなざしで
赤く赤く染まってゆく
八月の空に歌おう
いつか風に吹かれたように
夏がまた めぐるように
君を君を忘れない

LALALA…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:八月の詩 歌手:山根康広

山根康広の新着情報

  • IN THE MIRROR / ♪真夜中のHighway滑るように
  • WALKERS / ♪どうしてだろう歩くことさえ
  • 観覧車 / ♪深夜の遊園地人気もない
  • be-ALIVE / ♪ノイズに乗った無線が響く
  • GOAL LINE / ♪息を切らせて駆け込むホーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-06-07
商品番号:CRCP-10141
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP