白昼の行方不明者

この曲の表示回数 5,706
歌手:

eastern youth


作詞:

吉野寿


作曲:

eastern youth


纏わりついて来る蝿のように
何処までも寄り添って来る
安っぽい絶望が
安っぽい涙が

薄暗い何かが
また一人、誰かを
何処かへ連れて行く
サヨナラが今、
小さな声が
坂道を転げて行く

正直に生きれば生きる程
向かい風ばかりが強くなる
「踏み越えて楽になれ」と
オーロラビジョンが喚き散らしている

薄暗い何かが
また一人、誰かを
何処かへ連れて行く
行かないでくれ、
小さな声で
背中に投げかける
真昼の街で

息を殺して、耐えて、生きて、
繰り返すだけ
声を上げて、笑って、泣いて、
いたいだけ、さ

薄暗い何かが
また一人、誰かを
何処かへ連れて行く
サヨナラが今、
小さな声が
坂道を転げて行く
真昼の街で
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:白昼の行方不明者 歌手:eastern youth

eastern youthの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007/11/21
商品番号:VPCC-81579
VAP,INC(VAP)(M)

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP