試聴する

砂塵の彼方へ

この曲の表示回数 10,006
歌手:

eastern youth


作詞:

吉野寿


作曲:

吉野寿


砂の様に 霧雨の様に
真昼は降り注ぐ
拒絶の矢は雲間を射抜いて
空を射落とす
「目蓋に菜の花、思い出哀しい」か、
馬鹿げた感傷だぜ
目を上げる

それを識ろうが識らざろうが
目の前に広がる世界は砂塵の中

流れて消えて行くちぎれ雲
秋風身に滲むビル影の中
鼻唄をぶら下げて立っている

「ソレハアマイノ?
ソレハニガイノ?
アタタカイノ?
ツメタイノ?」
恥じるな声
躊躇うな声よ
太陽の真下へ!

そぞろに歩めば何時の日か
懶惰の闇さえ慈しむ様に
口元に薄笑み浮かべている

何時でも心に鳴り響く
俄かに眠りも打ち覚ます
あれは声無き声
歌無き歌

それを識ろうが識らざろうが
目の前に広がる世界は砂塵の中

流れて消えて行くちぎれ雲
秋風身に滲むビル影の中
鼻唄をぶら下げて立っている
(言葉は持たずとも)
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:砂塵の彼方へ 歌手:eastern youth

eastern youthの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-10-20
商品番号:TFCC-88147
トイズファクトリー

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP