秋風と野郎達

この曲の表示回数 6,618
歌手:

eastern youth


作詞:

吉野寿


作曲:

吉野寿


風を切って行く
秋の肌寒き路地裏を
オープン D が焼き払う

俺は知っている
光るその目の
イルカの様な単純さの素晴しさ

焦れて焦がれて
俺達は何時だってそう
遠雷が呼んでいる
その火薬を その狂気を

飲み干して笑え
そしてまた走れ
顧みる迷いを振り捨てて

俺は誰なんだ 此処は何処なんだ
決めるのは誰なんだ?
そして何処へ行く 何が出来る
決めるのは誰なんだ?

街灯が照らし出す
去って行くその影を
月光に抱かれて
俺達は何時だってそう

飲み干して笑え
そしてまた走れ
顧みる迷いを振り捨てて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:秋風と野郎達 歌手:eastern youth

eastern youthの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003/03/05
商品番号:KICS-1000
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP