金沢の雨

この曲の表示回数 11,219
歌手:

城之内早苗


作詞:

秋元康


作曲:

見岳章


最終列車に揺られて
4人掛けに 一人きりで
ガラス窓に 頬をついて
長い夜に 瞳を閉じた
別れの言葉も 告げずに
愛のかけら 胸に抱いて
近づいては
遠ざかる踏切
Ah− 人恋しくて
金沢の雨の中で
あなたを忘れたい
思い出に 打たれながら
この悲しみ そっと 夢になるまで

3分だけでもいいから
声を聞いて みたいけれど
誰もいない朝の駅で
途中下車は淋しくて
2人が過ごした月日を
リバイバルはできないのね
街の角に
色褪せた ポスター
Ah− 人恋しくて
金沢の雨の中に
あなたはいないけど
あの頃と同じ道順
石畳を歩きながら
金沢の雨ので
あなたを忘れたい
雨雲の向う側に
青空が戻る 明日を探して
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:金沢の雨 歌手:城之内早苗

城之内早苗の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-11-20
商品番号:MHCL-181
ソニー・ミュージックハウス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP