想い出にかわる時

宇多川都

想い出にかわる時

適齢期 挿入歌

作詞:星野真弓
作曲:さいとう聖子
この曲の表示回数:12,883回

想い出にかわる時
別れの街に灯りがにじむ 想い出が胸にしみる
傘をさしてても何故か濡れる 右の肩ばかり
あなたはいつもわたしの左 歩いてた癖のせいね
悲しいほどにあなたの色に 染められていた私
時がめぐれば 人は変わるもの
雨のやまない 街はないし
生まれかわれる 時を信じたい
今は泣いていてもいいの
抱いていた恋が 消える日まで
別れの雨にぬれて

優しさだけが愛ではないし かたちなど恋にはないわ
たとえ冷たくても好きになれる そんな恋もある
いつも遠まわり ばかりしてたけど
無駄にしない きっと私
最後の愛にめぐり逢うために
今は雨にぬれていいの
夢だけを見てた 遠い日々の
私に帰るために

時がめぐれば 人は変わるもの
雨のやまない 街はないし
生まれかわれる 時を信じたい
今は泣いていてもいいの
想い出が遠く 消える日まで
別れの雨にぬれて

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません