試聴する

女房きどり

この曲の表示回数 27,335
歌手:

小林旭


作詞:

星野哲郎


作曲:

叶弦大


あなたは着物が 好きだから
着物にしたのと いう女
そんなに飲んでは だめですと
女房きどりで 涙ぐむ
あの瞳(め)は信じて いるんだね
嘘の上手な このおれを

あなたの故郷へ 行きたいと
夕陽をみながら いう女
別れがきたのも 知らないで
女房きどりで 肩よせる
やさしい心に ふれるたび
罪の深さが 身をせめる

あなたに好かれる ためならば
なんでもしますと いう女
どうすりゃいいのよ 教えてと
女房きどりで すがりつく
うなじの白さが 目にしみて
なにも言えない おれなのさ
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:女房きどり 歌手:小林旭

小林旭の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-01-28
商品番号:MHCL-1473
Sony Music Direct(Japan)Inc.(SME)(M)

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP